21度の服装7選!ちょうど良い気温に合わせやすいアウターとは?可愛さ倍増コーデも

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 21度の服装7選!ちょうど良い気温に合わせやすいアウターとは?可愛さ倍増コーデも

気温21度は丁度良い気温で生活としてはとても快適に過ごしやすい気温と言えます。しかし、丁度良い気温となると今度は悩まされるのが服装です。

半そでを着るべきか、長袖を着るべきかという部分でも悩んでしまいますし、半袖Tシャツなどの場合だとシンプルすぎておしゃれには見えないのではないか……?などおしゃれさんとしては悩ましい季節でもありますね。

今回はそんな21度という快適な季節だからこそのコーデを紹介していくので、今日の服装どうしよう……なんて悩んだ日の参考にしてください。

シンプル過ぎないコーデだからお出かけにも◎気温21度の日におすすめの服装7選!

シャツ&デニム

カジュアルであり大人っぽい女性ならばこのシャツとデニムのコーデで問題ありません。シャツもシンプルな白のシャツだけでも問題ありませんし、ちょっとおしゃれに飾るのであればフリルつきのシャツでおしゃれにせめてみるのもありです。

デニムはもちろんダボっとしたものではなくスキニーなどの細身のデニムがよく合います。どこかカジュアルでありながらどこか大人な女性をイメージさせるコーデなので、オフィスコーデとしても最適なコーデになります。

足元はシンプルな黒のパンプスなどであわせてみると、大人な女らしい雰囲気が倍増します。

ボーダーシャツ&タイトスカート

こんな丁度良い気温の時にはタイトスカートが使えますね、タイトスカートにシンプルなシャツでも良いですが、そこはおしゃれさを狙ってボーダーシャツを選んでみましょう。

ボーダーシャツは年齢層を選ばずに人気があり、タイトスカートとあわせることで大人な雰囲気を出すことも出来ます。

タイトスカートもシンプルな茶色などの抑えた色を選ぶとおしゃれでありながらもどこか落ち着きのあるコーデとなるので、ボーダーだからと言って子供っぽくなりすぎないという点もポイントです。

また、このコーデだと足元はスニーカーでもショートブーツでも合わせることが出来るので、その点もメリットですね。

オフショルダー&ガウチョパンツ

今流行りのガウチョパンツとあわせるならオフショルダーがおすすめです。21度位の季節ならばどこか涼しげな雰囲気を出すのもありなので、7分丈のガウチョパンツにオフショルダーであれば涼しげな雰囲気という点では問題なしの素敵なコーデとなります。

またガウチョパンツでOLっぽさを出すこともでき、オフショルダーで遊び心が出せるので、どちらも良い具合にマッチしてバランスのとれたコーデとなります。

若い女性から大人な女性まで着こなすことが可能という点もこのコーデのメリットです。大人な女性は色気たっぷりに着こなして、若い女性はちょっと背伸びしたコーデで1日を楽しめます。

ロングTシャツ&キャップ

ロングTシャツは長袖となってしまうので多少暑く感じるかもしれませんが、そこはボトムスをショートパンツにしたりミニスカートにしたりしてボトムスで体感温度の調整をしましょう。

そして、そんなロングTシャツと合わせるならやはりボーイッシュにキャップが良いです。特に10代~20代に人気なコーデで、原宿などに多いファッションの代表格とも言えます。

キャップにプラスして伊達めがね何かをかけてみたり、リュックを背負ってみたりするとかなりおしゃれな雰囲気を出すことが出来ますね。

個性的なファッションをしたいのであればこんなファッションに挑戦してみてください。また、キャップやシャツで個性を出していくのもありです。

ワンピース

コーデに迷った時にはワンピース1枚という手もありです。21度程度の気温であればワンピース一枚でも十分寒さを感じないです。

ワンピースと一言で言っても沢山のデザインのワンピースがあるので、そこは自分のスタイルに合ったのを選ぶのも良いですし、もしくは新しいジャンルに挑戦するのも良いですね。

個性的なスタイルを狙うのであればロリータの様な可愛いピンク色のワンピースなどが良いですし、大人な女性を演出するなら黒のシンプルなワンピースが良いです。

ワンピースは重ね着することで他の季節でも着まわせるので重宝出来るアイテムです。

オフショルダーワンピース

上記でワンピースを紹介しましたが、ワンピースの中でも21度の気温の中で特におすすめしたいのがオフショルダーワンピースです。

オフショルダーは色気もたっぷりなので、大人な女性、もしくは大人に見せたい女性などにおすすめしたいアイテムです。

特に黒のオフショルダーワンピースなどはまさに大人の色気を出せるアイテムなので、気になる彼とデートの時などには彼をドキドキさせることが出来ます。

ちょっと肌寒さが気になる場合はニットのオフショルダーワンピースなどもあるので、ニットで防寒対策をするのも良いですね。ニットのオフショルダーワンピースも可愛らしさに色気まであるのでデートの時にオススメです。

スキニー&ショートブーツ

上記で紹介したシャツ&デニムのコーデでも紹介した様にスキニーデニムとショートブーツの組み合わせはかなり使えるコーデです。

スキニーデニムにショートブーツのコーデはかなり有能で、トップスがどんなものでも合わないということはほとんどありません。

トップスがニット系のものでも合いますし、上記で紹介した様にシャツでも合います。何でも合わせやすいというのがこのコーデのメリットです。

ただ、多少ラフな姿に見えてしまうのがネックですが、その部分をショートブーツでカバーできるのです。ショートブーツは黒のシンプルなものでも、ちょっとおしゃれなものを選んでおくのがポイントです。

ニット&ロングスカート

ニットとロングスカートの組み合わせは、女性らしい可憐さと少女らしい可愛らしさを両方合わせ持っている素敵なコーデです。

ニットは薄手のものであればストールとの組み合わせも楽しいですね。厚みがありすぎると汗ばむ印象に。プリーツ多めのスカートで涼しげな印象も忘れないようにしていきましょう。

軽いアウター使いでワンランク上のおしゃれを目指そう!気温21度でも使えるアウター

カーディガン

21度の気温だと多少暑い日も考えられるので、出来るだけ薄めのアウターが良いですが、そんな時にかなり使えるのがカーディガンです。

カーディガンは21度ではなく、もう少し暑い気温、もう少し寒い気温でも使えるかなり万能なアウターなので、1つでも持っていればどんな季節でも使いやすいです。

そして、カーディガンならもしも暑くて脱ぎたい時に首周りに巻いておくなんて使い方も出来るので、手荷物にもなりません。

そういった荷物にならないという点もカーディガンが万能な理由の1つでもありますね。シンプルなものならどんな服装にも合わせやすいので、シンプルなカラーのものを1つでも持っておいてください。

Gジャン

Gジャンは薄手ではないので、多少暑い日には暑く感じることもありますし、そうなってしまうと脱いで手荷物にもなってしまいそうですよね。

しかし、この季節のGジャンの着方はしっかり着る着方ではありません。あくまで羽織る様に肩からかける様な着方がおしゃれな着方なのです。

Gジャンを肩から羽織る形の着方は今流行りの着こなし方ですし、それをするだけでおしゃれ度がアップするので、この着方をしっかりと覚えておいてくださいね!

そしてその着こなし方だとどんな服装にも合いやすくなるのです。本来がっちりと着るはずのGジャンでも着崩すことでフェミニンな雰囲気を出せるのです。

ミリタリージャケット

厚手なのでちょっと不向きに感じますが実はミリタリージャケットは可愛さを倍増させるアウターの1つです。

ただし21度という気温の中でミリタリージャケットをしっかり上まで閉めるなんて着方はしないでくださいね。前は開けた上で、中をタンクトップやショートパンツなどの薄着にしておけば体感温度のバランスはとれます。

ミリタリージャケットという厚手でかっこいいイメージの中にそんな薄着で可愛く色気を出すというコーデは男心をしっかりとつかむことが出来るので、可愛らしい女性をアピールしたい場合にはこんなコーデはかなりおすすめです。

デニムジャケット

春の21度であれば、フレア系スカートやペールカラー系のロングトップスなどでふんわりとした印象に。秋の21度であれば、デニール厚めの黒タイツやチェック柄のワンポイントアイテムなどと合わせて少し大人っぽい印象になります。

キレイめコーデもデニムで丁度いいカジュアル感になってくれて使いやすいですよ。

アウターとの組み合わせで可愛さ倍増?アウターを使ったコーデ

Gジャン×ワンピース

着崩すことでフェミニンに見せることの出来るGジャンとワンピースの組み合わせはフェミニンな雰囲気を倍増させる最強コーデです。

一見ミスマッチに見える組み合わせですが、ハットに花柄のワンピース、そこにGジャンを肩掛けで着る組み合わせが女性らしさを強く印象づけます。

Gジャンなんてかっこいい女性が着るものだと思っているかもしれませんが、それは間違いです。そんな組み合わせをすることで、可愛い女性の着るものに変身するのです。

レディースジャージ×ガウチョパンツ

実は今レディースジャージがひっそりと人気を高めています。でもレディースジャージなんてラフに見えてしまいそうですよね。

しかし、レディースジャージとガウチョパンツを組み合わせることでかなりおしゃれに着こなすことが出来るのです。

レディースジャージの中のインナーは白などのシンプルなもので良いです。更にハットなどをかぶるとかなりおしゃれ上級者なコーデとなります。

ミリタリージャケット×ロングスカート

女性の可愛さを倍増させるアイテム、ミリタリージャケット、そんなミリタリージャケットと合うのがロングスカートです。

上記で紹介した様にミリタリージャケットの中は女性らしい服装でジャケットとインナーとの差をつけるのがポイントです。

ロングスカートという女性らしいスカートと、かっこいいミリタリージャケットの組み合わせはまさしく狙い目のコーデと言えます。

ただ、ミリタリージャケットは暑く感じてしまうこともあるのでインナーは出来るだけ薄いものにしてください。

春と秋では異なる?季節別着こなしコーデ

アイテムを使って遊びごころを

アイテムの変化による季節のメリハリを楽しみましょう。春であればお花やフリルなどの明るくガーリーなデザインのものを。秋であればレザーアイテムやフリンジ系でシックな遊び心を取り入れて。もしくは早めのファーアイテムなどもおすすめです。

色の変化で季節感を出そう

春と秋ではカラーのイメージも変わりますよね。同じファッションでも色次第でイメージが大きく変わります。春はやっぱり白やピンク、そしてペールカラーやパステルカラーを楽しみつつ、パッキリとしたビビットカラーも差し色におすすめ。

秋はワインカラーやモスグリーンなどの暗めのカラーバリエーションを楽しみましょう。秋は春とは逆にホワイトが良い差し色になります。

夜の気温差の違いを意識しよう

春の日中21度は暖かいですが、最高気温が21度となると夜は意外と冷え込みます。アウターが1枚足りなくて震えてしまうことがないようにしていきましょう。

そして実は秋の日の21度は夜になってもあまり気温が下がりづらく、家に帰るくらいの時間では日中とアウターが変わらないことも。

同じ日中最高気温21度でも、春はアウターを多めに、秋は軽めにしておくのが違いの付け所です。また、自分に似合うファッションをお探しの女性には電話占いのサービスがおすすめです!あなたにピッタリの服装選びのために、プロの占い師の声を活用しましょう。

21度の日に服装で気を付ける事とは?

服装指数とは?

日々の服装を決めるために役立つ1つの目安として、服装指数というものがあります。服装指数とは日本気象協会が毎日公表している、その日の気温に合わせた服装の目安です。どのぐらいの暖かさの服が適しているのか、羽織り物は必要かどうかなど、9段階の指数で教えてくれます。

服装指数は10~90という10刻みの数字で表され、その数字が小さくなればなるほど厚手の暖かい服が必要ということになります。服装指数は各地の天気予報のように都道府県ごとに設定されているので、調べる時は自分がいる場所の服装指数を確認しましょう。

服装指数は天気予報の週間予報に合わせて1週間先までの服装の目安を知ることができます。ですから週末や休みの日に服装指数を見ながら1週間のコーディネートを組めば、毎日の仕度の時間も大幅に短縮することができますよ。

気温21度の服装指数は大体60~70、トップスは薄手で羽織るものがあれば朝晩の冷え込みにも対応できるという数値です。

最高気温が21度の場合

最高気温が21度の日は、最低気温が15度ぐらいになる時もあります。季節で言えば春先や秋も深まってきた頃です。気温が低い時の冷え込みに対応できるよう、長袖のカットソーにカーディガンやジャケットなどのアウターを重ねるぐらいが過ごしやすい服装です。

この気温の日におすすめなのはジャケットにパンツを合わせたりワンピースにGジャンを合わせたコーディネートです。冷え性の女性じゃなくても朝晩は冷える気温なので、もし昼間は暖かそうでも少し厚手のカーディガンぐらいのアウターは持っていた方が安心です。

また季節的に気温差が大きくなりやすいので、風が強く体感温度が低くなりそうな日は薄手のストールを1枚用意しておいてもいいでしょう。

最低気温が21度の場合

最低気温が21度の場合は最高気温は25度程度となり、日や時間帯によっては少し汗ばむぐらいの陽気になります。季節で言うと夏の兆しを感じる初夏や残暑が終わる頃です。

この気温の頃は、アウターは必要ないか薄手の物で、トップスは薄手のカットソーやコットンシャツ、オフショルの長袖や七分袖トップスなどが快適に過ごせる服装です。

おすすめのコーディネートは薄手のスキッパーシャツにデニムを合わせたコーデや、オフショルトップスにガウチョパンツを合わせたコーデ。ワンピース1枚でも過ごしやすい気温です。

足元はまだサンダルでは心許ないので、薄手のソックスやストッキングにパンプスを合わせるぐらいのコーデがおすすめです。

天気が雨の場合

特に最高気温が21度の日の雨は、気温以上に冷え込みを感じることが多いです。できるだけ汗をかかないように吸水性の高い肌着を着用しつつ、アウターはサテンやポリエステルのような水を通さないようなものを選びましょう。

また春先の雨では最高気温と最低気温の差が大きいことが予想されますので、日中が21度だとしても夜の冷え込みのためにコートを着用することもおすすめします。薄手のトップスの上にコートを着用しつつ、コートの1枚中に追加で着られる薄手のアウターを持ち歩けば安心です。

まとめ

21度という快適な気温だからこそ、着てみたいおしゃれなコーデは沢山あります。その中でどのコーデにするか悩んでしまうというのも贅沢な悩みでもありますが、様々なコーデを参考にこの季節のおしゃれを楽しんでください。

今回紹介したコーデは基本的にはどんな女性でもしやすいコーデなので、難しく考える必要はありません。おしゃれの基本はまず挑戦してみることですよ!

またファッションに自分のラッキーカラーを取り入れたいなどの要望があるのでしたら、ぜひプロの占い師のアドバイスに耳を傾けてみましょう。デートでのおすすめファッションや、恋愛運をアップさせてくれるファッションなども教えてもらえるのでとってもおすすめですよ……!

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category