体重はBMI数値が目安になる?身長168cmの女性の理想体重とは。体型別コーデも

身長168cmはかなりの高身長ですね。ところでBMI数値を実際に参考にしたことがありますか?BMI数値は自分の身長と体重をインプットするだけで簡単に自分の肥満度・体型が測定できる便利な指標です。

それぞれの体型に合ったコーデも可能です。理想の体重を設定することもできます。しかし、そのように役に立つBMI数値にもいくつかの欠点があります。そして、ダイエット時に陥りやすい失敗についても説明して、正しいダイエット方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

標準体重を調べて健康管理に役立てよう。BMIの測定方法について

a0002_012127

BMIの定義

BMI(Body Mass Index)とは身長と体重から肥満度を測定する体格指数のことです。ボディマス指数とも呼ばれています。世界各国で採用されている普及率の高い指数です。

BMI数値は、次の公式で導き出すことができます。BMI数値=(体重kg)/(身長mの2乗)。電卓があれば即座にBMI数値を知ることができます。ここで身長の数値はcmではなくmになるところがポイントです。

BMI数値が分かると、自分の肥満度が分かると言われています。BMI数値は体脂肪率と相関関係があることが知られています。日本肥満学会ではBMI数値が25以上の人を肥満、BMI数値が18.5未満の人を低体重(瘦せ型)と分類しています。

BMI数値が22の時の体重は標準体重と呼ばれています。データによると、標準体重の近くにいる人は標準体重から離れている人に比べて、病気にかかる割合がかなり少なくなるということです。標準体重を目標にダイエットを頑張ることをおすすめします。

実際に168cmの人のBMIを計算

それでは実際に身長168cmの人のBMIを計算してみましょう。BMI数値=(体重kg)/(1.68mの2乗)です。1.68の2乗はおよそ2.82です。

体重50kgの場合BMI数値=17.7(瘦せ型)、体重60kgの場合BMI数値=21.3(標準体重の近く)、体重70kgの場合BMI数値=24.8(肥満に近い)となります。

体重による肥満度の違い

詳細を書くと、体重52.2kg未満の人は低体重(瘦せ型)、体重62kgが標準体重、体重70.5kg以上の人は肥満という判定結果が得られます。あなたの体重は上のどの部類に当てはまるでしょうか。低体重でも肥満でもない体重を普通体重と呼びます。

肥満にはさらに別の基準があります。BMI数値が25以上30未満の場合を肥満(1度)、30以上35未満の場合を肥満(2度)、35以上40未満の場合を肥満(3度)、40以上の場合を肥満(4度)と分類します。

厚生労働省の調査によると、平成28年時点で肥満者の割合は男性で31.3%、女性で20.6%ということです。男性よりは少なめですが、女性も結構肥満の人がいるみたいです。

身長168cmについて

30代の日本人女性の平均身長は158.3cmです(平成26年時点)。世界平均の161cmにはあと3cmほどです。身長165cmの人は日本人女性の上位10.7%の位置にあります。身長165cmは高身長の部類に入ると言っていいでしょう。

身長168cmの人は日本人女性の上位3.9%の位置にあります。もちろん高身長の部類に入ります。5段階の通知表では5がつくはずです。ちなみに日本人男性では181cm~182cm の人が同じ位置に当たります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

168cmの高身長女子のお悩みも解決?それぞれの体型に合うファッション

tsu_ringopp_TP_V

細めの体型の人

BMI数値が18.5未満の人は細めの体型に分類されます。身長168cmだと体重52.2kg未満の人です。体重はまさにモデル向きで、どんな服でも着こなせるような気がします。

体のラインを強調するスキニーパンツ・タイトスカートなどの着用がおすすめです。ブーツインしたスキニーやスタイルが良く分かるタイトスカートなどで自分を主張することができます。レザージャケットやクラシックコートなども高身長のモデル体型だからこそ良く似合います。

太めの体型の人

BMI数値が25以上の人は太めの体型に分類されます。身長168cmだと体重70.5kg以上の人です。武術などのスポーツが得意そうな感じで、周りの人から頼りにされている存在ではないでしょうか。

太めの体型を隠そうとするなら、縦長の縞模様の服を選ぶといいでしょう。実際よりほっそりと見せてくれます。チェック柄も体型隠しには有効です。

スカートはタイトスカートよりプリーツスカートの方が良いでしょう。そして黒色は収縮色として、見た目を引き締めてくれます。

どちらでもない普通の体型の人

BMI数値が18.5以上25未満の人は細めでも太めでもない普通の体型に分類されます。身長168cmだと体重52.2kg以上70.5kg未満の人です。高身長を生かした着こなしが周りの注目を集めそうです。

ワンサイズ大きめな服が豊富にそろっている海外ブランドの服がおすすめです。Banana Republic(バナナリパブリック)やAbercrombie & Fitch(アバクロ)などのブランドが人気です。FOREVER21(フォーエバー21)は低価格で学生の間でも評判です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数値の過信にご用心!BMI数値がすべてではない

7-image3

BMIを過信してはいけない

BMI数値を知ることによって自分の肥満度や体型が分かり、似合いのコーデも追求することができるようになります。標準体重をダイエットの目標に設定することもできます。

BMI数値を用いた目標として、標準体重のほかに美容体重やモデル体重があります。美容体重とは女性が最も美しく見えるとされる体重で、BMI数値が20の場合の体重、モデル体重とはモデルにふさわしい体型になる体重で、BI数値が18の場合の体重です。

このようにBMI数値は様々なタイプの目標体重として利用できる大変便利な指標なのですが、ただ単にBMI数値だけを信用してはいけないということが分かっています。

BMI数値は身長と体重をインプットするだけで、体脂肪率や筋肉を直接測定するものではありません。筋肉は脂肪より重いとされています。筋肉質の人は一般に体重が重いのですが、BMIの公式に当てはめると肥満でもないのに「肥満」と判定されることがあります。

また、骨格や体内水分量に関しても不正確です。骨格が大きい人も一般に体重が重く、筋肉質の人と同じように間違って「肥満」と判定されがちです。体内水分量が多い人も一般に体重が重く、同様の結果となってしまいます。

さらに、高身長の人が肥満判定が出やすい傾向にあります。BMI数値の計算法にやや難ありとする意見もあります。身長の2乗で割るところは本当は身長の3乗で割った方がいいのではないかということです。

BMI数値は肥満度を完全に決定する指標ではありません。便利だからといってBMI数値を過信してはいけません。あくまでもひとつの目安として利用することがおすすめです。

BMIを下げ過ぎると健康を害する危険がある

肥満の人には糖尿病や高血圧などの病気にかかりやすいとされています。だからダイエットをするわけですが、ただ体重を減らせばいいという話ではありません。

絶食ダイエットなどの無理なダイエットは体の抵抗力を低下させて、健康を害してしまいます。女性ホルモンの減少・摂食障害・血行不良などの様々なトラブルが考えられます。

モデル体重は低体重(瘦せ型)に分類される目標値です。健康でいられるぎりぎりのラインであると考えられていて、モデルの人は人並み以上に健康に気を遣っているはずです。ただ憧れの体重だからといって、健康のことを何も考えずに行う無謀なダイエットは慎むべきです。

体脂肪を落とすことがダイエットの目的

BMI数値によって自分の肥満度のおおまかな目安が分かり、目標体重も設定できました。あとは正しいダイエット方法を実践することによって理想の体重が手に入れることができます。

それでは正しいダイエットとはどのような方法で行ったら良いのでしょうか。ただ体重を落とすのではなく、体脂肪を落とすことがダイエットの目的だということが肝心です。

体脂肪を落とすには効果的に脂肪を燃焼させることが大切です。それは毎日の生活で継続して実践することが可能です。

食事に関しては、肉・揚げ物などの脂肪豊富な食材をあまり取らずに、炭水化物も控え目にして、乳製品(L-カルニチン)・緑茶(茶カテキン)・納豆(ビタミンB群)など脂肪燃焼に効果のある成分が入っている食材を積極的に摂取することがおすすめです。

生活習慣に関しては、質の高い睡眠を取るように心掛けましょう。基礎代謝が向上して脂肪燃焼にも効果があります。自律神経のバランスも良くなり、免疫力もアップします。

また、1日20分の半身浴も体内の血行を促進して脂肪燃焼にも有効です。運動に関しては、ジョギング・水泳などの有酸素運動がおすすめです。

ゆっくりと酸素を取り入れて運動するだけで、脂肪燃焼効果が期待できます。また、ダンベル運動などの激しい無酸素運動は筋肉を作りますが、その筋肉が基礎代謝を向上させてくれて脂肪燃焼にも役立ちます。

これまで挙げてきたダイエット方法はどれも、科学的に正しいと実証されている方法です。自分の生活の中でできそうなものから積極的にトライしてみてください。

まとめ

BMI数値で自分の肥満度・体型がだいたい分かり、それはファッションにも応用できます。またダイエットで目標の体重も設定できたりと確かにBMI数値は便利なのですが、数値を完全に信用してはいけません。ひとつの目安として捉えることが大切です。

そして数字ばかりを追ってただ体重を減らせばいいのではなく、体脂肪を落とす正しいダイエットを心掛けることが肝心です。この記事を読むことで、理想の体重になれることを願っています。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -