【四緑木星】2018年の運勢は?性格・ラッキーカラー・適職の傾向もご紹介!

今年の運勢やいろんな種類の占いなどは男女構わず大人気だといっても過言ではないんですが、実は生まれた生年月日だけでなく「星」に関しても今年の運勢を予測することができるという点、ご存知でしたか?その中でも今回は、四緑木星タイプの方々にお伝えしたい特有の性格から今年のいろんな運勢、そして自分に似合う職業はどんなものがあるのかまでご紹介したいと思います。

四緑木星の性格が知りたい!

四緑木星の人はどんな性格?

四緑木星の人々は概して爽やかで透明感あふれる癒しな感じの人が多く、風と似ているという話をよく聞きますが、普段、平和主義者であり優しい心の持ち主で、他の人のことについて心から共感してくれるのが得意でもあります。それだけでなく、他人と対立したり、口論することを嫌うので、様々な人々の中でも自然にうち溶け込むことができ、自分自身のことは後回しにしてまで他人を配慮しながら愛するタイプで、家族だけでなく、友達まで大切にする人だからこそ同じく、周辺から多く愛されるタイプです。また、好奇心が旺盛でいろんなことを自分で解決していくことができる力も持っていますが、行動力もありながら豊富な才能を持っている人も多いです。しかし、あまりにも他人の都合のみ合わせようとする傾向があり、自分自身の気分や事情、あるいは本人がしたいことは後回しにしてしまう場合があり、それだけでなく、思ったより優柔不断な面があってこのような面では注意が必要なタイプの人たちです。基本的には人が好きで、他人に信頼されるスタイルなんですが、このような性質を利用しようとする人々が現れれうかも知れないので、普段周りに気を使う必要があり、他人を配慮するのも良いですが、まず自分自身を先に思う心構えを持つことが重要です。

四緑木星の気をつけるべき注意点は?

四緑木星の人々は、基本的に明るく活発な魅力の所有者なので人が好きなのはもちろんのこと、本人も同様に男女問わず多くの人に愛されるタイプなんですが、でも少々せっかちで優柔不断な面があり、周辺に少し迷惑をかける場合があります。それだけでなく、落ち着きが欠けている様子をよく見せながら人を侮ってしまう傾向が表面に現れる場合があり、マインドコントロールが苦手な人であれば、逆に誤解される状況がやってくる可能性があります。しかし、このような点を直して結束力を身に付けるようになると、互いが互いを信頼できるようになり、良いパートナーシップを発揮することができます。ここでも注意点といえば、あまりにも楽観的な性格の人が多いので誠意のない人に見えてしまう可能性がありますので、適切に目標と計画を立てることが重要であり、その計画通りに行動する必要があります。

そんな2018の運勢はどうなの?

2018年の金運・仕事運は?

四緑木星は2018年の仕事の面で、今年は大きな変化が起こる年であるでけに、職場環境に大きな波乱が起こる可能性がある運を持っているんですが、会社の方針が完全に変わるとか、あるいは自分が属していた部署の切り替えによる人事異動に慣れていない業務や人々との人間関係の問題で非常に悩むようになる時期でもあるので、このような時期の転職や独立はお勧めできません。普段転職を考えておられた方は、少なくとも今年は今通っている会社、あるいはしていることを継続的にした方が良いのですが、もし業務的な問題によるストレスが継続積もったとしても、この時期を乗り越えたら高い評価を得ることはもちろんであり、本人の地位を上昇させることができるきっかけを作ることもできます。だけでなく、今年の金運は、良さや悪さの幅が非常に大きい時期であるため、その分、収入のアップダウンも安定ではなくなる可能性が大きいのですが、特に四苦八苦している人であれば、ここで完全に前途が詰まって油断できなくなる時期でもあります。かといってあちこちお金を借りたり借金を作ることは良くないので注意する必要があり、今後2、3年の金運は、思ったより低調する予定ですので、最大限節約し貯金しておくことをお勧めします。ですがこのような時期を乗り越えた後は、再び上昇する予定ですので、企業を運営していた方であれば、黒字を見ることになる可能性が大きく、普段、自己開発に力を入れてきた人であれば、昇進できるチャンスを得ることができます。

2018年の恋愛運は?

四緑木星にとって今年の恋愛運は、これまでの流れとは異なり、大きく変化する一年になる予定なんですが、現在の交際中のカップルであれば、両方の間を確実にできる時期でもあります。普段、結婚するかしないかについて、長い間悩んでいたカップルだとすれば、この機会に結婚するか、別れるか確実に決着をつけることが重要なんですが、そこで結婚を選択した場合両家の両親と顔合わせをする時間を持ったり、結婚式場を選ぶなどの具体的な動きが必要になります。まだとくに計画はしていないが、結婚したいと思っている方ならば、異性との出会いに積極的に乗り出すことが重要であり、このとき、友人や家族を通じた紹介されることも期待できるようになります。また、真剣な出会いではなく、これ以上の関係の発展に意志がない恋人であれば、すぐに別れて新たなスタートをするチャンスでもあるので、、新しい幸せのために一歩進むことができる最高のタイミングを見逃してはならない時期です。

2018年の健康運は?

四緑木星にとって2018年の健康運は変化の波長が大きいほど、普段、体力に自信があった人々も、精神的な面と体力的な面で不調に悩まされる場合が生じるのですが、そうなると今年は自分の体力をあまりにも過信せず、体の状態がよくない場合はたまには休憩も取りながら、それ以上悪化しないように予防することが何よりも重要です。思いもよらなかった事故が起きるようになる場合が多い今年は、体だけでなく、精神的にも負担を感じるようになりますが、特に職場での人間関係や家族との予測できなかったトラブルで、とても憂鬱な気分を感じてしまう恐れがあります。このような時には、憂鬱な気分を抑圧するより一緒にいると楽しい人とのユニークな体験に挑戦してみたり、新しい趣味を探してみる、あるいは単にゲームセンターにアクセスして、ストレスを発散して癒しを与えてあげるように努力することを大事です。

そんな今年のラッキーカラーは?

今年のラッキーカラーは「白」と「黄色」

このような四緑木星の基本的なカラーは、元々青々と生い茂る美しい緑を象徴する青と緑なんですが、今年は八白的象意を強く受ける年であるため、その意味を込めて白と黄色がラッキーカラーに選ばれました。黄色は精神神経を刺激し、脳の動きをもっと活発で鮮明にしてくれるので周りに集中できるようにしてくれる色であり、気の巡りが滞り易いこの時期に気の流れを促す作用があるので、特に今年のラッキーの意味として最適な色でもあります。それと同じく、白は汚れを浄化するという意味を持っているので、金運や健康運で良くない気運が感じられる一年であるだけに、この白に、そのオーラを少し吹き払うことができます。白や黄色は、特定のアイテムでなくても白いTシャツや黄色の靴、あるいは帽子など、日常生活に登場するアイテムで多く見られる色であるため、あえて別に購入しなくても、普段、体に付けながら悪災を流し出すことができます。

適職の傾向はどうかな?

四緑木星の人に似合う職業はなに?

四緑木星の方は、基本的に風の性質を持っていてじっとしているのではなく、あちこち動いて歩き回るのが好きな人が多いのですが、このようなタイプの人は、ただ単に風のように歩き回るだけでなく、風を呼び起こすことも専売特許の一つです。四緑木星は仕事的な面でかなりの努力家であり、どのようなこともきちんと解決する能力を持っており、何をしても上手にしていくスタイルです。特に、他の人と協力して働くことが好きな性格なので、一人で働くよりは、多くの人と関連されて一緒に働くことを好む傾向がありますが、協調性はもちろんであり、社交性も非常に良いので、他の人とコミュニケーションをする営業職や、普段、旅行が好きな人が多いので、旅行や観光と関連する会社に就職するのもお勧めします。それだけでなく、人との取引が重要視される貿易や人と人との間のブリッジを置く仲介業ともよく似合うタイプですので、普段こういうことに興味があった方は、必ず今年内に挑戦してみることをお勧めします。

今後の対策は?

来年の2019年は、2018年に続いて、さらに運気が下がるのみであるだけに、思ったより良くない成果に不満を抱くようになる可能性もありますが、こういう時だからこそ、結果を認めてそのまま受け入れる心構えが大切です。異性関係においても三角関係のような恋人関係を清算する必要がある事態が起きやすい年であるため、現在の恋人と結婚したいと思うなら、2018年の今年に確実に決めておくことをお勧めします。2019年は今年よりさらに本人に不利なことが起こりやすい一年ですので、可能な限り他の人と競合することを避けるようにすることが最善だといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は自由な風だといわれている四緑木星の基本性格からはじめ、今年の仕事な運気や結婚を決めるに丁度いい恋愛運、そして健康の話や悪い運を吹き飛ばせるラッキーカラー、四緑木星に向いている職業まで紹介しました。どんな年にも良い運があれば悪い運もありますが、特に今年だからこそやっておくべきの事もだくさんありますので、2018年がやってくる前に今年の目標を決めて着々と進めていきましょう。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -