【恋活パーティー】東京で新しい恋を!関東で話題の恋活3選!お一人参加限定とは?

14019298947_6b282e4ef3_z

少し前のデータになりますが、首都圏の女性の未婚率は25歳~35歳の未婚率は60%になっています。初婚年齢が年々上昇して約30歳になっている状況では、未婚率はそのぐらいになるのでしょう。それだけ自分の周りに独身女性が多いとまだまだ結婚は先でいいかなぁと思いがちだと思います。でも、彼氏もいないのはちょっとさみしい気持ちはあるのではないでしょうか。ちょっと積極的に恋活にも取り組んでみて、独身生活を楽しんでおいてもよいもしれません。そのために、ぜひ「恋活パーティー」も利用してみてはどうでしょうか。将来のパートナーになるかもしれない男性に出会うことができるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

一人参加の「恋活パーティー」にはメリットがいっぱい

0

自分の好きな日程を選んで自由に参加できることができる

アラサーぐらいの年齢になってくると、女性も男性も仕事のプライベートも忙しくなってきています。友達と遊びの約束をするのもみんな忙しくて都合が合う日がなかなかなく、調整がつかないことが多くなっていることはないでしょうか?そんな時にはもちろん、「恋活パーティー」に参加する日程も友達とあわせようとしているとなかなか日にちがあわなくて、そのうちどうでもよくなってきてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりません。そんなことになるぐらいなら、自分の自由な時間ができた時に好きな日程をあわせて、一人で「恋活パーティー」に参加を決めちゃった方がためらわずにささっと行動にうつすことができます

一緒に参加する女友達を探したり気をつかわずにすむ

女友達と参加しようとすると、もちろん「恋活パーティー」の企画の好みが合わないこともあると思います。自分は少人数でしっかり男性と話すとができるパーティーがよいと思っていても、女友達が社交的なタイプで、大人数のパーティーに参加したいというように意見が食い違うことがあります。そんな場合は、主導権を握りがちな女友達の意見に流されてしまいがちです。あなたがそちらのタイプにいるのであれば、あまり問題はないかもしれませんが、流されてしまう側のいた場合には、参加することになった場合もどこかに納得できない気持ちを抱えたまま参加することになりそうです。せっかく参加費と時間を使って参加するのであれば、自分の納得できる「恋活パーティー」に一人参加した方がよっぽどストレスは少ないです。

恋活パーティーの中で男性の好みがかぶらない

女友達とうまく意見があって「恋活パーティー」に一緒に参加することになった時に、時々あるのが「目をつけた男性がかぶる」ことです。女友達同士なので、パーティーの中で気に入った男性のことを話しあうと思いますが、気になる男性が一緒の時はどことなくお互いの動向を探るようになってしまうものです。女友達に気を遣ってあえて別の男性を探すのもおかしな話ですが、なんとなく落ち着かなくなってしまいます。さらに万が一、どちらかがその男性とマッチングしてしまった場合には気まずさはピークになってしまうでしょう。あなたがマッチングしなかった場合は、帰り道がむなしくなってしまいそうです。でも、一人参加の場合は例えマッチングしなかったとしても、誰にも気を遣うことがない分、素直に「また次に行こう!」と思えそうです。

恋活パーティーが成功すればこっそり恋人ゲット報告ができる

一人で思い切って「恋活パーティー」に参加すると決める時には、参加人数やパーティーの形式、開催場所など自分の好みや性格に一番合うものを選択することができます。そのため、より恋人になる可能性をもつ男性に出会える確率も高くなりそうです。そして、そんな中でうまくマッチングして、男性と仲良くなることができてめでたく恋人になることができれば、次には彼氏ができた報告ができることにもなります。そういった面でも、一人参加にはメリットが多くありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしが多い東京だからこそ「一人参加押し」の恋活パーティー3選

3-image5

シングルdeコンパ

こちらは全国展開している「コンパde恋ぷらん」という主催会社の中で行われている、一人から参加できる「合コンパーティー」になります。また2~5名という少人数の合コンになるのでカップル成立率も高くなりそうな気がします。「安心合コン」というものでは、事前にきちんと相手の身元を確認するシステムを取り入れた合コンを開催するものもあるので、安心して真面目につきあえる男性を探したいという女性には向いているかもしれません。こちらも一人参加の「合コン」という出会いシステムと年代別などの企画をあわせているので、自分で参加したいものをしっかり選ぶことができます。

ROOTERS(ルーターズ)

東京と大阪では自社ラウンジで行われる「恋活パーティー」のため、会場に慣れたスタッフが一つ一つのパーティーをサポートしてくれる体制が整っているようです。そのため初めて一人で参加する女性であっても、安心して参加できるかもしれません。一人参加限定に、プラスアルファ企画として「アラサー限定」「20代限定」「ナイトウォーキング」「お花見ランチ」「男性の職業はハイステイタス」などがあるので、自分の好みにあったものや重要視したいものを選んで参加しやすそうです。

一人参加限定街コン

以前は、「街コン」といえば男性も女性も2人1組で参加という企画が多かったようですが、今は「一人参加限定の街コン」も増えてきています。「同性代」「ビギナー向け」「ランチ恋活」などの企画もあるので、自分が一人で参加しやすい企画を選んで街コンでビューしてみるのもよいかもしれません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「恋活パーティー」でもてる女性の特徴を主催者に聞いてみる

0

プロフィールカードをしっかり丁寧な字で書き込んでいる女性

ほとんどの「恋活パーティー」では、はじめに自分のプロフィールを書くシートを渡されます。自分の年齢や趣味、休みの日にしていること、などなど色々な項目がありますが、それをきっかけに男性と最初に話をしていくことになります。プロフィールカードを時間がないからと適当に書いている女性は、「恋活パーティー」に参加していてもヤル気が感じれれないとみられてしまいがちです。反対にプロフィールカードをしっかり書いておく自分のプロフィールや男性のタイプなども伝わり易く、話を盛り上げるきっかけにもなります。何より一番は、「恋活パーティー」に女性がどれだけ本気で来ているかという判断材料になるといえるからだと思います。そのため「プロフィールシート」を丁寧にしっかり書き込んでいる女性は、ちゃんと「恋人候補を探す」意思が感じられるため男性からモテルようです

「年代別のパーティー」で自分が一番若くなる企画を選んで参加している女性

「恋活パーティー」はさまざまな企画がありますが、その一つに「年代別」というものが数多くあります。「20代限定」「30代限定」「25歳~35歳」「30代後半」などと年齢の区分があります。男性と女性で年齢差がつけてある場合もありますが、どのような場合であっても、女性の中で自分の年齢がその恋活パーティーの参加女性の中で「一番若いゾーン」に入るようにしている女性は自然に男性からもてる傾向があるようです。具体例でいえば、「20代限定の婚活パーティー」に22歳で参加した女性と、29歳で参加した女性では、圧倒的に前者の22歳の女性の方が男性からは人気が集まります。29歳の女性であっても、「25歳から35歳の婚活パーティー」にいけば、ちょうど中間グループになるので、20代限定に比べればチャンスは広がります。もてる女性というのは、「参加する婚活パーティーによって自分の年齢の価値がわかっている女性」といえます

笑顔で話しを聞いてくれる女性

女性は話を聞いてくれる男性が好きですが、男性も同じように自分の話に耳を傾けてくれる女性のことを高く評価する傾向があります。そのため、自分が話したい気持ちをおさえつつ、男性の話に耳を傾けることができる女性は「恋活パーティー」の中で自然に人気が高くなるようです。さらに、その時のポイントは「笑顔」と「あいづち」です。「笑顔」はどんな場面でも、万能の武器にすることができます。また相手の顔をみながら「あいづち」をうつことで、この女性はちゃんと自分の話を興味をもって聞いてくれていると男性は思ってくれるのです。この二つがちゃんとできれば、男性のハートをキャッチすることができる可能性がぐっと高くなると思います。

AKBと同じく「クラスで二番目に可愛い女性」が一番人気

「恋活パーティー」の一番人気のある女性は、決してその時参加した女性の中で一番美人であることばかりではないようです。初対面の男女が集まるのでもちろん外見は重視されますが、キレイすぎる女性は、「高嶺の花」と男性から避けられることもあるのです。また、キレイな女性は男性からモテてきたことが多いので男性に対する扱いが知らず知らずのうちに上から目線になっていることもあって、今一つ感じが悪いと思われることもあるようなのです。そんなタイプよりは、顔はとびきりキレイではないけれど、上で述べたように笑顔で話しを聞いてくれるちょっとクラスで二番目ぐらいに可愛い女性が男性に一番もてる結果になったりするのです。できれば女性はそんな位置をねらいたいものです。

ファッション、ネイルやヘアカラーが派手な女性はNG

友達同士で開く合コンとは違って、「恋活パーティー」では派手な女性やブランドものばかりを身に着けている女性はもてない傾向があるようです。そのためにもファッションは、そのパーティーの年齢層に合わせた雰囲気にして参加するのがよいです。基本的には、「清楚で清潔感のあるファッション」の女性がもてるようです。もちろん、ネイルやヘアカラーも派手すぎないように注意してください。また、「パーティー」を意識しすぎて、友達の結婚式に参加するほどのフォーマルなスタイルで参加してしまっては、男性陣からドン引きされてしまうこともあるのでTPOはしっかり考えて参加するのがベターです。

男性には「仕事」の話を聞いてみる

聞き上手な女性というのは、男性に話をふるのも上手なようです。そして男性が聞かれて一番嬉しいのは実は「仕事の話」のようなのです。プライベートな場なのに仕事の話がよいの?という気もするのですが、やはり男性は「自分の仕事にプライド」を持っていることが多いのです。そのため、そこを聞いてくれる女性というのは男性にとっては自然に評価が高くなるようです。また、仕事の話になると男性側も饒舌になるため、相手の女性と話をしていて楽しかったと錯覚するようです。女性側としては、話のネタに困った時は男性に仕事の話を詳しく聞くのがよいです。ただし「お給料」「年収」といったお金に関係することに触れるのは大NGなので注意しておきましょう

まとめ

今の「婚活パーティー」は一人参加は珍しくなく、一人参加を押している主催者も多いうえに、参加する側にもメリットが多いため、「一人だから…」と尻込みすることはまったくないようです。「一人参加限定」のパーティーであれば、みんなが一人で参加するので、仲間意識も高くなりそうです。また女友達という身近な知った顔がいないので、自分が思ったように行動できるという自由もあります。その方が「恋活パーティー」の中で自然に男性とやり取りできる場合もあると思います。積極的に「一人参加の恋活パーティー」に参加してみて新しい恋をゲットしましょう!

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -