すっぴんがきれいな女性の特徴6選!眉毛の整え方・肌のお手入れのコツもご紹介!

a1180_009196

ここのところメイクの主流は、盛りメイクから「すっぴん風」メイクへどんどん変わっていきます。そのため、オシャレ女子であれば、「すっぴんに見せる」メイクテクニックはどんどんアップしてきています。でも一番は本当に「すっぴん」がキレイなことでしょう。それであれば、お化粧はほとんどしなくてもよいぐらいになれるかもしれません。次から「すっぴん」がきれいな女性の特徴、顔全体の印象を大きく左右する眉毛の整え方、「すっぴん」に自信がもてるようなお肌のお手入れのコツを紹介していきます。特に女性ならば、自信をもって「すっぴん」を自分を好きな彼氏に見せられるようになりたいですよね。そのためにもすっぴん美人をめざしましょう!

スポンサーリンク

1.「すっぴん」がきれいな女性の特徴!

a0001_017430

1)何にをおいても「毛穴レス!」が一番

女性がメイクをする上で一番気になるもの一つに、「毛穴」の開きがあるとおもいます。メイクをした時にも、時間が経つとファンデーションが毛穴落ちしてしまってせっかくのメイクが汚くなってしまい女性を悩ませるものです。すっぴんがきれいな女性は「毛穴」が目立たなく、ツルンとした陶器のようなお肌をしています

2)「白い肌は七難隠す」

昔から言われるように、「白い肌は七難隠す」と言われています。確かに色が白い方が、メラニン色素がたまってシミができてしまった色黒の人より、メラニン色素が少ないので、くすみのない透明感のある肌であることが多いです。きちんと、日焼けに対するケアを怠っていないのだと思います。

3)肌がもちもち「ハリがある」

肌がピンと張って「ハリがある」があるということもすっぴんがきれいに見えます。年齢とともに、肌も下垂してきます。肌にハリがあってリフトアップされていると、見た目も実年齢よりも若々しくみえます。そのため、すっぴんがきれいな人は年齢が不詳な人が多いような気もします。

4)「しみ、しわ、くすみ」がない

日常生活が乱れてて夜更かしや飲みすぎたりするような生活を送っていると、朝起きると目の下がどす黒くくすんでいたりする経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。すっぴんがきれいな人は、女性が「コンシーラー」によって隠したくなってしまうような、「しみ、しわ、くすみ」からは無縁なお肌をしています

5)「顔のグルーミング」を怠っていない

脇やビキニライン、手足の目立つ部分についてのムダ毛処理は怠らない女性も、ついつい顔のグルーミングを忘れてしまうことがあり、ほっぺが桃の産毛のようになっていたり、口まわりにもうっすらヒゲができてしまっていることがあります。すっぴんがきれいな人は常に顔のグルーミングも怠ることはしません。ただし、これは気をつけさえすれば誰でもできることなのでメイクの時に忘れないようにしたいところです。

6)やっぱり「目鼻立ち」がはっきりしているのは得!

すっぴんでもきれいに見える人というのは、「目鼻立ち」がはっきりしていることが多いです。顔のパーツがはっきりしていると、もともと大きな目や、アイブロウで書き足さなくてもよいくっきりした眉毛をもっていると、そこに目がいくため、メイクをしているようにも見えると同時に、すっぴんであることを忘れさせてくれるのです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.「眉毛」次第で女っぷりは格段に違う

a0001_012482

眉毛をお手入れする前に準備するもの

眉毛は顔の印象を左右する大きなポイントです。眉毛が上手くかければ、それだけで美人度がアップすると言ってもよいぐらいのもので、女性がメイクにおいて手を抜かないところです。さらに、眉毛はその時のメイクの流行が繁栄されるパーツでもあるので、トレンドは意識しておいた方がよいかもしれません。眉毛を自分で整える前に準備しておくものには、「眉毛をカットするはさみ」眉毛の毛の流れを整える「アイブロウ」「コーム」、微妙な調整をするための「トゥイザー(毛抜き)」になります。次にアイブロウのブラシを上からあてて、はみ出した眉毛をカットします。この時に切り過ないように注意です。次に反対に下からアイブロウを下から上にあて、はみ出した眉毛をカットします。

眉毛の形を決める時のポイント

眉毛の形を決める時のポイントは、「眉頭」「眉山」「眉尻」の3つですそれぞれの位置をしっかり押さえることが、整った眉毛を作る時に大切になってきます。「眉頭」は小鼻の際から目頭の延長線上にくるようにします。「眉山」は眉毛の中で一番高い部分になるところで、眉毛を上に持ちあげてそこを黒目の端から目尻の間にくるようにします。「眉尻」は小鼻の際から目尻の延長線上にくるようにすると全体のバランスがとれます。ここからはみ出ると、眉尻だけが垂れ下がってしまいバランスが悪くなるので注意してください。

眉毛の基本的な整え方

アイブロウで眉毛の流れを整えたら、ペンシルのアイブロウで自分がなりたい眉の形を決めます。眉毛の周りのムダ毛などは最初に、眉ハサミでカットしたり、トゥイザ(毛抜き)で抜いて整えます。アイブロウのブラシの方を上からあててブラシからはみ出して眉毛を形をみながら少しずつカットしていきます。次は、下か上に毛流れを作って、上にはみ出た眉毛をカットします。左右のバランスをうまく取れれば、うまく仕上がったといえます

便利グッズを使うのも一つ

最近よく見かけるのは「眉毛テンプレート」です。眉毛はメイクの中でも時間をかけるという女性が多いと思いますが、日によって今日は全然うまく描けないなんて日もあります。そんな時に「眉毛テンプレート」を使えば常に一定のクオリティーの仕上がりが期待できます。「眉毛テンプレート」には自分の気に入りの眉毛の形を選ぶものから、何パターンかセットになっているものもあります。うまく使えば朝のメイク時間が短縮されるかもしれません。

ぶきっちょさんは「プロ」にお任せも

眉毛はメイクの中で大事なポイントになるため自分でしっかり描けるようにしたいものですが、ぶきっちょさんも中にはいると思うので、そんな時は定期的に「眉毛カット」のお店に通うようにしてベースの形を「プロ」にお任せしてみるのもありです。今どんな眉毛が流行なのかといったこと、眉毛の描き方のポイントや自分の顔にあった眉毛の形をアドバイスしてくれるので、一度使ってみるのも女子力アップにつながります。

3.「すっぴん」に自信がもてるお肌を作るための生活習慣

a0002_012047

お肌の生まれ変わるゴールデンタイムにしっかり睡眠をとる

「すっぴん」に自信がもてるお肌を作るために一番必要なのは、なんといっても「睡眠」です成長ホルモンが分泌されお肌が修復される時間は、午後10時から午前2時といいます。この時間をしっかり睡眠時間にあてることで、お肌のターンオーバーがきちんとされるようになり、きれいな肌を作ることができるのです。きれいなすっぴんを目指すには夜更かしは最もNGです。

バランスのよい食生活でお通じもばっちり

「すっぴん」がきれいな人は食生活にも気をつけています。栄養バランスを考えた食生活を心がけることが大切。5大栄養素を意識し、主食である炭水化物、や肉、魚、卵などのタンパク質、野菜、果物、乳製品をいったものをしっかりとることが大切です。それに伴い「腸内環境」を整えて、体の中に毒素をため込まないようにすることが、きれいな「すっぴん」への近道です。また、最近注目をされるようになってきた「酵素」などもきれいなお肌への効果が取り上げられています。また、スイーツなどの甘いものは、体に「糖質」をため込んでしまい体の中を「錆びさせる」ので、ダイエットの点からも注意した方がよいです。

日焼け対策は万全に

「すっぴん」がきれいな人は、一年中日焼け対策をすることは怠りません。それだけ日焼けが肌に与えるダメージは大きいのです。紫外線が一番強くなるのは、真夏ではなく5月だと言われていることはある程度常識として浸透してきたと思います。そのため夏に向けての日焼け対策はばっちりしている人が多いですが、日差しが弱い秋から冬にかけても量の違いはあっても、紫外線は降り注いでいます。シミの元である「メラニン」を作る紫外線は常にカットしておくことを心がけることが大切ですね

喫煙はできるならしない方がグッド

喫煙をする女性も珍しくなっていますが、タバコに含まれている「ニコチン」には喫煙は血管を収縮させて細くしてしまうというデメリットがあります。そのため体全体への血流が悪くなってしまい、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。それによって、ニキビや肌荒れといったトラブルに悩まされる原因になるのです。それと同時にタバコには体に対して有害な効果を与えると言われている化学物質が400種類以上含まれていると言われています。そのために体が抵抗するために活性酵素を使い体の酸化をすすめているのです。それに伴いお肌の老化も進行することになりかねないので、できれば「すっぴん」美人を目指すのでればが喫煙していない方がよさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4.「すっぴん」がきれいな人のスキンケア

a0002_009249

一番大切なのはクレンジング「メイクはきちんと落としてもゴシゴシ洗顔はNG」

「すっぴん」がきれいな人が心がけるているのでは、「クレンジング」です。メイクをきちんと落とさないと、お肌が角質化していきごわついてくる原因にもなりますし、クレンジングによって汚れがきちんと落とされれていないとどれだけ効果な化粧品を使っていても、その効果がきちんと浸透していかないからです。また反対に、お肌をキレイにしようとするあまりゴシゴシ洗顔してしまうのはNGです。お肌を摩擦によって傷つけてしまう原因になり、お肌に必要な油分もなくしてしまうことになりかねないのです。

欠かせないのは「保湿」!化粧水は惜しみなく使います

メイクを落としのあとに欠かせないのは「保湿」です。お風呂を上がった瞬間から、お肌は乾燥状態になると言われています。そのためできれば、お風呂の中から化粧水のコットンパックをするぐらいで「保湿」を心がけるのがよいようです。化粧水は、高いものを少量使うよりは、お値段がリーズナブルでも自分の肌にあったものをバシャバシャ使う方がよいとも言われています。自分に効果がある方法を探してみるのがよいですね。

朝の洗顔は「水洗顔のみ!」水分はタオルで拭き取らずにパッティング」

朝起きてからの洗顔は、水洗顔のみがベストとも言われていますす。厚化粧と世間で言われているお母さん世代の演歌歌手の「八代亜紀」さんは、実は年齢以上のすっぴん美人。彼女がお母さまに代から実践しているのは、「水洗顔」です。朝の洗顔後、顔に残った水分は、タオルで拭き取るのではなく手で優しくパッティングを顔に残った水分がなくなるまで続けるのです。それをすることで、長年続く「すっぴん美人」を作り上げるのです。

メイクを止めて「お肌の自浄作用を促すのもあり」

アラサー女子ぐらいになると、ちょうどお肌の曲がり角にさしかかることもあり、肌コンディションをよくするために高価な化粧品を使うようになることがあるかもしれません。そうることでお肌の質は向上することは間違いないですが、反対に過剰な栄養がお肌「自分でがんばろう」ということをやめてしまうのです。お肌の自浄作用をもう一度取り戻し、「お肌に喝!」と言れるためにも思い切っていったんメイクや化粧品を使うことを止めてみるのも、お肌の自浄作用を取り戻す必要もあるかもしれません

まとめ

これまで見てきたように、「すっぴん」がきれいになるには日常生活できちんと努力する必要がありそうです。でも、「すっぴん」がきれいであることは、何より女性としての自信にもつながります。そして、また大好きな彼氏にいつ見られても恥ずかしくない女性でいることができます。男性はすっぴんが好きという人が多いいですからね。そして年を重ねていけばいくほど、欠点をかくそうとするあまりお化粧が濃くなりがち。そのためにももともとの素肌である「すっぴん」がきれいであることはますます大切になってきます。そのためには今からきちんと、お肌のケアをしていつまでも「すっぴん美人」を目指しましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -