台湾へ行く時の服装とは?おすすめファッションをお届け!季節の見どころも要チェック

我々日本人にとって、台湾は年中暑いイメージがありますが、実は日本と同じように四季があり、寒暖の差があります。せっかくの台湾旅行が、思った以上に寒くて失敗したということがないように、台湾の天気や季節に合った服装、見どころなどを知っておくとよいでしょう。

古き良き、そして新しい台湾を感じることができるスポットなど、買い物も楽しめるお店をピックアップ。台湾旅行へ行かれる際は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

週間天気を必ずチェック!台湾の春の気候と服装&みどころ

3-image2a

台湾・春の気候

3月ごろから曇りがちの冬の天気は徐々に薄れ、天気が安定し、晴れる日が多くなります。気温は日中18度程度まで上がりますが、やはり朝晩は涼しく感じます。4月ごろには22度程度になり、上着を必要としない気候になるでしょう。5月下旬から、北部より梅雨になります。気温も25度程度まで上がり、湿気も加わって蒸し暑さを感じる毎日になります。

台湾・春の服装

3月前半はやはり冷え込むこともありますので、油断大敵です。コートを準備しておくと良いでしょう。4月は上着がいらないほど気温が高くなります。ただし、室内は冷房がきいていますので、一枚羽織れるものがあると便利です。

5月ごろは、日本の夏と同じような格好で大丈夫ですが、台湾では室内の冷房がきついことが多いため、カーディガンや薄手のジャケット、ストールなど1枚入れておくと寒いときの対応も安心です。

台湾・春のみどころ

一年の中で、最も過ごしやすい季節と言われる春に台湾に行くのであれば、陽明山や烏來など、台湾の桜見がおすすめです。他にも、真っ白な花で目を楽しませてくれる「五月雪」干渉や、ホタル観賞、澎湖(ポンフー)で開催される花火大会も有名です。

白亜の壁が印象的な、中正記念堂は、桜見ができる観光スポットになっていますので、春に台湾を訪れるのであれば、ぜひヤマザクラやソメイヨシノを観賞しに足を運んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

暑くても羽織るものは必須…台湾の夏の気候と服装&みどころ

3-image4

台湾・夏の気候

梅雨があけると一気に気温が上がりますので、非常に暑くなり、暑さ対策、日焼け対策が必要になります。梅雨は6月下旬~7月上旬に明け、気温は30度を超えます。7~8月には35度を超え、40度近くなることもあり、台湾の人は日中の外出を控え、夕方~夜にかけて外出するようです。スコールも短い時間で頻繁に振り、台風シーズンになります。

夏に台湾旅行を計画する場合には、天気について十分チェックする必要があります。

台湾・夏の服装

蒸し暑い夏の服装は、やはりノースリーブや半袖になりますが、台湾では、建物や飲食店、交通機関の中では強烈に冷房がきいている場所が多くあります。カーディガンなど上から簡単に羽織れるものは必ずバッグに入れておきましょう。

紫外線対策もしっかりしてください。うっかり忘れると、一日でがっつり日焼けしてしまう恐れがあります。水分もしっかりとるようにしましょう。

台湾・夏のみどころ

暑い台湾の夏を満喫できる、ビーチリゾートである墾丁がおすすめ。台湾最南端にあり、サンゴ礁や青い海で、サーフィンやマリンスポーツで遊ぶことができますので、台湾の若者にも人気のスポットです。夜には、綺麗な星空も見ることができます。

また、夏の台湾では、マンゴーなどの美味しい旬のフルーツを堪能することができます。ぜひ市場などで見たことのない南国フルーツを味わってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

折りたたみ傘をお忘れなく。ころころ変わる台湾の秋の気候と服装&みどころ

3-image3

台湾・秋の気候

台湾も日本と同じように、9~10月は台風が頻繁に通過します。気温は相変わらず高く、少しずつ下がってはくるものの、なかなか秋を感じることができません。

10月ごろは朝晩が涼しく感じる日もあります。台風シーズンが終わると、天気も安定してきますので、観光に適した季節到来となります。11月は肌寒い日もあれば、真夏日に戻る日もあり、ころころ変わりますので要注意です。

台湾・秋の服装

台湾の秋は、基本的にまだまだ暑い日が続きますが、天気が安定しない日が多く、日中と朝晩の気温の差も大きいため、羽織るものを1枚バッグに入れておきましょう。また突然雨が降ることもありますので、折りたたみ傘を忘れないようにしましょう。また、訪れる地域によって涼しいと感じることもあります。長袖も準備しておくと安心です。

台湾・秋のみどころ

台湾の秋は、台風シーズンが去り、気温も下がって快適に過ごすことができるようになります。そんな季節におすすめの観光スポットは、湖に反射する素晴らしい光景が見られる「高美湿地」です。また、日本人にとても高い人気がある「九份」、かつて貿易港として栄えていた「淡水」など、夕方から夜にかけての夕日、夜景スポットとしておすすめです。

冬でもスリッパ?台湾の冬の気候と服装&みどころ

3-image5

台湾・冬の気候

12月ごろには気温が少しずつ下がり、小雨が多くなります。時々日中に30度を超す日もありますが、基本的に20度前後になり、肌寒く感じます。1~2月ごろは気温が最も低い時期で、最低気温は5度を下回る日もあります。日によって気温の差がかなり大きくなります、油断しないで防寒対策をしておきましょう。

台湾・冬の服装

南国・常夏イメージが強い台湾ですが、冬はやはり冷え込みますので、コートやストールが必要です。日本の冬と同じような格好でも大丈夫でしょう。ただし、暖かい日もありますので、すぐ脱げるような上着がGOOD。

不思議な光景ですが、台湾の人は、冬でも足元がスリッパという人、特に男性を見かけることがあります。台湾観光をする際には、スリッパとまではいきませんが、夜市などで汚れたり、道が悪いことが多々ありますので、洗いやすい運動靴などがおすすめです。

台湾・冬のみどころ

台湾の冬のおすすめは、台北101の12/31の花火や、旧正月(春節)のイベント観賞です。平渓のランタン、ランタンフェスティバルなど、台湾全土で楽しいイベントが盛りだくさんです。

台湾にも温泉があるのをご存知でしょうか。新北投温泉、烏来温泉などが有名です。台北からMRTやバスで気軽に行ける距離ですので台湾観光にぜひ加えてみてください。また、麻辣鍋や火鍋などの台湾鍋もぜひ。

台湾のファッション事情も丸わかり◎台北で人気のファッションスポット!

3-image6

台北101ショッピングモール / Taipei 101 Mall

台北のランドマークと言えば「台北101」です。台北観光の定番スポットとして、世界中から訪れる観光客でいつも賑わっています。地下鉄MRT「台北101 / 世貿」駅を出たらすぐの抜群の立地。入り口から上を見上げると上の方が見えないほど高い台北101は、高層階は展望台になっており、台北の景色を一望することができます。

地下から6Fまではショッピングモールになっており、台湾のお土産ショップからカジュアル・高級ブランドショップまで、たくさんの店舗が入っており、一日ショッピングを楽しめるスポットになっています。台湾のファッション事情がぎゅっと詰まっています。地下には小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)もありますので、観光とグルメが楽しめます。

【住所】台北市信義路五段7号 / No.7, Section 5, Xinyi Rd, Xinyi District, Taipei City, Taiwan 110
【電話番号】02-81018800
【営業時間】日~木11:00~21:30、金・土・祝前日11:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】https://www.taipei-101.com.tw/jp/index.aspx

台北地下街 / Taipei City Mall

台北観光をする際、必ず訪れる駅、台北駅の地下には東西に伸びる大きな地下街が広がっています。台湾らしさが混在する台北地下街では、季節ごとにイベントがあったり、衣類をはじめ雑貨、グルメ、アニメショップまで様々なお店がすべて揃っています。

お土産に、記念品に、普段使いに、リーズナブルな台湾ファッションアイテムが、驚くほど安く手に入ります。雑多に並ぶ地下街では、台湾の雰囲気を感じながらお買い物ができるおすすめスポットとなっています。台北駅を通ったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

【住所】台北市市民大道一段100号B1 / Civic Blvd, 100, Section 1, Zhongzheng District, Taipei City, Taiwan 100
【電話番号】02-25594566
【営業時間】月~金11:00~21:30、土・日 11:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.taipeimall.com.tw/en

五分埔服飾広場 / Wufenpu Shopping

観光客だけではなく、現地の台湾人もたくさん訪れる、人気の大型の服飾問屋街です。台湾の最新ファッションアイテムをはじめ、あらゆる品が揃っています。リーズナブルな上に、価格も交渉次第では激安でゲットできることも。台湾旅行のお土産に、台湾テイストの洋服を探してみてはいかがでしょうか。

ショップがたくさんありすぎて、どこに何があったかを覚えるのも一苦労。気に入ったアイテムはその場で購入することをおすすめします。ブランドショップの後は、台湾ローカルを感じてみてください。すぐ横に饒河街観光夜市もありますので立ち寄ることもできます。

【住所】台北市信義区五分埔 / No. 27, Alley 7, Lane 491, Yongji Rd, Xinyi District, Taipei City, Taiwan 110
【営業時間】12:00~23:00 ※店舗により異なる
【ホームページ】http://www.wufenpu.tw/en/

西門町 / Ximending

台湾の若者に人気の西門町は、東京でいうところの原宿のような町です。台湾の雑貨、お土産、ファッション、グルメなど、新しいものが次々に登場し、若さが溢れかえっているエリアです。安くて可愛い、カジュアルな雑貨や台湾B級グルメ、カフェなどがずらりと並んでおり、台湾の若者カルチャー、ファッションとグルメをチェックできます。

また、「西門赤楼」と呼ばれる歴史ある建物もあり、台湾の新旧が混在する人気の観光スポットとしておすすめです。排骨飯(平らにした豚の骨付き肉のフライ)や鴨肉、大腸麺線、アイスクリームなどがおすすめ。午後からオープンする店が多いので、観光は午後からにするとよいでしょう。

【住所】台北市万華区西門町 / Ximending, Wanhua District, Taipei City, Taiwan 108
【ホームページ】http://www.ximending.tw/

永康街 / Yongkangjie

台北のお洒落スポットとして人気がある永康街エリアは、リピーターも多いほど、台湾土産や台湾の最新ファッションアイテムが揃う芸術と文化の街。鼎泰豊の本店があることでも有名ですが、他にも美味しい台湾グルメが楽しめるレストランやショップが並んでいます。

ふと迷い込んだ路地裏にも、カフェやセレクトショップなどが潜んでいることがありますので、面白いお店を発見する探索の旅におすすめ。

古き台湾を感じる雰囲気が漂いながら、新しいものも多く混在するエリアとしておすすめのファッションスポットです。また、お茶屋さんも多いので、台湾茶を楽しむこともできます。

【住所】金山南路と信義路二段の交差点にあるMRT「東門」駅付近

まとめ

台湾の気候や服装、見どころについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。やはり暑い季節でも、室内が寒いため上着は1枚必ずバッグに入れて行きましょう。台湾の天気は変わりやすいため、折りたたみ傘も持っていくと安心です。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -