不倫をすると後悔する!本当は怖い不倫の実情を徹底解剖!バレずに二股する方法とは?

いけないことと知りつつ、既婚者と恋愛してしまっている不倫経験者。不倫をしている人は、いつバレるだろうかと毎日ドキドキしながら生活をしているのではないでしょうか。中には背徳感や罪悪感に苛まれる日々を送っているでしょう。

そもそも、バレない不倫の方法なんてあるのでしょうか?不倫がバレる行動や不倫をやめるためのノウハウを見ていきましょう。

不倫はこうしてバレる!

いつもと違う行動でバレる!

あなたが不倫をしているのであれば、不倫をしているからそれを隠そうとして普段しないような行動をとったりしていませんか?

例えば、いつもは会社の飲み会などなくまっすぐ帰ることが多かったのに、遊んで帰ることが多くなったり、休日は昼すぎまで寝ていてそのあとも自宅でビデオ鑑賞などしていたのに、休みの日も朝早くから出かけて夜まで帰らなかったり。

女性なら、化粧が変わった、服装の趣味が変わったなどでもバレてしまいます。それだけでなく、やけに機嫌が良かったり、その逆に機嫌が悪くいつも怒るようになってしまったり。

周りの人から言われてバレる!

不倫で怖いのが、全く関係ない知人のなにげない一言です。「○○町(普段の生活では行きそうもない町の名前)で旦那さんを見た」「この間、旦那さんが女性と歩いていたよ」などなど。

そんなことをわざわざ何で言うんだろうかと思うような人が、不倫の現場を目撃したことをタレコミしてくるのです。

自分とは関係性が希薄なので、見られていたことにも気づかないのですね。でも、相手は不倫現場を目撃したなんて面白い話、誰かにしたくて仕方ないのです。

まさかの不倫相手の奥さんがバラしてくる

不倫相手の奥さんがすでに夫の不倫に気づいて黙っていた場合、旦那の不倫相手のあなたを陥れようとして、あなたの周りの人にあなたが不倫をしていることをバラしてくることもあるのです。

夫に不倫されている妻のことをサレ妻と言いますが、サレ妻は不倫相手のあなたに対して非常に深い憎しみを持っています。そのため、復習内容も恐ろしいものばかりです……。

不倫相手であるあなたの社会的信用を落とすために、家のドアの前に貼り紙をされたり、会社の上司に匿名で電話をしてあなたが会社に居づらくするなどの個人攻撃をしてくることもあります。

さらに、ネット上に名前や写真・不倫内容をばらまくなんていうことも。不倫相手の奥さんにバレていることを知らないのですから、突然ばらされて困惑することになるでしょう。

精神的に攻撃するために、何回も無言電話で攻撃してきたり、カミソリの入った手紙を送りつけてくる場合もあります。

さらには、例えばあなたが何かの先生や講師だった場合、ママ友ネットワークを利用してその仕事を続けられないようにしてしまう、なんていうことも。

証拠写真を掴まれてバレる!

これも主に、不倫相手の奥さんが夫の不倫について薄々勘付いている場合に起こり得ることです。不倫相手の奥さんが探偵を雇い、自分の夫とあなたとの不倫現場の証拠(写真やメール、監視カメラの映像など)を掴んで不倫が明るみになります。

こうなるともう、証拠もバッチリそろっているので言い逃れのしようがありません。この証拠はプロによって掴まれたものですから、後々、慰謝料の請求などをされた場合に確実に不利になってしまいます。

バレたら破滅!?恐ろしい不倫の実情

1.多額の慰謝料を請求された

相手のパートナーに多額の慰謝料を請求されるというのは、不倫経験者からはよく聞く話です。また一般的にも、不倫のリスクとしては何よりも先に思い当たることなのではないでしょうか。

当然のことながら不貞行為にあたりますので、もしあなたが不倫をしてしまいそれが明るみに出た場合は、不倫相手のパートナーにはあなたと不倫相手に慰謝料を請求できる権利があります。

また、もしも配偶者がいる場合はそちらからも慰謝料を請求されることになります。

公的書類で結んだ約束に反する行為なのですから、謝って済むことではありませんよね。また「謝ったら慰謝料を減額してもらえるかも」というのは甘い考え。それまでの貯金額ではまかなうことができないほどの負債を背負うことにもなりかねません。

2.職を失った

不貞行為が原因で、それまで就いていた職を失う可能性だってあります。不倫相手のパートナーや配偶者から勤め先に申し立てがあり、事実上のクビ宣告を受けてしまった・・・というパターンも少なくはありません。

このご時世です。再就職が決して簡単ではないことは想像に難くありませんよね。

専門職であったり強いコネクションを持っている場合はその限りではないのでしょうが、それでも職を失った時は必ず次に向けての求職期間を設けなくてはいけません。そこでも膨大な労力、そしてお金と時間を遣うことになるでしょう。

一時の気の迷いから、いとも簡単に路頭に迷う可能性だってあるのです。そして、そのような状況になってからいくら後悔をしたとしても時間や状況が元に戻ることは絶対にありません。

3.社会的に生きづらくなった

一度でも貼られてしまったレッテルは簡単に払拭できるものではありませんよね。場合によってはそのレッテルを一生背負って行かなければならず、後悔しか残らない結果になることだってあるでしょう。

不倫をしたことによって社会人として培ってきた信用を、さらには生まれてから地道に培ってきた人間としての信用を失うことにもなりかねません。

信用や信頼はそれまでのその人の生き方そのものであり、生涯をかけて築き上げてきた立派な財産です。お金で買い戻すなんてできるはずがありませんよね。

不倫相手という存在は、それほどのものを全て失ってまで手に入れるべきなのでしょうか?もしあなたが今迷っているのなら、その点を踏まえてよく考え直してみてはいかがでしょうか。

4.不倫相手の妻との泥沼修羅場になってしまう

不倫相手の妻の怒り・恨みは相当なものです。怒りの矛先は、もちろん不倫相手であるあなただけではなく夫にも向けられるべきですが、どうしても女性として不倫相手であるあなたへの憎しみが大きくなってしまう場合が多いのです。

その場合、不倫相手の妻との泥沼修羅場は避けられません。電話口や面と向かって、あなたの人間性を否定するような罵りに合う可能性も。

こういった修羅場ではたいてい不倫相手はあなたの味方をしてくれず、ただオロオロするだけなので、ひたすらあなたが不倫相手の妻に罵られて精神的に苦痛を味わうことになります。

さらに共通の知り合いがいた場合は、あなたの悪事を広められてそのコミュニティーに居づらくなる場合もあります。自分で蒔いた種・自業自得と言えども、今まで培ってきた人間関係やコミュニティーが崩れてしまうのはとても辛いものです。

それを犠牲にしてまで不倫相手と関係を続けたいのか、冷静に考えるべきでしょう。

バレずに不倫をするコツ3選!

1.携帯の2台持ち

浮気がバレやすいアイテムとして、携帯やスマホがあります。不倫をはじめると、連絡手段として使うようになるので、そこから足がつきやすいのです。

読んだだけでバレてしまうような愛のメッセージはもとより、何気ないやりとりでも妻の勘というのは恐ろしく働くのです。

携帯やスマホにロックをかけることもできますが、ロックがかかっていたら外したくなるものです。ロックでは安心できません。

一番安全なのが携帯の2台持ちです。1台は自宅には置かずに会社などに置いておき、それを不倫連絡用にすれば家で携帯を見ることもなく疑われず、もし、携帯を見られたとしても普段持ちの方には何もあやしいやりとりはありません。
最近は月に数千円の格安スマホなどもありますね。これで不倫がバレないなら安いものではないでしょうか。

2.奥さんの活動範囲内では絶対に遊ばない!

誰にもバレないような場所で遊んでいても、誰が見ているかわかりません。本当に不倫をバラしたくないなら、絶対に奥さんが居そうな場所で遊んではいけません。

それでも、奥さんの友人に見られている可能性はあります。こちらは知らなくても、奥さんの友人なら結婚式に出席したりしてあなたの顔を知っているでしょう。

自分は知らないのに相手には誰だかバレているのが一番怖いですね。誰かに見られる場所では不倫相手と接近しすぎないよう注意することも大切です。

3.浮気相手を家に呼んではいけない

元セクシービームアイドルが、旦那の留守中不倫相手を家に呼んでバレたという事件がありましたね。自宅で不倫など、ドキドキするシチュエーションではありますが、誘われても絶対に断りましょう。

穏便に不倫をやめるために

1.妊娠のリスクを伝える

不倫はもう嫌。やめたいと思った時、相手がごねる場合もありますね。そんな時は、無理に別れようとせずに、相手にも「不倫はやめたい」と思わせましょう。

妊娠をしたらどうするのか二人で話し合ってみるのです。あなたには酷な言い方ですが、ほとんどの場合、不倫をする男性は遊びとしてお付き合いをしているのです。

子供が出来ても、離婚までしてあなたと再婚したいと望む人は稀でしょう。産むことを許してくれたとしても認知してくれる例も珍しいです。認知したら、奥さんにバレてしまいますからね。

子供が出来たらどうするの?と、話してみたり、本気で別れたいなら「子供ができた」と嘘をつくのも良いでしょう。

2.慰謝料を請求すると言ってみる

不倫で怖いこと第二位は、バレたときの慰謝料です。慰謝料の額に法律的な決め事はあませんが、だいたいこのくらいが相場という金額はあります。

離婚しない場合、離婚する場合で金額が変わってきますし、二人の関係がどの程度のものかによっても金額が変わってきます。

不倫の慰謝料の相場は50万から300万程度で、それを男性と女性二人が分けて支払うことになります。分ける率も決まっていませんから、不倫相手の奥さんが憎いあなたに慰謝料全額請求すると言い出したら300万請求されることもあるという事です。

離婚しない場合、奥さんはほとんどの場合男性側には慰謝料を請求しないのです。慰謝料代わりにアクセサリーやブランドバッグなど買ってもらって終わりにする妻が多いです。

あなたに慰謝料が全額のしかかってくると思って間違いないでしょう。でも、それではあなただけ損をして相手が不倫をやめるきっかけにはなりませんね。

その場合は、あなたから不倫相手の男性に慰謝料請求できます。この事を相手に伝えましょう。「もし、奥さんに慰謝料請求されたらあなたには私から慰謝料を請求するからね」と。

これにびびらない男性はいないでしょう。

3.相手との約束事を紙に書いて署名捺印させる

不倫関係は男性にとってはぬるま湯のような環境です。自分の都合の良い時間に、肉体関係を主にしてサッと会って「またね」と自宅に帰る。

本当にあなたに対して愛情があるのか疑問に思う人も多いでしょう。ベッドの中での甘い言葉など、信用に欠けます。もし、裁判ざたになったとしても、ベッドの中の言葉というのは信憑性に低い会話として見られます。

「いつか結婚しようね」と言われたとしても、それを信じたあなたの方が悪いと責められてしまうことすらあるのです。
別れを決意させるには、ベッドの中でなくちゃんとした場所で、相手の思っていることを聞いてみましょう。そして、出来れば紙に書いて署名捺印をしてもらうくらいしても良いと思います。


これは、相手にかなりプレッシャーがかかります。不倫も面倒だなと思い中途半端な気持ちの人ならあなたから自然と遠ざかってくれるでしょう。

4.だんだんと連絡頻度を減らして自然消滅を狙う

人は勘の良い人と勘が働かない人がいます。不倫相手がそのどちらだとしても通用する終わらせ方のテクニックに、だんだんと距離を置く方法があります。

感の悪い人に「もうあなたとは会わない」と突然言っても、とりあえず否定されるでしょうし、もしかしたらカーッときた相手に怪我をさせられるかも知れません。

そんなことになったら大変ですよね。ですから、不倫関係を終わらせるには少しずつ相手からの誘いをうまく断りつつ、会わないようにしていくのが一番です。

どんなに勘が働かない人でも、それが何度も続けば「このまま不倫を続けられるのか」と考えはじめます。中には、あなたにサッサと見切りをつけて別の女性を探し出す人もいるでしょう。

でも、それで良いのです。

5.不倫相手の手が届かない所へ引越しをして電話番号も変更する

どんな方法をとっても相手が別れてくれない場合、最後の手段としてあなたが行方をくらますというものがあります。

相手には家庭がありますから、それを棒に振ってまであなたのことを探してついてくることは無いでしょう。

そのために、色々と切らなければいけない友人関係や仕事もあるでしょう。この方法は、どうしても別れられない相手にだけ使うようにしましょう。

6.不倫相手をスパッと裏切るのもアリ

不倫にメリットは何もありません。メリットどころか、バレてしまえば社会的信用を失うことになり、人生が生きにくくなってしまいます。

ご紹介したような方法で不倫相手との関係を断ち切ることができず、バレそうになったら自分の保身のためにも不倫相手をスパッと裏切ってしまうのもアリです。

不倫相手を裏切ってしまうのは罪悪感を感じるかもしれませんが、そもそも既婚者なのにあなたと付き合おうとした不倫相手が悪いのです。そこは割り切って保身に走りましょう。

まとめ

今から不倫をしようとしている、またはすでに不倫をしていて、やめようか悩んでいる人のための、不倫の実情・怖さをご紹介してきました。

若い独身女性が不倫をするメリットは何もありません。あなたがもし、恋愛をしたいのであればちゃんとした未来がある相手を探すことをおすすめします。

不倫は、あなたの未来だけでなく、周りの人まで巻き込んでみんなを不幸にしてしまうものです。今から不倫をしようと思っているなら、面倒な問題に巻き込まれる前にやめておいてと声を大にして言いたいです。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category