好きな人は脈あり?態度での見分け方9選!脈なしサインも確認!願望が現実になる?

無題
この記事は2015年8月9日の記事を再編集したものです。

あなたが好きな人のことを強く想えば想うほど、相手の行動や仕草が気になってしまうものです。そして自分に関心があるのかどうかを探りたくなるのです。ところで、あなたは男性の脈ありサインをどれだけ知っていますか?もし知らないでいたり、自己流の考え方をしたりしているのであれば、相手のあなたに対する恋心を見逃しているかもしれません。あなたが損をしないよう、好きな人があなたに見せる脈ありサインをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

当てはまってる?好きな人の9つの脈あり行動・態度

IMG_2658sex

目があったらすぐにそらす

好きな人の姿を見るとついつい見入ってしまうものです。時間を忘れてずっと見つめた時にふと目が合う瞬間は片思い中のあなたにとって小さな幸せを感じる瞬間だと思います。でも、その時すぐにあなたは恥ずかしさから目を反らしてしまいませんか。そして今まで彼を見つめ続けていたことを相手に気づいてほしくないとも思うかもしれません。

あなた同様、男性だって好きな人を見かけたらじっと追い続けてしまうものです。そして意中の女性が顔を上げた時に目を反らしてしまいます。それは自分の恋心を相手に覚られないようにするためです。まだ恋心をオープンにするには早いと考えているのかもしれませんが、あなたと目が合ったり合いそうになった時に視線をどこかへやるのは相手があなたに恋心を抱いている証拠と言えるでしょう。




ちょっとでも時間を共有しようとする

駅から会社までの徒歩3分ほどの距離や、廊下で出会った時にほんの少しだけの時間、ランチ後から仕事前までのスキマ時間など、ほんの些細な時間でもあなたに話しかけてきたり接触することを試みたりしている男性は脈ありです。あなたと共有できる時間を少しだけでも多く持ちたいという心の表れです。あなたが一人きりになる時間をねらってあなたにアプローチしているという見方もできます。

いずれにせよ、ほんのわずかな時間でもあなたと一緒にいたいと彼は願っているということは確実です。もし好きな人があなたが一人きりの時に限って話しかけてくるようでしたら確信犯です。あなたに好意を寄せていることは間違いないでしょう。あなたとコミュニケーションを取ることであなたのことをもっと知ろうとしているのでしょう。

メールが頻繁に来る

最近、あなたのメールボックスの中は好きな人のメールでいっぱいになっていませんか?メールの内容にも注目してみてください。ただの事務連絡だったら必要なやりとりですので、多くなっていても不思議ではありませんが、他愛のない内容でしたらそれはあなたとのコンタクトをできるだけ多く取りたいと思っている表れです。あなたとつながっていられる時間を欲しているのです。

あなたも好きな人とメールのやり取りができてハッピーな気分でしょう。このように小さなコミュニケーションを重ねることであなたと好きな人との関係を今のうちに深いものにしていきましょう。そうすることで告白のタイミングを見計らうのが上手になったり、お付き合いをする前から恋人になった時の雰囲気を楽しんだりすることができるでしょう。

彼氏がいるかどうかを聞いてくる

好きな人に彼氏がいるのかどうか訊かれたら、それだけでドキッとしてしまいますよね。このような質問をするということは、あなたのことを彼が恋のターゲットにしているということです。もしかするとあなたに彼氏がいないのを知っていてわざと訊いているのかもしれません。さて、あなたはどのような返事を出すのでしょうか。

正直に「いない」と答えるのかそれとも嘘をついて「いる」と答えて相手の出方を見るのか、はたまた「いないけど、好きな人はいるよ」と相手がより気にするように答えるでしょうか。あなたの答え方次第では二人の恋に進展が期待できるかもしれませんね。このような場面がきたらどのような返事をするのか、そろそろ返事を考えてみると良いでしょう。

ミラーリングを使ってくる

ミラーリングとは心理学の用語です。簡単に言えば好きな人があなたの真似をするということです。例えばあなたと同じスマートフォンに機種変更したり、あなたがランチによく利用するお店に通ってみたり、あなたと同じ時間に出社したりなど、あなたの行動や持ち物などを真似することです。

なぜ彼はミラーリングをしてしまうのかというと、それはあなたのことをより知りたいと思っているからです。あなたのことを密かにリサーチしているのです。そして、あなたの行動などを真似ることであなたと恋人同士になった世界を思い描いているのです。こんなにもあなたのことを知ろうとしてる男性が好きな人だなんて心が躍ってしまいますね。

理由をつけて話しかけてくる

特に用事はないはずなのに、なぜか好きな人が話しかけてくるという経験はありませんか。振り返れば大した内容の会話をしていないし、そもそもあなたにする話でもないことを彼が話していたのなら、それは彼があなたとの会話をただただ楽しみたかっただけなのです。あなたを好意的に思っていることは違わない事実です。

あなたはなぜ彼がそんな話をするのかというところに疑問を持つべきではありません。「また話しかけてくれた!」という素直な喜びの気持ちを持ちましょう。彼は純粋にあなたとのお喋りタイムを楽しんでいますし、幸せに思っています。それはあなたも同じことなのではないでしょうか。疑う必要はありませんよ。

悩み事の相談に乗ってくれる

あなたが悩みを抱えている時にいつもそばにいてくれる人があなたの好きな人だという場合、彼はあなたのことを自分のことのように心配してくれています。それは、彼にとってあなたがこの世で一番大切な女性だからです。つまり、彼はあなたのことを既に愛しているのです。あなたのためにできることがないか、何とか自分で探し出そうと努力しているのです。

誰かに悩みを打ち明けるとなると、あなたも心の整理をしてからになりますが、もしかするとあなたより彼の方があなたの悩みを真剣に受け止めてくれているのかもしれません。彼はあなたの一番の良き理解者になろうとしています。あなたは既に幸せを手にしているのかもしれません。ただそのタイミングを見いだせていないのかもしれません。

趣味を質問してくる

好きな人があなたの好きな映画やスポーツ、食べ物など、あなたが興味を持っているものは何かを質問してくるのは、あなたのことをもっと知りたいと望んでいるからです。そしてあなたとの距離をもっと縮めたいと考えているからです。男性が女性との距離を縮めるために取る手段の一つにサプライズプレゼントがあります。

彼はさりげなさを装うかもしれませんが、実は心の中ではあなたの喜ぶ顔がみたいと思っているのです。そしてそれをきっかけにコミュニケーションを図ろうと考えているのです。さらに上手くいけばあなたとの距離が縮まるとも考えているかもしれません。あなたの興味をあなたに直接質問してきたら、それは脈ありだと考えて良いでしょう。

夕飯を誘ってくる

ランチでは時間が限られているのでゆっくりした時間が取れないばかりか、もしかすると知っている人に彼とあなたの食事現場を見られてしまう可能性があります。時間を気にせず落ち着いてあなたと夕食を楽しみたいと彼は考えているのでしょう。特別な時間を二人きりで過ごしたいという思いを彼が抱いているからこそ、あなたを食事に誘うのです。

これはもうすでに初デートの前段階と言っても良いでしょう。もしあなたがこのお誘いをOKすれば、相手にあなたの中にある彼への好意を伝えてしまうことになります。もしかするとこの夕食会を境にして恋が大きく発展する可能性すらあるのです。もしあなたの心の準備が整っていないのであれば、お断りしても大丈夫です。ただし、必ず次はあなたからお誘いしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャンスかも!彼からの脈ありLINEの3つの特徴

無題

既読から返信までが早い

LINEを送ってすぐに既読になったり、既読になってから返信までのスピードが速いと、脈ありの可能性が非常に高いです。興味がなかったり、面倒だと思ったら既読してもすぐに返事は送りません。男性はLINEなど文字を打つことをあまり好まないので、返信が早いとあなたに興味があるという事になります。

かといって、一言だけそっけなく送ってくるだけなら、それは脈ありとは言えません。送った内容に対してしっかりと返信してくれていたり、質問してくれるなどの内容であれば脈ありだと言えるでしょう。




スタンプや絵文字をたくさん送ってくる

男性は比較的スタンプや絵文字を送らない人がほとんどですよね。あっさりした返信をしてくる人も多いでしょう。しかし、そんな中スタンプや絵文字をつけて楽しく可愛い内容だと、すごく嬉しいですよね。しっかりこっちの気持ちも考えて送ってきてくれているという事がわかります。

しかし、いつも同じスタンプや絵文字で、淡々としていたりすると少し脈なしの可能性もあります。内容に合ったスタンプや、毎回違う絵文字などを送ってきてくれると、それはもう脈ありでしょう。しっかり考えてLINEを送ってきてくれているという事なので、自分に興味があると考えて良いでしょう。

タイムラインには必ずリアクションしてくれる

LINEをしていても、タイムラインまで見ているという男性は少ないです。その反面、女性はよくタイムラインをチェックしていたり、あるいは投稿しているという人も多いはずです。そのタイムラインにいつもなにかしらのリアクションをしてくれているというのは非常に脈ありの可能性が高いです。

普通はタイムラインを見ても、コメントやリアクションはせず、スルーするはずです。タイムラインを更新していてもその内容すら知らなかったり、全く内容に対して触れてこないのであれば、脈なしかも。いつでも更新してわりと早くにリアクションをしてくれると、脈ありの可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とっても分かりやすい!?彼の脈なしサイン

s_IMG_0884

メールや電話の返信が遅い、または来ない

メールの返信が早かったり、必ず帰ってくるのは脈ありの可能性が非常に高いです。しかし、その逆であれば、可能性は極めて低いという事になります。メールを送ってもすぐに帰ってこない、LINEが既読になってもそこから数日返事がないなど。返事が遅いのもそうですが、返事すら来ない場合はもう諦めたほうがよさそうですね。

興味があると、必ず返信するはずです。自分の立場になって考えてみると、興味がある男性から連絡が来るとすごく嬉しくてすぐに返信したくなりますよね。逆に興味がないと、メールが来ても返すのが面倒だったり、来ていたことすら忘れてしまっています。そのため脈なしの可能性は非常に高いでしょう。




二人きりで会うのを拒む

好きな人とは、二人きりで食事に行ったり、すこしお話ししたいと思って相手を誘いますよね。しかし、相手はなぜか二人で会うのを拒んでくることも。これは脈なしの可能性が高いからです。あなたと二人で居るところを誰かに見られて勘違いされたくないという気持ちの表れでもあります。

それに、二人きりで会うとあなたにもっと好かれてしまうのが嫌だと感じているのかも。誘っても「他に誰か誘おうよ」「たくさん居てる方が楽しいよ」など、二人ではなく数人で会おうとしてきたら、それは脈なしの可能性があると思っていたほうがよさそうです。

質問などをしてこない

興味がない人のことを、もっと知りたいとはだれも思わないはずです。そのため、あなたに対して何も質問してこなかったりすると、脈なしの可能性があります。興味があると、メールや会話などで趣味や好きなものなど、いろいろと質問してきてくれるはずです。

しかし、何も質問してこないとなると全く興味がないと考えて良さそうです。メールの内容がいつも自分から質問していたり、質問しても素っ気なくあしらわれたり聞かれるのも嫌がるようであれば、それはもう諦めるしかないのかもしれません。

脈ありから恋人に!大好きな彼を落とす3つの方法

IMG_2713

目を合わせるようにする

彼とよく目が合うという事は、彼はあなたの事が好きなのかもしれません。いつもよくこっちを見ていたり、やけに目が合うなと思ったら脈ありだと思って良さそうです。そんなときは、目をそらさずに自分から目線を合わしてあげると良いでしょう。時には笑顔を見せてあげると、彼もすごく嬉しいはずです。

笑顔を見せられると、彼は「もしかして俺のこと好きなのかも?」と思うようになり、あなたへのアタックが積極的に始まるはずです。好きな女性に目を合わせてほほ笑んでもらうと、男性はすぐに落ちてしまうでしょう。




自分からもいろいろ質問してみる

あなたに興味があると、彼はいろいろと質問してきますよね。休日の過ごし方、好きな人の有無、タイプなど。これにいつもただ答えているだけでは何も始まりません。「いつも素っ気ないな」と思わせてしまうと、彼はあなたのことを諦めてしまうかもしれません。

彼を落とすためには、自分からも積極的に質問していくことが大切です。些細なことでもいいので、質問されると彼はすごく嬉しいはずです。まずは趣味や休日の過ごし方など簡単なことでもいいので質問してみましょう。

メールなどの返信を早くする

好きな人や興味がある人には、すごくメールなどの返信が早いですよね。彼からの返信はいつも早いけど、自分はわざと遅らせていたり、素っ気なく返していませんか?彼を落とすためには、自分も同じように返信を早くすることがポイントです。だからといっていつも早くする必要はないでしょう。

時々すごく早く返信するようして「あれ?最近すごく返信が早いな」「もしかして俺に興味あるのかな?」と思わせることが重要です。彼は自分に興味があるのかもと思ったら、あなたへの猛アタックが始まるでしょう。メールで時々駆け引きを仕掛けてみると、彼はあなたに夢中になること間違いなしです。

まとめ

いかがだったでしょうか。あなたが心当たりのあるサインはありましたか。そしてそれはいくつありましたか。サインの内容にもよりますが、複数個あればあなたと彼が両思いだということは確かなものと言えるでしょう。サインを見つけたのであれば、次はあなたが行動する番です。積極的にアプローチすれば彼も嬉しい気持ちになることでしょうし、恋の展開もスピードアップできるでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -