幼い男性は恋愛対象じゃない!相手を傷つけない対処法☆

Clover(クローバー) > 恋愛 > 幼い男性は恋愛対象じゃない!相手を傷つけない対処法☆

年齢を重ね、経験を積むと、ほとんどの人はしっかりとした考え方や、場所に合わせた行動をとることができます。ところが、人生経験が足りていないのか、いつまでたっても幼いままの人もいます。

今回は、幼い男性から好意を持たれた場合の対処法について紹介します。幼い男性から好かれやすいタイプについても解説しているので、自分は当てはまっているかどうか、同時にチェックしてみてくださいね。

引き寄せてない?幼い男性に好かれてしまう女性の特徴

しっかり自立している

精神的に幼い男性は、彼女ができても相手のことを支えたり、気を配ることができません。彼女から相談されることをわずらわしいと感じることもあります。そのため、何でも自分で解決できる自立した女性に好意を持ちます。

女性の方からは、何も要求されないから一緒にいて楽だということもありますし、さらに、困ったときには助けを求めれば、アドバイスをもらえると思っているのではないでしょうか。

そんな男性と付き合っていると、利用されるだけで女性側には何のメリットもありませんよね。

コミュニケーション能力が高い

本来は長所である、コミュニケーション能力の高さが、残念な幼い男性を引き寄せることにつながることも。コミュニケーション能力が高いということは、相手の話している内容だけではなく、声の調子や表情からも気持ちを読み取る能力が高いということです。

相手がいつもと違う態度だったら、困っていることがあるのかも、とつい手を差し伸べてしまいたくなりますよね。また、相手の話し方や表情から、相手が望んでいる言葉をかけてしまうという特徴もあります。

良い人間関係を築くために、他人のことに気が付いたり、相手の気持ちに添った言葉をかけてあげるのは、大切なことですが、その言葉に甘えたり、世話を焼いてもらいたいと思う男性が、好意を寄せることになるのです。

素直で自然体

年齢を重ねると、プライドも高くなり若い時よりも自己主張したり、年下の人や部下の意見を、聞き入れにくくなることがありますよね。そんな人が多い中で、どんな立場の人の意見でも聞くことができる、素直な人は魅力的に見えます。

また、年齢を重ねたから高価なものを身に付けないといけないなどとブランドにはこだわらず、着やすい服装や使いやすい物を選ぶ、自然体で過ごす人も、付き合いやすそうに感じられますよね。

そんな、誰の話でも素直に聞くという特徴が、幼い男性からは「自分の話を聞いてくれる人だ」と距離を縮められる原因になります。自然体の親しみやすさが、裏目に出てしまうんですね。

頼りない人を気にしてしまう

妹や弟がいたり、子どものころから部活や委員会で、後輩の面倒を見ていた人は、大人になってからも、後輩の面倒をよく見たり、頼りない人に、つい目がいってしまうことがあります。

仕事に慣れていない人や、ちょっと問題がある人がいると、何か失敗するのではと気になってしまい、目で追ってしまうこともあります。そうやっていつも気にしているため、実際に問題があったときにも、素早くフォローに回ってしまいます。

その結果「この人はいつも自分を気にしてくれている」「何かあれば助けに来てくれる」と、頼られてしまうことになり、その気持ちが好意につながることがあります。

おっとりしている

しっかりした女性だけではなく、おっとりしている女性も、幼い男性を引き付ける魅力を持っています。この場合は、お嬢様育ちで場違いな事を言う天然な女性ではなく、どんなときでも慌てず余裕を持っているところが、おっとりしているように見える女性です。

男性が羽目を外しすぎたときでも、非難するのではなく、にこにこ見守っていたる様子から、自分に好意を持っているのではと誤解されることも。また、口うるさくないおとなしい人という印象が、なんでも許してくれそう、とい印象を持たれることもあります。

こんな男には気をつけろ!幼い男あるある

自分のことしか考えない

大人になると、自分の気持ちばかりを優先してはいられませんよね。周囲の状況に合わせて、気を使い、言いたいことを我慢したり、言葉遣いに気をつけて、人間関係が上手くいくように工夫することもあるでしょう。幼い男性は、周囲に気を使うことができません。

いつまでの自分のことしか考えない自己中心的な考え方から成長できず、いつでもどこでも自分の好きなように振る舞います。その結果、他人を傷つけたり、場の空気が悪くなることも。

そんな幼い男性と一緒にいると、フォローが大変ですよね。彼氏としてだけではなく、仕事でも関わり合いたくないタイプです。

デートのときも自分が行きたい場所ばかり選んで、彼女が楽しんでいるかどうかは気にしてくれないため、一緒にいても不満ばかりがたまってしまう可能性もあります。

すぐに逆切れする

幼い男性は、自己中心的なだけではなく、自分の意見が一番正しいという思い込みも持っています。そのため、他人からの注意やアドバイスを素直に受け入れることができません。

その結果、自分に都合の悪いことを言われると逆切れしてしたり、親切心からのアドバイスも受け入れられずに、逆にその人のことを悪く言うことさえあります。

悪いところがあっても、素直に他人の話を聞けないようでは、今後も成長が望めませんよね。また、自分の立場が悪くなると、逆切れするのは理論的な考え方ができない人だとも言えます。

困っている人を見てよろこぶ

困っている人がいるのに、他人の不幸をよろこんだり、低レベルないたずらをしてよろこんでいるような男性には、魅力を感じませんよね。クラスメイトにいたずらをしてよろこんだり、人が困っているのも見て笑ったり……小学生の時期には、そんな男の子もたくさんいましたよね。

しかしながら、大人になって、他人の痛みがわかるようになると、困っている人を見てよろこぶのは、悪趣味だと気付きます。誰かが困っている場合には、「大変そうだな」「気の毒だな」と感じるのが、普通の反応ではないでしょうか。

他人の痛みを分からない男性は、付き合っているうちに、平気で彼女が傷つくことを言ったり、家族や親戚に不幸事があっても、親身になってくれずに頼りにならないということが考えられます。恋人にするなら、他人のことを思いやれる、大人の男性が良いですよね。

陰で悪口を言う

嫌なことや不満があるときに、面と向かって言い返すことはしないのに、陰で不満を言ったり、うわべでは仲良くしているのに、陰では悪口を言っている男性も要注意です。

不満があるなら、その場で話し合い、解決すればいいのに、納得したふりをして、文句を言うなんて情けないですよね。また、陰口を言う男性は、本音で付き合っていい人かどうか、考えてしまいますよね。

二面性がある男性は、浮気をごまかしたり、平気で嘘をつきそうで、信用もできません。付き合っていくのには、不安を感じてしまうタイプです。

他人をうらやましがる

他人の成功をうらやましがったり、他の人の持っているものを欲しがったりする男性っていますよね。成功をうらやましがるだけでなく、自分も成功できるように、努力できる人なら良いのですが、うらやましがるだけで、何の努力もしない人はには、成功もあり得ません。

成功した人の良い面ばかりを見て、過程まで気が回らないのは、考えが浅いということです。人をうらやましがったり、自分の状況に不満ばかり言っていては、現状が良くなることはありませんよね。努力した人にだけ、結果が出るのです。

他人の物をうらやましがる人にも、同じことが言えます。誰かと付き合っても、彼女の悪いところを見つけて、友達の彼女と比べてばかりいる可能性があります。

自分にも悪いところがあったり、自分自身の行動や発言で、彼女の態度が悪くなっても、そのことは考えず、彼女のせいにばかりしてしまいます。自分の悪いところに気付かず、改善しなければ、だれと付き合ってもうまくいきませんよね。

上手く距離を保つ対処法とは……?

相手の話に共感しない

相手が話していることに「そういうことってあるよね」「よくわかるよ」などと答えてしまうと、この人は自分のことを分かってくれている、自分を受け入れてくれるんだと勘違いされてしまうことがあります。

その結果、自分のことを分かってくれているんだから、わがままを言っても許される、何をしても受け入れてもらえると思われてしまうことも……。

話をしていて「考え方が甘い」「自分とは違う考え方だ」と思ったら、相手に気を使いすぎず、はっきりと自分の意見を言うことも大切です。相手を受け入れてばかりでは、幼いままで成長するきっかけがありません。

ビシッと伝えることが、相手の成長にもつながるのではないでしょうか。

他人に気を配りすぎない

ついつい世話を焼いてしまう人は、ただの親切が誤解を生むこともあると心にとどめておきましょう。こちらからすれば、いつも他の人にもしている親切でも、相手にとっては「特別だからしてもらっている」と感じてしまうこともあります。

世話を焼くことに慣れていると、相手の気持ちを察して行動してあげたくなることもあると思いますが、あまり気を配らず、必要以上にかかわらないという意志を持つことも大切です。

とにかく近付かない

相手との距離を置くための方法として、物理的に距離を置くというのもあります。幼稚で近付きたくない男性だと感じたら、一緒に食事や飲みにはいかない、飲み会でも離れた場所に座るなど、関わり合いを避けましょう。

仕事の連絡などでどうしても連絡しなければならないときにも、雑談などは避け、用件だけを伝えるようにしましょう。

距離をおいても、最初はしつこく近づいてくるかもしれませんが、幼い男性はいつまでも進展がないことに興味を持ってはいられません。自然に距離が開いていくはずです。

まとめ

幼い男性との付き合い方は、普通の人からすれば「なんでそうなるの?」と思うことも多いですよね。相手の世話を焼いてしまうと、ずるずると離れられない関係になってしまうこともあります。

わがままで自己中心的な幼い男性から、本格的に好意を持たれてからでは、断るのにも苦労するのが目に見えています。この男性は幼いから要注意!と感じたら、徐々に距離を置くようにしましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category