スリーサイズの平均と正しい測り方!年代別に理想の体型値を計算してみよう

Clover(クローバー) > ライフスタイル > スリーサイズの平均と正しい測り方!年代別に理想の体型値を計算してみよう

自分の体のサイズについて正確な数値を知っていますか?子供の頃は成長の目安として身長や体重、胸囲などを1年に1回は測定していましたが、社会人になってからは健康診断などで身長や体重をだけで、その他の細かい数値までしっかりと知る機会は減ってきます。

簡易的に体型を判断するためにスリーサイズが目安とされていますが、あらためて自分のスリーサイズを測る機会はあまり多くないといえるでしょう。

ですが、スタイルにコンプレックスを抱えている人も多く、特に女性の場合はスリーサイズは知りたいと思っていながらも人には知られたくないと思っているでしょう。

日本人のスリーサイズの平均や年代別の平均など、どのくらいが平均的な値なのかを知り、認識した上で自分のサイズと向き合ってみましょう。

スリーサイズの基礎知識

スリーサイズとは?

バスト(男性の場合はチェスト)・ウエスト・ヒップの3部分のサイズをあらわしています。そもそも男性にも女性にも使える言葉であるはずなのに女性に用いられることが多く、日本語訳は「女体三位寸法」といいます。

スリーサイズは和製英語であり、英語では「measurements」「vital statistics」「size」などが用いられます。

うっかり使ってしまいそうですが、そもそも日本ではスリーサイズの単位はセンチメートル(cm)なのに対して、海外ではインチ(inch)が使われているので、その差も知っておく必要があるでしょう。

スリーサイズでスタイルが分かる?

スリーサイズの数値はスタイルの目安にできるため、モデルやグラビアアイドルなど女性の芸能人の多くはスリーサイズを公開しています。

ですが体型は人それぞれに違いがあり、仮にスリーサイズが同じ数値であっても、身長によって全体のバランスが違ってきます。数値はスタイルの目安とはなりますが、数値そのものよりも全体のバランスが重要といえます。

特にバストサイズは数値で胸の大きさが分かりますが、数値が大きくても見た目ではそれほど大きく見えない人もいますし、数値が小さくても大きいイメージを与える人もいます。

バストのサイズはトップバストを測った数値であり、胸の大きさはアンダーバストとの差によって違いが出てきます。

ブラジャーを見るとわかりますが、ブラジャーのサイズには「カップサイズ」と「アンダーバスト」が示されており、
カップサイズを知るにはトップバストとアンダーバストの2カ所を測る必要があります。

測ったトップバストの数値からアンダーバストの数値を引いた差がカップサイズであり、トップバストの数値だけではカップサイズはわかりません。

バストサイズ1つを見ても、数値だけで胸の大きさは決まるものではないことがわかります。

女性のスタイルは4種類に分けられる

女性用下着メーカーの「ワコール」はスリーサイズを元にして女性のスタイルをウエストのくびれやバストとヒップのバランスから4つに分類しています。

バストが大きく逆三角形体型の「V型」、ヒップが大きく下半身に目が行きやすい「A型」、ウエストがくびれ、グラマーな「X型」、凹凸が少なくストレートな「I型」の4種類です。これにぽっちゃり型をあらわす「O型」がプラスされる場合もあります。

日本人の女性に最も多いタイプの体型はヒップの大きさが目立つ「A型」ですが、自分がどのタイプのスタイルになるかは、スリーサイズを測る必要があります。

日本人女性の平均

見た目のバランスが重要と言われても、自分のサイズが他の人と比べてどうなのか気になってしまいますよね。ワコールのホームページでは、自分のサイズを入力することで、平均サイズと比較できる「バランス診断START! – フィットナビ」というサービスがあります。

年齢を入力する欄に5歳刻みで年齢を入力してみると、年代ごとの平均データを見ることができます。

18~19歳 トップバスト81.5cm ウエスト64.6cm ヒップ88.4cm
20~24歳 トップバスト81.5cm ウエスト63.8cm ヒップ87.9cm
25~29歳 トップバスト81.7cm ウエスト64.7cm ヒップ87.6cm
30~34歳 トップバスト81.4cm ウエスト65.8cm ヒップ87.7cm
35~39歳 トップバスト83.2cm ウエスト67.8cm ヒップ88.4cm
40~44歳 トップバスト84.5cm ウエスト69.6cm ヒップ88.7cm
45~49歳 トップバスト84.1cm ウエスト70.1cm ヒップ89.4cm
50~54歳 トップバスト85.9cm ウエスト72.3cm ヒップ89.7cm
55~59歳 トップバスト86.6cm ウエスト73.7cm ヒップ89.1cm

データ引用元:ワコール「バランス診断START! – フィットナビ」

年齢を重ねると、全体的にサイズアップしてふっくらするようなイメージですね。身長によってもサイズの目安は変わってきますので、平均より大きい小さいと悩み過ぎないようにしてくださいね。

スリーサイズには黄金比がある

バストとウエスト、ヒップをあらわすスリーサイズには黄金比といわれる比率があり、スタイルが良く見える人は黄金比に近い比率のサイズを保っています。

身長や体重が違ってもバランスが良く、スタイルを良く見せているのは黄金比によるもので、比率にそっていれば多少サイズが大きめでも、バランスは魅力的に見えます。

スリーサイズの黄金比はバスト1に対して、ウエスト0.7、ヒップが1といわれており、ボディバランスが整っていると理想的なスタイルといえます。

年齢によってスタイルも変化

人間は常に変化を続けており、体は年齢を重ねていくごとに衰えていきます。成長期には定期的に測る必要がありますが、いったん成長が止まってしまうと変化は少ないため、測る頻度は当然減っていくでしょう。

「ワコール」のデータによって、女性は16歳~46歳の間に大きな体型の変化が3回は現れることがわかっており、ワコールでは変化が起きる時期を「スパイラルポイント」と呼んでいます。

健康や見た目のために体重を気にする人は多いでしょうが、家庭用の体重計は高性能なものが販売されているので、簡単に測れます。しかし1番変化が少ないと思われる身長さえも、しばらく測っていないと変化していることがあります。

スリーサイズも1度測っただけでは十分とはいえず、「スパイラルポイント」の時期には大きな変化があるため、こまめな計測を心掛ける必要があります。

16歳~18歳の10代のスパイラルポイントを迎えると今までの成長が止まり、20代のスパイラルポイントへ向けて大人の体に変化していきます。

24歳~26歳の20代のスパイラルポイントが大人の女性としての体の完成期であり、スパイラルポイントを過ぎると徐々に余分な脂肪が付き始めます。

37歳~39歳の30代のスパイラルポイントを迎えると急激な体重の増加や体型の変化が進み、40代へ向けて上半身にボリュームが付き始めます。

年齢によって変化していく体にも、肌と同じようにエイジングに向けたサポートをする必要があります。

下着がスタイルにも影響する

ここぞという時に着ける勝負下着という言葉がありますが、下着を選ぶ時にデザインを大きな基準にしていませんか?または人に見せるわけではないので、サイズさえ間違っていなければいいと洋服とは違った考え方をしていませんか?

下着は女性の体のラインに影響を与え、間違ったサイズの下着を着け続けていると体のラインが崩れてしまいます。ブラジャーは外出時には常に付けており、ショーツに至っては24時間はき続けるものです。

体に合わない下着では着心地も悪く、摩擦で痛くなったり跡がついたり、長く着け続けるとボディラインの崩れにもつながります。今持っている下着が自分に合っているかどうかもしっかりチェックしましょう。

こまめに測って体の変化をチェックしよう!スリーサイズの正しい測り方

サイズを測る時には

まずはメジャーが必要ですので、持っていない場合には手芸用品店や100円ショップで、なるべくやわらかいものを購入しましょう。

姿見などの大きな鏡の前でメジャーが床と水平になるように確認しましょう。ねじれていたり、斜めになっていたりしないように気を付けてください。メジャーはしめ過ぎず、たるませないようにピンと張るくらいでサイズを読み取りましょう。

なるべく素肌に近い状態が好ましいですが、バストを測る際にはブラジャーをしたままの方が測りやすいため、下着を着けたまま測っても大丈夫です。

バストの正しい測り方

バストはトップバストと呼ばれる胸の1番高い乳頭の位置にメジャーを合わせて測定します。

バストが大きい人やちょっと垂れ気味の方は、軽く持ち上げて手で支えて測定しましょう。腕を上げたままで測るとサイズが変わってしまいますので、姿勢を正して腕は降ろした状態で測ります。

ウエストの正しい測り方

ウエストはおへそより2~3cm上の1番細い胴周り部分を測ります。腕を降ろして息を吐いた状態で、少し余裕があるくらいでサイズを読む取りましょう。

食事をしたすぐ後や飲酒の後はお腹が膨れてウエストが大きく変化しますので、正しい計測ができません。食事の前や空腹時に測るようにしましょう。

ヒップの正しい測り方

ヒップはお尻のふくらみの1番高い部分を真っすぐ立った状態で測ります。正面から見ても正しい位置が見えませんので、横を向いて鏡を見ながら位置を合わせましょう。

床と平行になっているかを確認と正しい位置からズレてしまわないように正しい姿勢に注意しましょう。

スリーサイズを測るときのコツ

測る場所がわかっても、自分の感覚だけで場所を決めて測ってしまっては意味がありません。正確なスリーサイズを測るコツは、鏡の前に立って正しい場所を目で確認しながら測ることです。

自分の体を見るのは恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、しっかりと自分の体と向かい合うことで変化があったときにも気付きやすくなり、体型の維持に役立ちますよ。

スリーサイズ以外の気になる部位の測り方

スリーサイズ以外でも、薄着の季節に目立ちやすい二の腕や太ももは気になる部位ではないでしょうか。二の腕は、腕をまっすぐ伸ばした状態で測ります。

腕をまっすぐ伸ばした状態で、1番太い部分にメジャーを巻き付けて測りますが、メジャーが床と垂直になっているかを鏡でチェックしましょう。ちょっと測りにくい場所ですが、腕にメジャーをぶら下げるようにした後で内側から上方向にメジャーを持ち上げて測ると数字が確認しやすいですよ。

太ももは立った姿勢で測ります。足を軽く開き、左右の足に同じように体重がかかるように意識して立ちます。太ももの1番太い場所を測りますが、どこが1番太いかわからないという場合には、足の付け根から3cm下を測りましょう。

気を付ける点は、メジャーを床と平行にすること。足の付け根を見てしまうと、メジャーが曲がってしまうことがあるので、鏡を見ながら床と平行になっているか確認しましょう。

年代別スリーサイズの平均値について

年代別のスリーサイズの平均値と理想値は?

日本人の女性の平均的なスリーサイズを資生堂が「生活と美の白書」にまとめており、年代別に分けると若い人ほど下半身が細くなっています。

20代のバストの平均値は83.1cmに対して、理想値は85.4cmです。30代のバストの平均値は83.1cmに対して理想値は85cmとなり、40代になるとバストの平均値は83.6cmに対して、理想値は84.8cmと変化していきます。

次にウエストは20代の平均値は63.1cmに対して、理想値は59.4cmで3.7cmの差があります。30代の平均値は64.5cmに対して、理想値は60.3cmとなり、40代になると平均値は66.4cmに対して、理想値は61.5cmで4.9cmの差があります。

最後にヒップは20代の平均値が88.2cmなのに対し、理想値は85cmです。30代の平均値は89.1cmに対して、理想値は86.1cmとなり、40代になると平均値は90.4cmに対して、理想値は87.4cmです。

痩せたい願望が理想値に

年代が上がっていくごとに少しずつふっくらとしたイメージになっていくのは、「スパイラルポイント」を過ぎて完成された体に余分な脂肪が付き始めるからです。

平均値を見てもそんなに太っているようには思いませんが、理想値にはもっと細くなりたい、もっともっとという願望が詰まっています。

あくまでも理想値ですが、人間の欲望は際限がなく、特に平均との差が大きいウエストの数値にもっと痩せたいという願望があらわれているようです。

バランスが取れたスタイルこそが理想

まずは正しい測り方で自分の正確なスリーサイズを知り、理想のスタイルに近づけるにはどうしたらいいか考えていきましょう。

食事を抜くなどの無理なダイエットをして理想の数値に近づけたとしても、いくらスリーサイズが理想でも健康的ではありません。

健康を損なってしまうと見た目を気にする余裕もなくなり、将来的な健康の不安につながります。健康を意識した食生活や正しい生活習慣の中に体の部分別のストレッチなどの運動を取り入れて、健康的でバランスの取れたプロポーションを目指しましょう。

芸能人・有名人のスリーサイズ

桐谷美玲

見た目もスレンダーな桐谷美玲さんのスリーサイズは、バスト78cm・ウエスト57cm・ヒップ83cmです。ウエストの細さは驚きですね。

蛯原友里

モデルとして活躍していた蛯原友里さんのスリーサイズは、バスト82cm・ウエスト58cm・ヒップ83cmです。バストとヒップの差が少なく、バランスの良い体型ですね。

広瀬アリス

男性からの好感度も高い広瀬アリスさんのスリーサイズはバスト80cm・ウエスト60cm・ヒップ86cmです。細すぎず女の子らしいスタイルで、身近な存在に感じられますね。

壇蜜

セクシーなイメージが強い壇蜜さんのスリーサイズはバスト85cm・ウエスト60cm・ヒップ89cmです。ヒップにボリュームがありますが、普段はあまり気になりませんよね。ぴったりした服装のときにはヒップの大きさにセクシーさを感じます。

篠崎愛

グラビアアイドルの篠崎愛さんのスリーサイズはバスト87cm・ウエスト60cm・ヒップ88cmです。服装によってはちょっとぽっちゃりに見えてしまうこともありますが、数字を見るとウエストは細めですね。

バストやヒップが大きい人は、服装に気を付けないと数値より太って見えてしまうこともありそうです。

スリーサイズの理想値は?体型計算式でチェック

理想のサイズは身長によっても違ってくる

同じスリーサイズでも、身長によってバランスは違ってきます。バストが80cmの身長150cmと160cmの女性が並んでいたら、身長160cmの人はスレンダーに見えますよね。

理想のスリーサイズを考えるときには、他人と比べて大きいや小さいと考えるのではなく、自分の身長とのバランスを考える必要があるのです。

バストの理想値計算式

バストサイズ理想値は「身長(cm)×0.52」で、導き出すことができます。例えば、身長160cmの人は「160×0.52=83.2cm」となります。

グラビアで見るような巨乳サイズではないので、理想値に近いサイズの人も多いかもしれませんね。

ウエストの理想値計算式

ウエストサイズ理想値は「身長(cm)×0.38」で、導き出すことができます。例えば、身長160cmの人は「160×0.38=60.8cm」となります。

バストサイズの理想値と比べ、ウエストの理想値は「細い!」と感じてしまう数字ですね。洋服のウエストサイズでも、Mサイズが64cm~70cm程度なので、理想に近い人は少ないかもしれません。

ヒップの理想値計算式

ヒップサイズの理想値は「身長(cm)×0.54」で、導き出すことができます。例えば、身長160cmの人は「160×0.54=86.4cm」となります。

ヒップは、バストよりも少しボリュームがあるという感じですね。理想値どおりのサイズなら、メリハリのあるスタイルになりますね。

理想値にこだわり過ぎない

理想値はスリーサイズの目安を考える上で参考になりますが、理想値を目指しすぎて無理をしたり、理想値とサイズが違うと悩み過ぎたりするのは禁物ですよ。

理想値と違う部分は服装でカバーすることもできます。ウエストが理想値より太めと感じたら、ウエストが細く見える服装を心がけるなど、理想に近づけるための目安として活用してみましょう。

まとめ

自分のスリーサイズを知ると数値として認識してしまうと、思った数値と違った場合には理想を追い求めるために痩せようとダイエットに走りがちですが、部分的な数値だけではなく全体的なバランスもしっかりと意識しましょう。

スリーサイズの測定は見直すべき所はしっかりと見直すために必要です。年々変わっていく自分の体としっかりと向かい合い、年代に合った美しさを求めましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category