旦那の胃袋を掴む!残り物を時短でおいしくアレンジ【きゅうり編】

夏になると値段が安くなるきゅうりは、水分が多いので暑い時期にも食べやすく、見た目も涼し気ですよね。ただし、日持ちしないという欠点もあります。

せっかく買ったきゅうりも、うまく使いこなせず腐らせてしまったり、同じ料理ばかりになってしまってはもったいないですよね。今回は、きゅうりを使ったアレンジレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

料理が簡単に!マル秘時短テクニック☆

きゅうりは時短にぴったりの食材

生で食べてもおいしく、加熱時も火が通りやすいきゅうりは、時短にぴったりの食材です。クセもあまりないので、さまざまな食材と組み合わせやすいのもうれしいポイントですよね。

皮の部分は、固くて味が染み込みにくいので、さらに時短したいときには、皮をむいたり、薄い輪切りにすると味が染み込みやすくなります。

きゅうりの緑を生かしたいという場合には、皮を全部むくのではなく、1cmくらいずつ間隔をあけながら縞模様になるようにむいてみてはいかがでしょう。見た目もきれいで、味もしみやすくなりますよ。

置いておくだけの簡単調理

すぐに食べたいというときには不向きですが、きゅうりには「切って、混ぜて、冷蔵庫に入れる」だけの簡単な調理方法もあります。食べるまでの時間は短縮できませんが、調理時間の短縮ができます。

夜に次の日の朝食やお弁当用のおかずを準備したり、夕食を帰宅後すぐ食べられるように、朝に調理するなど、生活パターンに合わせて調理のタイミングを考えると、食事の準備が楽になりますよ。

冷凍は下味をつけてから

きゅうりも冷凍保存は可能ですが、生で食べるときの歯ごたえのある食感は失われてしまいます。冷凍のきゅうりを使うときには、酢の物や浅漬け、炒め物が向いています。

冷凍する時には、きゅうりを輪切りにし、大さじ1杯の塩を揉みこんで5分おくか、砂糖小さじ1杯と酢小さじ1杯を合わせたもので揉みこんで30分おきます。その後、水気をよくしぼり、保存用の袋に平らになるように入れ、空気を抜いて冷凍します。

塩を使ったきゅうりは、炒め物やポテトサラダに、酢と砂糖を使ったきゅうりは酢の物や浅漬けに利用できます。浅漬けにするときには、あまり薄すぎても食べ応えが無いので、1cmくらいの厚さに切ってみてくださいね。

スポンサーリンク

残り物をおいしくアレンジ!きゅうりを使った時短レシピ9つ

きゅうりのゴマ和え

きゅうりを調味料を合わせて揉むだけの簡単レシピです。時間がないけど、もう1品用意したい!というときに、素早く作ることができます。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
ごま 大さじ1
ごま油 大さじ1杯
しょうゆ 小さじ1杯
顆粒だし 小さじ1杯

【作り方】
1.きゅうりを洗い、水気をしっかり拭き取る。
2.きゅうりを1~2cmの輪切りにする。
3.調味料を混ぜ合わせる。
4.きゅうりと調味料をビニール袋に入れ、調味料を揉みこむ。
5.お皿に盛って完成。

味の染み込み方が足りないと思ったら、袋のまま少し置いてください。おかずを並べる前にさっと調理して、袋のまま置いておき、おかずを並べる最後に盛り付ければ、味が染み込む時間が取れます。

きゅうりの中華和え

ちょっぴりお酢をきかせて、さっぱりと食べられる味付けです。低価格なもやしと合わせて、コスパも◎なレシピです。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
もやし 1袋(200~250g)
ハム 1パック
しょうゆ 大さじ1杯
酢 大さじ1杯
さとう 大さじ1杯
ごま油 小さじ1杯

【作り方】
1.もやしときゅうりを洗い、水気を切る。
2.もやしを耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかぶせ、電子レンジで加熱する。(500wで2分30秒)
3.きゅうりとハムを細切りにする。
4.調味料を混ぜ合わせる。
5.ボウルにきゅうり、ハム、もやし、調味料を入れ、混ぜ合わせる。
6.お皿に盛って完成。

ハムの代わりにカニカマやサラダチキンを使ってもおいしくできます。また、調味料を混ぜるのが面倒という場合には、市販の冷やし中華のたれを使ってもOKです。

きゅうりと豚肉の炒め物

きゅうりも豚肉と一緒に調理すれば、メインのおかずになります。お肉の油をきゅうりが吸収しくれるので、お肉料理でも、脂っこくならずに、軽めの食べ応えです。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
豚バラ肉 200g
砂糖 大さじ1杯
味噌 大さじ1杯
酒大さじ 1杯

【作り方】
1.きゅうりを洗って水気を切る。
2.きゅうりを斜めの薄切りにする。
3.豚肉を一口大に切る。
4.調味料を混ぜ合わせる。
5.フライパンを熱し、豚肉を入れる。(焦げ付きやすいフライパンの場合はサラダ油を入れてください)
6.豚肉に火が通ったら、きゅうりを入れ、しんなりするまで炒める。
7.いったん火を止め、調味料を入れ、軽く混ぜる。
8.中火で加熱し、水気を飛ばす。
9.お皿に盛って完成。

きゅうりは加熱すると柔らかくなり、ナスやズッキーニのような食感になります。ご飯がすすむ甘じょっぱい味付けですが、甘いのが苦手な人は、砂糖の量を調整してみてくださいね。

きゅうりとなすの煮浸し

さっぱりとしたものが食べたいときにぴったりな煮びたし。油で揚げずに、電子レンジで加熱するので、カロリーも気にならず、暑い季節でも気軽に調理できます。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
なす 1本
めんつゆ(3倍濃縮)  大さじ3杯
水 200cc
ごま油  小さじ1杯
しょうが(チューブ) お好みで

【作り方】
1.きゅうりとなすの皮を、縦に縞模様になるように間隔をあけてむく。
2.きゅうりもなすも、縦に半分に切り、好みの長さに切り分ける。
3.耐熱容器にきゅうりとなすを入れ、ふんわりラップをして、電子レンジで加熱する。(500wで2分30秒)
4.しょうが以外の調味料を混ぜ合わせる。
5.熱いうちに、調味料にきゅうりとなすを入れ、冷蔵庫で冷やす。
6.お皿に盛って、お好みでしょうがを添えて完成。

そのままでもおいしいのですが、そうめんや冷やしうどんに乗せても、おいしく食べることができます。めんつゆと水ではなく、ポン酢をかけると、さらにさっぱりした味付けになります。

すりおろしバンバンジー

バンバンジーのきゅうりと言えば、千切りを思い浮かべると思いますが、千切りってちょっと面倒ですよね。きゅうりをすりおろすことで、わずらわしさがなくなりますよ。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
サラダチキン 1袋
トマト 1個
ごまドレッシング お好みで

【作り方】
1.きゅうりをすりおろす。
2.サラダチキンを手で細くほぐす。
3.トマトをくし切りにする。
4.トマトの上にサラダチキン、その上にすりおろしたきゅうりを盛り付ける。
5.ごまドレッシングを好みの量かけて完成。

まな板と包丁だけでできるので、調理の後片付けも簡単です。忙しい時には、作る時間だけではなく、後片付けも時短しちゃいましょう。

きゅうりのあんかけ

火が通りやすいひき肉は、きゅうりと合わせて時短できますが、バラバラしていて食べにくさを感じることもあります。あんかけにすることで、まとまりができ、食べやすくなりますよ。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
豚ひき肉 150g
しょうゆ 大さじ1杯
酒 大さじ1杯
片栗粉 大さじ1杯
鶏がらスープ 小さじ2杯
水 200cc
ごま油 小さじ1杯

【作り方】
1.きゅうりは皮をむいて、斜めに1cmくらいの輪切りにする。
2.ごま油以外の調味料を混ぜる。
3.フライパンを熱し、ごま油を入れ、ひき肉を炒める。
4.ひき肉に火が通ったら、きゅうりを加えて軽く炒め、いったん火を止めて混ぜ合わせた調味料を入れる。
5.弱火で様子を見ながら、とろみが出るまで温めて完成。

あんかけは、そのまま食べるのではなく、豆腐にかけたり、ご飯や焼きそばにかけて活用できます。また、きゅうりの量を増やして、麻婆なすの様におかずにすることもできます。お好みでアレンジしてみてくださいね。

きゅうりとちくわのマヨネーズ和え

きゅうりとちくわの簡単料理と言えば、ちくわの穴にきゅうりを入れる物がありますが、穴の大きさに合わせてきゅうりを細く切るのが大変ですよね。その手間を省いて、さらに味付けまでしちゃうレシピです。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
ちくわ 3本
マヨネーズ 大さじ2杯
めんつゆ 小さじ1
わさび(チューブ) 1cm

【作り方】
1.きゅうりを縦に半分に切り、5mmくらいの斜めに薄切りにする。
2.ちくわもきゅうりと同じくらいの厚さの斜め輪切りにする。
3.調味料を混ぜ合わせる。
4.ボールにきゅうりとちくわを入れ、調味料で和える。
5.お皿に盛って完成。

ピリッとしたわさびの味が、夏のおつまみとしてぴったりです。辛いのが苦手という場合には、わさび抜きでも構いませんし、粒マスタードやごまとの組み合わせでもおいしく食べることができますよ。

きゅうりの味噌汁

安いと思って買ったきゅうりが、皮がかたくて食べにくかったということはありませんか?そんなときには、皮をむいて味噌汁の具に使うという手もあります。

【材料】(2人分)
きゅうり 1本
油揚げ 1枚
水 400cc
味噌 適量
ほんだし 小さじ1

【作り方】
1.きゅうりは皮をむき、半分に切ってから、一口大に切る。
2.油揚げの油抜きをして、細切りにする。
3.鍋に水とほんだしを入れ、火を付ける。
4.水が煮立ったら、きゅうりと油揚げを入れる。
5.きゅうりが透き通ったら、味噌を入れ、好みの味の濃さにする。
6.お椀に盛って完成。

育ちすぎたきゅうりは、種も大きくなっていることがあるので、半分に切ったときに、気になるようならスプーンでそぎ取ってください。

きゅうりのだし茶漬け

普段はおいしい炊き立てのご飯も、夏バテの時にはあまり食べたい気分になりませんよね。そんなときには、冷やし茶漬けがオススメです。

【材料】(1人分)
きゅうり 1/4本
梅干し 1個
のり 適量
ごはん 茶わん1杯
ほんだし 小さじ1杯
水 100cc
のり適量

【作り方】
1.きゅうりを1mmくらいの薄い輪切りにする。
2.水とほんだしを混ぜ合わせる。
3.ご飯にきゅうりをのせ、水とほんだしを混ぜ合わせたものをかける。
4.梅干をのせる。
5.のりを細かく切るか、手でちぎってのせて完成。

冷たいご飯を使う場合には、水だけでも大丈夫ですが、温かいご飯を使う場合は、氷を入れて冷やしてくださいね。また、材料を準備する前に冷蔵庫に入れておくなどして、粗熱を取っておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

たくさんのアレンジができるきゅうりは、毎日食べても飽きない食材かもしれませんね。

メインの食材というよりは、副菜としてのレシピが多いので、たくさんの量を一気に食べるのは難しいかもしれませんが、和風、洋風、中華と味を変えて毎日楽しんでみてはいかがでしょう。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -