ワークライフバランスとは?定義を分かりやすく解説!働き方を見直して豊かな生活を!

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

ワークライフバランスと言う言葉を知っていますか?働き方を見直して豊かな生活を送る方法ですが聞きなれない言葉です。

ワークライフバランスとは何か?どんなことなのか?定義を分かりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

ワークライフバランスとは?定義は?

1

仕事と生活の調和

育児や介護などの理由で会社で働く事が出来ない人が多くなってきました。働きたいのに勤務時間に融通がきかない。企業も雇用したいけど働く人が居ない。

この働きたい人と働いて欲しい人を繋ぐのがワークライフバランスです。企業も勤務時間を緩和し介護をしながらでも働く環境を作り雇用を増やす事が出来ます。

仕事も大事!家庭も大事を両立する事が出来るので仕事も充実、家庭も充実出来ます。新しい仕事&生活のあり方を考える新しい提案です。

犠牲にしない

働きたくても育児で時間が合わなくて働けない、働いて収入を増やしたいのに出来ない、お金はあるのに・・・私生活を充実させたいけど仕事が忙しくて私生活を犠牲にしている。

ワークライフバランスは犠牲にしない働き方を提案するので育児で働けない人にも出来る範囲で勤務時間を調整する事で金銭面も充実します。

仕事で私生活を犠牲にしている人も必要に応じて生活を充実出来る働き方が出来るので犠牲を払う必要もなくなります。

介護で時間を犠牲にしている人も会社で働ける時間が出来る事で「働いている」という生きがいを感じる事も出来ます。

ワークライフバランスは人により違う

働けない、働いてもらえない理由は人それぞれ、会社それぞれ違います。ワークライフバランスを実現するために「〇〇しなければいけない!」と言う決まりはありません。働きたい人と働いて貰いたい企業である程度、歩み寄れる環境を作ります。

働けない理由も育児、介護など様々で能力や意欲などやはり様々です。お互いが良い方向へ進める様に選択が出来るのがワークライフバランスの良い所です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ?ワークライフバランスが注目されるの?

2

共働きの増加

女性も働く時代です。共働きが増加してきた事で女性が働きやすい職場作りが注目されてきました。

女性は出産しても育児との両立が出来ずに社会復帰を諦めている方も多く「仕事を続けたい」が叶わない女性が増えてきています。仕事が出来ても「お迎えがあるのでフルタイムで働けない」も多いです。

「フルで働けないなら・・・」と会社側も雇用を見送る事もあります。ワークライフバランスを取り入れる事で「フルタイム」で働く事に囚われず共働き家庭には重宝されています。

介護の増加

高齢化が進み介護の増加もワークライフバランスが注目される理由です。働き盛りの年代の人が介護で働くことが出来ない。働きながら介護をしているが残業が出来ない、朝は忙しくて時間通りに出社できない。

このような場合にフレックスを取り入れる、在宅勤務を取り入れる事で介護をしながら働くことが出来ます。会社側も新しい人を雇用しなくても良いので、教育などの時間を割く事もなくなります。

価値観の変化

会社だけではなく、自分のスキルアップの場が欲しいと考える人も多いです。どんな企業でも不況に煽られる事はあります。その時の保険の様なものですね。

更に会社に長く居れば給料が上がる年功序列型の社会でもなくなってきました。自分の報酬を上げる為にも資格取得をしたいと考える人も増えてきました。

昔とは違った価値観の変化はワークライフバランスを注目する理由になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワークライフバランスを見直すと良い事もある!

3

仕事にやり甲斐を感じる

私生活を充実させるために仕事を頑張れば私生活が犠牲になり仕事が辛くなる。そうならない為にバランスのとれた私生活と仕事をバランスよくこなす事が出来ます。

仕事が快調にこなせれば私生活の時間も取れます。私生活が充実すれば仕事も楽しくなるので仕事にやり甲斐を感じます。仕事だけ、もしくは私生活だけ充実しても駄目です。両方のバランスが取れているのがカギです。

バランスが取れていると仕事を早く進める為には?と余裕も出てきます。

雇用が増える

その人のニーズにあった雇用方法を採用する事で働ける人が増えます。「会社の社風は○○だから」「必ず○○しなければならない」の決まりにも囚われず、社員の人数だけのワークライフバランスがあります。

会社が雇用を柔軟に対応する事で働く人も増えるし、辞める人も減ります。仕事が一人前に出来るようになって辞められると教育する人も時間も無駄になりますが、ワークライフバランスを活用するとその無駄もなくなります。

人材も育ちやすくなるので会社としては嬉しいですね。

責任感が強くなる

仕事を短時間で効率よく!そう考えるようになるので「責任感」が強くなります。他人任せで仕事をしていては進みも遅い。「なら自分が」自分の為の自由な時間作りに積極的になります。

働いている人がそのような思いで仕事をする事で仕事の効率も上がるので一石二鳥です。

ストレスが少なくなる

仕事と私生活とのバランスが取れるとストレスも減ります。自由に使える時間も増えるので趣味も充実します。

そうする事でストレス発散も出来るのでストレスを感じる事も少なくなります。

モチベーションアップ

「好きな事をする時間がある」これだけでテンションもモチベーションも上がります。特に独身の方は仕事ばかりで楽しみが無い!

仕事だけじゃなくなると私生活で楽しみも出来るので人生が楽しくなります!

ワークライフバランス重視し過ぎると・・・

4

残業なしで仕事の効率が下がる

ワークライフバランスを!とそこばかり重視する事で勘違いが生まれます。残業しない事がワークライフバランス。そう思って仕事をすると「残業はしないで定時で帰れ!」そうすると仕事が疎かになり作業が遅れます。

人によっては仕事を持ち帰って家で作業する人も居ます。これはワークライフバランスとは言いません。仕事を家でしているだけでプライベートの時間を有意義に過ごしている訳ではないです。

定時内で仕事を効率よくこなす事で仕事を持ち帰らなくて良くなるので「定時で帰る事」がワークライフバランスではない事を理解して下さい。

社内制度の不安

ワークライフバランスと言っていても社内制度は何も変わらない。逆に社内制度が変わっても十分な説明もないままだと働く側は何も変われません。

社員が理解していても社内制度が変わらなければワークライフバランスを実現出来ませんし、社内制度が変わっても社員に何も伝わらなければ不安がって利用する者も居ません。

両方がきちんと機能していなければ何も変わらないです。

ワークライフバランスは育児や介護の為だけじゃない

5

趣味

育児や介護を両立させる為にワークライフバランスがあると思っている方も多いです。それだけではないです。

趣味に時間を使いたいので会社と私生活のバランスを取りたい!と言う理由でもOKです。趣味が充実すると仕事のやる気にも繋がります。

ですが、趣味で会社を何日も休む・・・これはワークライフバランスではありませんよ。

通院・治療

精神的な理由で出勤できない「何日、休んでいるんだ!」ではなくワークライフバランスで在宅勤務を提案する事も出来ます。

また、通院したいけど退社時間が遅い。この場合は通院できる時間帯に帰れる勤務に変える事も必要です。体が健康じゃないと仕事にも身が入りませんから重要な事です。

勉強

資格取得の為にスクールに通いたい。このような理由でもワークライフバランスは大活躍です。自分の為に会社の為に勉強がしたいと考える人も多くなってきました。

会社の為にもなるのでスキルアップの為の勉強でもOKです。

家庭

育児が原因で仕事に悩むのは女性です。ですが男性が妻の負担を減らすために、家庭を大事にしたいとワークライフバランスを活用する事も可能です。

男が働かなければ行けない時代は終わりました、共働きが多いので育児に協力的な男性も多くなりました。育児は女性だけの悩みじゃないですからね。

ワークライフバランスの具体的な取り組みとは?

6

育児

ワークライフバランスを取り入れる事で助かるのは小さな子供がいるママさんです。特に母子家庭のママは助かります。

具体的な取り組みとして、社内に保育施設を設置したり、通常の育児休暇以外にも保育園の空きが出るまで育児休暇を延長できる制度など、ママの負担を減らせる制度の取り組みです。

社内に保育施設が出来れば母子家庭のママさんもギリギリまで働く事も出来るので経済的にも安定します。

経済的支援

残業が全くなくなる訳ではありません。生活と仕事の調和がとれるのがワークライフバランスです。

子供がいる家庭では保育園のお迎えがあるので残業が出来ない家庭も多いです。しかも延長保育はお金がかかります。仕事をして延長保育料を払う。頑張って意味が無いです。

その場合に延長保育料を援助する、保育料を負担すると経済的な補助があれば金銭面の負担も少なくなります。

介護の場合にも金銭的な補助がある事でデイサービスや訪問介護の利用が出来るので、働く事が出来る場合もありますね。

在宅制度・勤務時間

子供に限らず出勤出来ない事情がある。それは育児であったり介護であったり、精神的な理由だったりします。

精神的な理由の場合に在宅制度を利用し、少しずつ社会復帰していく。育児や介護の場合には保育園の空きが無いので在宅で仕事をする、介護の場合にも状況に合わせて在宅と出社を組み合わせる事も可能です。

在宅で仕事をする際には会社と切り離されてしまっては意味が無いので社内ネットワークを強化し社員同士が情報を共有出来るように工夫する必要があります。

出勤

育児、介護、それ以外でも「勉強がしたい」「ボランティアに参加したい」ワークライフバランスを活用する理由は様々です。

その理由に対応するために出勤も遅くしたり、早くしたり出勤時間の対応も取り入れられています。

業種にもよりますが、出来る限り柔軟に対応する事で仕事の効率も上がるので働く側も、働いでもらう側も得をします。

まとめ

ワークライフバランスについていかがでしたか?自分の生活が充実するために仕事が上手く行くように考えていきたいです。

特に育児や介護で働きたいのに働けない方には嬉しいです。色々な生き方を選択できるワークライフバランスがもっと広まれば良いですね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -