気温22度の服装13選!大人の女性向けのおすすめファッションコーデ

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 気温22度の服装13選!大人の女性向けのおすすめファッションコーデ

今回は気温が22度の時の服装を紹介していきます。気温22度というと暖かく快適な気温と言えますが、暖かいからと言って半袖Tシャツ1枚などになってしまうと夜の冷え込みに対応できなくなってしまいます。

そんな風に昼の暖かさ、夜の冷え込みにも左右されてしまうので、そのあたりにも応用の効くコーデを知っておくとかなり便利です。今回はそんな応用の利きやすいコーデなども紹介していくので、天気予報などで気温が22度という時の参考にしてください。

今後の服選びに役立てよう。気温から見る過ごしやすい服装の目安

気温15度以下

気温15度以下は季節で言えば冬と言える気温です。アウターはモコモコしたものや厚手のものを着ても外にいれば暑すぎてしまうなんてこともなく、ニットやダウンなどを用意するにも十分な時期です。

それ以上気温が低くなり、10度以下になってくると冬本番と言える時期です。もうその季節にはボトムスからインナー、アウターまで全てにおいて防寒対策をしておいた方が良い時期になってきます。

靴もただのブーツよりもムートンブーツなどにした方が良いですし、アクセサリーなどもニット帽などの防寒対策を含めたコーデをした方が良いレベルの寒さです。

気温16度~20度

16度~20度あたりになるとアウターなどで重ね着がしやすく、コーデを楽しむには1番楽しめる様な気温で、季節で言えば春や秋などの季節なので、インナーからアウター、足から頭まで存分に様々なコーデを楽しめる時期ですね。

この時期にはアウターを着たとしてもアウターの前をしっかりと上まで閉めるなんてこともしなくて良いので、インナーのTシャツのデザインなどでも十分個性を出すことも出来るので、個性的なファッションが好きな方も楽しめます。

また、逆にデニムにシャツだけというラフなスタイルでも肌寒さを感じないので、そんなスタイルも出来る季節です。

気温21度~25度

この時期は半端な時期でもあり、日差しが出ている日中は半袖Tシャツでもさほど寒さを感じませんが、曇っている日や夜になると半袖Tシャツでは肌寒く感じます。

こういう半端な気温の時期には様々なコーデを楽しみたい方も頭を悩ませてしまう時期です。こんな時期には脱いでも邪魔にならない、荷物としてもかさばらない様な薄手のアウターなどを準備しておきましょう。

トップスとボトムスでバランスをとったりと服装を決めるにしても頭を使って体感温度のバランスをとっていかなければなりません。過ごしやすくはあるものの、自由に服が着れない季節でもあり、難しい時期です。

気温26度以上

気温26度以上はもちろん夏です。この時期には重ね着はもちろん必要ありませんし、日差しの強い日であれば半袖シャツ1枚だけでも十分です。

夜は冷え込みもありますが、我慢できなくもない寒さです。気温や天気によっては長袖シャツでも過ごせる気温です。

この頃には足元でも遊びやすくなり、パンプスやヒールなども活躍します。ただ、どうしても薄着の服装がメインとなってしまうので、可愛いコーデから大人なコーデまで選ぶことは出来るものの、着る服が限られてしまうという点がデメリットです。

薄いアウターなら重ね着できないこともないですが、実際に着るというよりも腰巻にしたりとコーデのアクセントとなることの方が多いです。

最低気温22度と最高気温22度は全然違う!

22度と一言で言ってもそれが最高気温なのか最低気温なのかでファッションのポイントは全く変わってきます。最低気温22度は、初夏や秋の始まりにも充分にありえる数字。日中は25度を越えて夏日になることも珍しくなく、日差し次第では汗ばむ気温になることもザラでしょう。

ですが最高気温22度だとどうでしょうか。日中の最も暖かい時間帯で22度なのですから、少し日が傾くとすぐに20度を下回っても全くおかしくありません。アウターが欠かせないのはもちろんのこと、それがニット素材のものを用意して然るべき肌寒さです。

もちろん本格的なニットやコートなどを用意するのには早計ではありますが、重ね着前提になります。もしも長いシャツやインナーを1枚で着るとしても、肌着やストールなどはマストになるでしょう。

22度のファッションを考える時には、それが最高気温か最低気温かを必ずチェックしなくてはいけません。

ファッションにおいて自信のない人は、実は自分自身についてコンプレックスを抱いていたり悩みを抱えていたりする場合があります。

そんなときは「電話占い」で、自分の胸の内を相談してみませんか?

人には言えない隠れた悩みも、実績豊富な占い師に相談することで、解決するかもしれませんよ。

気温22度の服装選びのポイント

最高気温22度の場合

最高気温22度というのは、春頃だと4月下旬頃から5月中旬頃、秋なら10月中旬頃が目安です。気温の差が激しく安定しない時期でもあるため、服装に困るのもこの時期。

ただ、半袖にはまだ早いので、長袖のトップスでOK。ニットやトレーナーなどは暑苦しいので、薄いカットソーやシャツがおすすめです。

寒がりさんは、羽織りものや薄いアウターがあると安心ですが、脱ぎ着が楽なものをチョイスしましょう。

最低気温22度の場合

秋口に多い「最低気温22度」ですが、昼間と夜の寒暖差が激しいのが特徴です。朝の肌寒さから温かい服装をチョイスしていても、昼間には日差しが照り付けて汗ばむような気温になったり……。

このような時期は、脱ぎ着が簡単で服装の調節がしやすいものがおすすめです。例えば、コットンや麻などのオールシーズンに対応してくれる素材を選ぶ。

アウターは少々圧手でも、中に着るトップスは軽めのものを選ぶなど。その日の気温に合わせて工夫する必要があります。

長袖?それとも半袖?

気温22度では、半袖か長袖か迷う日も多いかと思います。どうすれば良いかを結論から言いますと、「その日の最低気温と最高気温によって左右される」ということです。

最高気温が22度の場合は、半袖だと少々肌寒いので長袖を選び、最低気温が22度の日なら、半袖に羽織物やアウターを用意しておくなど。

また、ストールを1枚羽織るだけで女度もグンとアップします。ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか?

快適だからこそ悩みやすい問題も解消?気温22度の日におすすめの服装9選!

オフショルダー×ワイドパンツ

22度という気温の中では昼間は暑く感じる時もあるので、涼しさは取り入れておきたいところです。

そんな時にはオフショルダーはかなり涼しく感じられるアイテムで、今女性からの支持も強いアイテムですし、重ね着をすれば他の季節にも着ることが出来るのでもっておいて損はありません。

そして、そんなオフショルダーとあわせたいのがワイドパンツです。似たものではガウチョパンツでも良いのですが、トップスで肩を出しているので、ボトムスでは軽くありながらも出来れば露出を控えておきたいところですよね。そんな時にはワイドパンツが軽く、あわせやすいのです。

Tシャツ×7分丈パンツ

ラフな雰囲気、そしてオフィスコーデとしても使えるのがTシャツと7分丈パンツの組み合わせです。Tシャツはシンプルなもの、7分丈パンツもシンプルな白や黒などのものだと特にオフィスコーデとして使うことが出来るコーデとなります。

もちろんTシャツで個性を出すことも出来ますが、基本的にシンプルなコーデとなるので、あまりにも派手すぎてしまうとミスマッチなコーデになります。

どちらかというと大人女性向けコーデなので、暑い日の仕事でも少しでも綺麗に可愛く見せたいというOLの方などは是非参考にしてください。また、Tシャツではなく、シャツを合わることで更に大人の女性の雰囲気が強くなります。

パーカー×ショートパンツ

特に若い女性、原宿系ファッションが好きな女性に人気な定番コーデがこちらのパーカーショートパンツです。22度の気温の中でパーカーは暑いので、パーカーの下は薄手のものにしておきます。

また、ボトムスがショートパンツなので、上と下で体感温度のバランスもとれます。このコーデのパーカーは出来るだけ大きなサイズを選ぶのがキーポイントです。

パーカーを大きなサイズにすれば可愛い女性に見せることが出来ます。ただ、幼い印象になってしまうので、大人な雰囲気を出したい女性には不向きなコーデとなります。ただ、この様なコーデに挑戦してみるのもありですね!

ノースリーブ×カーディガン

22度が平均気温だとすれば日中の最高気温は夏に近い暑さを感じる日もあります。そうなるとノースリーブを着ていてもおかしくない程の体感温度になります。

しかしノースリーブ1枚ではさすがに夜の冷え込みに対応できないので、薄手のカーディガンを羽織っておくのがベストです。

薄手のカーディガンであれば脱いだり着たりも面倒ではありませんし、脱いだ時には腰に巻いたり、首元に巻いたりとアクセントとしても使えます。

ノースリーブにカーディガンもシンプルなものであれば黒のパンツとあわせてオフィスコーデとしても使えるので、どの年齢層の女性でも似合います。

シャツ×ロングスカート

22度の気温であればシャツ1枚でも良い程ですが、シャツとタイトパンツなどを合わせてしまうとシンプルなオフィスコーデとなりますが、そこで、一工夫加えるのであればシャツにロングスカートを合わせてみてください。

その場合、シャツはシンプルなものではなくフリル付のシャツもありです。シャツとロングスカートは意外に組み合わせの相性がいいのです。

シャツで大人の女性を演出し、ロングスカートで可愛いさを演出することができ、丁度良い組み合わせなのです。涼しさも感じられますし、爽やかなコーデとして覚えておきたいコーデです。

クロップドTシャツ×ロング丈プリーツスカート

プリーツスカートというとどうしても可愛すぎるイメージがありますが、そんなことはありません。

ロング丈のプリーツスカートにタイトなクロップドTシャツをあわせると可愛らしい女性どころか、上品でエレガントなコーデとなるので、年齢などを気にせずプリーツスカートを楽しめます。

半そでオールインワン

暑くもあり涼しくもある季節にぴったりなのが半そでオールインワンです。オールインワンとは上下が1つになっている服のことで、ワンピースやサロペットとはまた違い、薄手のものが多くOLなどの間で人気のアイテムです。

パンツスタイルとなっているので寒い日でも大丈夫ですし、全体的に薄手の生地になっているものが多いので、暑い日でも安心です。

デニムパンツ×無地シャツ×派手アクセ

デニム素材は元々作業着として作られたルーツがあるくらいですから、機能性と通気性はお墨付き。最低気温22度なら吸水性を、最高気温22度なら防寒性を発揮してくれます。どのような気候でも使いやすいデニムに合わせるのは、いたってシンプルな無地Tシャツ。

そこに派手目な存在感の強いアクセサリーで遊び心を冒険させてみましょう。できればジャラジャラしたものではなく、大きなペンダントトップが付いているワンアイテムがおすすめ。シャツのカラーをモノトーンにすればおしゃれ初心者でも問題ナシ。

むしろペンダントを派手目にするのでシャツのカラーは地味目なものの方が視線がバラけずに済みます。首元を華奢に纏めるのであれば、ピアスを大きなお花やジュエリー系にするなどでメリハリを付けて。派手目ピアスを付ける時にはノーネックレスという選択肢も大アリ。

ニット×デニムスカート

ニットとデニムスカートも、とても相性の良いコーデです。気温22度の日は、比較的穏やかで過ごしやすい気温ですが、まだまだ肌寒さが残る時期でもあります。そんなとき、デニムスカートにニットを合わせることで、残冬~春の間の温かなコーデへと仕上げることができるのです。

この時期のニットには、カラーにも注意が必要です。平均気温が22度の場合、そこまで寒いというわけではありませんから、ニットのカラーは淡い色味のものをおすすめします。

気温22度の日にブラックやダークブラウン、鮮やかな赤のニットを着ると、色味の重さが増して「暑そう」な印象になってしまいます。

淡いピンクやライトグリーンのようなパステルカラーだと、色で涼しさを演出することができるので、淡い色味のものを選ぶと良いでしょう。

気温22度のファッションコーデ【春】

テーラードジャケット+薄手のトップス、フレアスカート

年上の彼とのデートにぴったりなきれいめコーデ。テーラードジャケット1枚羽織るだけで、ファッションが一気に引き締まります。

タイトスカートでカチッとさせるのも悪くはありませんが、春なのであえてフレアスカートに。そよ風にふんわり揺れるシルエットで、彼をドキッとさせてしまいましょう。

花柄のロングワンピース+レギンス

春は花柄が映える季節。ヘビーローテーションしてしまいましょう。気温的には、ふくらはぎが少し見えるほどのロング丈がおすすめです。

レギンスをプラスして、下半身を保温すると共に、1枚で決まるワンピースにおしゃれ感をプラスしましょう。

ロングカーディガン+7分袖Tシャツ、スキニーデニム

アラサーになってくると、お尻のラインも気になるところ。それをカバーしてくれるのがロングカーディガンです。1枚持っているとコーディネートに変化を加えることができ、非常に便利。

シルエットがゆるいので、ボトムはスキニージーンズで引き締めて女性らしさを活かしましょう。インナーを半袖と長袖を迷ったら、7分袖がおすすめです。

気温22度のファッションコーデ【秋】

ジップアップパーカー+ぴったりTシャツ+ワイドパンツ

カジュアルかつ楽チンコーデ。疲れにくいファッションは、女友達とのお出かけや買い物、街ブラにぴったりです。

パーカーがダボつかないように、インナーはタイトめに。パーカーのジッパーを少し下ろし、インナーの存在感を活かすのがポイントです。

ワイドパンツは黒、茶、ネイビーなどの寒色系をチョイスすると引き締まった印象に。

スウェット素材の長袖トップス+マキシ丈スカート

「スウェット」と聞くと部屋着のようなイメージしかないかもしれませんが、着心地の良さとバリエーションの豊かさから、小さな子どもを持つママたちにも人気です。

トップスをラフにした分、マキシ丈スカートを合わせておしゃれ上級者風に着こなしましょう。

オータムカラーのカーディガン+ブラウス+チェック柄クロップドパンツ

古い外国映画の学生風コーデ。ボーイッシュに決めたい時におすすめです。ポイントは、カーディガンをオータムカラーにすること。

ブラウンやオレンジ、ボルドーなど。秋らしさを全面に活かしましょう。チェック柄のクロップドパンツは、オータムカラーと相性抜群です。

暑くても寒くても大丈夫!デート中に応用の効くコーデ術

オフショルダー×カーディガン

オフショルダーは色気を出せるアイテムなので、デートには使いやすいです。肌寒い場合にはカーディガンを合わせてみましょう。オフショルのカラーは肌色と馴染むベージュやホワイト系で、カディガンはパッキリとしたブルーや紫で細身効果を。

カーディガンは上品な雰囲気を出せるのでオフショルダーの色気も隠すことが出来ますし、逆にカーディガンを脱いだ時のオフショルダーの色気が際立ち、男性の心をつかむにはかなり使える組み合わせです。

ノースリーブ×ネルシャツ

ノースリーブもオフショルダーと同様腕を出すことで色気を出すことが出来ますが、やはり腕が出ている分肌寒さも感じてしまいます。

そこで使えるのがネルシャツ、ネルシャツはかっこいいイメージもあるので、ノースリーブにネルシャツという組み合わせでかっこいい女性を演出することが出来ます。ネルシャツは細いラインのボーダーでマニッシュさをアップ。ノースリーブはグレーやブラックなど暗い色でイイ女感!

こちらも上記と同様でネルシャツを脱いだ時に男性をドキっとさせることが出来るというのもポイントです。さらにネルシャツは腰に巻いたりしてアクセントにも出来るというメリットがあるので、使いやすいです。

シャツ×ノースリーブジャケット

大人な女性を演出するなら長袖シャツ、ノースリーブジャケットとあわせるコーデはいかがですか?長袖シャツに黒のタイトパンツというそれだけだと大人なイメージになりすぎてしまいます。

でも、ノースリーブジャケットを着ることで大人カジュアルな雰囲気になるので、特にロマンチックなデートの場合にはこのコーデは使いやすく大人な夜の雰囲気にもマッチします。

誰でも挑戦しやすいカラーは、ホワイトかこよなく薄めのグレーのシャツに、ブラックのノースリーブジャケット。つばの広いハットと合わせてウッド系かゴールド系のアクセサリーを付ければ、誰でも「こなれた感」が出ます。

革製品のアイテムも合いますので、フリンジアイテムで女性らしさも足して。

デニムジャケット×ロング丈シャツ

デニムジャケットとロング丈のシャツを合わせることで、爽やかな大人の女性コーデへと変身することができます。デニムジャケットが薄めの生地の場合には、ふちがフリル状になっているような、女性らしいものを。

もしもデニムジャケットの生地が厚めで色味の強いものの場合には、あえてブラウンやブラックなどを合わせてもシックな印象にまとまります。

アイテムを取り入れてワンランク上の女性に

アイテム1:帽子

帽子は、普段の印象をガラッと変えてくれるアイテムです。帽子にもさまざまな種類がありますが、気温に左右されずに取り入れることができるので、その日のファッションに合わせたものを選びましょう。

帽子を取り入れるときのポイントとして、帽子は、靴やバッグなど小さいながらもインパクトのある小物と同じ色味のものを選ぶと、よりファッションを上手にまとめることができます。

アイテム2:時計

時計は、上品で落ち着いたファッションをイメージするときに取り入れたいアイテムです。ベルト部分の細いものを選ぶと、女性らしい華奢な手首を引き立ててくれます。手首にアイテムを取り入れると、お洒落度がかなり上がるので、初心者さんにもおすすめのアイテムです。

アイテム3:ネックレス

シャツや無地のトップスを着る場合、ネックレスはとても効果のあるお洒落アイテムとなります。トップスに少し物足りなさを感じる場合には、ロングネックレスを合わせると良いでしょう。

シンプルなものからカラフルなものまで、その日の全体コーデを締めるポイントとして取り入れてみましょう。

もしも自分のコーデに自信がない、自分のセンスに自信がないという人は「電話占い」がおすすめです。

占い師さんに相談することで、自分への自信のつけ方がわかるかもしれません。

まとめ

気温22度と一言で言っても最低気温や最高気温によって服装は変わってしまいます。つまりは気温22度はそれだけコーデを考えるのに難しい気温なのです。

だからこそ応用の利くコーデを知っておかなければ、いざ冷え込んでしまったり、天気が悪くなったりした時に対応することが出来なくなってしまいます。

今回は応用の利くコーデなども紹介したので、特に最低気温と最高気温の差が激しくなってしまいそうな日などには参考にしてください。1日中デートする日は、上記のコーデは覚えておきたいところですよね。

オススメPR

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category