【六白金星】2018年の運勢は?性格・ラッキーカラー・適職の傾向もご紹介!

今年の運勢やいろんな種類の占いなどは男女構わず人気がありますよね!実は生まれた生年月日だけでなく「星」に関しても今年の運勢を予測することができるという点、ご存知でしたか?

その中でも今回は、六白金星タイプの方々にお伝えしたい特有の性格から今年のいろんな運勢、そして自分に似合う職業はどんなものがあるのかまでご紹介したいと思います。

六白金星の性格が知りたい!

六白金星の人はどんなタイプ?

六白金星の人々は概して磨けば磨くほど光る原石のようなタイプだとよく言いますが、普段、周囲の人々の顔色を見たり、自分の意見と違うとしてもそれに合わせて行動するのが不便な真面目で几帳面な性格の所有者が多いです。

周辺の雰囲気を把握し、対応する能力が不足していることはもちろんであり、弁舌が良くない方に属するため、周りの人に理解してもらえない場合もしばしば生じるのですが、それだけでなく、お世辞の言葉をすることも薄っぺらな性格なので、人間関係でトラブルを起こす可能性があります。

しかし、先見の明があるタイプで、自分がこれだと思ったことであれば、周辺の人がいくら反対しても、ストレートに行くスタイルであり、そのような姿に周囲の人々は、あなたの才能とカリスマ性を見て驚かれることでしょう。

それだけでなく、非常に努力するタイプでそれほど成果を達成する確率も高いのですが、でも本人が決めた目標自体が高いため、成果が良いといっても、本人は達成感をあまり感じないかもしれません。

もし、上記のいくつかの欠点だけ直すならば、他の人と協力してより良い結果を出すことができるタイプですので、普段の自分がこのような性格だった方は、直さなければならない点を参考にして、さらに素敵な人になってみましょう。

六白金星の気をつけるべき注意点は?

六白金星の人は、基本的に脳明晰で、自分自身に率直な人が多いのですが、そのためにお世辞でも本当に思っていない言葉は相手にも言わないですし、愛嬌を演ずることもとても苦手な人が多いです。

ですが、社会で生きていきながら時には本音と建前というものが必要なんですが、もしお世辞をいえないというなら、その時に相手の良さや魅力的な部分、あるいは尊敬している部分を見つけるように努力すれば、お世辞ではなく、心から本気で相手を褒めるようになります。

それだけでなく、愛嬌を演ずることも苦手だと思っている方は、可能な限り心の扉を開いて、本気で相手と接するなら自然に愛嬌をふることができるようなります。

しかし、率直なタイプ意外に別のタイプがもう一つありますが、六白金星の人々の中では短気ですぐ甘えてしまう人もいますが、このような人々はむしろ自分に来たチャンスを逃してしまう場合があります。

チャンスは自分が作り出すものではなく、他人から得られるものなので、普段、人間関係を大切にしながら、自分の大胆さと言動を注意することをお勧めします。

そんな2018年の運勢は?

2018年の全体運勢は?

六白金星にとって、今年は酷い試練を乗り越えて成果が光を放つ時期が来るのを待っている年でもありますが、自分の仕事が思ったより進展がなく、全体的に低迷したような雰囲気が漂う一年でもあります。

それだけではなく、本人の気力と体力はもちろんのこと、精神的なエネルギーも枯渇して本来の力を発揮できなくなる状態なんですが、このような理由から、焦りと不安のくびきから逃れようとしても、事態は改善できず、むしろ最初の時より状況がさらに悪化している傾向があります。

そのため、今年は積極的な行動は可能な限り避けた方が良く、静かに自分の将来のために成果を積み重ねていく方法が最善です。

このように運が悪いのに対し、意外にも光を放つのが、思考力なんですが、頭の回転が優れたタイプなので、自分が身につけた知識を吸収する速度が速く、幸運期備えて知識と教養を身に付けておくこのもいいです。

それだけでなく、他の人との交流を活性化させ、良い人脈を作っておけば、将来にも必ず役立つので、弁舌と基礎知識は着々と積み重ねておくことが重要です。

2018年の金運・仕事運は?

六白金星にとって、今年は自分が努力したことがそれに相応しい結果を得るというのは難しいともいえますが、だからといってイライラして無理に動かそうとしたら、むしろ事態が悪化する可能性が大きいです。

今年は活躍するために努力するよりも無理な行動を避けて、基礎からしっかり学んでいくことが重要なのですが、一応は可能な限り目立たないように、今現在の状態を維持することが重要です。

金運も今年の運が低迷のせいで期待できるほどの収入を望むことはできないのですが、平均的に一定の収入だからといって計画なしにむやみに消費する場合は後半になって困難な状況が訪れる可能性があり、貯金ができない状況まで来る場合がありますので、特に注意が必要です。

それだけでなく、健康面でも不安定で、病気やけがによる医療費の増加が予想されるんですが、なれるようになるだろうという愚かな考えは捨てて、今からでも着実に貯金していく必要があり、人との付き合いの範囲も広くなるため、コストの部分でも見栄をせずに割り勘することをお勧めします。

2018年の恋愛運は?

六白金星にとって、今年は全体的に運が良くないといっても過言ではないんですが、それにもかかわらず恋愛運では、交際範囲が広くなり、異性との恋愛もとても豪華です。

特に今まで恋人がなかった人にはチャンスになる年でもありますが、多くの人が集まる場所、またはイベントなどに積極的に参加したり、知人からの紹介で良い縁を作っていくこともできます。

特に、今年から始める恋愛の特徴は、最初の出会いから深い関係に発展しやすく、いつでも危険な恋に落ちる危険が潜んでいます。

例えば、恋人関係として出会い始めたが、結婚につながらなかったか、スキャンダルに巻き込まれて苦労するようになる場合もあるので、甘い誘惑や外観に惑わされないように、相手の人柄と事情状況と靭性についてできるだけ早く把握して両親や信頼できる友人などに紹介した方がいいです。

だからといってあまりにも緊張して結婚に対するドアを閉める極端な選択はせずに、リラックスして開放的な恋愛を楽しんでください。

2018年の健康運は?

六白金星にとって、今年の健康運は人知れず悩みや困難を抱いていて、ストレスが蓄積されやすいので、十分な休息と健康管理が必要な時期なんですが、若い気力だけで克服しようとせず、慎重に自分の健康状態に関心を持って管理することが何よりも重要です。

また、疲れやすい体質だとすれば、この機会に果敢に休憩をとることも必要ですが、もし休憩を取るべき時期に無理をすると、持病や怪我に繋がる可能性がありますので、気をつけた方がいいです。

もし少しでも体が少しでも不便だったり不安な場合は、病院に行って健康診断を受けてみてください、念のため自分の恋人や家族も一緒に疾患の検診を受けておくことをお勧めします。

大きくなるかもしれないことを事前に予防する方法でもあるので、最近体調が良くなかった方は、ぜひ余裕のある時間に病院に訪れてみることをお勧めします。

今年のラッキーアイテムはなに?

六白金星のラッキーカラーは「白」

六白金星の縁が深いソウルカラーは基本的に白なんですが、空に君臨する太陽と火が最高温度に達したときに見られる色は白ですので、そのような理由のために、白は六白金星を意味する場合もあります。

特に、2018年には幸運を呼び寄せる白が六白金星のラッキーカラーなんですが、白は金運を上げてくれるので、お金との関連が深い財布を白に変えてみることをお勧めします。

それだけでなく、白は純粋さを意味する色でもあり、悪いオーラを浄化させてくれるというので今年一年を楽しく過ごしたい方々は白のアイテムを持って行ってみてはいかがでしょう?

六白金星にお似合いの職業はなに?

素直な六白金星に似合う適職

六白金星の人々は概してリーダーや経営者タイプが多いのですが、ひたむきな姿勢と表情と少し毒舌家な面がある姿が大物の象徴ともいえます。六白金星の人々は正義感と公平性を持っている人が多く、トップの座に立った時にも素養の責任を果たし、周囲の人々を協同させることができる力を持っています。

そのためか、社会に貢献しながら、リーダーとしても活躍できる企業や法律関係、あるいは計画性あり、着実に管理できる金融関係の仕事も非常に似合います。

それだけでなく、自尊心が高く、あっさりした面があり、教師のように誰かを教えることも適性に合っているんですが、あまりにも個人プレイを楽しむタイプですので周囲の人とぶつかってしまう可能性が大きいです。そのため、本人自らがこのような点を直そうとし、周囲の人々との円満な関係を継続する必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今まで六白金星の基本的な性格と、今年の様々な運勢、そして幸運をもたらすラッキーカラーから、このような六白金星によく似合う職業までご紹介いたしました。

リーダーになれるタイプが多い星であるほど、自分の主張もはっきりしていて偽りなく素直な性格なのがこの星の魅力でもあります。自分の信念が確固とした姿が非常に魅力的なんですが、時には周りの人に共感して話を聞きながらお互い協力する姿勢も非常に大事です。

それだけでなく、今年は恋愛の年だといっても過言ではないので、まだソロだという方ならば、合コンや友達からの紹介など、様々な出会いを通じて人生の伴侶を見つけてみるのも良いと思います!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -