体重は身長164cmの場合いくつが理想?体型に合う服装も紹介

美容を意識する女性にとって、体重は体型維持のための大切な指標です。ただ、身長体によって目指す体重も異なってきますよね。そこで、身長が違っても体型を同じ指標で確認できるよう設定されているのが「BMI」と呼ばれるものです。

今回はBMIの基礎知識と、身長164cmの理想体重、オシャレをより楽しむためのファッションコーディネートについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

基準となるBMI数値の基礎知識

健康診断などの結果でよく目にする「BMI」。数値が低いほど痩せていることを表している、ということは何となく知っている人が多いと思いますが、細かい定義や捉え方、計算の仕方については知らない人も多いのではないでしょうか。

よく見かける「BMI」って何?

BMIはBody Mass Indexの略です。WHOを定めた、肥満を判定するための国際基準です。

同じ体重でも、身長が違えば体型は異なってきますよね。そのように、身長が違っても同じ指標で体型を判定できるよう設定されているのがBMIです。

計算式は「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)」で、体重を身長の2乗で割った数値です。同じ身長だったら体重が重いほどBMIは高くなり、同じ体重だったら身長が高いほどBMIは低くなります。つまり、BMIが低いほど痩せていることを表しています。

どこからが肥満?

BMIが18.5未満だと低体重(痩せすぎ)、18.5以上25.0未満だと標準、25.0以上30.0未満だと肥満(1度)、30.0以上35.0未満だと肥満(2度)、35.0以上40.0未満だと肥満(3度)、40.0以上だと肥満(4度)になります。

日本の女性の場合、理想的なBMI(最も病気になりにくいBMI)は21~22と言われています。

BMIの捉え方!痩せすぎに注意

モデルや芸能人ではBMI15や16なんていう人もいます。そういった情報を知って、ダイエットに励む女性は少なくありません。

しかし、上で説明したようにBMI18.5未満は低体重(痩せすぎ)の状態です。BMIの数値を気にしすぎて、無理なダイエットをするのは非常に危険です。

そもそもBMIは、健康面から痩せすぎ・太りすぎを評価するための指標ですので、極端にBMIを下げることに注力してもあまり意味がありません。BMIが低いことと、見た目のスタイルがいいことは必ずしも同じではないからです。BMIには、筋肉量や体脂肪率など、ダイエットに必要になる数値は一切反映されていません。

ダイエットで大事なのは、体重を無理に減らす(=BMIを無理に減らす)ことではなく、適度な食事と運動で筋力をつけながら体脂肪を減らして健康的に痩せていくことです。そのようなダイエットをすれば、筋肉がついて体重が多少増えても、見た目のスタイルは以前よりも美しくなることができ健康的に痩せることができます。

スポンサーリンク

身長164cmの理想体重とは

ここからは、身長164cmに焦点を当てて、標準体重・理想体重・美容体重・モデル体重を紹介していきます。

標準体重・理想体重:59kg

この体重は、身長164cmの人がBMI 22になる体重です。これは統計的に見て最も病気になるリスクが低く、健康的な体重だと言えます。

ただ、一般的にはこの体重の人は、見た目が少しだけ「ぽっちゃり」ぎみにみられることが多いようです。同じ体重でも、筋肉が多いのか・体脂肪が多いのかによって見た目のスタイルは大きく変わってきます。

この体重で「痩せたい」と思っている人は、食事を減らして体重を落とそうとするのではなく、運動して体脂肪を燃やしながら筋肉を増やすことに注力すると健康的にキレイなスタイルをゲットできますよ!

美容体重:54kg

身長164cmの人がBMI 20になる体重が54kg、つまり美容体重です。この体重は、一般的にはスラリとした体型で女性が憧れるスタイルの人が多い体重になります。また、BMI 20ですので、統計的にも一応健康の部類に入ります。

ただし、上記の統計的に最も健康とされる標準体重・理想体重と比べると5kgも少ないのが事実です。そのため、健康よりもどちらかというと見た目・美容に意識を置く人が目指す体重と言えます。より健康を意識するのであれば、筋力を増やして標準体重に近づけるのが良いでしょう。

モデル体重:51kg

この体重は、身長164cmの人がBMI 19になる体重です。女性が理想とする体重に最も近いのが「モデル体重」だと言われています。見た目もモデルのように細く、足も細いためスカートが映える体重です。

ただし、標準体重に比べて8kgも少ないため、この体重では明らかに「痩せすぎ」です…。見た目を重視したい気持ちもわかりますが、健康面を考えると食事量をもう少し増やして体重を標準体重に近づけたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

体型カバーでおしゃれをより楽しく!164cmのファッションコーディネート5選

自分がコンプレックスにしている部分を、ファッションコーディネートでカバーできたらオシャレをもっと楽しむことができます!最後に、身長164cmの人にオススメしたい体型カバーのためのコーディネートをご紹介していきます。

肩幅が広いと悩んでいる人は「くびれ」を強調しよう!

身長164cmは、女性の中では少しだけ高身長ですよね。高身長で肩幅が広いと、痩せていてもガタイが良く見えてしまい、ふっくらした印象になることを気にしてできるだけゆったりした服装を選んでしまう人も多いかと思います。でもこれだとメリハリがないため、かえってスタイルが悪く見えてしまいます。

せっかくなら、勇気を出してウエストのくびれを強調することで、高身長ならではのスタイルの良さをアピールしましょう!腰にベルトを巻いてみたり、シャツをボトムスにINすることでメリハリのある女性ならではのボディラインをしっかり見せていきましょう!

下半身にお肉がついてしまう人は「バランス」を意識して

太ってくると、腰回りや脚など下半身にお肉がついてしまうことが悩み…と言う人も多いはず。そんな人は、全体的に着やせしようとするのではなく、全体のバランスを大切にしてみてください。

たとえば、トップスに少しボリュームのあるふんわりしたアイテムを選んでみたり、フリルなどの飾りがついたものを選ぶとOKです。無理にスッキリしたトップスを選んでしまうと、かえって下半身が強調されてしまい全体的にアンバランスな印象を与えてしまいます。

全体的にふっくらした体型が気になる人は「黒」を取り入れよう!

上半身・下半身ともにふっくらした体型を隠したい…と言う人は、着やせ効果のある「」など暗めの色を選んでみましょう。また、ゆったりしたシルエットのワンピースやチェニックを着ることで、相対的に細く見せることが可能です!

また、あまり色が多くない服を選びましょう。できるだけ少ない色でシンプルな服を着たほうが細く見えます。また、ボーダー(横線)は体型を強調してしまうので、もし柄物を着たいのであば、縦のラインを強調するストライプを選んだ方がベターですよ!

足の長さが気になる人は「境界線」を意識しよう

脚が短いのがコンプレックス、と言う人はぜひ服の「境界線」を意識してみてください。ワンピースの切り替えが「胸のあたりにあるもの」「ウエストにあるもの」「お尻のあたりにあるもの」など、境界線は服によってさまざまだと思います。

できるだけ、高い位置に服の境界線があった方が足を長く見せることができるので、それを意識して選んでみましょう。またワンピースでなくても、トップスをボトムスにINしてできるだけハイウエストを意識すると足を長く見せることができます。

また、素足やストッキングの場合はベージュの靴を、黒タイツの場合は黒の靴を選ぶことで、足と靴の境界線をぼかすことができ足長効果を期待できますよ!

上半身にコンプレックスがある人は「首回り」がポイント

バストが大きい、二の腕が太い、上半身にお肉がついてしまう…など上半身にコンプレックスを持っている人は、敢えて首回りを露出すると着やせ効果が期待できます!首回りを隠してしまうと、上半身の大きさが強調されてコンプレックスを増大させてしまいます。

また、手首は上半身の中でも細い部分です。なので、七分袖を着たり袖をまくることで手首を出すと、全体的に細いイメージを与えることができるのでオススメですよ!

柄としては、この場合も「ストライプ」がオススメです。ストライプのワイシャツで、第1・第2ボタンを開けてお気に入りのネックレスを着けて、袖を少しだけまくって手首を程よく見せることで、着やせしながらオシャレを楽しむことができます!

まとめ

BMIの基礎的な知識、捉え方に加えて、身長164cmの理想的な体重や体型カバーのためのコーディネートをご紹介してきました。

BMIは確かに、痩せすぎ・太りすぎを判断する1つの指標ではありますが体脂肪や筋肉量などは反映されていないため、絶対的な数値である、と過信してはいけません。

BMIを下げることに重点を置いて、無理なダイエットをすることは自分の健康や将来を損なう危険な行為ですのでけしてお勧めしません。

また無理にダイエットをして体重を減らすのではなく、ここで紹介したようなコーディネートでファッションを楽しみながら着やせすることも十分可能ですので、参考にしてみてくださいね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -