旦那の胃袋を掴む!残り物を時短でおいしくアレンジ【レタス編】

サラダは野菜を切るだけで簡単にできる料理ですが、サラダといえばすぐに思い浮かぶ野菜はレタスではないでしょうか?むしろレタスをサラダ以外にどうやって調理したらいいか思いつかない人もいるのでは?

ワンパターンになりやすい食材のレタスをおいしくアレンジしてみましょう!料理を簡単にする時短テクニックと一緒にレタスのアレンジレシピを教えちゃいます。

スポンサーリンク

料理が簡単に!マル秘時短テクニック☆

前もって献立を考えておく

今日は何を作ろう……と毎日考えていると献立を考えるのが億劫になってしまいますね。

レシピを探す際に雑誌や料理本、インターネットなどいろんな物を使って考えると思いますが、見ていると気付かないうちにどんどん時間がたってしまいます。忙しいと買い物に行く時間さえも取れない場合も。

前もって献立を考えておくと買い物もまとめてできて時間の短縮に!1つの食材で複数のレシピを考えておくと作った料理をアレンジすることも可能ですし、まとめ買いをしておくことで、買い物に行く回数が減るとムダ買いも減って節約にもなります。

下ごしらえをしておく

買ってきた食材をそのまま冷蔵庫に閉まってしまわずに、時間がある時に下ごしらえをしてしまいましょう。仕事から遅く帰ってきて食材を切るところから始めるとなると、時間も労力も使ってしまいます。野菜を切っておくだけでも気分的にも楽になれますよ。

下ごしらえをしておくと帰ってきてからすぐに調理に取り掛かれますし、包丁やまな板を出して洗う手間も省けます。ジッパー付きビニール袋を活用して冷凍したり、前日から漬け込んで味付けをしておくのも時短アイデアですよね。

レタスは包丁要らずのお手軽食材☆

今回のメインであるレタスの下ごしらえは、包丁を使わなくてもできるのでとっても簡単です。逆に包丁で切ってしまうと切り口が変色して見た目が悪くなってしまいます。

レタスの芯は中に押し込むように手のひらで芯をポンと押すと、葉の付け根と芯が外れて手で簡単に取れます。

芯を取った後は手でちぎっていきましょう。レタスの繊維に沿って前後にちぎると表面の薄皮が残ってまずく感じてしまうので、レタスは芯についていた側を利き手じゃない方で持って、真っすぐに引っ張るようにしてちぎりましょう。

冷凍野菜や缶詰を上手に活用

下ごしらえをする時間もないという時に便利なのが冷凍野菜や缶詰などです。ストックしておくともう一品欲しいなという時にも役立ちますし、いざという時の非常食にもなりますよね。

便利な食材アイテムがいっぱい販売されていますので、レトルト食品やカット野菜などを上手に使うと時短にもなります。そんな便利食材の後ろにはその食材を使ったレシピも載っているので、料理のレパートリーを増やすのにも一役買ってくれますよ。

スポンサーリンク

残り物をおいしくアレンジ!レタスを使った時短レシピ9つ+α

コンソメ☆ロールレタス

【材料(8個分)】

レタス:8枚分
合いびき肉:200g
玉ねぎ(みじん切り):1/2個
パン粉:大さじ1
牛乳:大さじ1
塩、こしょう:少々
☆水:300cc
☆コンソメ:1個
☆ブラックペッパー:少々
☆しょう油:小さじ1
☆ローリエの葉:1枚

1. 鍋に☆の材料を入れ、一度沸騰させてから、火を止めて少し冷ましておきます。
2. 別の鍋にお湯をたっぷりめに沸かし、レタスを1枚ずつさっとお湯にくぐらせ、冷水にとって冷えたら水を切ります。この工程はザルにレタスを入れて、ポットなどで沸かしたお湯をまんべんなくかけると時短に!
3. 合いびき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、塩、こしょうをボウルに入れて、弾力が出るまで混ぜ合わせます。
4. レタスを1枚ずつ広げて、3を適量を芯側に乗せて左右の葉を先にたたんでからくるくるっと巻いていきます。
5. 1のスープの鍋に4を入れてふたをして少し弱めの中火にかけてアクが出たらすくいながら20分ほど煮込んで出来上がりです。

レタスとしらすのしそにぎり

【材料(2人分)】

ご飯:茶わん2杯分
レタス:2枚
しらす:10g
ゆかり:小さじ1

1. レタスを縦半分に切っておきます。
2. ボウルでご飯、しらす、ゆかりを混ぜ合わせて、俵型に成形します。
3. 2で成形した具材をレタスで全体を包んで出来上がりです。混ぜて包むだけの簡単レシピです!

レタスとソーセージのカレー炒め

【材料(2人分)】

ソーセージ:6本
レタス:100g
カレー粉:小さじ1
オリーブ油:小さじ1/2

1. ソーセージは斜め切りにして、レタスは手でちぎって食べやすい大きさにしておきます。
2. フライパンにオリーブ油をしいて中火にかけ、ソーセージを炒めて火が通ったらカレー粉を加えて全体に絡ませます。
3. レタスを加えて軽く火が通るくらいに炒めて出来上がりです。カレー粉を使うことで味付けも簡単ですよ!

レタスとジャコのおひたし

【材料】

レタス:50g程度
じゃこ:25g
生姜:1片
白だし:大さじ2
みりん:大さじ1
塩:ひとつまみ
ごま油:小さじ1

1. 生姜を千切りにしておきます。
2. レタスを適当な大きさに手でちぎり、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで50秒ほど加熱します。
3. 粗熱がとれたらすべての材料を加えて和え、冷蔵庫で冷やして出来上がりです。レンジを使ったちょっと一味違ったレタスの食べ方です。

レタスの豚バラ巻き

【材料(2人分)】

豚バラ:200g
レタス:半玉
塩、こしょう:適量
ごま油:大さじ1

1. レタスをちぎって電子レンジで2分間ほど加熱して、取り出したらよく水気を切っておきます。
2. レタスを適量とって豚バラで巻いていきます。
3. 熱したフライパンにごま油を入れて、巻き終わりの部分を下にして豚バラ巻きを並べ焼いていき、こんがりと焼き目が付いたら塩、こしょうで味付けして出来上がりです。

サラダリメイク!洋風ツナチャーハン

【材料(1人分)】

余ったレタスサラダ:1人前
ツナ缶:1個
炊いたご飯:1人前
卵:1個
クレイジーソルト:適量
黒こしょう:適量
サラダオイル:適量
固形コンソメ:半かけ

1. サラダ油で卵を炒めます。卵は溶かずにフライパン上でスクランブルにしても大丈夫です。半熟程度でボウルにあげておきます。
2. 油を引かずにフライパンにツナ缶を入れて、クレイジーソルトを振ってよく炒めます。よく炒めておかないと生臭くなってしまいます。
3. 2にレタスサラダを入れて、レタスがしんなりするまで炒め、コンソメを入れます。少し味付けが濃いと思っても大丈夫です。
4. ご飯を入れてよく混ぜ合わせ、出来上がる直前に1の卵を戻して混ぜ、卵に火が通るまで炒めます。
5. 皿に盛り付ける前に味見をして、ツナの生臭いさが気になる場合は黒こしょうで味をととのえて出来上がりです。

レタスと餃子でおいしい中華スープ

【材料(4人分)】

レタス:1/3個
人参:小1本
しいたけ:2個
冷凍餃子:5個
水:カップ4程度
中華スープの素:小さじ1/2
昆布茶(粉末):小さじ1/2
シャンタン:小さじ3~
ごま油(仕上げ用):適量

1. 野菜の下ごしらえはレタスは一口サイズにちぎり、人参は千切りに、しいたけは細切りにしておきます。
2. 鍋にすべての材料を入れて15分程度煮込みます。味見をして塩味が足りない場合はシャンタンの量で調整してください。
3. 人参が柔らかくなって餃子に火が通ったら、仕上げにごま油をたらして出来上がりです。

サラダが残ったら簡単リメイクリゾット

【材料(3人分程度)】

レタスサラダ:2~3人分
冷ご飯:茶わん2杯弱
チキンコンソメ:3個
オリーブオイル:適量
粉チーズ:適量
水:ご飯の2~3倍程度

1. 鍋に水、コンソメ、冷ご飯を入れて火にかけ、ご飯がやわらかくなるまでしばらく煮込みます。煮詰めすぎないように注意して、水分が少なかったらここで調整してください。
2. ご飯がやわらかくなったら味見して、ちょっと濃いめの味でも大丈夫です。よければレタスサラダを入れ、オリーブオイルを回し入れてかき混ぜます。お好みで粉チーズを適量振って出来上がりです。

レタスのミルク豚汁

【材料(2人分)】

豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用):6枚(約120g)
玉ねぎ(薄切り):40g
レタス(ひと口大) :60g
オリーブオイル:小さじ1/2
☆牛乳:380㏄
☆にんにく(すりおろし):小さじ1/8
☆しょうが(すりおろし):小さじ1/8
合わせみそ:大さじ1
黒こしょう:少々
粉チーズ:小さじ1
パセリ(みじん切り):適量

1. 豚肉は幅4cmに切っておきます。
2. 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎを入れてしんなりとするまで炒めます。
3. ☆の材料を加えて、沸騰したら弱火にし、約5分加熱します。
4. 豚肉を加えて約30秒加熱してアクを取り除いたら、合わせみそを溶き入れて黒こしょうで味をととのえます。
5. 器に盛り付ける前にレタスを加えて、温めるとレタスがシャキッとします。
6. 盛り付けて粉チーズをふり、パセリをちらして出来上がりです。

リメイク☆レタスのおみそ汁

【材料(4人分)】

レタス:1/4カット
大根:60g
エリンギ:1本
うすあげ:1枚
白ネギ:半分
☆だし汁:800ml
☆味噌:大さじ3〜4

1. レタスはよく洗って手でちぎっておき、大根、エリンギ、白ネギは薄く食べやすい大きさにし、うすあげは細切りに切っておきます。
2. 鍋にだし汁を煮立てて大根、エリンギ、白ネギを入れて中火で3分ほど煮ます。最後にレタスを入れてから味噌を溶き、ひと煮立ちすれば出来上がりです。

スポンサーリンク

まとめ

レタスは乾燥に弱いので冷蔵庫で保存する際にはぬれた新聞紙などで包んで袋に入れたり、霧吹きで水を吹き付けてから袋に入れて保存しておきましょう。

生で食べるサラダ以外にも火を通してもシャキシャキしておいしいレタス。ワンパターンメニューから脱出できる参考にしてみてくださいね!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -