【豆乳を使ったおすすめスイーツ】クッキーのレシピをご紹介!お手軽でアレンジも簡単

a0790_000918_m

http://www.ashinari.com/2013/03/03-376841.php?category=255

最近コンビニやカフェで人気の豆乳メニュー。置いてあるお菓子ではクッキーなども豆乳を使用したものがたくさん見られるようになってきましたね。

豆乳を使ったお菓子はヘルシーさや低カロリーさをアピールしている事から健康に良さそうな印象を受けますが、食べたことが無かったら味が想像しにくいですよね。「健康食品て美味しさ二の次だし…」と尻込みしてしまい試したことのない方もいるのではないでしょうか。

そんな豆乳クッキーはなぜ人気なのか?そして手作りする事は出来るのか?今から豆乳クッキーの美味しさや魅力、豆乳ならではの栄養や体に嬉しい効果をご紹介していきます。また、興味を持った方や、手作りしてみたい!と言う方のためにレシピも併せてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

カロリーオフ+体に良い?豆乳クッキーとは

a0002_010750_m

http://www.ashinari.com/2013/01/27-375723.php?category=255

体に良い効果とはどんな事?

豆乳は大豆の栄養をほぼまるごと詰め込んだような栄養食です。大豆の体への良い作用はたくさんありますが特に有名なのはイソフラボンですね。おそらくダイエットやスタイルアップを目指す女性ならよく耳にするかと思います。女性ホルモンに似た働きをするのでバストアップサプリなどによく入っています。

また、女性ホルモンの減少による女性特有の病気、更年期障害にも緩和、予防効果が期待されていますし、年代に関わらず悩んでいる人も密かに多い月経前症候群の症状の緩和効果も女性ホルモンをサポートする働きで効果が現れたパターンもあります。それだけでなく、性別関係なく起こる症状としては栄養バランスの乱れやエイジングにより骨密度の低下から起こる骨粗鬆症などにも豆乳の栄養でサポート効果が期待できるとされています。

豆乳クッキーはカロリー控えめ!

一口に豆乳と言っても無調整豆乳と調整豆乳というふうに豆乳には違いがあります。その違いは大豆と水だけで作られた無調整か、飲みやすくするために油分や塩、砂糖などを加えて味を調えた調製豆乳かが違いです。牛乳と豆乳はカロリーが種類によって変わってきます。調整豆乳は味を調えるために調味料を加えているので、その分飲みやすい風味になっていたりにおいや独特のクセが和らいでいますがカロリーが無調整豆乳よりも高くなっています。

牛乳は低脂肪乳であれば豆乳とさほど変わらないのですが、風味を気にする方には少し薄い味ですのでおいしさを優先させるなら、脂肪分が豊富な牛乳や、甘みや飲みごたえやコクを出すために油分を加えてある調整豆乳の方が違和感なく飲めると思います。ですが、今回はそのまま飲むのではなく、クッキーにするのでカロリーを抑えるために無調整豆乳にした方が良いでしょう。何より成分を調整したり何かを加えたりしていないそのままの状態を比較したら豆乳の無調整が総合的な栄養の多さなどを考えると一番おすすめです。味も無調整豆乳で十分おいしく仕上がるので心配しなくても大丈夫です!

作り方は簡単?牛乳を豆乳に変えるだけ!

作り方もとても簡単です。牛乳を豆乳に変えたらあとはいつもと同じように作って下さい。卵や豆乳やバターは出来る限り室温に戻しておく。クッキーなら生地を寝かせる。型抜き、もしくは成形する、と言った手順は通常のクッキー作りと同じですので、ご紹介するレシピ以外のクッキーでも、そのまま素直に牛乳を豆乳に変えて作れば大丈夫です。

違う点はいつもより長めに生地を寝かせる事、たったそれだけです。クッキーやスコーンなどサクサクした触感にしあげるお菓子はコネコネと練り合わせるとベタっとした食感になってしまいますので、サックリと切る様に生地がまとまり粉感が無くなる程度まぜればオーケーですが、牛乳を豆乳に変えてもそこは同じなので普通のクッキーと同じやり方で大丈夫です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しいのにヘルシー◎豆乳クッキーの作り方やレシピをたっぷりご紹介

a0790_000915_m

http://www.ashinari.com/2013/03/03-376838.php?category=255

まずは基本!豆乳クッキーの作り方は?

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉35グラム

砂糖15グラム

オリーブオイル、なければサラダ油10グラム

豆乳20ミリリットル

材料を用意したらボウルに小麦粉、砂糖、オリーブオイル、豆乳を入れ、混ぜ合わせます。気を付けるのは練りすぎない事!こねるというよりもサックリと生地を切るように全体を混ぜ合わせるのがクッキー作りのポイントです。そして冷蔵庫で少し長め、大体半日くらい寝かせて下さい。型抜きしたら180度に余熱したオーブンで15~20分ほど焼けば出来上がりです。

豆乳とおからでしっかり噛んでお腹満足ヘルシークッキー!

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉 55グラム

おから60グラム

砂糖20グラム

サラダ油30グラム

豆乳15〜20グラム

小麦粉、おから、砂糖をボウルで混ぜ、混ざったらサラダ油を入れます。しっとりしたら豆乳を好みの固さになるまで調整しながら混ぜてください。型抜きしたら170度に予熱したオーブンで25〜30分ほど焼けば出来上がりです。

豆乳ときなこで和風で優しい味のクッキー

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉35グラム

砂糖15グラム

きなこ5グラム

オリーブオイル、なければサラダ油10グラム

豆乳20ミリリットル

小麦粉、きなこ、砂糖をボウルで混ぜ、混ざったらサラダ油を入れます。しっとりしたら豆乳を好みの固さになるまで調整しながら混ぜてください。型抜きしたら170度に予熱したオーブンで25〜30分ほど焼けば出来上がりです。

塩バニラで甘さ控え目なクッキーを作ろう

材料(大体一人分の分量です)

薄力粉70グラム

砂糖30グラム

サラダ油、なければオリーブオイル20グラム

豆乳5~10グラム

塩、バニラエッセンス少々

これも基本の豆乳クッキーと同様に作ります。できればオリーブオイルよりもサラダ油の方がクセが少なく、塩バニラの風味が分かりやすいのでおすすめです。豆乳は好みの固さになるよう調整してください。サクサク感を強めたければ5グラム、しっとり感を強めたければ10グラムというようにしてみてください。

豆乳+砂糖の代わりに黒砂糖やハチミツで優しい甘さに

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉35グラム

黒砂糖15グラム

ハチミツ5グラム

オリーブオイル、なければサラダ油10グラム

豆乳20ミリリットル

小麦粉、ハチミツ、黒砂糖をボウルで混ぜ、混ざったらサラダ油を入れます。しっとりしたら豆乳を好みの固さになるまで調整しながら混ぜてください。型抜きしたら170度に予熱したオーブンで25〜30分ほど焼けば出来上がりです。

好きなシリアルを混ぜてザクザク豆乳クッキー

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉 200グラム

バター 40グラム

砂糖 50グラム

卵 1つ

豆乳大さじ1

レモン汁 大さじ½

バニラエッセンス 少々

お好きなシリアル 大さじ3杯くらい

砕いたアーモンド 大さじ3杯くらい

小麦粉、砂糖、バターをボウルに入れて混ぜ、ホロホロしてきたら卵、豆乳を加えて混ぜる。まとまったら砕いたアーモンドとシリアルをザクザク食感が残るようにシリアルを砕かないように混ぜる。食べやすいサイズに丸めて平たくし、180度に予熱したオーブンで20分ほど焼き上げる。

オシャレな紅茶クッキーだってできる!

材料(大体一人分の分量です)

小麦粉35グラム

砂糖15グラム

紅茶葉 お好みの量

オリーブオイル、なければサラダ油10グラム

豆乳20ミリリットル

小麦粉、紅茶葉、砂糖をボウルで混ぜ、混ざったらサラダ油を入れます。生地がしっとりしたら豆乳を好みの固さになるまで調整しながら混ぜてください。型抜きしたら170度に予熱したオーブンで25〜30分ほど焼けば出来上がりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛乳の代わりになるからとっても万能!クッキー以外のスイーツにも挑戦してみよう

a0150_000174_m

http://www.ashinari.com/2014/08/23-390134.php?category=255

ホットケーキミックス使用でお手軽豆乳マフィン

材料(大体一人分の分量です)

ホットケーキミックス150グラム

砂糖 大さじ1杯

豆乳 100ミリリットル

卵 1つ

バター 50グラム

ホットケーキミックス、砂糖、豆乳、卵を混ぜ合わせ、溶かしたバターを加える。型に七割くらいまで注ぎ、180度に予熱したオーブンで20分ほど焼き上げる。竹串で刺して何も付かなければ中まで火が通ったサインです。

ホットケーキミックス使用でスコーンだって作れる!

材料(大体一人分の分量です)

ホットケーキミックス 150グラム

豆乳45グラム

サラダ油 22グラム

材料を混ぜ合わせ、作りたい形に合わせて生地を型抜きもしくは成形する。170度に予熱したオーブンで10分ほど焼き上げます。

アイスクリームだって豆乳で!手間がかかる分美味しい!

材料(大体一人分の分量です)

卵 1つ

砂糖 大さじ3

豆乳 200ミリリットル

ゼラチン 大さじ1

水 大さじ2

生クリーム 200ミリリットル

卵は室温に戻しておき、ボウルに砂糖と合わせてよく混ぜておきます。ゼラチンを水と合わせて柔らかくしておきます。小鍋に豆乳を入れ軽く温め、ふち側がフツフツし出したらゼラチンを入れます。卵に少しずつくわえ、冷水を貼ったボウルに乗せてとろみが出るくらい冷やし、生クリームを少量ずつ加えます。混ざったら冷凍庫に入れ、1時間おきに混ぜるのを4回繰り返します。これで手作りの豆乳アイスが出来上がります。

まとめ

このように、豆乳はとても使い勝手がよく、クッキーなどのデザート作りに大活躍するのです。カロリーを抑えるとどうしても栄養バランスが偏ってしまったり、必要な栄養が足りなくなってしまうのが難点ですが、豆乳なら元は大豆なので栄養が豊富で体に良いのにカロリーダウンできるのはとても嬉しいですよね。

ご紹介したレシピ以外にもアレンジ出来るメニューはまだまだありますので、ハチミツをメープルシロップに変えてみたり、少しリッチにチョコレートがけにしてみたり、シリアルはマシュマロに変えてみたりとあなたの好みに合わせてアレンジしてみて下さいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -