一人バーベキューでソロ活を楽しむ!おすすめの道具セットや人気な場所、必要な準備まとめ

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 一人バーベキューでソロ活を楽しむ!おすすめの道具セットや人気な場所、必要な準備まとめ

皆さんは「1人○○」はお好きですか?1人様カラオケ、1人様居酒屋、1人様旅行など、最近ではおひとり様用のプランも充実しており女性が1人で気軽にどこでも楽しめるようになってきていますね。

1人でするには抵抗がある……と思っていたバーベキューも、実は流行になりつつあるんです。バーベキューって大勢で楽しむから意味があるんじゃないの?1人でやってて楽しいのかな?そう疑問に思う方もいるかもしれません。

それにはいくつか理由があるのです。1人バーベキューの魅力を今回はご紹介したいと思います。

1人バーベキューがなぜ魅力なの?

好きなものだけ食べられる

ほんとはもっとお肉を食べたいけど、みんなの前で気を使って、肉も野菜もまんべんなく食べる、フリをしていた方。1人バーベキューなら、そんな気遣いは要りません。自由です!

ちなみに私が1人バーベキューをするなら9割がたお肉だけ持って行きます(笑)お肉とビールを自然の中で1人占めして堪能するなんて、こんな至福な時間があるでしょうか。最高ですね。

気分がのった時にフラッと行ける

急にお肉が食べたくなっても、1人バーベキューならフラっと自分で予定を決めて、誰にも邪魔されず1人で出かけれるのでとても気軽です。

通常のケースだと「よし、誰かを誘って焼き肉に行こう!」と予定を合わせているうちに、気持ちは今日行きたかったのに、約束の日には焼き肉気分じゃなかった、ということもあります。

思っているよりも楽しめる

1人バーベキューが流行って来ている一番の理由は、やはりこの「やってみたら、意外に1人で楽しめる」ところではないでしょうか。

1人で全部準備して、場所も決めて、肉をたらふくほおばる。そして自然に触れてゆったりとした時間を過ごす。誰のタイミングにも縛られず、時間制限もなく野外でのんびり過ごすのです。

「思っていたより寂しくないし、意外に長い時間いて楽しめた」という声や「火加減を見ながら音楽も聴きながら、食べながら吞みながら、ってしていたら、あっという間に2時間くらい経っていた」という方もいました。

準備するものやおすすめの道具

1人バーベキュー用グリル

とても軽量でオシャレな1人用のバーベキューコンロが登場しています。インターネットでも購入できるようになっています。1人バーベキューを始めたい方にはマストアイテムですね。

可愛い服にも似合うし片手でラクに持ててしまう、A4サイズくらいのアタッシュケースのような商品もありますし、1人キャンプ用にも使える、足が三脚になっているバーベキューグリルもあります。

ステンレスの網で汚れも落ちやすいものや、サイズが小さいので、家のキッチンでも丸洗いができるなど、女性が使いやすい商品が増えていて、どんな方でも手に取りやすいです。

これでらくらく1人BBQデビューです!

木炭・着火剤・チャッカマン・うちわ・軍手

木炭は1人なら1キロくらいで良いかと思います。やってみてその都度量は調節しましょう。大事なのは着火剤や紙などちゃんと最初に火をつける時に勢いがつくものを持って行きましょう。

チャッカマンやライターも忘れずに持って行きましょう。せっかくついた火を消してしまわないようにする為にうちわも持って行きましょう。軍手も炭を拾うのに使えます。

トングは、セットで付いている場合もありますが、無い時は用意して行きましょう。

網・コンロなど

美味しくお肉や野菜を焼くには、コンロ・網のセットは絶対に必要なアイテムです。

でも、一人でやるならそんなに大きいサイズは不要ですよね。あまり大きすぎると持ち運びや掃除が大変ですし、一気にお肉を焼いても食べるのが追い付きません。そこでオススメなのが、カバン型になっていて片手で持てる程度のサイズのコンロ。

パカっと開けて網を載せるだけで手軽に使うことが出来るアイテムがたくさんあります。網は、ステンレスは焦げ付きにくく掃除が楽なのでオススメですよ。

食べたいもの・飲みたいもの

お肉、野菜、魚介類など、とにかく食べたいものを持って行きましょう。あなたの食べたいものだけ持って行けば良いのです。お肉だけでも何でも構いません。

お酒も好きなだけ持って行きましょう。保冷剤が必要な場合は、折り畳めるものなどにすると帰る時に便利ですね。

日頃お仕事を頑張っているご褒美にと、いつもよりフレードアップしたお肉とお酒で、極上の1人だけの時間を思い切り楽しむのも良いですね。

その他

その他いろいろありますが、その時の状況や季節や好みで持って行くなど決めましょう。

虫除けグッズ、念のためタオルや軍手、レジャーシート、お皿、コップ、ウェットティッシュ、バンドエイド、ゴミ袋、小さなスピーカー、匂い消しスプレーなどです。

バーベキューを思い切り楽しみたい、これをきっかけに新しい出会いがあれば嬉しい、と考えている人は、持ち物に自分のラッキーアイテムを含めると吉です。自分のラッキーアイテムは電話占いサービスを活用すれば気軽に知ることができますよ!

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

1人バーベキューの楽しみ方

魚介BBQや焼き肉BBQなど自分の中でテーマを決めてみる

自分の中で今日の1人バーベキューのテーマを決めてみましょう。今日はひたすら肉三昧にするとか、今日は魚介中心のバーベキューにしよう、などテーマを決めて遊びましょう。

「今日はコリアン風でキムチを焼きながらソジュを飲むぞ!」と決めてみたり、「魚介バーベキューのは魚介に合う白ワインにしよう!」など、1人で色んなシチュエーションを設定したりして、とことん楽しんでしまいましょう。

余裕が出て来たら景色を楽しむ

1人バーベキューに慣れてきて、火加減の調整もうまく出来るようになったら、せっかく来た場所の周りの景色もじっくりと楽しんでみましょう。最初は準備や食べる事に必死かもしれませんが、だんだん慣れて来ます。

公園だったら、普段見ない角度から見る景色が新鮮で良かったりします。空気がキレイな事も改めて感じて深呼吸をしてみたり、植物や花にも触れてみたりすると、とても気分が良いですよ。

アウトドア施設や川でやるなら、そこに来ている人と触れ合うのも良いでしょう。慣れてきたからこそできる、新しい場所に行ってみるのも、新しい発見が必ずあって、良い思い出になることでしょう。

1人BBQスポットランキングをつけてみる

慣れて来たら、色んな場所で1人バーベキューを楽しんで、どこが一番良かったかなど、自分ランキングをつけて楽しんでみましょう。

アクセスしやすいかどうかや、景色のキレイさや、公園の静かさ、居心地のよさ、設備など、自分の中で総合得点をつけたりするのも面白いですよ!

その日のベストショットをカメラにおさめてアップするなど、誰かとシェアする事で、繋がりや広がりができるかもしれません。

そのランキングを見て、他の方が「ランキングを見て○○公園へ1人バーベキューに行ってきました」など、1人で行ったのに、誰かと繋がりができる、なんて事もあるかもしれません。

アレンジメニューもマスターしてみる

最近ではアウトドア飯というのも流行っています。外でご飯を炊いたり缶詰でちょっとした料理をつくったりと、小さいコンロがあればバーベキュー以外にも色々なメニューを味わうことが出来ます。

ただ肉や魚を焼くだけに飽きてきたら、そうしたアウトドア飯を極めてみるのもいいでしょう。

詳しくレシピを乗せた本や、今はネットで探してもそうしたメニューをたくさん探すことが出来ますよ。

星空を楽しむのもいいかも

バーベキューは昼間に楽しむもの、と思い込んではいませんか?出来る場所があれば夜でもバーベキューは可能です。

もちろん照明やテント、車など必要な準備は多くなるため、少し上級者向きのプランですね。

ですが満点の星空を眺めながら、ぼーっとする時間は仕事の疲れやストレスを抱えた現代人には何よりの癒しとなるはずです。

慣れてきたら寒い冬の時期、コーヒーなどを飲みながらもいいかもしれません。空気が澄んだ冬の星空はきっと美しいですよ。

1人バーベキューの注意点

荷物が思っていたより多くて重かった

1人用のバーベキューコンロが軽いとしても、お肉や野菜、片付けの道具、お酒や他の飲み物、お財布や携帯など準備していくと、思っているよりも荷物が重いです。

1人バーベキューは、用意は全て自分で持って行かなければいけないところですね。誰かと分担できるわけではないので、予想しているより、荷物が多く感じる事があるでしょう。

途中で買い物をしていく方は、リュックや大きい物を入れれる袋など、重さに耐えれるカバンなどで出かけましょう。

火がなかなか着かないこともあるので注意

着火剤が少なかったり、ライターやチャッカマンの火力が弱かったりする場合、なかなか火がつかなくて、肉を焼くまでに至らなくて、そのうえ1人だからどうしていいのか分からない……!

気がついたらもう1時間以上も経っていた、というケースも多々あるそうです。1人で一番困るのはやはり誰かに助けて欲しい時ですよね。

たくさん準備をし重い荷物を持っていって、荷物を広げて鉄板もセットして、いざ肉を焼くという時に火が着かなかった!が一番困りますね。

チャッカマンは強い火力にできるものを用意していきましょう。炭が濡れていないかちゃんと確認して、燃えやすいものや着火剤も多めに持って行きましょう。

使用後の片付けがスムーズにできるようにする

使用後のコンロは、油でベトベトですし、お酒を呑んだらその後の瓶や缶の処理も大事です。ゴミの分別はビンや缶だけではありません。木炭も分別が必要な場合があります。

木炭も水でちゃんと濡らして火種を消した事を確認できたら、可燃ゴミとして捨てれる事もありますが、地域によって異なりますので確認が必要です。

あまり吞みすぎて、帰る時にめんどくさくなり、片付けをおろそかにしないように注意しましょう。

どんな場所が良いか?

自宅の庭

自宅の庭やベランダであれば、移動も片付けも楽ですよね。また、足りないものがあったらすぐに家に取りに戻ることができるというメリットもあります。

バーベキューがしたいけど外は暑い・寒い・虫刺されが気になる、なんていう人も食べるときには玄関先に戻ったり部屋で食べたりすることもできるので自宅の庭でやるバーベキューは意外とオススメです。

ただし、近所迷惑になる場合もあるので注意が必要です。お隣さんが洗濯を干している横でバーベキューをしていたら洗濯物に臭いが移ってご近所トラブルになってしまうかもしれません。気になる場合は事前に挨拶をしておくことをオススメでします。火事にも十分気を付けてくださいね。

大きめの公園

ご自宅の庭なども良いかとは思うのですが、住宅環境によっては、バーベキューの煙が近所迷惑となったり、遠くから見た方が火事と勘違いして、119番に通報されてしまったりする恐れもあります。

煙が出ても苦情が来ない場所が良いので、近くの公園などでまずは試してみると良いでしょう。慣れて来たら大きな公園に足を伸ばしてみるのも良いでしょう。

ただし公園は、アウトドアの為の設備はあまり整っていないところが多いです。片付けの時に掃除をしようと思ったら、水を使えるところが、近くになかったなどと言う事があります。

トイレの場所も、遠すぎて荷物を置いて行くのが不安という場合もあります。トイレが比較的近いところにある、水道やゴミ箱が近いところにある、などが場所を選ぶポイントになります。

1人でも心配なく楽しめるように、場所決めをしっかりしておきましょう。

アウトドア施設

キャンプ場や、川べりなど、キャンプを楽しめるところの一角で試してみましょう。水道や分別のゴミ箱なども揃っている事が多いので、公園よりもスムーズに準備や片付けができそうですね。

ただし、あまり大人数でにぎわっている方達がすぐ近くにいるところはできれば避けましょう。そのグループの声が届きすぎたりして、ムードや、自分のペースで楽しめなくなってしまう事もあります。

キャンプ場

キャンプ場は団体客が多くて一人バーベキューには向かないのでは?と思うかもしれませんが、平日は意外と空いているため一人バーベキューに適しています。

また、キャンプ場であれば設備が整っている場合が多いので初心者の人でも安心して一人バーベキューに挑戦することができますよ。

区画が区切られていなく、自由に場所を選ぶことができるキャンプ場なら団体客の隣でバーベキューをする……なんていうことにもならないのでオススメです。

どんな場所が自分にとってラッキープレイスなのか、運気の上がる場所なのかを知りたい人には電話占いサービスがオススメです!恋愛相談も得意としているので、恋愛運アップのコツも聞くことができますよ!

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

一人バーベキューにおすすめ!人気の都内周辺スポット

新木場公園

JR京葉線「新木場」から徒歩7分、広々とした海が楽しめる「新木場公園」は一人バーベキューにもってこいのスポットです。

バーベキュー専用の場所が設けられていますので、事前に予約していくこと。人数が多ければ手ぶらでバーベキューが楽しめるプランもあります。ただし春夏など人気のある季節は、団体客での利用が多いこともありますので、平日がおすすめですよ。

住所:東京都江東区新木場2丁目
電話番号:03-5569-8672(バーベキューの予約は050-5305-9066)
営業時間:デイタイム/10:00~16:00、サンセットタイム/17:00~21:00
※デイタイムからサンセットタイムまで通してのご利用はできません。
定休日:年末年始(12/26~1/4)、12月~2月の水曜日
(※水曜日が祝日の場合は、その翌日)
ホームページ:新木場公園

そなエリア東京バーベキューガーデン

国際展示場駅から徒歩4分の場所にある、東京臨海広域防災公園(通称そなエリア東京)は、国営の防災公園です。

災害時への備えはもちろん、普段から防災への知識と関心を学んでもらうため、さまざまな施設が併設されています。

バーベキューガーデンもその一つで、大人一人1,000円で食材を持ち込みバーベキューすることが出来ます

住所:東京都江東区有3-8-35
電話番号:0570-09-0014
営業時間:土・日・祝(7月)/1部 10:00~13:00(3時間)
2部 14:00~17:00(3時間)
平日(4~11月)・全日 (12~3月)/11:00~15:00(4時間)
定休日:1~4月・7~9月・12月の月曜日、年末年始(12/30~1/3)
及びそなエリア東京の臨時休館日
ホームページ:そなエリア東京バーベキューガーデン

水元公園

都内で唯一水郷の景観をもった公園としても有名な、水元公園でも一人バーベキューを楽しむことが出来ます。

事前の予約が必要ですが、時期によってはあまり混んでいないため、のびのびとバーベキューを楽しむことが出来るかも。

季節によって変わる美しい景色も楽しみどころですね。

住所:東京都葛飾区水元公園・水元猿町・東金町5・8丁目・埼玉県三郷市高洲3丁目
電話番号:03-3607-8321(予約は03-3857-3427)
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始、12月~2月の毎週水曜日
ホームページ:水元公園

まとめ

いかがでしたしょうか?1人バーベキューと聞いただけでは、楽しめるのかどうか不安な印象があるかもしれませんが、流行の理由を知ると、積極的に楽しめそうですね。

ぜひ1人バーベキューで自由気ままに楽しんでください。まずはお近くに川や小さな公園などあれば、そこで一度試してみると良いですね。それから色んな場所に出かけてみると良いかと思います。

また1つ「1人○○の楽しみ方」が増えますね!ぜひ参考にしてみてください。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category