略奪愛カップルが成功体験を暴露!成功後の3つのリスクにも気をつけて!

a0002_007012_m
この記事は2015年8月23日,2015年8月24日の記事を再編集したものです。

人との出会いには順番があり、好きになった男性にすでにパートナーがいるということは良くあることです。好きになった男性にパートナーがいた場合、どうしますか?諦める、振り向かせるの2択の中しかなく、どちらも大変なことです。好きの度合いであきらめるか、振り向かせるかは決められるものではありません。

略奪愛という言葉にはダークなイメージがありますが、略奪愛にはどうしても誰かが不幸になる可能性があります。そう考えると出会うのが遅過ぎた、と感じるのではないでしょうか?ですが、もし男性と自分が先に出会っていても、今と同じように好きという感情が生まれるかというと、必ずしもそうとは限りません。

今の自分が好きになったのは、パートナーとの時間を過ごしてきた男性です。パートナーとの時間を共有して形成された男性に魅力を感じているのです。すでにパートナーがいることが前提となっているのですから、振り向かせたいという気持ちを持っても仕方ありません。

では略奪愛を成功させるためにはどうしたらいいのか、略奪愛を成功させたカップルに成功体験を聞いてみました。

彼女がいる男性を虜にする女性の特徴やリアルな体験談、成功後のリスクを紹介します。

スポンサーリンク

彼女がいても関係ない!彼を虜にする女の5つの特徴

7049305185_a6e7aee442_z

photo by TwistedNerve

彼女がいる男性が他の女性に惹かれる理由として、仕事や彼女との関係に疲れているなど、ストレスを抱えていることが多く、癒やしや安心感を求めることがあげられます。どこにいても安らげない、そんな男性が居場所を求めて、他の女性に目を向けているようです。

彼女がいる男性が虜になる女性とは、どんな素晴らしい特徴を持っているのでしょうか?

彼女の話も良く聞く

社会的なメンツを大切にする男性は同僚や友人に対して、愚痴や不満をいうことは少なく、彼女に対する不満を抱いている場合には相談する相手を探しています。

好きな人の彼女の話を聞くのはつらいかもしれませんが、聞いてあげるというおおらかさを持った女性に男性は心を開きます。彼の気持ちに同調して、その苦労や不満を肯定的に聞いてあげることで、男性は安心します。

その際に彼女のことをあからさまに否定するのではなく、あくまでも男性の立場に立つことが大切です。あまり度が過ぎてしまうと性格が悪いと思われてしまいますので、注意が必要です。

男性の話から、彼女の良い面を見つけ、褒めるくらいの余裕を持ちましょう。現在は話も聞いてくれない、口を開けば愚痴や不満ばかりでうんざりして忘れているかもしれませんが、男性が選んで付き合い始めた女性です。その彼女を否定することは、多少なりとも男性の考えを否定することにつながります。

男性の話に対して肯定的になることで、 「価値観が似ている」、「同じ価値観を持っている」と思ってもらえ、一緒にいて居心地が良いと感じ、時間を共有したいと存在になるでしょう。 

自分磨きに手を抜いていない

男性から魅力的な女性として見られるためには、自分磨きにも十分に時間を取りましょう。恋愛をすることで女性はきれいになる効果があるといわれていますが、自分磨きに手を抜いていいという言い訳にはなりません。また恋愛中はどうしても男性との時間を優先してしまい、自分の時間を犠牲にしてしまいがちです。

ですが、女性力の高さが略奪愛には少なからず必要です。外見の面では「清潔感」や「セクシーさ」など、内面的には趣味の時間を楽しんだり、仕事に打ち込むなど、恋愛以外のことにも目を向けて、思いっきり楽しみ、自分なりの良さに磨きをかけましょう。

楽しいことに打ち込んでいる女性はとても輝いて見え、女性から見ても魅力的にみえるものです。 略奪愛のポイントとなるのは、自分から男性を追いかけることではなく、男性を虜にして追いかけてもらうことです。 

そのためにも自分の時間をしっかりと持ち、「いつなら会える?」など、相手の都合を気にする暇をなくしましょう。

自分に自信を持ったしっかりタイプ

ただでさえストレスを感じている男性が求めているのは安らげる関係です。男性と女性ではコミュニケーションの量が違い、女性が誰かに話して共感を得たいと思っていることでも、男性にとってはつまらない会話になってしまいます。

疲れている時にはゆっくりしたい、そう感じる時に執拗なコミュニケーションを求められても、もっと疲れてしまうでしょう。時と場合を考えて察することができ、楽しむ時には思いっきり楽しむことができる女性ならば、男性側も安心できます。

女性には生理などの影響によって妙にイライラしたり、攻撃的になってしまうことがありますが、男性は頭では女性のそういう周期があることについて理解して承知していても、やはり気を使ってしまいます。女性としては仕方ないことであり、自分でもコントロールが難しいものでもありますが、相手に対しての気遣いを忘れてしまうようでは、男性は離れていってしまいます。

恋愛はお互いの立場がどうあろうとも、2人の間は対等でなくては、成り立ちません。男性に依存してしまう体質の女性ではなく、感情をうまくコントロールできており、男性を思いやる気持ちを大切にしている女性は、人として自立しており、自分の1人の時間も楽しめ、男性と一緒にいる時間も楽しめる女性です。

自分に自信を持ち、精神的に自立している女性は、男性に多くを求めません。 男性の狩猟本能を刺激することが略奪愛には必要です。 

男性の「守ってあげたい」心を刺激する

自分に自信があり、自立した女性に男性は安心感を感じますが、逆にしっかりし過ぎてしまうと「自分はいなくても大丈夫」だと思ってしまい、都合のいい関係になってしまう可能性があります。

人として自立することはとても大切なことですが、男性の「守ってあげたい」という心を刺激するスキも必要で、 普段はしっかりしているけど、実は虫が苦手だとか、ちょっとしたギャップがあると庇護欲を刺激されます。 

対等な立場でいることが大切とはいえ、男性は主導権は握っておきたいと考えており、実は尽くされるよりも自分から尽くした方に愛情を感じる傾向にあり、自分がどれだけ相手に対して必要とされているかを、感じたがっています。

狩猟本能を刺激しつつ、庇護欲も刺激する女性を求めるなんて、男性はなんてわがままなのか、と思われるかもしれませんが、めんどくさいことを嫌い、居心地の良さを求めている男性は、特に自分の欲求に忠実になっています。ないものねだりをしており、彼女にないものを持っている女性に惹かれる時期です。

男性が話している彼女の話は大切な情報源であり、彼女にない自分の魅力をアピールするチャンスにもなります。ギャップを見せたいからと無理に演じても、男性にはバレてしまいますので、あくまでもさりげなく、「守ってあげたい」心を抱かせるようにできたらいいでしょう。

したたかな隠れ策略家

したたかな策略に引っかかる男性はいないのでは?と思われるかもしれませんが、略奪愛を成功させる女性に共通しているといっても過言ではないのが、頭の良さです。

すべてが計算で行動しているというわけではなく、「なりたい自分」のヴィジョンをしっかりと持っており、時には上手に甘えたり、セクシーさをアピールするなど、自然な行動ができるのは、周囲の空気を読めているからでもあります。

恋愛に計画している暇はないと思っているならば、略奪愛は成功できないでしょう。冷静に分析するしたたかさが略奪愛を成功させるには必要で、怖い女性だと感じるかもしれませんが、 強くならなければ人の気持ちを自分に引き付けられません。 

ここまで紹介した彼を虜にする女性の特徴を計算して行動するしたたかさを持つくらいの覚悟を持って挑まなければ、略奪愛を成功させることは難しいともいえるのです。

好きになった男性にはたまたま彼女がいただけで、普通の恋愛と変わらないと思っており、好きだという気持ちだけで相手が振り向いてくれるのを待っているようでは、彼を彼女から引き離すことはできないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

略奪愛カップルの体験談!私はこうして成功した!

4234680401_e91ebf1fc2_z

photo by li.fe fotografie

遠距離の彼女から彼氏を略奪!

ある20代のアルバイトの女性が体験した略奪愛の成功例を紹介します。

以前から「カッコいいな」と思っていた年上の男性からアルバイトの後に食事に誘われ、ウキウキ気分で行ってみると「遠距離中の彼女がいるんだよね」と告白され、その後に「彼女がいなければ絶対に付き合ってって告白したんだけどな」と続けられました。

複雑な気持ちを抱えながらその後も何度か食事に誘われ、20代の女性は「彼女に悪いなあ」と思いながらも、食事には行ったり行かなかったりを続けていたそうですが、気持ちはどんどんと彼に惹かれていき、好きになっていってしまいました。

バイト仲間で飲みに行った時に、トイレに立った彼女が出てくるのを彼が待ち伏せしていて、2人で外に出ました。「このままでは良くない」と思った彼女は酔った勢いを借りて、「大切な人がいるなら、好きでしたが諦めます。2人で食事ももう行きません」と涙ながらに告げて、その日はそのまま帰宅しましたが、翌日に彼から「会いたい」と連絡があり、待ち合わせ場所に行くと、「昨日あの後、彼女と別れた。だから付き合ってほしい。一緒に頑張っていこう」と言われました。

そして4年程の交際したのちに、その男性と結婚したそうです!

別れる覚悟も必要

この20代の女性の体験談を読んで、どう思いましたか?男性からのアプローチだから厳密には略奪愛じゃないと思うかもしれませんが、結果、彼女がいる男性と食事に出かけ、デートしていたわけですから、彼女の立場から見ると浮気をしていたことになります。

女性には食事に行きながらも「彼女に悪い」と思い、彼女から奪う気持ちもなく、諦めて関係を断つ覚悟をしっかりと伝えています。男性が遠距離の彼女と良い関係が続いていたのか、気持ちが冷めていたのかはわかりませんが、おそらく後者でしょう。大切な人との物理的な距離は身近に魅力的な女性がいると、負担に感じることが多くなります。

男性が遠距離の彼女と別れて女性と付き合う覚悟を決めたのは、別れることを決断した女性の気持ちに揺さぶられたからでしょう。男性を試すためではなく、 本気で諦める覚悟があることが伝わった結果 だと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

幸せだけじゃない!成功後の5つのリスク

13222947183_3a6bfdff65_z

photo by Tina Franklin

略奪愛は成功したからといって安心はできません。成功して浮かれていると痛い目を見る可能性があります。成功後にもさまざまなハードルがあり、リスクが付きまといます。略奪愛が難しいのは成功させることだけではなく、成功した後にもリスクがあるということです。

普通の恋愛よりも難しいとされる、略奪愛の成功後のリスクを紹介します。

因果応報を受ける可能性大

「人から盗ったものだから、また奪われる」のではないか、と疑心暗鬼になってしまう可能性があります。それは略奪愛という前例があることですから、ないとは絶対にないとはいえません。

「彼がまた別の女性を好きになってしまうのではないか?」現在の2人の関係がその結果で出来上がっただけに、プレッシャーを感じるかもしれませんが、略奪愛ということにこだわり過ぎると相手を信頼できなくなってしまいます。

相手を信用や信頼してこそ成り立つのが恋愛関係であり、夫婦関係といえるでしょう。口には出さなくても疑っていることが相手にも伝わり、居心地が悪く、それこそ外へ目を向ける結果になってしまいます。

彼がまだ自分を100%で愛してくれていないと感じる場合も出てくる可能性があります。自分が強引に奪ったわけではなくても、彼女がいたという過去は消せません。

思い出は彼のもので、処分するかどうかを決めるのも彼です。前の彼女の写真が出てきた、今、前の彼女のことを考えているな、と感じることがあっても、心に土足で入り込むような真似をしてはいけません。むしろ もっと自分に本気にさせるように努力する必要があります。 

過去を思い出す暇もないくらいに、現在を楽しみましょう。

長続く続かない

今まで表立って2人で外を歩くことを控えていたり、周囲に関係を隠していた場合には特に、成功したことでやっと解放感を持ってるのではないでしょうか?ですが、「秘密の関係」というエッセンスがなくなってしまうと盛り上がりや情熱が失われていく可能性があります。

「秘密の関係」が恋の原動力となっていた場合には、2人の関係が公にできる嬉しさの中に物足りなさを感じることがあるかもしれません。

また、奪うことが目的になってしまっており、 奪えたことに満足して成功した後は興味を失ってしまい、抜け殻になってしまう ことも考えられます。本当に彼が好きなのか、人のものだから欲しいのか、自分でもわからなくなってしまう可能性もあります。

恋愛はゲームのようでゲームではありません。相手がいること、特に略奪愛にはもう1人、間に入る人物がいることを忘れてはいけません。長く続くかどうかは誰にも分りませんが、「秘密の関係」や「奪うこと」が目的となっていた場合には、幸せを感じる時間は短く、早々に別れの時がやってくるでしょう。

順番を間違えると都合のいい女に!?

略奪愛の成功を結婚と考えるならば、不倫関係の場合には成功までに時間が掛かってしまうかもしれません。男性にとっても離婚は体力や精神的にもつらいものです。特に社会的信用をなくしてしまう可能性が高い離婚は避けたいと考えています。

そのため、離婚には時間がかかり、離婚が成立した後も「待ってました!」と入籍することも避けた方が良く、2人の結婚を幸せなものにするためには、 離婚のほとぼりが冷めるまである程度は時間をかけて、入籍へ進めるべき でしょう。

その間、肉体関係を持っていたならば、一旦は関係をストップしてしまいましょう。自由に会えるようになったのになぜ?と思うかもしれませんが、離婚が正式に決まり、入籍をするまでの間、けじめとして自分なりの線引きをする必要を感じませんか?

1番わかりやすい形が肉体関係を断つことです。ズルズルと関係を続けたままでは男性は楽な道を選択してしまうかもしれません。一旦は離婚を決心したかもしれませんが、やはり離婚はハードルが高く、考えることもたくさんあり、面倒なものです。結婚まで肉体関係を断つことで、新たな2人の関係を構築することができるかもしれません。

まとめ

彼女がいる男性を虜にする女性の特徴やリアルな体験談、成功後のリスクを紹介しましたが、いかがでしたか?

略奪愛を成功させるためには、付き合っている彼女の話をしっかり聞きつつ、自分を高めて磨きをかける必要があるなど、通常の恋愛よりも精神的につらいことも多い割には、成功した後にも略奪愛であるという事実がついて回り、長続きしない可能性さえあります。

この記事を読んでみて、どう思いましたか?略奪愛を成功させるためには「覚悟」が必要です。自分の幸せのために覚悟ができないならば、略奪愛をしようとは思わないことです。そのためにももし、好きになった人に彼女がいたら、諦める「覚悟」が必要です。 ズルズルと関係を続けていると、自分がみじめな都合のいい女になってしまいます。 

自分を大切にして、何が自分にとって1番の幸せなのかを考えてみてください。

ここまでご拝読いただき、ありがとうございました。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -