167cmのモデル体重とは?意識し過ぎず適度な目安にしよう!

可愛い服を着こなしたい、彼好みの体型になりたい、理想の自分に近付きたい……等々、減量を行う理由は様々ですが、中には有名なファッションモデルの細さに憧れて、モデル体重を目指して減量を試みている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしその体重は、本当に理想的な体重と言えるのでしょうか?

体重は身長により適した重さが変わってきます。今回は身長が167cmの場合のモデル体重について、様々な視点からご紹介していきたいと思います。

体重には3つの種類が存在する

健康のための理想体重『標準体重』

体重には3種類の目安があります。そのうち、最も健康的と言われるのが『標準体重』です。体重が重すぎても軽すぎても、病気のリスクが上がるといわれています。

標準体重の計算には(身長m)2 × 22という式を使います。22という数字は標準とされるBMI指数です。

この式で167㎝の女性の標準体重を算出すると

1.67×1.67×22=61.35となるので、167cmの女性の標準体重はおよそ61kgという事になります。

女性の体重で61kgという数字は、太っているという印象を抱く方も多いかもしれませんね。しかし身長が高ければ標準体重はその分多くなっていくのが当然で、骨格や筋肉量等にも個人差が有りますから、単純に重さだけで体型を判断することは出来ないのです。

健康よりも見た目重視の体重〈美容体重〉

健康は二の次で、より外見を細く美しく見せる体重の目安を『美容体重』と呼びます。美容体重は(身長m)2 × 20という式で計算出来ます。

この式に167cmという身長を当てはめると、1.67×1.67×20は55.77となり、身長167cmの女性の美容体重はおよそ56kgという事になります。

身長が167cmの方であれば50kg台半ばという体重でも、十分スリムで美しく見えるのです。

健康のためよりも外見優先でダイエットをしたいと考えているのなら、美容体重を1つの目安にしてダイエットを行うと良いでしょう。

美容体重よりも更に軽い〈モデル体重〉

美容体重より更に軽い体重の目安は、『モデル体重』と呼ばれます。

ファッションモデルは着る服のシルエットやイメージを邪魔しないような、とてもスリムな体型が求められるので、このような体重の目安が設けられています。

モデル体重は(身長m)2 × 18という式で計算出来ます。

身長が167cmの方なら1.67×1.67×18=50.2となります。つまり50kg程が身長167cmの方のモデル体重となります。

皆さんはこの50kgという数字にどのような印象を抱かれますか?

若い女性やリアルな女性の体重を知らない男性のあいだで、女性の体重は40kg台が理想的という価値観が蔓延している日本では、体重を減らす事にこだわるダイエットが主流になっています。

しかし人にはそれぞれ骨格や体格の差があり、体重だけを一括りにして体型を判断することは間違った方法なのです。同じ身長であったとしても、骨が太い人細い人、欧米型の円筒状の体型、日本人に多い扁平な体型などの違いがあります。

健康美を体現できるベスト体重は、とても個人差が大きいもの。身長167cmの人のモデル体重が50kgという事実がそれを物語っています。BMIが18.5未満なら、低体重の域に入ると言われます。つまりモデル体重はやせ過ぎに分類される、健康の為には望ましくない体重なのです。

しかし日本で活躍していて人気のあるファッションモデルや女優の方々は、そのほとんどがモデル体重さえも下回る低体重の方ばかりです。次の項では実際のモデル体重とはどのぐらいのものなのか、身長167cmの女性モデルや芸能人についてご紹介してまいりましょう。

体重に固執しすぎるのは危険?身長167cmのモデル体重とは

飯豊まりえ【167cm/43.2kg】

雑誌「Seventeen」の専属モデルでありながら、女優としても活躍している飯豊まりえさん。彼女の細さは誰もが認めるぐらいのスリムな体型の持ち主です。

飯豊さんの体重はなんと43.2kg。身長167cmのモデル体重よりも7kgも軽いと言う事になります。BMIは実に15.5を切る数値です。

しかしこれだけやせているにも関わらず、飯豊さんは厳しい食事制限や激しい運動などは行っていないと語っています。野菜を多めに食べたり夜は早めに寝るなどの生活習慣には気を配っているようですが、それは減量の為というよりも美しい肌や体調を保つために行っているものと思われます。

ダイエット経験が無いということは、生まれつき太りにくい体質なのでしょう。食べ過ぎたらその分だけ太るという一般的な体質の人が目指すべき体重や体型ではありません。減量のために無茶なダイエットを行えば、やせる以前に体調を崩してしまうかもしれません。

エリーローズ【167cm/推定45kg】

数々の雑誌やブランドでモデルをこなし、タレントやDJでも活躍しているエリーローズさん。彼女の体重は公表されていませんが、一番細いときで45kg程ではないかと推測されています。スリーサイズは82 -57-86 cmで、特にウエストの細さが際立っています。

身長167cmで体重が45kgですとBMIは16.1となりますので、低体重となりやせ過ぎの状態であると言えます。

体型維持はパーソナルトレーナーを付けて行っているトレーニングと、塩分を取り過ぎないように気を付けながら自炊をすることで管理しているようです。お酒や食べることが好きで、食べたいものは我慢せずに食べると語っているので、厳しい食事制限などはされていないようですね。

この事からエリーローズさんも元々太りづらい体質であると伺えます。健康を損なわずに低体重のままでいられるには、やはり体質の影響が大きいと言えるのでしょう。

篠田麻里子【167cm/推定50kg】

元AKB48で、現在はモデルや女優として活躍している「まりこ様」こと篠田麻里子さん。言わずと知れた長身とスリムな体型の持ち主で、アイドル出身という立場ながら女性からの人気も高いことで知られています。

篠田さんは体重を公表していませんが、おそらく50kgほどだろうといわれています。AKB48の中でもそのモデル並みのスタイルで、とても目立っていました。

体質的に太りにくいのかと思われる篠田さんですが、一時期ふっくらされているときもありました。それでも決して太っていた訳ではありませんが、その後本格的にダイエットに取り組まれたようです。

ただ、一般人の感覚から見れば少しふっくらしていた方が健康的に見えるという意見もあります。スリムな人ばかりの芸能界では、例え美容体重でも太めに見えてしまうというのですから、とても厳しい世界です。

鈴木ちなみ【167cm/49kg】

雑誌「with」のモデルとして、そして女優やタレントとしても活躍しているファッションモデルの鈴木ちなみさん。

彼女の体重は49kgと公表されていますので、BMIは17.6となります。癒し系の雰囲気がありますが、とてもスレンダーでモデルらしい体型の持ち主です。

鈴木さんは食事や睡眠、運動などに気を配り、体型維持に努めているようです。食事はフルーツや高カカオチョコレートなどを取り入れ、ジムなどで激しい運動をしている訳ではなく、ウォーキングやストレッチ、自宅で出来るトレーニングなどで鍛えていると話しています。

彼女の体型維持方法は厳しい減量というよりは、健康に気を使った生活だという印象を抱きました。しかし朝食や間食の内容を見る限り、やはり食べる量は少なめのようです。

ダイエットをするとき、まずは食事内容を見直す方は多いかと思いますが、極端な食事制限は必要なエネルギーまで摂れなくなってしまうため、おすすめ出来ません。

田中美保【167cm/?kg】

雑誌「Seventeen」や「non-no」のモデルとして人気を博し、結婚後も芸能活動を続けられている田中美保さん。長身でスレンダーな体型をしていますが、時折体重の変動で話題に上がることがありますね。

一時期は激太りしたとも言われていましたが、身長と体型のわりに丸顔で幼い顔立ちをしており、あごの骨格も細いので体重の変動が顔に現れやすいタイプに見えます。

細いときで47kg、現在は53kg程なのではないかと推測されています。元々がやせ過ぎていたのですから、そこから太ったと言っても十分細いと言える体型です。

10代の頃から人気モデルとして活躍し続ける田中さんですが、体重は比較的変動しやすいようです。ご主人がスポーツ選手なだけあって日々の食事には気を使っており、日常的にウォーキングなどの運動もしているようです。

有名モデルともなると、少しの体型や外見の変化もメディアに取り上げられてしまうので気を抜けませんね。一般の人がダイエットをする時でも、他人の意見を気にしすぎるとストレスが溜まってしまいますから、体型を見直すときにはまず自分自身がどうなりたいかを考えることが大切です。

hitomi【167cm/50.3kg】

歌手のhitomiさんは、その歌声や楽曲もさることながらモデル並みのスタイルが有名で、3人のお子さんを妊娠・出産したママであるにも関わらず、ほぼモデル体重と同等である50.3kgという体重を公表しています。

ご本人的には49kgまで減らしたいようですが、今のままでも十分な細さです。hitomiさんは現在40代ですが、20代の頃は46kgの時もあったようです。

年齢と共に代謝が落ち、体重も減りにくくなるのはごく自然な事。20代の頃は少し食事をセーブするだけで体重が落ちたと語っていらっしゃるので、元々やせやすい体質の持ち主なのでしょう。

ご本人は加齢による劣化は仕方ないと言っているようですが、女性は年齢と共にそれまでの若々しい魅力に固執するのではなく、徐々に落ち着いた大人の魅力にシフトチェンジしていく方が素敵な年齢の重ね方が出来ると思います。それは劣化ではなく、変化と呼べるもの。

いくつになったとしても、戻ってこない若さに嫉妬せず自分に自信を持ち、前を向いて輝いている女性は素敵に見えるものです。

藤田ニコル【167cm/47~48kg】

原宿系モデルとして人気を獲得し、タレントとしてテレビ番組でも活躍している藤田ニコルさん。彼女もまた、少し丸みのあるあどけない顔立ちとは裏腹に、とてもスレンダーなスタイルの持ち主です。

ハーフであるニコルさんは気を抜くと太ってしまう体質らしく、人気が出始めた頃は夕飯にもやしだけを食べるようなダイエットも行っていました。2016年時点での体重は47kgから48kgの間と答えていましたが、現在はその時から更に減っていると思われます。

女性の体脂肪率は20%未満でやせている域に入りますが、ニコルさんの体脂肪率はなんと驚異の9.6%。成人のやせている男性と同じ程度の体脂肪率です。

高校を卒業した頃からはさすがに健康を意識し、朝昼はきちんとと食べるようにしているようです。それにしてもストイックな生活をしており、見る側からすると心配になってしまうぐらいの細さを維持していますよね。

ご本人としては自分に合ったストレスの少ないダイエットを行っているらしいのですが、現在ダイエットをしていない人がそのまま真似をすることは出来ないような、厳しい内容になっています。安易に実践すると体調を崩すことに繋がりかねないので、気を付けましょう。

宮沢りえ【167cm/推定48kg】

モデルとしてデビューし、アイドルを経て今や女優としての地位を確固たるものとした宮沢りえさんは、拒食症に蝕まれた芸能人の1人です。現在は体重も戻っているようですが、それでも48kg程なのではないかと推測されています。

以前から兆候のあった拒食症が悪化した原因はストレスだと言われていますが、激やせしたそのときの体重は38kg程だったと言われています。身長が167cmが有るにも関わらず体重が38kgなら、BMIは13.6。命の危険もある程の低体重です。

幼いころから芸能界で活躍し話題となってきた宮沢さんは、10代の体型が変動しやすい時期にもやせていることを求められていました。精神的に不安定なところもあり、色々な要因が重なって拒食症になってしまったと言われています。

治療には長い年月を要したようで、相当な苦労をされたことと思われます。

イライラするとやけ食いをしてストレス太りをしてしまう方は多いですが、ストレスでやせてしまう方は体重の減少が命の危険に直結してしまう場合が有りますから、気を付けなければなりません。

山本美月【167cm/46.9kg】

モデルや女優として活躍している山本美月さんは、3食しっかりと食べないとやせていってしまう体質らしく、体重が46.9kgである事を公表しています。

やせ体質ではあるものの、モデルという職業ゆえに食事内容は野菜多めで炭水化物は少なめと気を使っており、定期的にジムで体幹を鍛える筋トレも行っているとのこと。体重は減らし過ぎないように意識しつつ、メリハリのある体作りに取り組んでいらっしゃるようです。

身長167cmで体重が46.9kgだと、BMIは16.8となりますから、やはりやせすぎと言えます。体質は簡単に変えられるものではないですが、もうちょっと増えた方がいいのではと思える数値です。本人もガリガリに見えるようにはならないように気を付けていらっしゃるみたいですね。

一般的な感覚からするとやせやすい体質は羨ましいとも思いますが、それはそれでまた別の苦労があるのですね。

 モデル体重のリスクについて

低体重が健康にもたらすリスク

モデルという仕事をしている女性たちは、仕事柄そのボディラインをキープするように求められます。しかし、体質的にやせにくい方は相応の苦労をされているようです。

しかしやせた体型を求められる反面、モデルや女優のやせすぎ人口の多さは、世界規模で問題化しています。

欧米ではやせすぎのモデルが、若い女性たちの低体重への憧れを促すような影響を与えるとして、BMIが18未満のモデルのファッションショーへの出演を禁止している国もあります。

日本でもほっそりとしたファッションモデルや女優は羨望の眼差しで見られており、一般の女性が健康を損なってまでモデル体重になりたがる傾向が問題視されています。

女性人気のあるモデルや女優の方々は3食しっかり食べるダイエットを推奨していますが、体質的にそれではやせられない女性はどうしても食事を減らしがちになってしまい、10代20代の女性たちの低体重化が著しく目立っています。

数字だけにこだわるのはNG!ボディバランスの黄金比とは

画面の構図や顔のパーツの配置などにおいて、最も美しく見えると言われる比率とされる黄金比。実は女性の身体にも黄金比が存在するのです。

女性のスリーサイズの黄金比は、バストが1とすると、ウエストは0.7、ヒップは1というバランスが美しく見えると言われています。理想のバストサイズは身長(㎝)×0.52~0.53という式で求めるので、身長が167cmの女性なら87cm~89cmぐらいが肉眼で見た時に美しいとされるサイズです。

このバストサイズを元に計算すると、身長167cmの女性の理想のスリーサイズは大体88-62-88という事になります。

ボディバランス計算】という体の各パーツの理想サイズを算出できる計算式もありますので、ダイエットを考えている方は一度そちらを調べてご覧いただき、自分の理想のサイズを確認してみて下さい。

ただ食事を減らして体重を落とすだけでは、見た目に美しい肉体は手に入りません。程よい凹凸と柔らかさのある身体こそが、女性の魅力を最大限に引き出せる理想的な身体なのです。

まとめ

身長167cmのモデル体重や、モデル体重が引き起こす問題などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

スタイルが重要視されるファッションモデルは、驚くほど体重が軽い方ばかりです。一般の女性が近づこうとするには、厳しい食事制限やハードな運動を行わなければならないような低体重を保っています。

しかし彼女たちは仕事だからこそスレンダーな体型を維持しているのであって、ファッションの広告塔という特別な存在だからこそのスタイルなのです。

普通体型の人が無理をしてモデル体重に近付こうとすれば、たちまち健康を損ない、元々持っている美しささえも損なってしまう可能性があります。体重の軽さに固執するよりも、自分にとって健康的な体型を理解する事こそが、綺麗になる第一歩だという事を忘れないで下さい。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category