スチームクリームとは?基本の使い方~日焼け止め・化粧水編~


デパートやショッピングセンターでディスプレイされているのを見かける人も多いのではないでしょうか?

「スチームクリーム」と聞いてボディークリームと一体何が違うんだろう?と疑問に思っている人も多いはず。全身に使用オーケーということでその使い方は多岐にわたります。

また、化粧水や日焼け止めも発売しているのでこちらも気になりますね。今回はスチームクリームの魅力と合わせて化粧水や日焼け止めについてもご紹介します。「気になっていた」「使ってみたい」と感じていた方必見です。

スポンサーリンク

スチームクリームって一体どんなもの?

蒸気のチカラで全身を保湿してくれる万能クリーム

全身使用オーケーのクリームは今までにも発売されていたことがありますね。しかし、全身使用と言ってもこのスチームクリームは製法に大きな特徴があるのです。

スチームクリームという商品名の通り、スチーム(蒸気)が製造工程に存在しています。この蒸気のチカラを加えながら原材料を混ぜ合わせる事で乳化剤の使用を抑える事ができ、肌になじみやすくみずみずしいクリームに仕上がっているのです。

他にはないスチーム製法で高浸透、高保湿を実現しています。

天然由来成分でお肌にも安心

自然の恵みを配合した天然由来は肌の事を考えた安心の証です。

オートミールやオレンジフラワーウォーター、アーモンドオイル、カカオバター、ホホバオイルを原料とした独自の配合バランスで作られているので肌に優しく、高い保湿力を得ることができます。

オートミールは肌を健やかに保ち、オレンジフラワーウォーターは肌にハリを与えてくれます。アーモンドオイルは健康でみずみずしい肌を実現し、カカオバターは肌表面を柔らかくツヤを与えてくれるのです。そしてホホバオイルはベタつかず、肌に滑らかに浸透していきます。

おのおのが肌にとって最高の働きをしてくれることで完成したスチームクリームは最高の品質へと進化していくのです。天然由来だからこそ生まれるフレッシュなつけ心地を実感できることでしょう。

心までリラックスできる極上の香り

100%天然由来のエッセンシャルオイルを香料として使用しており、心も身体も隅々まで行きわたる極上の香りを体感することができます。

独自の配合で調合されたオイルはアロマ同様につけたときの癒しが心と身体を包み込んでくれます。大切な要素である「香り」はスチームクリームを使用する上で欠かすことのできない癒しでもあるのです。

毎日肌に使用するものだからこそ、天然成分にこだわった肌に優しく、心地よいと感じる香りがいいですね。

Maide in jAPANの安心製造

スチームクリームが手作りなのはもちろんのこと、使用されれいる缶まで国内で製造されています。

日本の技術を惜しみなく駆使して出来上がったのがこのスチームクリームなのです。使う人への安心安全を考えぬいたこだわりの品と言えるでしょう。Made in JAPANの素晴らしさをこのスチームクリームで実感してみてください。

豊富で女子ウケ抜群のデザイン性

スチームクリームが入っている缶のデザインはとにかく豊富です。

可愛いものから、スタイリッシュなもの、キャラクターものや渋いデザインなど様々なのでいくつか購入してその日の気分で使い分けるなんてのも楽しいですね。また、缶はクリームがなくなった後も小物入れなどで活用できます。デパートなどで陳列されているとあまりの可愛さに「パケ買い」と缶のデザインで買ってみようと手に取る人もいるかもしれませんね。

期間限定などもあり、気になったら即ゲットしないと買いそびれてしまうなんてことも!手軽に持ち運べるサイズなので外出先でもすぐに使えるのも嬉しいです。お誕生日やクリスマス、普段の何気ないプレゼントでもシーンを選ばず贈り物としても活躍してくれそうです。

シンプルで上質!ベースケアのラインナップが登場

スチームクリームは代表的な製品ですがそれらを基本にベーシックケアの商品が続々と登場しています。

ソープは植物油をベースとした天然由来の洗浄成分が採用されています。肌の汚れを取り除くだけでなく、天然クレイが細かい汚れを吸着しながら肌を清潔に整えてくれるのが特徴です。

加えて、オートミールパウダー、カラスムギ(オートミール)穀粒オイル、ホホバオイルを配合しており、洗顔後のつっぱりを軽減してくれるのです。きめ細かな泡が作り出され、肌を優しく包み込んでくれます。

天然香料100%心地良いエッセンシャルオイルの香りは心も身体も癒してくれるでしょう。10種のエッセンシャルオイルを贅沢にオリジナルでブレンドしており、爽やかで心地の良い香りがします。

化粧水(トナー)は年齢や性別を問わずに使用できます。カラスムギ(オートミール)穀粒エキス、カラギーナン、アロエベラを配合しており、みずみずしくさっぱりとした使い心地で、べたつかないのが嬉しいです。

3種類の植物エキスを配合(ラベンダーエキス、ローズマリーエキス、カモミールエキス)しており、キメ細やかな肌に仕上げてくれ、角層にすばやく浸透し、みずみずしくハリのある肌に導いてくれるのです。

手軽に使いたいクリームタイプの日焼け止めも

定番のクリーム同様に缶に入って登場したのが日焼け止め。

日中の肌ケアに欠かせない日焼け止めは年中通して使いたいアイテムです。高保湿の機能にUVカットが加わった最強クリームですね。

初めての人や持ち歩きには「トライアルキット」が◎

ソープと化粧水(トナー)、クリームが少量ずつセットになっているので初めての場合や旅行先にもっていくのに便利です。

何事もお試ししてみない事にはその商品の良さは実感しにくいもの。また、良さを実感できたからこそリピーターになるものですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肌に優しさをぎゅっと届けよう。日焼け止めと化粧水の使い方5選!

ソープとクリームの3ステップで使用で効果アップ

ソープでしっかりと汚れを取り去り、化粧水(トナー)で潤いを与えてあげた後にスチームクリームで保湿をして一連の流れを作ると肌もキメ細かく整ってくるでしょう。

この合わせ技こそが、それぞれを生かしてくれる使い方とも言えます。

朝の使用でさわやかな香りをまとう

化粧水(トナー)もスチームクリーム同様にスペアミント、ゼラニウムラベンダーなど9種類のエッセンシャルオイルを独自の配合でブレンドしています。天然香料100%なので自然の香りが優しく包んで癒しを与えてくれるでしょう。

夜のスキンケアだけでなく、1日の始まりである朝も使用してすがすがしい爽やかな香りでスタートするのが良いでしょう。

乾燥が気になる部分はコットンでパック

全身に使える化粧水(トナー)ですので顔に限らず使用しましょう。

特に冬は全身の乾燥が気になりますよね。コットンにたっぷりとしみこませたら気になる部分にパックしてあげましょう。ここでも、パック後に潤ったところでスチームクリームで保湿の蓋をしてあげるのがベターです。

日焼け止めは少し手で温めてからの使用がベター

手のひらにサクランボ大ほど取ったら少し温めてあげましょう。

こうすることで伸びが良くなり塗り込みやすくなるのです。顔や肌に塗るときもベタベタとこするのではなく優しくマッサージするように塗り込むのがポイントです。

紫外線が当たりやすい小鼻やオデコは重ね塗りをしておきます。この日焼け止め(サンスクリーン)は白浮きしにくいので重ね塗りも気にすることなくできるのが嬉しいですね。

化粧下地として

スチームクリーム同様に化粧下地として使用することができます。

化粧水(トナー)でたっぷりと潤した肌に塗りましょう。紫外線は季節を問わずに降り注いでいますので近所までの道のりや洗濯物を干す少しの時間でも日焼け止めを塗ることで紫外線の吸収を防ぐことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スチームクリームのスキンケア用品を使用する際の注意点

日焼け止めはマメに塗り直し

ウオータープルーフではないため水に濡れた場合や汗をかいた場合にはこまめに塗り直しが必要になります。

日焼け止めだけの場合は洗顔料で洗い流せますが重ね塗り、メイクをしているときはしっかりとクレンジングを行いましょう。

使用期限を守って使い切る

香りを楽しむ事も考慮すると未開封の状態では製造日より1年使用が目安となります。開封後の場合では3か月を目途に使い切りましょう。

しかし、気温や室温の変化で状態が変わるので開封後はできるだけ早く使い切るほうが良いでしょう。天然由来の成分も開封してすぐのフレッシュな香りも、肌に使うものだからこそ定期的な使用で早く使い切ってしまいたいところです。

パッチテストを行うようにする

肌が弱い人や刺激が心配な場合は必ずパッチテストを行ってから使用を開始するのが良いでしょう。二の腕や太ももの内側などの柔らかい部分への試し塗りから始めてみてください。

体調や肌の状態は日々変化していますので、自身のコンディションを確認しながらの使用がベストです。

異常を感じたら使用をすぐにやめる

スチームクリームに限った事ではありませんが、使用後にお肌の異常等を少しでも感じたらすぐに使うのをやめましょう。

肌に直接塗るものですのでそれだけ刺激があるのも事実です。どうしても判断に迷う場合はかかりつけ医に相談するのがベストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

定番のスチームクリームに加えて化粧水や日焼け止めは合わせて使いたいアイテムですよね。どちらも時期を問わないデイリーケアの一つとしてぜひ取り入れてみてください。

そして、スキンケアは継続して行うことが最も大切ですのでコツコツと毎日のケアを続けてみましょう。少しの手間が肌の質を大きく変化させます。頑張る自分へのご褒美に肌にもたっぷりの潤いを与えてあげましょう。

シンプルでセンスの良いパッケージは家族や友人への贈り物としても喜ばれるでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -