【神奈川編】おひとり様で息抜きドライブはいかが?おすすめスポット15連発☆

仕事や家事に追われ、何となく日々がマンネリ化してしまっていると感じることってありませんか?そんな時は、一人で気軽に回れるドライブスポットに出かけてみてはいかがでしょうか?

オシャレなカフェやインスタ映えする絶景スポットなどをご紹介しちゃいます☆たまにはゆっくり一人でお出かけして、日々の疲れを忘れちゃいましょう!

スポンサーリンク

【鎌倉・湘南エリア】インスタ映えの定番スポット☆

樹ガーデン

コンセプトは「天空の森」。まるでラピュタの世界のようなカフェテラス「樹(いつき)ガーデン」。

元々はオーナーの別荘地として敷地を取得していたのだそうですが、ハイキングコースに隣接しているために道に迷った人を案内したり、休憩所としてスペースを提供するところから、カフェとしてオープンしたそうです。

鎌倉駅西口より徒歩15分ほどですが、ハイキングコースということでかなり階段をのぼったところにあります。簡単に行けるカフェではないですが、軽い運動になり気分もリフレッシュします。

森の中のテラス席の雰囲気はとても可愛らしく、インスタ映えすること間違いなし。絶品のアップルパイとハーブティーで一息ついてはいかがでしょうか?食事メニューもいろいろあってオススメですよ。

住所:〒248-0022 神奈川県鎌倉市常盤917
電話番号:0467-31-4869
営業時間:10時00分~17時00分
定休日:火曜日
ホームページURL:http://itsuki-garden.com/

江ノ電を撮ろう!インスタ映えスポット

江ノ電鎌倉高校前駅からの風景は、海外でも有名なフォトジェニックスポット!ここで撮影するために外国からも観光客が集まるほどの人気スポットです。ドライブで行った時にも鎌倉駅前に立ち寄って、周辺を散策してみてはいかがでしょうか?

人気アニメスラムダンクのオープニングシーンで流れる踏み切りを始め、数々の映画やドラマのワンシーンがあり、電車に乗らずとも楽しめます。昼と夜でも印象が違うので、ぜひ夜ドライブでも立ち寄ってみてください。

また、鎌倉駅西口から徒歩5分のカフェ「FARM TO YOU」では、テラス席の目の前を江ノ電が走ります。テラス席でカフェタイムを楽しむだけで江ノ電との近距離撮影ができてしまうスポット。散策に疲れたら是非立ち寄ってみてはいかがでしょう?

住所:〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越1-1-25
電話番号:なし
営業時間:5時30分~23時55分
定休日:なし
ホームページURL:https://www.enoden.co.jp/train/station/kamakurakokomae/

カボン

まるで南米のビーチリゾートにいるかのような気分にさせてくれる、CABaN(カボン)。2013年のオープン以来、葉山周辺の人気と話題を集めています。

アパレルショップ「TOMORROW LAND」がプロデュースする、新感覚のオシャレなカフェです。壁も天井もない極上の解放感が魅力で、海を見ながら潮風を感じられます。

最高のロケーションでフォトジェニックなリゾートカフェ。色鮮やかでヘルシーなランチメニューはインスタ映えしますよ。夕方に行くとサンセットが美しいので、デートにもおすすめですよ♪

住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内954
電話番号:046-874-7429
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:年中無休
ホームページURL:http://caban.jp/hayama/

七里ヶ浜海岸駐車場

134号線沿いにある七里ヶ浜海岸駐車場では、海と江ノ島をバックに迫力ある写真を撮影できるフォトスポットです。

『Pacific DRIVE-IN』は駐車場370台を備える七里ヶ浜海岸駐車場の中央に位置するドライブインカフェです。ハワイのローカルが朝からドライブインで朝食を食べているリラックスしたイメージ。

こちらもフォトジェニックなカフェでとても素敵です♪ドライブついでにカフェに立ち寄って撮影してみてはいかがでしょうか?

住所:〒248-0025 神奈川県鎌倉市七里ヶ浜東2丁目1
電話番号:0467-32-1111
営業時間:24時間営業
定休日:なし
ホームページURL:なし

THE HOUSE

2016年にオープンしたばかりの神奈川県葉山にある「THE HOUSE」。1日1組限定で借りることができる贅沢なプライベート邸宅で、穴場のスポットです。

内装は南フランス風のリゾートのような明るい雰囲気で、白いテラスの先には海がすぐそこのジャグジーが!1階のリビングダイニングは、海側が全面ガラス張り。朝日も夕日も見る事ができて、日常を忘れられる空間が広がっていますよ。

住所:〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2400-7
電話番号:なし
営業時間:IN 14:00~14:30  OUT 10:00  室数 全1室
定休日:不定休
ホームページURL:https://www.thehousehayama.com/

スポンサーリンク

【横浜エリア】港町でいつもと違う風を感じてリフレッシュ!

ベイブリッジを通ろう♪

横浜の顔とも言えるベイブリッジ。一般道でも渡れますので、ドライブの際は是非ベイブリッジを通ってみましょう。

晴れた昼間に通っても気持ちが良いですが、大黒大橋からの夜景もまた素晴らしいものです。とは言え、運転しているとなかなかゆっくり風景を楽しむこともできませんので、そんな時は赤レンガ倉庫や海の見える丘公園、大桟橋など少し離れたところから眺めても良いでしょう。

クルーズ船などでベイブリッジの下をくぐっていくのも迫力があってオススメですよ。

住所:〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ケ谷下町 道路 外洋東京湾事務局
電話番号:なし
営業時間:24 時間営業
定休日:なし
ホームページURL:http://www.shutoko.jp/fun/lightup/baybridge/

山下公園で潮風に吹かれのんびり

ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな「山下公園」。赤い靴はいてた女の子像やインド水塔、アメリカ・サンディエゴ市寄贈の水の守護神など、海外との豊かな交流を感じさせるモニュメントも数多くあり、海沿いの爽やかな風を感じる事ができます。

海を見ながらベンチでのんびりするのも良し、港からの風景や大型客船を写真におさめるのも良し。中華街やみなとみらい、マリンタワーなどいろいろなスポットともアクセスしやすいので、近くに立ち寄った際に公園内を歩くだけでも気持ちがいいですよ。

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279
電話番号:045-671-3648
営業時間: 24 時間営業
定休日:なし
ホームページURL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html

赤レンガ倉庫でお買い物♡

1989年までは実際に倉庫として使われていた赤レンガ倉庫。2002年にショッピングモールとして生まれ変わり、たくさんの観光客や買い物客で日々賑わっています。

展示会やコンサートなども開かれているので、その日のイベントなどを調べてから訪れるのもオススメ。ショッピングやグルメも楽しめて夜は美しくライトアップされるので、インスタ映えする様々な写真を撮ることができますよ。

住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目1
電話番号:045-227-2002
営業時間: 11時00分~20時00分
定休日:なし
ホームページURL:https://www.yokohama-akarenga.jp/

マリン&ウォークヨコハマ

2016年、みなとみらいエリアに新しくオープンしたショッピングモール「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク ヨコハマ)」。オープン型モールのコンセプトは、海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から、海と緑をシームレスに繋ぐこと。

シームレスとは「つなぎ目のない」「縫い目のない」という意味ですが、その名の通り海沿いの立地と心地よく配置された緑、オープンな空気感で、リラックスできる雰囲気が広がっています。

横浜初出店のレストランやショップもあり、オシャレで上質な気分を味わえる、洗練された空間となっています。

住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1−3−1
電話番号:045-680-6101
営業時間: 11時00分~20時00分
定休日:なし
ホームページURL:http://www.marineandwalk.jp/

港の見える丘公園

天気の良い日には海の見える丘公園に立ち寄るのもオススメです。眺望は園内から新山下方面の風景が絶景です。夜景も綺麗に見えるのですが、意外に夜の時間は空いていることが多いので穴場的スポットです。

春と秋にはバラが咲き乱れるローズガーデンとなり、見どころ満載です。

住所:〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町114
電話番号:045-671-3648
営業時間:年中無休
定休日:なし
ホームページURL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen007.html

スポンサーリンク

【川崎エリア】いつもと違う夜景見てみませんか☆

浮島町中央工場エリア

神奈川には夜景ドライブスポットがたくさんありますが、浮島町の中央エリアは精油工場の設備群がそびえ立ち、キラキラと光り輝いています。工場夜景ブーム発祥の地として知られる川崎臨海部には全国から工場夜景愛好家が集います。

千鳥町を中心に東扇島・浮島・水江町・扇町など各エリアに工場夜景スポットが点在していて、一晩ではとても周り切れないほど充実しています。

工場の夜景はふつうの町明かりとは違い、不思議な形で林立していてまるでSFの世界に迷い込んだかのよう。浮島町は川崎の工場群の中でも北の方に位置し、東京湾アクアラインの入り口付近にあるスポットです。

工場夜景のファンを始め、多くの夜景ファンやインスタ映えする写真を撮りたい人が立ち寄るスポットとなっています。

住所:〒210-0862 神奈川県川崎市川崎区浮島町10-8
電話番号:なし
営業時間:年中無休
定休日:なし
ホームページURL:なし

川崎マリエン

東扇島の中央エリアに位置する「川崎マリエン」は、無料の展望室が10階にあり、ここから望む夜景が素晴らしいです。正式名称は「川崎市港湾振興会館」といい、もともとは川崎港と市民の交流の場として誕生しました。

ドラマのロケ地としても使用されている川崎マリエンからは、倉庫街、横浜方面などの夜景に加え、空気が澄んでいれば奥に富士山のシルエットを見ることもできます。

「日本夜景遺産」の「施設型夜景遺産」に登録されるほどの魅力を持つ川崎マリエン。横浜ランドマークタワーや、煙突先端部が緑色にライトアップされた横浜火力発電所のトゥイニー・ヨコハマなどを撮影してみてはいかがでしょうか。

住所:〒210-0869 神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1
電話番号:044-287-6000
営業時間:9時00分~21時00分
定休日:なし
ホームページURL:http://www.kawasakiport.or.jp/

ふじやま遺跡公園

川崎市多摩区・長尾エリアの高台にある「ふじやま遺跡公園」は、隠れた夜景スポットでもあります。公園自体が高台にあるため、東名高速、新宿方面の夜景が広く見渡せます。とても静かな空間であり、のんびりと夜景を楽しめる穴場的なスポットです。

 住宅街の中にある小さな公園ですが、眺められる夜景は意外にも絶景です。東名高速を往来する車のライトを中心に、都心部の大夜景が広がり、とても見応えある夜景を楽しむことができます。

住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾6丁目12-2
電話番号:なし
営業時間:24 時間営業
定休日:なし
ホームページURL:http://www.city.kawasaki.jp/880/page/0000000105.html

千鳥橋

川崎市街地から千鳥町へ向かう途中にある、千鳥運河に架かる千鳥橋。川崎の工場夜景名所と言えば、浮島町・千鳥町・夜行町が有名ですが、千鳥橋も工場夜景を眺められるポイントとなっています。

千鳥橋は左右に歩道があり、西側の歩道の方が眺望に優れており、千鳥町や夜行2丁目付近の工場夜景を眺めることができます。工場までの距離はあるものの、一度に多くの工場を眺められます。

車道の両側に歩道があり、特に西側からは運河沿いの工場夜景が広がります。歩いて散策したいポイントですね。

住所:〒210-0865 神奈川県川崎市川崎区千鳥町15-15
電話番号:なし
営業時間:年中無休
定休日:なし
ホームページURL:なし

トワイライトタイムは東扇島エリアがおすすめ

日の出前や日没前の薄明かりの中での撮影も綺麗です。千鳥町や浮島町など工場を間近で眺められるエリアでは、あまりトワイライトタイムに撮影する人はいないようですが、工場との距離がある東扇島エリアでは是非薄明かりの時間帯に撮影しましょう。

グラデーションの空の色と遠くに広がる工場群が幻想的な雰囲気となり、とても美しいですよ。東扇島東公園からの夕暮れの風景はインスタ映え間違いなしです。

住所:〒210-0869 神奈川県川崎市東扇島58-1
電話番号:044-288-5523
営業時間:24 時間営業
定休日:なし
ホームページURL:http://www.city.kawasaki.jp/580/page/0000001282.html

まとめ

いかがでしたか?日帰りで立ち寄りたいスポット、行ってみたいスポットなどは見つかったでしょうか?日々の忙しさに疲れた時、毎日に生活にマンネリを感じた時は、少しだけ遠出をして気分をリフレッシュさせるのも良いですね。

神奈川県には今回ご紹介したスポットの他にも、有名な観光地や見どころがたくさんあります。気になるところが見つかったら、気軽にお出かけしてみましょう♪

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -