サプライズを成功させたい。結婚式を盛り上げる7つの方法!失敗しない為のポイントも

結婚式、それは一生の内にそう何度も無い晴れの舞台。大切な友人の結婚式であれば尚更、心に残る思い出深い物にしてあげたいですよね。数ある演出の中でもサプライズ演出は、成功すればとても盛り上がり、なおかつ印象にも残るお祝いの方法です。

しかし失敗談を聞いたりすると、果たして自分が成功させることが出来るのか不安になってしまうのも事実。

今回はそんなドキドキの結婚式に向けてのサプライズ計画の中でも、成功率が高く失敗の少ない方法をご紹介いたします。

折角の結婚式、驚きと喜びで笑顔溢れる素敵な思い出を残しましょう!

スポンサーリンク

結婚式を盛り上げたいけれど、失敗が怖い…サプライズをする上での心構えについて

IMG_2341

驚きというスパイスは、より一層の感動を生んでくれる

予め報告しておいてプレゼントやメッセージを贈っても、受け取る人はとても喜んでくれると思います。しかしただ普通のお祝いでは、結婚に際して沢山頂くお祝いの内の1つとなり、あまり印象に残る事はありません。

サプライズはお祝いの気持ちに驚きという名のスパイスを添える、一種の演出方法。準備にも手間が掛かるので、その分気持ちを込めたお祝いを贈ることが出来ます。

受け取る人も心の準備が出来ていない分、より大きな感激を受ける事になります。また、そのサプライズにかけてくれた時間や手間を想像すると、自分の為にそこまでしてくれたという事実に更なる感動を覚える事になるでしょう。

そして贈る側も、一生懸命に準備したサプライズが成功する事で、大きな達成感と感動を得ることが出来ます。

失敗を恐れたら何も出来ない!精一杯の真心を込めて

人前で何か出し物をしたり、誰かを驚かせるような事をする時は、誰でも少なからず不安や緊張を覚えるものです。

しかし必要以上に失敗することを恐れていると、アレも出来ないコレも出来ないとなり、何をするにも中途半端な出来になってしまいます。やるからには精一杯の真心を込めて全力で準備をして本番に挑んだ方が、より良い内容のサプライズを贈る事が出来ますよ。

新郎新婦にとって一世一代の結婚式。折角招かれるのだから、こちらとしても思い切りお祝いしてあげる事が出来れば、双方にとって素晴らしい思い出が残る事でしょう。

皆が笑顔になれるようなサプライズを

サプライズを考える時に、頭の中では色々な方法が想像できることでしょう。

どんな事をしたら喜んでくれるだろうと考えてみたり、学生時代に友人が大好きだった物を思い出してみたり。懐かしさに目頭を熱くする事もあるのではないでしょうか。

ただ忘れないで頂きたいのは結婚式はあくまでも公の場であるという事。友人だけ集めたパーティーでなければ、出席者の中には職場の上司や親族など、友人以外の方も沢山いらっしゃいます。

そのためあまりに過剰な身内ネタに走ってしまう事は、場を白けさせる原因になりかねません。実は結婚式のサプライズで起こりがちな失敗で多いのがこれなのです。

結婚式で行うサプライズを考える時は、職場の方も親族も、そして新郎新婦それぞれの友人も楽しめたり感動できるような内容を考えるように努めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

折角の結婚式だから失敗したくない。成功させるために必要な準備とは?

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

事前準備で不安を払拭!to Doリストを作ろう

結婚式の準備というものは招く側も招かれる側も忙しくなるものです。ましてや普段仕事をしている方であれば、準備に割ける時間も自ずと限られてきます。

そこで、サプライズの内容を決めたらまずはto Doリストを作りましょう。to Doリストとは、『to Do』=『するべきこと』を書き出したものの事。

結婚式のサプライズに手慣れている人などほとんどいません。慣れていないからこそ、何が必要なのか、どのようなスケジュールを組めば良いのかを具体的にする事が大切なのです。

頭の中だけでは漠然としていた考えも、紙に書き出してみるとすっきりと整理する事が出来ますよ。

協力者がいると安心

1人で何もかもを進めていくとなると大変です。出来る事なら協力者を得た方が、物事をスムーズに進める事が出来、尚且つ本番にも心強い仲間となります

サプライズに肝心なのは、ターゲットや仕掛人以外に計画を知られない事。そのためにも協力者がいる事で、動きやすくなる場面が多々出てくることになるでしょう。

そして結婚式というものは式場の都合上、タイトなタイムスケジュールを組まれている事もしばしば。その詳細を知っているのは式場のプランナーの方と司会進行の方、そして新郎新婦です。

ですから出来れば新郎か新婦のどちらかに、2人に秘密で進めたいのならば、スタッフの方にだけでも知らせておきましょう。

必要な打ち合わせはちゃんとしよう

協力者を得たところで、一方的に内容やスケジュールを伝えるだけでは、計画を順調に進める事が困難になる危険性があります。

忙しい中で大変かもしれませんが、打ち合わせをする時間はしっかりと取り、綿密に意見交換が出来る場を設けましょう。

各々の役割やタイムスケジュールをはっきりさせて共有する事で、まさかの失敗を起こりにくくする事が出来ます。

情報の洩れを防ぐために、仕掛人以外に計画が洩れる事の無いよう、口止めはしっかりとしておきましょう。

ターゲットの好みや性格をしっかり把握しておこう

サプライズの一番の目的は、ターゲットを喜ばせる事。そのために必要なのは、相手の好みや性格をリサーチして、喜んでもらえそうな内容を考える事です。

例えば自分が好きだからと言って、ターゲットが嫌いな芸能人のマネをしたり、使わないような物をプレゼントしても、その気持ちは喜んでもらえるかもしれませんが、盛り上がりには欠ける事になってしまいます。

また、結婚する友人が授かり婚だった場合、まだそれを一部の人間にしか公表していないのなら、公の場で子供に関するプレゼントをする事も控えておきましょう。

妊娠はおめでたい事ですが、デリケートな事でもあります。そう言った物は後日友人だけの集まりなどで渡した方が無難です。

本番前には最終確認を忘れない

いざ準備が終わって後は結婚式本番に臨むだけ、と安心してしまうと、当日どんなハプニングが起こるか分かりません。

不測の事態にも対応できるように、計画の最終確認を協力者と共に行いましょう。

プレゼントする物や小道具を忘れないことはもちろん、日時や会場までの道のりなど、そしてサプライズ計画の内容がうっかり外部に漏れないように改めて口止めをしておくと安心です。

最終確認を終えたら、後は本番当日に体調などを崩すことが無いように気を付けて、その日を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成功率はお墨付き!失敗しにくいサプライズの方法7つ

IMG_1777

気持ちを込めた手紙を贈る、サプライズメッセージ

オーソドックスかつ確実に感動を呼ぶことが出来る手紙のプレゼント。折角のサプライズで渡すのなら、少し凝った演出をして渡してみましょう。

自分のメッセージだけでなく、出席する友人や用事があって出席できない友人たちのメッセージを集めてちょっとしたプレゼントや書いた人のチェキを撮って一緒に渡すのも良いですし、その日の出席者に色紙を回してメッセージを書き込んでもらい、寄せ書きにして新郎新婦に渡すという演出も素敵ですよ。

色紙に書き込みをお願いする時は、失礼の無いように可能な範囲で書いていただくようにしましょう。友人一同の分だけでも、十分素敵な寄せ書きが出来上がりますよ。

世界で1つだけの映像作品、オリジナルムービー

準備の時間がある程度取れるなら、オリジナルムービーのプレゼントも素敵です。

専門業者に頼むと結構な予算が必要ですが、自分で撮ったムービーを無料ソフトで編集する事も出来ます。もしも新郎新婦両者と面識があり、2人が写っている写真やムービーがあるならそれを編集しても良いですし、友人ならではの親しみの持てるムービーが作れますよ。

中にはロケに出て素材を撮り、凝ったサプライズムービーを作る方もいます。今まで見た中で面白かったのは、新郎新婦の母校を背景に動画を撮り楽しく編集した、2人の生い立ちを追った動画です。

幼稚園や小学校の映像は親族の方も懐かしい気持ちになりますし、他の出席者も2人のストーリーを目で見て知れるので、とても楽しめる内容でした。

注意点としては、あまり長過ぎるムービーは進行の妨げになりますので短めに、出来れば3分以内に収めるようにしましょう。そして出来上がった動画はCDに焼いて、数日前までに式場に預ける事。本番前にスタッフの方が動作確認等を行うためです。

そしてもう1つ気を付けて欲しいのが、現実的な話ですが映像設備の使用料について。持ち込みの映像作品を流す演出は別途オプション料金が掛かってしまうという式場も多々あります。新郎新婦が思わぬ出費を背負ってしまわないように、よく確認してから詳細を決めて下さい。

印象的な贈り方で感動させる、サプライズプレゼント

何かと必要な物が出てくる新婚生活、何か有意義に使ってもらえる物をプレゼントするのも良いお祝いになります。欲しいけど自分ではなかなか買わないかな、という物が見つかればベストです。

2人の名前が入ったペアグラスなどのオリジナルグッズや、結婚を記念するプリザーブドフラワーなども喜んで貰えますよ。

サプライズとして渡すなら、やはり結婚式当日に渡したいものです。もしスピーチや余興を頼まれているのなら、その時にプレゼントを渡しましょう。その時に見栄えがするように、装飾も華やかに飾り付けると素敵です。

何も頼まれていなくても、司会の方に声をかけて、プレゼントを渡すタイミングを作ってもらえば披露宴中に渡すことが出来ます。その方がよりサプライズ感は強いかもしれませんね。

式場を彩る装飾で、びっくり&喜ばせよう

出席する前提でいるとあまり思い付きませんが、式場に飾れるフラワーギフトやバルーンギフトなども喜ばれるサプライズになります。

受け取る側として感動するのは、ブライズルームに突然届くメッセージ入りのフラワーギフトやバルーンギフト。お支度中は不安も有りますし気を張っていますから、予想していなかった暖かいメッセージに緊張がほぐれる事にもなるでしょう。

専門業者に頼むと、名前とメッセージを添えて注文すれば式場への手配なども行ってもらえますから、1人でも成功させやすいサプライズになりますよ。

音楽やダンスで盛り上げる!余興でサプライズ

練習する時間も確保できて仲間が集められるなら、楽曲演奏やダンスでサプライズをしてみるのも一興です。

出来れば是非、新郎または新婦のどちらかを主役に立てて余興を行うと盛り上がりますよ。少し演劇がかったキザな演出も、結婚式という場面なら違和感無くはまります。フラッシュモブ風の演出も流行していますね。

手習いの経験があるなら楽曲演奏も、新郎か新婦のどちらかに歌をお願いして、自分たちは演奏で華を添えるという方法も感動のサプライズになりますよ。

そしてサプライズ余興において何より大切なのは、ターゲットの好みのリサーチ。

ターゲットが派手なサプライズが苦手な場合はこの手の演出は避けた方が賢明です。選曲も、たとえターゲットの好みの物であってもあまりにマイナーな曲は避けておきましょう。年配の方が唖然としないような、一般的な雰囲気の曲や人気のある曲を選びましょう。

真心込めたウェディンググッズでサプライズ

本番前に渡すウェディンググッズでサプライズも、とても粋なプレゼントとなるでしょう。

リングピローやウェディングボードなどの小物も良いですが、友人が新婦ならおすすめしたいのが「サムシング・フォー」。

結婚式で花嫁がある4つの物を身につけると幸せになれるという欧米の慣習です。

古いもの(Something Old
祖先、伝統などを表します。友人からでしたら結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りが良いでしょう。
新しいもの(Something New
新生活を表します。新調した白いものを用意します。ドレスに合わせて着用する長手袋などをプレゼントする事が多いようです。
借りたもの(Something Borrowed
友人や隣人との縁を表します。幸せな結婚生活を送っている友人から持ち物を借りることで、その幸せにあやかる意味があります。ハンカチやアクセサリーが一般的です。
青いもの(Something Blue
マリア様のシンボルカラーである青で、純潔を表します。このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされているので、白いガーターリングに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的です。

上の3つを用意するのは人によっては難しいかもしれませんが、サムシングブルーなら準備しやすく渡しやすいかと思います。サムシングブルーの由来とメッセージを添えて、新婦の幸せを願いプレゼントしましょう。

基本を押さえながらも、一味違う演出でサプライズ

定番の演出に、ちょっとしたサプライズを織り込むことも、さりげなくて嫌味の無い素敵なサプライズになりますよ。

例えば結婚式の定番、フラワーシャワー。新郎新婦に祝福のお花を投げる演出ですが、その時に持参したハート型の紙を混ぜてハートシャワーを降らせてみましょう。ヒラヒラと舞うハートはとても可愛らしく、愛し合う2人の門出にぴったりな演出です。

折り紙や色のついた紙を小さなハート型に切り抜くだけですから、簡単に作る事が出来ます。ハート以外にも星形や小さく結んだリボンなどでも、可愛らしいシャワーが作れますよ。

任務遂行までの間も腕の見せ所?失敗を避けるために押さえておきたいポイントは

IMG_8283

内容がバレてしまわないよう、協力者以外には秘密厳守で

計画実行前にターゲットに内容がバレてしまっては、サプライズでは無くなってしまいます

そのためにも、サプライズの仕掛人以外に計画が漏れてしまわないようにしっかりと連携を取りましょう。特にターゲットの兄弟姉妹等の親族や新郎新婦どちらかに協力してもらう場合は、より慎重になっていただくように気を付けましょう。

結婚式の主役はあくまでも花嫁である事を忘れずに

結婚式の真の主役は、どんな式であろうと最終的には花嫁である新婦なのです。ですからいくら盛大なサプライズで周囲が盛り上がろうと、新郎や友人が感動のあまりにむせび泣こうと、新婦本人の気分を損ねてしまっては成功とは言えないのです。

もしも新婦が結婚式でネガティブな気持ちになってしまうと、大袈裟ではなく一生遺恨を残すことになりかねません。

結婚式において良い式というのは、花嫁が幸せそうであることに尽きます。一生懸命準備しているうちに忘れがちですが、大切なのは花嫁の笑顔や感動の涙であり、祝う人や演出が如何に目立つかでは無い事を覚えておいて下さいね。

身内ネタは使い過ぎないように

様々な場面において周囲が白けてしまうのが、過剰な身内ネタなのです。本人たちは大盛り上がりになりますが、そのテンションと反比例するように周囲は冷めきってしまいます。

それがまだ親族や職場の方なら、お祝いの場ですし大目に見てくれるとは思いますが、新郎や新婦が白けてしまう事態は避けて通りたいところです。

結婚式は公の場です。新郎新婦のヒストリーを他人に紹介できるような身内ネタなら良いですが、それを知らない他の人が全く理解できないようなネタを多用するのは止めておきましょう。

出来る事を出来る範囲で

頭の中で考えを巡らしていると、どんどんアイデアが溢れてきてやりたい事が沢山出てくるかもしれません。

しかし結婚式の準備は招く側だけではなく出席する側も、時間とお金が掛かるものです。計画を大きくし過ぎて中途半端になるくらいなら、初めから可能な範囲で内容を充実させたサプライズを考えた方が、成功率は格段に上がりますよ

重要なのはお祝いしたいという気持ちです。当日は晴れ晴れとした笑顔で祝ってあげられるように、無理のない計画を練りましょう。

まとめ

結婚式での失敗しないサプライズ方法や、成功させるポイントについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

大切な友人の人生の節目の日、幸せでいっぱいの日にしてあげたいですよね。あなたのその幸せを願う優しい気持ちは、きっとご友人にも暖かく届く事でしょう。

結婚を機に更に友情が深まるなんて、とても素晴らしい事です。そのためにもサプライズを成功させて、より良い結婚式にしてあげてくださいね。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -