タイ旅行の服装対策!3つのシーズン攻略法とは?魅惑のタイを思いっきり満喫しよう

いつ訪れても夏のような格好というイメージが強いタイですが、日本のような四季はなくても、実は時期によっておおよそ3つに季節が分かれており、それぞれに特徴があります。

その時々で快適に過ごせる服装が変わってきますので、タイ旅行の計画をしている方は、季節ごとの天気を考えながら準備すると良いでしょう。ここでは、タイの3つの季節の違い、ふさわしい服装、見どころなどを紹介します。

初めてタイへ行くというあなたへ、楽しい旅行にするためにぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

熱さ対策は万全に。タイの暑季(3月~5月)の気候と服装&みどころ

4-image2

タイ・暑季(3月~5月)の気候

最も蒸し暑い季節とされる「暑季」は、日中の気温が40度を超え、ときには外出を控えた方が良いときもあります。連日、灼熱の暑さとなり、4~5月は最低気温でも25度と非常に高い気温になります。降水量は4月は50ミリ程度、雨季に近づくにつれ多くなります。

タイ・暑季(3月~5月)の服装

長袖・日傘・サングラスがタイ旅行における三種の神器、必須アイテムと覚えておきましょう。外での観光は辛いシーズンですので、十分に水分をとり、紫外線対策、熱中症対策グッズは必ず持参してください。

タイ・暑季(3月~5月)の見どころ

灼熱の太陽、ギラギラと降り注ぐ光にテンションも上がりそうなタイの暑季ですが、やはり体のことをいたわりながら過ごすことも大切です。ホテルで快適に過ごすもあり、またはタイのフルーツを満喫するのもまた観光の楽しみ方です。

おすすめのイベントは、4月中旬にあるタイの旧正月ソンクラーンの水掛け祭り、ニューハーフのコンテストである、ミス・ティファニー・ユニバースなどはいかがでしょうか。

または、後述するファッションスポットでのお買い物や、タイの最新ファッションチェックもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土砂降りの雨に気を付けて…タイの雨季(6月~10月)の気候と服装&みどころ

4-image4

タイ・雨季(6月~10月)の気候

東南アジア特有の雨季ですが、日本の梅雨のようなイメージをお持ちではないですか?一日のある時間にバケツをひっくり返したように降り、何もなかったかのようにピタッと止む、そんな雨の降り方がタイの雨季です。

それがずっと10月ごろまで続きますので、突然のスコールに見舞われる確率がとても高い季節です。大きな災害となることもありますので、厄介な季節でもあります。十分に注意してください。

タイ・雨季(6月~10月)の服装

この時期の必需品は、もちろん、そしてレインコートです。タイでも売ってはいますが、クオリティーがあまり良くないため、日本から1つ持参されることをおすすめします。コンパクトでしっかりしたものを選びましょう。

雨季のオフィスなどはとても冷房がきいていますので、ジャケットやパーカーなどを持っていっても良いかもしれません。足元はサンダルなど濡れても平気な履物がベスト。

タイ・雨季(6月~10月)の見どころ

観光に適したシーズンとは言えませんが、地方などで楽しいフェスティバルが開催されており、雨は一日でも一時的なものですので、ぜひどんどん外へ出かけてみてください。気温は高いので、体を冷やすことはありません。ピーターコン祭り、三宝節であるアサハブーチャ、キャンドルフェステイバル、ジャズフェスティバルなど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽織ものがあると安心?タイの寒季/乾季(11月~2月)の気候と服装&みどころ

4-image3

タイ・寒季/乾季(11月~2月)の気候

タイに寒季?と思われるかもしれませんが、もちろん、日本のように冷え込むことはありません。しかし、場所によりますが10度以下になることもあります。12~1月の日中の最低気温はバンコクで20度程度と過ごしやすい気候です。寒暖の差が大きい季節となります。

タイ・寒季/乾季(11月~2月)の服装

最も気温が下がるのは12~1月ですが、その前後の時期も肌寒い日があります。また、バイクに乗る機会があるのであれば、ダウンジャケットなどしっかり対策しないと寒いくらいです。寒暖の差に備えて、防寒具は必ず持参するようにしましょう。

タイ・寒季/乾季(11月~2月)の見どころ

この季節、タイ旅行のベストシーズンとなります。ほとんど雨が降らず、降ってもパラパラ降る程度。ほぼ毎日晴れています。あらゆる観光に適していますので、ひたすらタイ観光に徹するもよし、プーケットでマリンリゾートや、シュノーケリング、スキューバダイビング、サーフィンなどのマリンスポーツを満喫されるのも良いでしょう。

また、年末年始には様々なイベントが開催されています。特にカウントダウンイベントは、ライトアップや花火など、大小たくさんのイベントで盛り上がります。灯篭流し「ロイクラトン」、チェンマイのイーペン祭り、アユタヤの世界遺産祭り、花祭りなど。

お土産からブランド品までまとめてお買い物!タイの人気ファッションスポット

4-image5

ターミナル21 / Terminal 21

BTSアソーク駅からすぐ、空港のターミナルをテーマにした大型ショッピングモールです。フロアごとに世界各国が表現されていて、アミューズメント施設のように楽しみながらショッピングすることができます。

東京なら招き猫、イギリス・ロンドンなら二階建てバス、アメリカ・サンフランシスコならゴールデンゲートブリッジというように、タイ旅行に来ながら、世界旅行をしている気分になれます。

タイのファッションを感じることができる人気のブランドショップもたくさん入っています。タイ観光の際にはぜひチェックしてみてください。安くて美味しいフードコートもおすすめです。

【住所】Terminal21 5floor, 2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
【電話番号】02-651-2888
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.terminal21.co.th/

サイアムパラゴン / Siam Paragon

BTSのサイアム駅から直結、好アクセスで簡単に行ける大型ショッピングモールです。ラグジュアリーな高級ブランドから、お土産にも気軽に買えるようなカジュアルブランドまで豊富に揃っています。

現地の人でも賑わう人気のスポットで、ファッションスポットとしてではなく、雑貨やフードコート、映画館、スーパーマーケット、さらに水族館も入っており、丸一日過ごせるほど、たくさんの楽しみ方があります。

やはり400種類以上の海の生物を見ることができる、地下にある水族館は外せません。タイ観光に来たら、タイの最新ファッションや個性派ファッションを楽しみながら、カフェやタイグルメ、そして東南アジア最大級の水族館にも立ち寄ってみてください。

【住所】991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
【電話番号】02-610-8000
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.siamparagon.co.th/

MBKセンター(マーブンクロンセンター) / MBK Center(Mahboonkruong Center)

BTSのナショナルスタジアム駅に直結、便利に訪れることができる観光客にも現地の人にも人気のスポットMBKセンターは、8つのフロアでなんと2000もの店舗が入っており、連日大勢の人で賑わっています。タイの最新ファッションをはじめ、あらゆる商品が手に入るショッピングモールです。

セールの時期は大変混み合いますが、他と比べて安くゲットできますので、ぜひタイ旅行の際は立ち寄ってみてください。

お土産物からブランド品まで、お値打ち物が手にはいるかもしれません。タイグルメや多国籍料理が楽しめるフードコートもおすすめです。

【住所】MBK Building 444 Payathai Road, Pathumwan Bangkok 10330 Thailand
【電話番号】02-620-9000
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.mbk-center.co.th/

アジアティーク ザ リバーフロント / Asiantique The Riverfront

深夜までしっかりタイを満喫したいという方におすすめ、夕方17時からオープンするナイトマーケットです。BTSサパーンタクシン駅から船に乗り、10分ほどで到着します。洋服、雑貨などファッションショップは約500、タイの工芸品や土産物などのショップが約1000もの店舗が入っており、ニューハーフショーや伝統舞踊もここで見ることができます。

タイの屋台料理からお洒落なバーまで揃っていて、ファッションスポットを見た後に、美味しいタイ料理やショーを満喫することができます。また、ここで一押しなのが観覧車です。タイ観光の際には、ぜひバンコクの夜景を楽しんでください。

【住所】2194 Charoenkrung Rd., Wat Prayakai, Bangkoleam, Bangkok, 10120 Thailand
【電話番号】02-108-4488
【営業時間】17:00~24:00
【ホームページ】http://www.asiatiquethailand.com/

エムクオーティエ / Em Quartier

おしゃれスポットとして外せないのがBTSのプロンポン駅にあるエムクオーティエです。ショッピングモール・エンポリアムの系列のショッピングモールとして発展しており、白い流線型の外観が特徴。

高級ブランドからファストファッション、世界中から取り寄せたセレクトショップなど、おしゃれ好きの心をくすぐるファッションアイテムがたくさん揃っています。

最新のタイのファッションスポットをタイ観光にぜひ加えてみてはいかがでしょうか。

【住所】EmQuartier Shopping complex 2A08 2nd floor, 693 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana Bangkok, 10110 Thailand
【電話番号】02-269-1000
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.emquartier.co.th/

まとめ

タイの3つの季節について、その特徴や気候、見どころを紹介しました。これからタイ旅行を計画される方は、季節によって服装や持ち物が異なることを知っておくとGOOD。楽しい旅となりますように、十分注意して準備をするようにしましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -