モーニングにおすすめのカフェ7選!札幌で優雅な朝食をとろう

海の幸が豊富で美味しい北海道、その中でも観光地として特に人気の高い札幌市。旅行や修学旅行で訪れたという人も居るのではないでしょうか?旅先で気になるのが「どこで何をたべようか」ですよね。

夕食は色々と下調べをしているでしょうが、朝食までは中々気が回らないもの。ですが、朝食つきホテルでなければ自分で探さなければなりません。せっかくなのでモーニングも美味しい所が良いですよね。札幌でオススメのモーニング、地元民から愛されるモーニングを今からご紹介します!

スポンサーリンク

モーニングとはどんなもの?

一般的なモーニングの時間やメニューとは

基本的にはレストランやカフェは10時や11時などランチタイムより少し早いくらいから営業する事が多く、朝食を摂れるのは喫茶店のモーニング営業やファストフード店などが多いです。

モーニングをやっている所では軽めのメニューが多くて、コーヒーセットや定食などを開店から10時、11時頃までメニューとして営業している事が多いようです。

モーニングにしか無いメニューも存在する

そして、大手の外食チェーン店などではモーニングメニューにしか無い料理も多々あります。

外資系のファストフード店などではハンバーガーにバンズではなくマフィン生地を使用していたり、重たいサイドメニューを軽めのものに変更していたりと、朝の胃を労わりながら満腹感を感じるメニューになっています。

大手チェーン店以外は価格を差別化していたりとお得

また、全国展開しているような大手チェーン店ではメニューを変えたりする事が可能ですが、そこまで大手ではない所では中々難しいもの。その代わりに価格の割にボリュームがあったり、サービス価格で提供されていたりするので、大手チェーンではないから損という事もありません。

スポンサーリンク

朝からしっかりエネルギーチャージ!札幌のモーニングがおすすめのカフェ3選プラスアルファ

北海道と言えばスープカレー!「トムトムキキル」は足を運ぶ価値あり!

スープカレー専門店のトムトムキキルでは、カレートーストや朝カレーがモーニングの人気メニュー!「北海道に来たらスープカレーを食べたい」と言うほど人気の料理ですが、モーニングから食べられるのは実は少ないのです。

トムトムキキルは朝9時からオープンしており、季節に合わせた具材で作られたスープカレーは鶏だし、鶏ガラ、牛骨に香味野菜やハーブをじっくり煮込んだスープがベースで奥深いのに優しい味わいです。もちろん、辛いもの好きさんも納得の辛さまで対応しています!

トムトムキキル
住所:北海道札幌市清田区清田3条2丁目14-15
電話番号: 011-881-6280
モーニング:9時~11時(数量限定)
定休日:毎週日曜日・第一月曜日
公式HP:http://www.tomtomkikir.com/

サンドイッチ派のお洒落な貴方には「THE END CAFE」のモーニング

雑誌やテレビで取り上げられた事もあるこちらのカフェは、店内はヨーロッパ風の少しレトロな雰囲気がとてもフォトジェニック!モーニングは平日メニューなので、お仕事で来た人や地元の人から愛されているお洒落なカフェです。

シンプルにフレンチトーストとホットサンドがモーニングメニューですが、これらはまさにモーニングの王道メニューですよね。さまざまなモーニングをたくさん試した人が「最後に辿り着くカフェ」でありたいと言うコンセプトだけあってそのシンプルで潔いメニューは病みつきになる美味しさです!

THE END CAFE
住所 :北海道札幌市中央区南1条西16丁目1-320 FRAGRANCE医大前 2F
西18丁目駅から徒歩約2分
電話番号: 011-676-7423
モーニング:9時~10時半
定休日:月曜日及び不定休あり
公式HP :http://www.theendcafe.com/

サンドイッチ派だけどたくさんのメニューから選びたい!なら「さえら」

こちらのサンドイッチメニューは何と食パン4枚分の厚みのあるパンに「基本の具」と「組み合わせの具」を好みでカスタムできるのです!その組み合わせパターンはおよそ100通りにも!タラバガニ、スモークサーモン、フルーツが基本の具で、ハムや野菜などをお好みで組み合わせてオーダーします。

それだけでもリッチな気分になりますが、純喫茶のようなホッとする内装に店員さんの対応の良さが居心地の良さを高めてくれると評判のお店です。また、メニュー以外にも名物があり、ガラスケースに所狭しと並べられた猫の置物たちが心を和ませてくれます。

なんだか昭和時代にタイムスリップしたような、忙しい日常を束の間忘れてゆったりした時間の流れを食事と共に味わえるのが醍醐味です。

さえら
住所:北海道札幌市中央区大通西2-5-1 都心ビル B3F
電話番号:011-221-4220
※営業時間・定休日は変動あり。店舗訪問の際はお電話でご確認を。

プラスアルファ!やっぱり北海道なら海の幸!市場の「ながもり」

札幌市は海鮮丼が有名ですが、意外なことに海と接していないのです。なのに海鮮丼が人気なのは、札幌市にある二条市場が大きな理由です。ここではたくさん海鮮メニューを楽しめる店があります。

市場は新鮮ですが少しお高いですよね。こちらの食事処ながもりはコストパフォーマンスの良さと美味しさが人気のお店です!カフェではありませんが、地元民が通う美味しさなのでご紹介します。

まぐろやホタテがたくさんの海鮮丼や、ご飯を覆い隠すほどてんこ盛りにされたイクラが名物のイクラ丼の他、焼き魚やお刺身の定食メニューが豊富なのでいつでも人気のお店です。

イクラ丼に使用されているイクラは北海道産の新鮮な秋ジャケの卵をじっくり秘伝のたれで漬け込んでおり柔らかく味が染みわたっています。海産物店のながもり商店併設のこのお店では、持ち帰りにそのイクラの醤油漬けも買って帰れますよ!

ながもり
住所:北海道札幌市中央区南三条東1丁目8二条市場内
電話番号:011-222-6733
営業時間:変動あり。店舗訪問の際はご確認を。
定休日:なし

スポンサーリンク

モーニングにプラスしたいその他のメニュー

「きのとや大通り店」でスイーツを楽しむ朝ごはん

モーニングとしてのメニュー展開ではありませんが、オーダー可能時間が朝8時からと「朝は糖分を摂りたい!」「朝こそスイーツを食べたい!」なんて人に嬉しいのが、洋菓子きのとや大通り店のスイーツメニュー。

特に人気の高いのがオムパフェセットです!ドリンク付きでフルーツたっぷりのスイーツを楽しめます。甘さ控え目の生クリームとカスタードにフルーツと言う組み合わせの中にアクセントで粒あんやぎゅうひが入っており、それを包むフワフワのオムレットは食べ応え抜群です!

もちろん通常のモーニングも充実しており、人気のプレッツェルクロワッサンは、朝は重たいものが苦手という人でも食べやすい、バター控えめで塩気の効いた味。

こちらの店は札幌駅直結で天候に影響を受ける事なく利便性も高いので、「札幌でおススメの店は?」と聞かれるとよく名前のあがる名店でビジネスマン達も観光客たちもみな入り混じり朝のひと時を過ごしています。

解放感あふれる店内は、ガラス張りの壁から朝の光が降り注ぎ、一日の始まりに気力をもらえるような、ある意味パワースポットに訪れたかのような充実感とともにモーニングを頂けます。

きのとや
住所:北海道札幌市中央区大通西3丁目 北洋大通センター 1F
電話番号:011-233-6161
営業時間 :8時~21時
定休日:元日

半年待ちの幻のプリンを食べられる「奥泉」!

アジアンなテイストがお好きなら、中国点心に中華粥、中国茶、揚げパン、豆乳なんて朝から胃を労わるメニューで寛げる奥泉でモーニングはいかがでしょうか?

なんと店主自ら淹れてくれるのは高級中国茶の岩茶です。奥泉の女店主は中国政府公認の茶藝師。世界遺産でもある中国の武夷山の岩場とそこに流れる清流から、自然の恵み、ミネラルをたっぷりと含んだ茶葉からなる岩茶に魅せられてお店を始めたという、まさに拘りのお店。

最初の一杯は淹れ方にも繊細さを求められるので店主自ら淹れてくれますが、二杯目からは自分の好みの濃さや温度で楽しめるようお湯のお代わり自由という細やかな心配り。

そして点心も一から手作りで、中華点心へのリスペクトを疎かにせず、富良野のラベンダーポークを使用したり、北海道産の牛乳から作った練乳を使用したりと北の大地の恵みを最大限に活かしたメニューばかり。

なによりも、お取り寄せやネット通販などでは人気のあまり半年待ちといわれている、富良野のエアゾムプリンと台湾の人気スイーツ、パイナップルケーキを食べられるのは楽しみのひとつです。是非モーニングにプラスしたいですね。

奥泉
住所:北海道札幌市中央区南1条西22-1-18
電話番号:011-213-8805
営業時間:7時半~17時
定休日:火曜日

遅めのモーニングや、モーニング二軒目に行きたい「六花亭本店」

イートインのカウンターと喫茶店フロアに分かれている六花亭の札幌本店は10時半から開店と遅めのオープンですので、朝ごはんというよりも二軒目やブランチとしておススメです。

喫茶店メニューのおススメはシロップとバターたっぷりのホットケーキや、まるでイギリスのお茶会のように盛り付けられたヨーグルト、他にも食事メニューの数は少ないですがピザが絶品と評判です!北海道らしい食材をふんだんに使ったピザは海の幸たっぷり!

また、スイーツのオススメはカウンターでしか販売されていないマルセイバターサンドのアイスバージョン!
マルセイアイスサンドは札幌本店と帯広本店のみ、溶けやすい為テイクアウトも不可のメニューですが、その人気の高さから一時はブームを巻き起こしたほど。

他にも喫茶店フロアでは混雑具合により、無料サービスで人気商品「大平原」の焼きたてを配ってくれたりと嬉しい心遣いまで!この大平原は人気上位の商品で、1つ120円の焼き菓子です。イートインのカウンターにしようか、喫茶店フロアで楽しむか迷いますね。

六花亭札幌本店
住所 北海道札幌市中央区北4条西6丁目3−3
電話番号 0120-12-6666
営業時間 10時~19時
公式HP http://www.rokkatei.co.jp

まとめ

いかがですか?札幌市内や駅付近にはたくさんの人気カフェがあり、モーニングもかなり充実している事が伺えますね。

北の大地ですから、市場まで行ってとれたての海の幸を堪能するのも素敵ですが、忙しくてそこまでいけなかったり、予算が厳しかったりするもの。札幌駅付近でも海の幸を味わえたり、地元産の食材をふんだんに使用した食事やスイーツで北海道を味わえるなんて、贅沢ですよね。

ぜひ札幌に足を運んだ際や、近くに住んでいるけれど行ったことがない店がある人は訪れてみて、優雅なモーニングを楽しむのはどうでしょうか。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -