カップルの間で流行!写真は後ろ姿でおしゃれにキメよう!

恋人との写真はいつまでも思い出に残りますよね。後から二人で見て、ロマンティックな気分になったり、笑ったり。桜の下で、夏のビーチで、テーマパークで、そして恋人たちの一大イベント・クリスマスで、LOVE満載写真をたくさん撮りたいですよね。

最近はInstagramなどでもカップルの後ろ姿写真が流行中。ロマンティック系、カワイイ系、アート系など、いろいろな後ろ姿写真がアップされています。

今回は、カップルの後ろ姿を綺麗に撮影し、思い出に残る写真にできるコツをご紹介していきます。参考にしてみてください。

LOVE満載のシチュエーションや構図で

写真はやっぱり構図が大切です。ふたりをフィーチャーして大きめの構図にしたり、ふたりの姿を小さめにして風景にとけ込んだ構図にしたり、いろいろ考えられます。

ふたりを大きく写す構図の場合は、後ろ姿でもちょっと表情が見えている方が愛を感じます。表情が見えるので、微笑でもよくわかりますよね。ちょっとおでこをくっつけたり、お互い腰に手を回したり、ちょっと肩に手をかけるなど、さりげないしぐさでも写りこむので、そこを意識するのもステキです。

そしてやはり、シチュエーションも考えたいですよね。夏なら夕陽の砂浜で遠目逆光のシルエットにしたり、落ち葉の公園のベンチで寄り添うところを撮影するなどは定番ですが、そうしたアングルは王道なので、やはりまとまりやすいです。

また、テーマパークではふたりで同じポーズをとったり、キャラクターのしぐさをまねしたり、ちょっとコミカルな後ろ姿も楽しくていいですね。

場所にあわせたポーズをとると、あとで見返したときに思い出しやすいというよさもあります。撮影したらすぐ、電柱、ゴミ箱、見知らぬおじさん(笑)など、ロマンティックじゃないものが写り込んでいないか確認しましょう。

写真は「引き算」することも大事です。構図などを考えると撮りなおすことができればいいのですが、どうしてもムリなら、トリミングやレタッチで不要なものはできるだけ削り、ロマンティックを際立たせましょう。

タイマーや連写で失敗なく撮影

カップルがデートで後ろ姿を撮る場合、どういう方法で撮影しているのか疑問に思う方もいらっしゃるのでは?ポーズをとっていたり、ラブラブなところを見ず知らずの他人にお願いして撮影してもらうのも恥ずかしいですよね。

頼まれた方も、例え友だちでもちょっと気がひけるかも。自撮り棒をうまく使えばバックショットも撮れますが、持ち歩くのも大変だし、イベントや場所によっては自撮り棒禁止のところも最近は多いですよね。

そこでオススメしたいのは、セルフタイマーです。一眼レフなどのカメラはもちろん、スマホでもタイマーつきアプリはたくさんあります。

固定できるようなところに置いて後ろから撮影すれば、誰にも頼まず、恥ずかしさも感じずにラブラブバックショットを撮影できますよね。普段家で使っているスマホスタンドを利用すると安定します。

カバーがそのままスタンドになるタブレットを利用するのもアイディアです。くれぐれも不安定なところにムリヤリ置いて落として壊しちゃったりしないように!

また、連写機能を利用すると失敗が少ないですよ。一発撮りだと写る方もヘンに緊張しちゃったりしますが、連写だと自然な表情をとらえることも可能です。何枚も同じような写真があるので選びやすいですしね。

連写機能とタイマーがダブルでついたアプリもあるので、利用すると便利ですよ。
友だちにお願いした場合は、あとでごはんをおごってあげましょう。

光や影を利用してよりおしゃれに

自然の光はもちろん人工的なものでも、光と影のコントラストを使って後ろ姿を撮影するととてもおしゃれな写真を撮ることができます。

その代表的なものが、通常写真を撮る時にみんな避けようとする逆光を利用する方法。特におすすめなのは、海辺の夕日の逆光を利用した写真です。

撮り方はとっても簡単。自分たちは夕日の方向に向かいポーズを決めて、カメラは露出補正もフラッシュも必要なし。あえてシルエットだけが写るようにして、セルフタイマーで後ろ姿を撮るだけです。日没の時間帯さえ気にしておけば、おしゃれで幻想的な写真が撮れますよ。

角度を決めるのが少し難しいですが、2人で手をつないでハートを作り、その中に夕日を閉じ込めたポーズなどもとてもかわいい写真が撮れます。

太陽光だけでなく、強い光を発しているモニュメントなどの光源でも応用可能な撮影方法です。

アプリを使ってオシャレカワイく加工

写真がうまく撮れたら、今度は加工でランクアップしちゃいましょう!

リアル写真でもスクラップブッキングを楽しむ人が多いですが、そんな感覚でいろんな形に切り抜いたり、周囲をデコったりするのはとても楽しいですよね。

ハートに切り抜き加工できる「A Beautiful Mess」、透け感のあるフレームが人気の「CAMEREON」など、アプリはたくさんの種類があります。普段から使ってInstagramなどにアップしている方も多いですよね。カワイイ系、キレイ系など、好みにあったアプリを探してみてください。

男性や大人カップルは、モノトーンやレトロ加工をほどこして、アーティスティックにするのもいいですね。Instagramやスマホデフォルトアプリでもモノトーン加工やレトロ加工はフツーにできちゃいます。後ろ姿とモノトーン加工って、結構マッチしてアートになりますよね。

いろいろに加工したら、写真をスライドショーにして「バックショット集」を作るなんていう楽しみも。スライドショーそのものもカワイイ系、キレイ系、アート系などさまざまに作ると楽しいですね。

いろいろ工夫してみてくださいね。

おすすめカメラアプリ3選

A Beautiful Mess

「A Beautiful Mess」はフレンチポップな雰囲気のナチュラルかわいいコラージュや写真加工ができるアプリです。

使える加工は写真をかわいくおしゃれな質感にしてくれるフィルタや、温かみのある絵柄がナチュラルかわいいイラストスタンプ、フォント変更ができるテキストなど多種多様。デコレーションパーツは自由に色や大きさや角度など、細かく調節することができます。

コラージュ機能でもたくさんの切り抜きパターンがあり、中でもかわいさ抜群のハート型が多くのインスタグラマーから人気を集めています。

CAMEREON

人気ファッションブランドEMODAの公式画像加工アプリ「CAMEREON」は、ファッションブランド監修ならではのおしゃれなフィルタやスタンプで大人気のアプリです。

EMODAプロデューサーでありカリスマブロガーでもある松本恵奈さんがブログに載せているような写真が再現できるので、撮影技術に自信がない人でも手軽にハイセンスな写真を撮ることが可能です。

フィルタやフレームの数も豊富でどれもセンスのいいおしゃれなものばかり。大好きな彼と2人で撮った後ろ姿写真を洗練された雰囲気に加工できますよ。

写真編集-PIP カメラ

「写真編集-PIPカメラ」は、牛乳瓶フレームや雫フレームなど約200種類もあるフレームでユニークな加工画像が作れる画像加工アプリです。フレームだけでなくフィルタも種類豊富なので、このアプリ1つで様々な雰囲気の写真を作ることができます。

多彩な画像加工ができるアプリですが操作は簡単。好みのフィルタやフレームを選んで写真を撮ったら、そのまま微調整をすればいいだけなので操作も簡単です。

かわいい画像からかっこいい画像、ハイセンスでおしゃれな画像もクスっと笑えるおもしろ画像も自由自在に作ることができますよ。

後ろ姿動画を撮影しよう

後ろ姿写真の応用で、写真を何枚か撮ったら動画でも思い出を残しておくのもおすすめです。画面に動きのある動画なら、より臨場感のある思い出を残すことができますよ。

動画もおしゃれに残したいなら「Tik Tok」などの動画加工ができるアプリを使うと、簡単におしゃれな雰囲気のショートムービーが撮影できます。後からBGMを追加して、1つの作品として残せば後から見返すのも楽しくなりますね。

思い出の動画は将来2人が結婚することになった時に、結婚式のプロフィールムービーの素材としても使えるので、記念に撮っておいて損はありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

写真は恋人との記念になる大切なもの。特に後ろ姿はいろいろに工夫して作り上げることができるので、思い出深いものになりますね。楽しいデートでも、何気ない日常でも、写真ひとつで大切なひとコマになります。

アプリや構図、撮影場所など、遊び心を働かせていろいろチョイスしてください。ふたりの大切な思い出の、ステキな演出になること間違いなしですよ♪

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category