年下の草食系男子に片思い中。気になる彼を落とすコツとは?注意点や脈ありサインも

IMG_4208

ただでさえ年下の男性に対する恋愛テクニックは、同年代や年上相手のそれとは違います。そこで更に相手の年下男性が草食系男子だった場合、どのようなアプローチをするべきかどうか最初は戸惑ってしまいますよね。グイグイ押しても引かれてしまいさおうで、なかなか1歩を踏み出せない女性も多いのではないでしょうか。

今回は、年下の草食系男子に恋をしている女性に向けて、彼を落とすためのコツや注意点などをご紹介します。繊細なハートを持つ草食系男子ですが、その中でも色々なタイプがあります。彼のタイプを見抜き、より効果的な方法でその心を掴み幸せを手に入れましょう!

スポンサーリンク

ただ大人しいだけじゃない?3種類の草食系男子のタイプとは

IMG_4287

1.誰にでも優しく争い事を嫌う「平和主義者タイプ」

草食系男子と一言で言っても、その種類は大きく分かれています。1つは、誰かと言い争ったり対立したりすることを嫌う「平和主義者」のタイプです。みんなの間を取り持ったり、誰かが他人の悪口を言っていても自分は言わなかったりと、決して誰かの毒になるような存在にはなりません。「みんなで仲良くしよう」を地で行くタイプです。

このタイプは比較的誰にでも親切に接してくれるので、気を持ってくれているのかと勘違いしてしまう女性も多い罪なタイプでもあります。その分大きな冒険を好まず野心が少ないので、少し物足りないと感じることもあるかもしれません。ですが、穏やかな幸せを絶え間なく与えてくれるので結婚にはうってつけのタイプです。




2.自分の中に独特の世界観を持っている「アーティストタイプ」

一見すると無口であったり寡黙であったり、場合によっては根暗にも映ってしまいかねないこのタイプ。口数は少ないものの自分の中にはかなり深い世界観を持っていて、実は他人や状況をよく観察していることも多いです。感受性が豊かで傷付きやすく、人とは少し違う考え方をしているという自覚があります。

なので思ったままを言葉にしてしまうと周囲を戸惑わせてしまうことも理解しているので、結果的にあまり多くを語りません。同時に、自分のパーソナルスペースを非常に大切にするのでそこに土足で踏み込んでくるような人間を嫌います。1度心を開いた相手には思いも寄らぬ笑顔や意外な一面を出してくれることがあります。

3.一見すると草食系なのに「付き合い始めると肉食系タイプ」

草食系男子の中でも、実は肉食系!という所謂「ロールキャベツ系男子」に該当するタイプです。基本的にあまり自分に自信が無いように見えますが、内心はライオンのようにギラギラとしています。自分がコミュニティの中でどのような立ち位置にいるか、人からどのような目で見られているかをよく理解して行動するしたたかさを兼ね備えています。

一見するとあまり女性に興味が無さそうで清潔感もあるので比較的モテます。性欲の少なさそうな雰囲気も女性に安心感を与えるのです。ですが実際は手馴れたもので、女性の美味しいところを食べるのが上手なプレイボーイ気質をも感じさせます。女性の扱いは上手で、面倒なことを嫌うからこそ筋は最低限通しますので、恨まれ辛いという得なタイプです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

微かで分りにくい…草食系男子が送る脈アリのサイン3つ

IMG_4248

彼からの要望が増えてきた

草食系男子は、心を開いている人への対応とまだ開けていない人への対応の差が大きいことが特徴です。そんな彼らは誰かに借りを作るのが苦手で、自分で解決できることはあまり相談などをせずに1人でどうにかしようとします。困ったことがあったとしても「誰かに頼むくらいなら」と無かったことにすることも。

そんな彼らから要望や注文を受けることが増えたのでしたら、あなたに対して心を開いてきたと思って良いでしょう。「頼んだり甘えたりしても大丈夫」という信頼をしてもらえているということです。甘やかすのはいけませんが、少しくらいの頼みであれば聞いてあげて良いでしょう。




奢りや車デートなど、デートプランにおもてなし要素が増えた

彼と2人で会う時に、食事を奢ってくれることが増えたり車でのデートが増えたり、はたまたデートプランがロマンチックな方向性になってきたりしたのであれば脈ありの可能性が高いでしょう。彼らの中で「男らしい一面を見せたい」という思いが強くなってきているということです。

他の人と違う呼び方で呼ばれ始めた

特に年下の草食系男子は、年上の女性に対して1人の男性として認識してもらうためには最初からハンデがあるものと考えています。そんな彼があなたの中で「特別な存在になりたい」と思い気軽な手段の1つとして取り入れるのが、名前の呼び方です。自分だけの唯一性を求める第一歩として、あなたへの二人称が変わることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お姉さんでありつつ適度に頼る?年下の草食系男子を落とす7つのコツ

IMG_4350

ファッションは保守的に!

草食系男子は女性らしさを強調しすぎたようなファッションを避ける傾向にあります。男っぽい格好が好きというわけではないのですが、胸の谷間や生足をさらけ出しすぎるような服装は「ふしだらそう」「遊んでそう」などという先入観を持たれてしまう危険性が高いです。彼の前では露出は控え目にするのがベターでしょう。

とは言えどもマニッシュすぎる服装も「女性らしくない」と微妙な印象になってしまいかねません。ワガママな草食系男子君への無難なファッションは、カジュアル路線かコンサバ系路線で保守的&オーソドックスに攻めていきましょう。モード系などであまり前衛的・個性的すぎるようなファッションも控えることです。




お姉さんの立ち位置で優しくリードしよう

年下+草食系男子というコンビは、まさに「相手にリードしてもらってこそ心地よくなれる」ようなタイプです。特に付き合う前の段階でまた気を置いている間柄でしたら尚更のこと。あまり振り回してしまうのはいただけませんが、基本的には女性側がリードして決定したり引っ張っていってあげることで彼も安心するでしょう。

デートプランを一緒に決める時間から楽しむ

ですがデートプランとなれば少し話しは変わります。彼の行きたい所や食べたいものなどは、女性の方から尋ねてあげましょう。大まかなものを決めてもらってから店の詳細を女性が決めても良いです。引っ張るところは引っ張って、共同作業ができるポイントも見逃さずに利用していきましょう。そうでないとただのワンマンの関係になってしまいますからね。

まずは彼自身の情報を聞き、同調することで心の扉を開こう

どんな性格の人であっても、自分に興味を持ってくれているということは大なり小なり嬉しいものです。あなたのことを知ってもらいたい気持ちはひとまず置いておいて、まずは彼についてを質問し「私はあなたに興味を持っている」ということを伝えましょう。それに対して同調し共感をすることで、彼の心も少しずつ解けていきます。

「~しようよ」よりも「~してくれない?」という誘い方が有効

年下の草食系男子は、年上女性に最初から対等な扱いで「~しようよ」「~行こうよ」と言われても気が引けてしまうことがあります。それよりも、最初だからこそ「~してくれないかな?」「あのお店に付き合ってくれない?」と言った「柔らかな命令口調」の方が気が楽なのです。距離が縮まったら前者のお誘いに切り替えましょう。

男性としての褒め言葉は効果抜群◎

「カッコイイ!」「頼りになる」などの男性だからこその褒め言葉は、草食系男子相手でも勿論通用します。ただし「これは社交辞令だな」「絶対大げさに言ってる・・・」と思われてしまうかもしれないので、少なくとも多少の事実がある時に言うことを心がけましょう。貧弱な男性相手に「たくましくて素敵」という褒め言葉は、お世辞丸見えで本人も逆に嫌な気持ちになりますよね。

あなたの気持ちはマメに言葉に出していこう

草食系男子は、基本的に自分に自信を持ちきれない性格の人が多いです。なので例えあなたに気を持ち、あなたと2人きりで過ごす時間を多く取っていたとしても油断はできません。「自分といて本当に楽しんでくれているのだろうか」「無理に付き合ってくれているんじゃないだろうか」などと、笑いながらも不安を感じているかもしれないからです。

そして人との対立を避ける草食系男子は、それを自分から表わすような対話をなかなかしません。なのであなたは彼のその不安を拭ってあげる必要があります。「一緒にいられて楽しい、嬉しい」という気持ちを、あなた自身が言葉にしてしっかりと彼に定期的に伝えましょう。「言わなくても分かってほしい」は草食系男子にはNGです。

デリケートゆえ慎重に。草食系男子を落とすときの注意点とは

IMG_8511 (1)

期待しすぎは彼へのプレッシャーの元に

草食系男子は自分への自信が確立できていない性格であり、それは時には優しさという長所でありつつもやはり短所にもなります。過度な期待をしてしまうと萎縮してしまい、プレッシャーを与えるだけになってしまいかねません。彼に対してありのままでリラックスしてもらう関係性をひとまずは目指すことです。




押しすぎ厳禁。引かれたら終わり!

彼らは1度人に対して引いてしまうと、もうなかなか自分からは近付いてきてくれなくなります。こちらから行こうとしても1度線を引かれてしまうと踏み入れさせてもらえなくなるのです。そうならないためには、アプローチの積極性に気を付けることです。まずは段階を踏んで、少しずつ彼らの心のスペースに踏み込んでいきましょう。

繊細である彼らの自信を失わせないように

彼らが好んで一緒にいたいと思う女性は、自分を優しく肯定して癒してくれつつ、自信を与えてくれるような人です。そんな彼らに対しては自信を無くさせてしまうような発言は例え冗談でもNG。彼の行動をネタにしたり毒舌交じりのジョークを言ったりは、草食系男子相手には通じません。特に立場の弱い年下相手であれば尚更です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大人しそうに見えて実は頑固でこだわりが強いのも草食系男子の特徴です。直感や動物的本能だけで動いているわけではないからこそ、自分の中のルールや世界を大切にしていきたいという性格の人が多いということですね。それは年下相手でも変わりませんので、彼を常に尊重してあげることを忘れないようにしましょう。

草食系男子は一見自己主張が弱いタイプに思えますが、1度付き合うとここぞという時に女性を守ってくれるような心の強さを持っています。そしてその魅力を花咲かせていけるかどうかはあなたの腕次第です。きちんと彼を立ててあげることで、彼もあなたに対して優しい扱いをしてくれることでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -