【結婚式】女性の服装マナー徹底解説!ドレスコード別に髪型・ドレス・靴に小物も!

IMG_8273

結婚式に招待をされたときの服装選びについては、式場別にドレスコードがあることをご存知でしょうか?実際にはカジュアルな服装でも可能な場合と、正装で伺う場合とがあります。大人の女性として恥ずかしくない程度の服装のマナーを今一度心得ておきましょう。

どんな服装でもOKという普通のパーティーとは違う、大切なセレモニーの場面です。女性ゲストとしての品格を守りつつ服装を選んで参列したいものです。

スポンサーリンク

結婚式参列者の服装マナー

4611962166_eb71b98534_z
ph0t0 by kego reji

ゲストとしてNGな服装もある

 誰の結婚式であっても、最低限NGとされている服装だけは押さえておきましょう。よく言われているのは花嫁と同じような色になってしまう「ホワイト系」のドレスです。ここは絶対に避けてください。
この日の「ホワイト系」は全て花嫁のものとして、あらかじめ服装を選ぶ場合でも、除外して考えておきましょう。つまり、薄いピンクやクリーム色も同じ扱いで、写真などに映ったときに、白っぽい印象になるので、まずはNGな服装として認識しておきましょう

全体的に白っぽい印象になるコーディネイト以外でも、マナー違反の服装があります。

それは黒いドレスです。一見、シックで大人の印象なのですがおめでたい席でお葬式を想像させるような黒一色の服装は常識違反です。とにかく全身を黒で固めるというのはお勧めできません。

まずは結婚式に参列するという意味をきちんと踏まえた服装で参列することが基本です。

結婚式に参列するということは大切な日に招かれたゲストでもあり、公式に参列する意味でも服装にはマナーを守った装いを徹底することが基本です。その場に即した装いで大人としての振る舞いが求められるのです。年相応のドレスを上品に着こなすためにも、披露宴にそぐわないドレスは避けるようにしてください。

自分の好みだけでゲストとしての服装を選んでしまうと失敗をする可能性もあります。普段から披露宴の列席などに慣れていない人は周囲にも相談をしておきましょう。

ドレスコードを守った常識的な装いを

 ドレスコードというと堅苦しい印象を受けるのですが結婚式の場合には開催される場所や規模、そして時間帯などによって常識的に自分自身で把握しておきたいものです。いつでもどこでも同じ服装でOKというわけではなさそうです。
初めて結婚式にお呼ばれする場合などは、特に気を付けて大人の服装マナーを徹底させてください。
ホテルの格式などによっては来客のドレスコードが暗黙の了解で決まっている場合も多々あります。招待された場所はどこなのか?ということにも注意を配りましょう。
新婦と親しい友人であればあるほど、ドレスコードを守った控えめなフォーマルウエアを着こなして新郎新婦の親族に失礼のないような振る舞いが大切になってきます。この際に着用しているドレスの形や色もその人を印象付けてしまいますので、十分に吟味したうえで当日の服装を選ぶべきなのです。

招待状に「平服でお越しください」と明記された場合

平服で、とう表現にはとても戸惑う場合があります。そもそも平服で結婚式に参列ということの意味が分からない場合がほとんどです。ここで勘違いしてはいけないのが平服を普段着と勘違いしてしまうことです。

平服でとはいえ、場面は結婚式会場です。平服とは略礼装という意味ですので女性の場合にはワンピースやスーツなどを選ぶと良いでしょう。その場合でも白色のものは選ばないようにしてください。

決してカジュアルすぎるデザインのものは選ばずに、やはりフォーマルな雰囲気のあるものをチョイスすることがポイントです。今流行りの服装で参列するのは、平服でとは言えマナー違反にあたります。なかなか難しいことですが、平服でと促されている場合でも、要注意です。

勘違いをせずに、平服であっても最低限のドレスコードを守って、きちんとした礼儀を弁えた装いで参列できる常識を持ち合わせておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドレスコード別の服装

14371470169_3d0409bf32_z
photo by Ryo FUKAsawa

参列してお祝いするというフォーマルな気持ちで

 招待状にある程度、開宴時間などが明記されているのでそのときに着て行く服装にはやはり、最低限のルールがあるのです。ドレスコード別に自分の中でも服装を何パターンか準備しておくことがベストです。
いくらカジュアルな結婚式であっても、花婿花嫁のご両親は最低限、礼服を着て参列していることが想定されます。

ドレスコードの基準

〇正装はフォーマルな装いで参列

〇準礼装はセミフォーマルな装いで参列

〇略礼装はスーツやワンピースなどで参列

〇カジュアルエレガンス・スマートカジュアルはセットアップスーツなどで参列

簡単に示せばドレスコードは上記のように区別されます。まずはこのドレスコードを参考にその日の服装を選べば問題ないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

参列者として相応しくない服装とは?

4735019034_71d817c214_z
photo by Yuko Honda

あくまでも公式な場所でも装いを意識する

 ファー素材を多用しているようなデザインのものや、全身レザーという服装は結婚式の場面には相応しくありません。必ずと言っていいほど、非難を浴びる対象になりかねません。そして身体のラインが出すぎてしまうセクシー系のドレスも避けておきましょう。品格の問題にも繋がります。
ついつい、年齢が若い人はミニ丈のドレスを選んでしまうのですが、やはりスカート丈にも問題があります

露出度が高めの服装は下品に受け取られがちです。そこは自分でもセーブをしておくべきでしょう。なによりも新婦より目立つような服装だけは避けるべきなのです。

露出度が高いと思われるドレスの場合には、きちんと羽織物を持参するべきです。もうひとつ!ついつい間違ってしまいがちなのが、リクルートスーツを礼服と思い込んでいる場合です。

やはりリクルートスーツはあくまでも就職活動に向いているコーディネイトです。どちらかと言えば地味な印象になりますし華やいだ席には相応しくないと言われています。派手すぎる服装もNGなのですが地味で暗い雰囲気のものでもNGになります。

結婚式に相応しい参列者の服装

389602489_5c6592e18b_z
photo by w00kie

ドレス・ワンピース編

基本的に上品なドレスを準備しておくと、色々と重宝します。本来は招待される時間帯によって細かくドレスのデザインも変化をさせればよいのですが、マルチに対応できる種類のドレスとしては紺色や青系・シックな赤系のドレスを着て行くと良いでしょう。

花嫁の友人として参列する場合には、事前にお色直しドレスについて尋ねておくと良いでしょう。同じような色合いが被らないようにするためにも花嫁を立てるような色選びを心がけましょう。

ワンピースの場合にも、フォーマル路線を意識したものが良いでしょう。冬場であればベロア素材のものがベストです。夏場では極端に透ける素材のものは避けてください。ワンピースといってもやはり普段着のワンピースとは格が違うものを選んでおきましょう。

上品な光沢のあるものは良いのですが、スパンコールなどを多用しているデザインのものは推奨できません。結婚式のお呼ばれであることを決して忘れずに控えめなファッションであることも意識しておくべきなのです。

ヘアスタイル編

正装らしいヘアースタイルを心がけるのがポイント。結婚式当日に時間的に余裕があれば行きつけのサロンなどでアップスタイルにしてもらうと、華やいだ参列者スタイルになります。

自分で何とかできる場合には、ロングヘアーの場合、そのままのダウンスタイルではなくハーフアップか、アップスタイルにまとめると正装という雰囲気になります。

ショートヘアの人もサイド部分に品の良いアクセサリーを一点だけつけるなど、普段とは違うスタイルを表現してみましょう。

アップスタイルにした場合でも、ついつい大き目のコサージュを付けてしまいがちです。ここは注意をしておいてください。あくまでも主役は花嫁なので生花などを髪につけるのは控えて抑え目なコサージュなどを一点のみ着けるなど、配慮をしましょう。

カラースプレーやラメのスプレーで髪を彩る方法も、参列者の場合には避けておいた方が無難です

靴・小物編

 足元の露出が多いサンダル系のものは参列者としては相応しくありません。やはりドレス系のものを着用するヒールが3センチ程度以上あるパンプスを履いてきちんとした印象で参列しましょう。ヒールのまったくない「ぺたんこ靴」もかえってカジュアル色が強くなりがちです。できるだけ避けて無地のフォーマル感のある靴を選んでおきましょう。つま先は隠しておくことがフォーマルでは大切なのです。

ストッキングも、肌色に近いもので生足だけはNGです。黒系のストッキングも喪服をイメージさせてしまうので避けましょう。バックはヒョウ柄やアニマル系の柄のものはフォーマルな場面には相応しくありません。できるだけ小ぶりで無地のものをさり気なく持つことをお勧めします。

アクセサリー全般も光沢が強すぎるものは、披露宴などの演出等で反射してしまう可能性があります。上品なビジューが付いているようなものにとどめておく方が良いでしょう。

まとめ

 結婚式に参列する場合には、ある程度の常識と慣例に沿った服装選びに徹してください。そうすることで失敗のないドレスやワンピースを選ぶことができます。周囲にも気を配りその日のゲストとして恥ずかしくない振る舞いをするためにも、参列者としての基本を押さえておきましょう。
靴や小物、髪型にも気を配れば、結婚式という華やかな場を気兼ねなく楽しめることでしょう。結婚式に行く際は、ぜひこの記事を役立ててみてください。
続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -