この不倫って別れるべき?後悔しない選択で新たな道を開こう。5つの悩み解消法も

Clover(クローバー) > 恋愛 > この不倫って別れるべき?後悔しない選択で新たな道を開こう。5つの悩み解消法も

もしもあなたが不倫をしているなら、別れるべきかの悩みというのは誰にも相談できないものでしょう。きっと辛い思いをされているのではないでしょうか。

今、あなたがその立場にあって悩んでいるならば、後悔しない選択で新しい道を切り開いていくことをおすすめします。

幸せが逃げていく?別れるべき不倫カップルの特徴3選!

1. 否定的で非難を繰り返す

心に不安があると、人はどうしても否定的になりがちです。特に不倫カップルはいつバレるのか、いつ別れがくるのかと精神的に不安定になっていることが多いですね。

そんなときに、相手を非難してしまうことも多くなりがちです。どちらか(または両方)が、否定的な考えを持っていて、非難を繰り返すと当然口論が耐えません。

この口論は、相手が何か悪いことをしたというものではなく、とにかく相手の性格が気に入らないだとか、なんであなたはいつもという修正しづらいことを何度も繰り返し非難しつづけるのが特徴です。

こんな事ばかり続けている二人なら、続けていくうちにだんだんと距離が離れていき、悲劇的な最後を迎えてしまうでしょう。

2.振り返ると悪い思い出ばかり

自分たちの今までのおつきあいを振り返ってみてください。どんなことを思い出すでしょうか。いつも二人は笑っている。思い出すだけでも幸せになる思い出なら二人のお付き合いまだ続けても大丈夫。

もし、思い出すことが辛いことばかりで、自分が泣いているシーンばかりだったら・・・。残念ながら、このお付き合いは間違いでしょう。

今までもそうであったなら、今後もそんな思い出しか残らない可能性が高いですね。不倫カップルに関わらず、長く続くお付き合いは楽しい思い出をたくさんもっています。

そんな良い思い出を胸に抱いているからこそ、辛いことにも耐えていけるのです。そんな楽しい思い出を思い出せないお付き合いは、続けるうちにどんどん辛くなってくるでしょう。

3.お互いに自分のことばかり

喧嘩をしたとき、相手はどのような反応をしますか?また、あなたは不倫相手から屈辱を受けたときにどのような対応をするでしょうか。

自己弁護ばかり繰り返していませんか?自分のことしか考えられない人同士がお付き合いを続けていても、どちらかが楽しくなくなるのは目に見えています。

または、お互いにカリカリして、良い関係でいられなくなってしまうのです。うまくいかない不倫カップルは、お互いの心の中に問題を抱えているのです。

新たな幸せへと歩むために。上手に別れる9つのポイント+α

1.夜に会わない

本当に別れたいと思うなら、別れ話を夜にするのはおすすめしません。別れ話をしたあとに、彼から最後にもう一度会いたい、などと言われたら、昼間の明るい時間帯に会うこと。

夜に別れ話をすると、家に帰るのが淋しくなったり、なあなあにホテルでセックスしてしまったりと、別れ話が上手く行かないことが多いのです。

昼間に時間を区切って会って、日が暮れる前には彼と別れることです。夜は友達と約束をしておいたり、どこかに出掛ける予定を立てておいたりして、「別れ話が終わったら◎◎をしよう」と言う小さな楽しみをもっておくのも効果的です。

別れてしまった、と落ち込んでしまうと、短期間で復縁をしたくなる危険性が高まってしまうのです。

2.徐々に会う頻度を下げていく

不倫恋愛で四六時中連絡を取り合っているカップルは少ないものです。メールや電話など、証拠の残りやすく気付かれやすい連絡手段は、あまり取らないことが多いですよね。

つまり、不倫恋愛でいちばん重たい時間はふたりきりで会っている時間です。このデートの頻度を下げることによって、相手への気持ちをおさめることが出来ます。

会わない時間が増えれば、自分自身で使える時間が増えますよね。趣味に打ち込んでも、仕事を頑張ってもいいですし、お見合いや結活パーティーなどに出掛けてみるのもいい方法です。

彼と会わない時間を有効活用出来るようになると、気持ちが覚めていくだけでなく、未練を残してしまう危険を減らすことができるのです。

3.気持ちがない相手にはしっかり告げる

不倫には結婚と言うゴールはありません。稀に、離婚して結婚する……なんてこともありますが、家庭の事情もあるからそう上手く行くものではありません。

だからこそ、相手に気持ちが無くなったらすっぱり切ってしまう必要があるのです。不倫相手となあなあに長く付き合っていても、得るものはありません。

優柔不断に長くつきあっていることで、新しい恋愛のチャンスを逃すことにもなりかねないから、気持ちが無くなった時点で相手に言ってしまうのがおすすめです。

「別れたくなった」「もう好きではない」と口に出して言ってしまうことで、お互いの関係に一度きちんと線を引くことができるため、ずるずる別れ話が長引いてしまう恐れがなくなります。

4.今以上に幸せになると相手に宣言する

別れようと決めたら、「淋しさ」は自分の中にしまっておきましょう。淋しげな様子は相手にとってつけ込まれる隙になります。隙を見せてしまうと、不倫がずるずる長引いてしまう危険もあるのです。別れ際にきっぱりと「いま以上に幸せになる」と宣言してしまうのも効果的です。

自分にとって、彼はもう要らない、もっと上の幸せがあるということを理解する必要があります。声に出すと自分自身でも意識がポジティブな方向に向いていきます。

また、あなた自身から現実を突きつけられることで、彼の目が覚める効果もあるのです。また会いましょう、のように言ってしまうのはNG。自分にはもう未練はない、先を考えているのだ、と言う態度を見せるのが大切ですよ。

5.友達の関係になる

不倫としての関係は解消したいけれど、彼を人間として好きな場合は「友達としてのおつきあい」にシフトしていくことも出来ます。これにはまず、絶対に身体の関係を絶つことが必要です。

なあなあにセックスしてしまうと、友達として考えていても周囲にバレれば完全な不倫です。「友達だ」と周囲に話すことができるような関係にもっていかなければなりません。

別れてしばらくは、ふたりきりで会うのを避けるのもよいでしょう。いい雰囲気になったら、あなた自身が「今日は帰りましょう」と切り上げるのも大切です。

共通の友人がいない場合は、彼の奥さんに「◯◯さんと出掛ける」と話してもらうなど、不倫関係に戻らないための工夫をする必要があるのです。

6.男友達と仲良くする

世の中の男性は、不倫相手だけではありません。男友達がいる場合には、不倫相手ではなく男友達と遊びにいったりして、視野を広げるのも効果的な方法です。

なるべくたくさんの男友達と会うようにすると、感情が分散されるので不倫相手への気持ちを小さくすることが出来ます。また、さまざまなタイプの男性とふれあうことで、不倫相手の悪い部分などを見つめることができ未練をおさめることも出来るのです。

もちろん、男友達と恋愛に発展するのもいいですが、簡単にセックスしたりはしないこと。別れの穴を埋めようとする関係では、上手く付き合っていくことは出来ません。あくまでも友達として過ごして、恋愛に発展するかを考えるのがおすすめです。

7.少しずつフェードアウトする

急に連絡を断ったり、全く会わなくなったりすると逆に未練が募ってしまう場合もあります。「やっぱり別れなければ良かった……」なんて後悔することの無いように、まず彼のいない生活に慣れることも効果的です。

たまにデートを断ってみたり、自分から会いたいと誘う頻度を減らしたり、彼が本当に必要かどうかを考える期間を置くのです。

彼にはそれを告げず、こっそり自分だけで考えてみるのがポイントです。彼がふだん通りに過ごしている中で、冷却期間を置いてみると言うこと。

彼と会わないあいだは、趣味を楽しんだり仕事に打ち込んだり、彼といるときには出来なかったことをしてみましょう。案外、長く会わないでいると気持ちがさっぱりすることも多いものですよ。

8.きっぱりと連絡を絶つ

一度別れると決めたら、連絡はもうしないこと。職場などにおける不倫では、不可抗力で顔を合わせたり、嫌でも彼と連絡を取り合わなければならないときもあります。

そう言うときは、私用の携帯電話と仕事用の携帯電話を2台持ちにするなどして対応することも必要です。とにかく、相手のプライベートに踏み込むような連絡はきっぱりやめることが大切です。

軽い気持ちで連絡を取り続けていると、相手に「まだチャンスがあるかも」と思わせてしまう可能性もあるのです。

それに、よほどひどい別れ方をしない限り、恋愛には未練がつきものです。「やっぱりまだ好きかも」なんて思ってしまうと、ふたたび不倫をはじめてしまうことにもなりかねないのです。

9.夜逃げ同然でいなくなる

上手に別れられない、いつも別れ際はずるずるしてしまう……と言う人におすすめなのは、夜逃げ同然で別れてしまう方法です。また、彼の気持ちが重く、別れ話を切り出し辛いと言う人も、下手に刺激してしまうよりは姿をくらましてしまうのも効果的なのです。

別れようと決めても彼に別れ話は出さず、いつものようにデートをしたり、連絡を取ったりしながら、逃げ出す準備をしましょう。

自宅を知られている場合は、引っ越してしまうのも重要です。逃げ出すと決めたら、携帯電話の番号を変更し、引っ越しをして、下準備を整えておきます。場合によっては職場も変える必要があるため、費用や負担も大きくはなりますが、その後の人生を考えたら安いものです。

10.「離婚する」は信じない

不倫している男性が、相手の女性を留めておくために言うセリフで多いのが「妻のことはもう愛していない。」「家庭は冷え切っていて別居状態。」「離婚するからもう少し待って。」というあなたを期待させる言葉の数々です。

しかし、男性の「離婚する」という言葉は、本当に離婚調停をしていない限り信じてはいけません。

離婚すると言いながらも何カ月もあなたのことを待たせる、なにかと理由を付けて離婚しないままあなたとの関係を続けている場合、その男性はあなたに離れてほしくないがために嘘を言っている可能性が非常に高いです。

そんな男性の言葉に踊らされていてはあなたの時間がもったいないだけです。信じたい場合は期限を決めて、それでも離婚しようとしない場合は潔くお別れしましょう。

不倫恋愛に幸せなゴールはない?不倫相手と決別するメリット

結婚というゴールのある恋愛ができる

不倫カップルの中でも相手が離婚して結婚できた人もいます。しかし、ほとんどの不倫カップルが結婚というゴール無しで、ずっと同じお付き合いを続けていきます。

すでに結婚している相手にとっては、ただの遊びです。あなたに対して何も責任を持とうというつもりはないのです。

でも、その不倫関係をやめたなら、もっと恋愛に対して責任感がある普通の恋愛ができるのです。それだけでなく、幸せな結婚というゴールが待っている恋愛ができるのです。

不倫カップルでも、その人が好き。忘れられない。と信じ込んでいることもあるでしょう。でも、もっと幸せな未来をあなたの中で描くことができませんか?

あなたがいて、とても好きな人が隣にいて、幸せに微笑んでいる。そして、二人の子供ができて、成長して、孫に囲まれて幸せな老後を・・・。不倫関係を続けていなければそんな未来を夢見ることも可能なのです。

不倫には別れしかない早く別れた方が良い!

不倫にはゴールがありません。今別れたとしても、10年後に別れたとしても、それは同じ別れでしかありません。不倫関係を精算するメリットは、まだやり直せる、早いうちに出直すことができるということです。

不倫からの略奪愛!でもまた浮気した彼…

不倫相手を略奪愛。これで幸せが手に入ったと思っていても、不倫する男性はあなたと結婚してもまた別の不倫相手を探すのではないでしょうか。

もし、彼がもう不倫しないとしても、あなたの中に「もしかしたら浮気するかも」という気持ちが残ってはいませんか?

不倫からの略奪愛を経験した人の多くが、自分がしたことを別の女がしているかもしれない。夫を取られるかもしれないという疑心暗鬼に苛まれています。

他の人のものを取ったら、同じように自分に悪いことが巡ってくるものです。不倫関係は精算して、誰にも邪魔されないような恋愛をしませんか?

未来のあなたが疑心暗鬼にとらわれないように、早いうちに不倫と決別することをおすすめします。

後悔しない選択とは?5つの悩み解消法

1. あえて別れ話はしない

不倫とはいえ、好きな相手と決別するのは辛いものです。そんなときははっきり白黒つけなくてもいいじゃないですか。

後悔しないように、あえて別れ話をせずに少しずつ距離を置くようにしましょう。そのときの相手の対応を見れば、今後自分がどのような態度をとって、どうするのが幸せになれるのかわかってくるでしょう。

無視したり、いきなり音信不通になると相手も驚いてあなたを追いかけます。でも、少しずつ距離を取られたら、もしかしたら自分は何か悪いことをしたのか?

彼女はもう不倫関係がいやになったんじゃないのかという考える時間を彼に与えることになります。彼がそう気づいてくれれば十分です。もし、彼がこれ以上あなたにしてあげられることはない、それではせめてあなたの幸せを祈って身を引こうと思うのではないでしょうか。

本当にあなたのことが一番好きなのであれば、しっかり離婚して身の回りをキレイにしてから再びあなたの前に現れることでしょう。あなたが少しずつ距離を置くことで、彼の本心を見ることもできるのです。

2.別れたいなら自分で動くこと

既婚者との不倫関係を持ってしまう女性は、どちらかというと受け身の人が多いそうです。あなたは、そんなタイプの女性ではありませんか?

もし、あなたがそんな受け身の態度をずっと取ってきたのであれば、不倫関係を終わらせる時くらいは自分から動きましょう。不倫相手の男性は、奥さんにバレたときでもなければあなたを手放すことはしないでしょう。別れたいときはあなたが動くしかないのです。

3.不倫の終わりは無かったことと考える

ここまでは、別れるときのお話をしましたが、最後は別れたあとどのような選択をするべきかというお話をしましょう。不倫は良いことではありません。どちらかと言えば、誰にも言えない悪いことです。周りの人みんなを不幸にしてしまうのです。

そんな不倫をやめることが出来たなら、不倫をしていた過去ごとすべて、無かったことにしましょう。思い出すなどもっての他。不倫の彼のことも、二人の思い出も、全て思い出さないようにして、自分の道を歩き出しましょう。不倫関係を懐かしく思い出すなんてナンセンスです。

4.どうしても誰かに相談したいとき

不倫に悩みはつきもの。ひとりでは抱えきれない程悩んでしまうことも少なくないはずです。そんなとき、相談相手は絶対に間違えてはいけません。

相手と共通の知人や友人、同僚とつながる可能性のある人には何があっても打ち明けてはいけません。不倫の事実が明るみに出ると責められるのは紛れもないあなたです。

信頼できる人でも、他人の不幸は蜜の味。どこから情報が洩れるかわからないので、仲の良い友人や家族であっても不倫を知られるのは得策ではありません。

どうしても相談したい場合は、本当に信頼できる人1人を厳選してください。それが難しい場合は、バーで初めて会った初対面の人や、ネットで匿名で相談するなど、今後一切関わることがない人に聞いてもらいましょう。

自分がしていることは普通の恋愛ではない、後ろめたいことであるという自覚を持つようにしましょう。

5.転職し、心機一転する

不倫をしている場合、相手も同じ職場で働いていることが多いのではないでしょうか?上司だから別れられない、別れると働きにくくなるといった理由で別れられないと考えているのであれば、もっと視野を広くもってみましょう。

あなたが働くのはその職場でないといけない理由はどれだけありますか?

不倫がばれると十中八九会社は退職しなければなりませんし、最悪の場合は友人をなくしたり、同僚から白い目で見られたり、慰謝料を払ったり……あなたにとって良くないことが次々と降りかかってきます。不倫をやめたいと思っているのなら、バレる前に転職しましょう。

環境を変えることで忙しくなり、不倫相手の事を考える暇もなくなります。再就職活動や、新しくやりたいことを探すことに夢中になる中で、寂しさも紛れます。

まとめ

不倫をやめるべきか悩んでいるなら、その選択肢は「別れる」しかないでしょう。せっかく不倫から抜け出せるきっかけが出来たのです。

不倫がやめられなくて悩んでいる人がたくさんいます。あなたが不倫をやめるべきか悩んでいるということは、やめる手段があるということではありませんか?

ご紹介した上手に別れる方法をぜひ試してみてください。あなたの人生はあなた自身で切り開いていくものです。ゴールのない不倫関係を終わらせようという気持ちが少しでもある今がそのチャンスです。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category