雑穀米とは。おすすめの穀物の種類7選!入っているもので香りや食感に大きな変化が?

f0135d3dda996428462bb6995e134a60_s

雑穀米とは最近進んで口にする人も多い、栄養豊富な穀物がたくさん入ったごはんです。市販されている商品でも数々の雑穀がブレンドされた雑穀米が存在します。

たくさんの種類が売られているからこそ、雑穀米なら何でも良いわけではなく、どんな栄養素が豊富に含まれているのか、食感や味はどうなのか知ることで自分に合った雑穀米を食べることができるでしょう。

今日は、おすすめの雑穀米の種類や目的別の雑穀米商品もご紹介します。

スポンサーリンク

カフェ飯でもよく出てくるおしゃれなご飯。雑穀米とは何か?

4a09c8b8a09f3dd5e93814e3151774ad_s

1.白米にはない栄養素が含まれている

白米は炭水化物が豊富ですが、精米されてしまっているためその他の栄養素が少ないのが難点です。雑穀米は白米にはないビタミンB1や鉄分、タンパク質、食物繊維などが豊富に含まれています。

その中でも雑穀の種類によっては特にこの成分が多いというおすすめの雑穀もあります。これは後述のおすすめ雑穀の種類で詳しくご紹介していきますので、そちらを参考にしてください。

2.いろいろな食感が楽しい

雑穀の中には、粒の大きなもの、小さなもの、噛みごたえのあるもの、やわらかいものお茶碗一杯の中で色々な食感が楽しめます。次のひと噛みではどんな味がするんだろうという、予想できない楽しみがあるのが雑穀米の魅力でもあるでしょう。

3.雑穀の歴史は

日本人の主食といえば、白米だと思っている人も多いでしょうが、日本人が白米を食べるようになったのは意外と最近です。具体的にいえば、戦後の高度成長期からで、その前は麦や玄米、それよりも前には雑穀がずっと食べられていました。

縄文時代の遺跡からは、あわやひえ、大麦などの種が見つかっていることから、この頃はこのような雑穀を主食として栽培していたと見られています。

日本人が米食となったのは江戸時代から。でも、それでも白米だけでなく今でいう雑穀米のような白米にその他の雑穀を混ぜたものを食べていました。

雑穀米は最近の食べ物と考えられがちですが、日本人の歴史の中でごはんのブームが一周して戻ったような形となっていたのです。そんな雑穀の中でおすすめできる主な雑穀の種類やその特徴をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

見た目や香りが全然違う!おすすめの雑穀米の種類7選

04433979970759ee9cc18b15017cd6c2_s

1.もち玄米

もち玄米とはもち米の玄米のことで、もちろん炊いた場合に非常に粘り気があってもちもちとした食感が楽しめる穀物となっています。市販の雑穀米にもその風味の良さからほとんどの製品に入れられていることが多い穀物となっています。

主な成分は炭水化物の他、マグネシウムやビタミンB1で、白米の5倍ほどの量が含まれています。

2.黒米・赤米

雑穀米の中で、特に彩りが綺麗で見た目のポイントとなることが多いのが黒米や赤米です。この配合割り合いが多いと、雑穀米ごはんの色がお赤飯のように色づいてみえます。この色のおかげで食欲がアップすることもあるでしょう。

黒米、赤米ともにポリフェノールが含まれているのが特徴です。黒米にはアントシアニンが、赤米には色素タンニンがふくまれています。その他にはマグネシウムやビタミンB1を豊富に含む穀物です。

もち米の中の色の濃い穀物となってるので、ご飯として炊き上げた時の香りに甘みが加わり、食べた時にも甘みがあって人気の高い雑穀となっています。

3.もちあわ

あわは、日本の穀物の中でも最古の種類といわれています。風味が「淡い(あわい)」からあわという名前がついています。ビタミンB1や鉄分、食物繊維に富んでおり、甘みがあってもっちりとした食感が人気です。

市販の雑穀米にももちあわが含まれているのが多いのは、このような栄養素と食感に優れている穀物だからといえるでしょう。味が淡いあわだからこそ、雑穀米以外でも色んな料理に入れても主張しすぎず、スープや和菓子などに使われることも少なくありません。

4.小豆

小豆といえば、あんこにして和菓子に使われる身近な穀物の一種です。ちなみにお赤飯に入れるのはささげとよく似ていますが、小豆とは豆の種類が違います。炊いたり煮たりすると、実がふっくらとしやすいことから、雑穀米には小豆が入っていることが多いです。

小豆に含まれる栄養素は、鉄分、食物繊維、ビタミンB1となっています。また、カリウムも含まれているので利尿作用が高くなります。小豆の食感はあんこなどでも口にされた方も多いでしょうが、ふっくらとやわらかく炊き上がるのが特徴的です。

皮が多少舌に気になることもあるでしょうが、雑穀米に含まれる時は小豆は丸のままではなく砕かれた状態で入っていることがほとんどですので、その皮もあまり気にせず食べることができるでしょう。

5. ひえ

ひえは寒い地域でも比較的よく育つ植物で、日本でも寒冷地帯を中心に古代から栽培されている穀物です。形はあわやきびのような小さい粒状をしています。

含まれる栄養素は、ミネラルなどの微量成分がバランスよく入っています。味は癖がなく、食べやすい穀物となっています。

6.たかきび

きびといえば桃太郎のきびだんごを思い出す人も多いのではないでしょうか。きびも古くから日本人に馴染みの深い穀物のひとつであり、黄色みがかったその色合いから「黄色み」がなまってきびとなったといわれています。

現在は、黄色いきびの他に茶色っぽいものや、白いきびも作られ雑穀米に配合されていることもあります。その大きさはあわよりひとまわの程度大きく、もちもちしているのが特徴的です。このもちもちさから、だんごやおもちとしてきびが使われています。

きびには必須アミノ酸のひとつであるメチオニンが含まれています。

7. 玄そばの実

玄そばの実とは、お蕎麦を作る原料であるそばの実の殻付きのものを指します。市販の雑穀米の中でも配合されているものはあまり見かけないですが、非常にアミノ酸スコアが高い穀類で、良質なミネラルが含まれています。

殻や胚芽を除いたそばの実と比べて玄そばは、マグネシウム量が2倍あるほか、亜鉛やカリウムも含まれてるいるのが特徴的となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジュアル・食感・栄養素。種類別雑穀米のおすすめ商品3選

150711099375_TP_V

1.ビジュアルで選ぶなら

雑穀米の魅力といえば、食感や栄養素の他にもお茶碗に盛り付けた時の彩りの良さ、ビジュアル面でも優れていることも忘れてはいけません。食べ物は見た目で楽しむことも大切です。

雑穀米をビジュアルで選ぶなら次の商品がおすすめです。

商品名:有機JAS 無農薬の熊本県産 十穀豊穣

1.メーカー:株式会社Lonowa
2.発売日:-
3.値段:200g 1,750円

いつものご飯にスプーン1杯加えて炊くだけで、ほんのり白米自体も色づく商品です。この「有機JAS 無農薬の熊本県産 十穀豊穣」に入っている緑や黒の穀物とあいまってさらにビジュアルを良くしています。

商品名のとおり、無農薬・無化学肥料ですべて熊本で育てた穀物だけをブレンドしているので、安心して口にすることができます。白米だけでは味わえないもっちりとした食感と食欲をそそる見た目のバランスが良い商品に仕上がっているのも魅力です。

更に彩りをプラスしたい場合は、同じ株式会社Lonowa(るのわ)の黒米(100g 432円)を自分でブレンドするのもおすすめです。大手通販サイトや、株式会社Lonowa(るのわ)の公式サイトからも購入することができます。

2. 食感が良いのはこの雑穀米

健康食品といえば有名なやずやの胚芽十六雑穀米は、雑穀のバランスを重視してブレンドしている雑穀米です。特に、食感に関してはもち玄米やもち黒米など粘りの強いもち食感の穀物を配合することにより、もちもち食感にこだわっています。

もちろん、もちもちだけでなくぷちぷちとした食感やぷりんとした噛みごたえの穀物、しっかりと噛みしめるタイプの穀物もバランスを考えてブレンドされているので、噛むたびに色んな味や食感を楽しむことができるでしょう。

商品名:やずやの発芽十六雑穀

1.メーカー:やずや
2.発売日:-
3.値段:レギュラーサイズ(25g 15袋入り) 1,944円~

価格は公式サイトから単品で購入した場合のものをご紹介しています。定期便で申し込むことで、レギュラーサイズなら1749円で購入することが出来るのでしばらく続けてみようかなと思った人は、定期便に申し込みをした方がお得に買えます。

3. 栄養のことを考えたイチオシ商品

栄養のことを考えたら、できるだけ多くの種類の穀類がブレンドされたものの方がたくさんの種類の栄養素を摂取できることになります。市販の雑穀米の中で使われている穀物の種類が多く、人気が高い商品をご紹介します。

商品名:タマチャンショップ 国産30雑穀米

1.メーカー:有限会社九南サービス
2.発売日:-
3.値段:300g 1,000円

雑穀の数が30種類と群を抜いて多いのが、タマチャンショップの「国産30雑穀米」です。配合されている穀物の数が多くなれば、当然含まれる栄養素の種類も多くなります。

しかし、それだけでなく国産30雑穀米は彩りのことも考えて配合されており、赤、白、薄茶、黄色、黒、緑と6色の穀物が全て含まれています。

食事は彩りよくと言われるように、その色により食品の栄養素が決まってくるところもありますね。国産30雑穀米を食べることで白い野菜から緑黄色野菜までいっぺんに食べているようなイメージなのです。

楽天などの大手通販サイトや公式サイトからも購入することができます。国産の穀物にこだわっているので、安全性も高い商品となっています。

まとめ

雑穀米のおすすめ種類と、目的別の雑穀米商品をご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。雑穀米にブレンドされている穀物も、その種類によって様々な栄養素や食感、味があることがわかりました。

また、雑穀米商品も日本国内だけで作られた穀物にこだわっていたり、無農薬で育てられている穀物をブレンドしたものなど、各メーカーのこだわりが感じられるものが多かったですね。

もちろん、今回ご紹介したのは口コミ人気も高く多くの人が食べて美味しかったという意見を参考にさせていただきました。雑穀米選びに困った時は、参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -