【体重の理想値】157cmのBMI計算方法は?体型別のすっきりコーデもご紹介!

「やっぱり今日も減ってない。」体重計に乗ってはため息をついていませんか?本当に魅力的な女性は、内面も外見も美しく保ちながらイキイキと輝いています。笑顔になれない。食べることが楽しくない。そんなダイエットはもうやめて、健康的で美しいカラダを目指してみませんか?

もしかしたら、自分が思っているほど実は太っていないかもしれません。今回は、BMI値を使った身長157cmの理想体重の見つけ方をご紹介します。また、体型を活かしたスッキリコーデ術の基本もまとめてみました。

スポンサーリンク

追及するのは体重ではなく体型美!よく聞くBMIっていったい何?

8d2d68646fa34d096c7dbb12c277ae2b_s

157cmの理想体重が分かるBMIとは?

身長の2乗あたりの体重から導き出した数値で、成人(18歳以上)の肥満度を示す国際基準です。自分の体重と身長のバランスから、「痩せ型」「標準」「肥満」のどれに分類されるのかを把握することができるのがBMIです。

体重と身長によるBMIの計算方法

BMI=体重(kg)÷( 身長(m)×身長(m) )

この計算式に自分の体重と身長を当てはめて計算するだけでBMI値を算出できます。

例えば、身長157cm 体重52kgの場合 52÷(1.57×1.57)=21 となり、BMI値は”21″という結果になります。

体重と身長から導き出す3つの基本体型

BMIの指数は、大きく3つの基本体型に分類分けされます。

■ BMI値が18.5未満の場合

「痩せ型」です。標準よりも体重が少なく健康に気を付ける必要があります。

■ BMI値が18.5以上25.0未満の場合

「標準」です。数値が”22″に近いほどより健康的な体と言われています。

■ BMI値が25.0以上の場合

「肥満」です。肥満はさらに4つに分類されています。数字が上がるにつれ病気にかかるリスクが上がります。

5.0以上30.0未満を肥満1、30.0以上35.0未満を肥満2、35.0以上40.0未満を肥満3、40.0以上を肥満4としています。

BMI値による正しい体重管理

BMI値の標準内での体重管理を行うことは、健康的な体を保ちつつ理想の体型を目指すことに繋がります。BMI値を知ることで、健康と美容の2つの角度から体重管理を行うことができるのです。

体重だけに気を取られないで

BMI値は、体格指標として健康診断などでも積極的に使用されていますが、充分な根拠があるわけではありません。体重や数値だけにこだわるのではなく、自分自身のカラダをよく理解し、楽しみながらダイエットを行うことが一番大切です。体の中も外もキレイに保つためには、無理なダイエットをするのではなく適度なダイエットを行うように心がけたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性らしく健康的なカラダを保とう。身長157cmの理想体重

BMI計算による身長157cmの標準体重

BMI値の標準値は”22″と言われています。BMIの計算式より、標準体重=22×(1.57×1.57)で計算することができます。身長157cmの標準体重は「54.2kg」ということになり、この標準体重に近いほど、健康的な体と言われています。

BMI計算による身長157cmの理想体重

では健康的で美しく見える体重の理想値は、いったい何Kgなのでしょうか?標準体型よりもスリム体型を目指したい方は、BMI値”20″を理想体重の目安にするとよいでしょう。その場合、身長157cmの理想体重は「49.3kg」となります。参考までにBMI値標準内での体重をまとめておきます。

BMI値18.5 「45.6kg」

BMI値19 「46.8kg」

BMI値20 「49.3kg」 ←理想体重

BMI値21 「51.8kg」

BMI値22 「54.2kg」 ←標準体重

157cm理想の体型別ベスト体重とは

今度は、おおまかな体型別の体重を見ていきましょう。自分がどの位置にいて、どのような体型を目指したいかの目安にしてください。

痩せ過ぎ BMI値17.6以下 「43.4kg」

痩せ気味 BMI値19.8以下 「48.8kg」

理想    BMI値20     「49.3kg」

標準    BMI値22     「54.2kg」

ぽっちゃり  BMI値22.8     「56.2kg」

太め    BMI値24.2以上 「59.7kg」

太り過ぎ   BMI値26.4以上 「65.1kg」

BMIによる体重管理は健康維持にも役に立つ

日本肥満学会により、BMIによる肥満判定の基準が定められています。BMIは、健康指標として多く利用されており数値が大きくなるほど高血圧や糖尿病などの生活習慣病リスクが上がります。

BMIにより病気と判断されることはありませんが、健康維持や病気予防のための指標として体重指導にも利用されています。BMIによる体重管理は、健康維持のためにも役に立つのです。

効率のよいダイエットに繋がる体重管理

BMIは身長と体重のバランスから、理想体重を導き出すことはできますが、体脂肪の量を計ることはできません。体脂肪率は体重に対する内部脂肪の割合になります。

BMIが標準内でも、体脂肪率が高い場合は「隠れ肥満」という判定になります。最近の体重計には、体脂肪率が計れるものが多くあります。ダイエットの際、BMIと一緒に体脂肪率も把握しておくとより効率よく体重管理できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目指すは女性らしいモテファッション◎体型別すっきりコーデのポイント

3f5b4135dcccbd1ccfbb44f50979a838_s

美しく見られるのは、より細いスタイルではない

モテる女性は、ふっくらボディなんてことも最近よく言われますよね。ストイックに痩せている女性よりも、すこしふっくらとした女性の方が美しく見られるようです。

これは決して太っているというわけではなく、健康的でバランスの取れた女性らしいメリハリのあるスタイルを指します。とにかく痩せたいとダイエットばかりに気を取られるのではなく、今の体型を活かしたすっきりコーデを身に付けることで女性らしさをアップしましょう。

簡単可愛いすっきりコーデ

大人可愛いファッションには、流行にとらわれないシンプルなアイテムを選ぶこともポイントです。襟元が深めに開いたシャツやキレイ色のハイゲージニットに、ワイドパンツやスキニーを合わると首元スッキリで縦のラインもしっかり強調されます。

デコルテと呼ばれる首から胸元の部分を、キレイに見せることでスッキリとした印象を持たせ細見せ効果が上がります。少し甘さを出したい場合は、ファーのクラッチバックやイヤリングなどのアクセサリーでアクセントを付けるといいでしょう。

ぽっちゃり系の人は、上半身をふんわり包みこむようなチュニックにハイウエストなロングスカートを合わせると簡単すっきりコーデの出来上がりです。

細見せコーデの基本カラー

細見せコーデのポイントとして、カラーや柄の基本をマスターしておきましょう。

■ 暖色系の色は膨張色と言われ、通常よりも太って見えます。

これは、火を連想させる色で「赤、オレンジ、黄色」などを指します。「パステルカラー」もこの暖色系にはいります。

■ 寒色系の色は収縮色と言われ、実際よりも痩せて見えます。

これは、氷や水を連想される色で「青、ネイビー、グリーン」などを指します。「黒、白、グレー」もこの寒色系にはいります。

細見せファッションには、ただ寒色系を使えばいいという訳ではありませんが、自分の体型の中でコンプレックスとなっている部分に寒色系のアイテムを使うとより効果的です。

また、上下のアイテムで色のコントラストをはっきりとさせることもファッションにメリハリを付ける大切なポイントです。

ボーダーとストライプの違いは?

■ ボーダー(横線) 太って見える

一般的にボーダー柄は太って見えると言われています。特に胸や肩幅が大きい人は、膨張して見えることがあるので注意です。

ボーダーの幅が太いほど太って見えます。体型が気になる方は、細めのボーダーを選ぶとよいでしょう。また、規則的なボーダー柄よりも不規則なボーダー柄の方が細見せ効果があります。

■ ストライプ(縦線) 痩せて見える

いちがいにストライプは痩せて見えるという訳ではありませんが、ボーダーよりも細見せコーデに使いやすい柄です。太めのストライプよりも細めのストライプの方が細見せ効果があります。ワンピースなどロング丈のものほど、縦のラインが強調されストライプの細見せ効果が上がります。

ただし、腰回りにお肉がついていると逆にストライプのほうが太って見えるので要注意です。定番のボーダー・ストライプ柄は、体型によって着こなしのポイントが変わります。とても使いやすいアイテムなので、全体的なバランスを意識して上手に取り入れたいですね。

自分の体型に合うファッションセンスを身に付けよう

あのファッション可愛いなと思っても、自分が着ると全然違うイメージになってしまうことありますよね。大切なのは、まず自分の体型をよく理解することです。

どこがコンプレックスで、どこに自信があるのか全体的なバランスも含めてきちんとカラダと向き合いましょう。コンプレックスを隠すことが全てではありません。隠すよりも見せるほうがスッキリすることも多くあります。

特に胴回りやお尻にコンプレックスを持つ人は、隠そうと長めのトップスを選んでしまうと余計に膨張して見えていまします。ふんわりチュニックや、ハイウエストのボトムスなどで縦のラインを意識してバランスよくコーデしましょう。

まとめ

いかがでしたか?細見せコーデの基本をつかめば、いつもより少しコーデがしやすくなりますね。ダイエットにこだわらなくても、自分のコンプレックス部分を理解し細見せ効果を取り入れることで毎日のファッションコーデを楽しむことができます。

そしてBMI値を参考にしながら、健康的に理想の体型に近づけるよう適度な運動とバランスのとれた食生活を心掛けたいですね。BMIと細見せコーデをマスターして、身も心もスッキリきれいな愛され女子を目指しましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -