ドジっ子な女子の特徴とは?そうなる理由も解説します!美人に多いってホント?

好かれる女性は皆、それなりの理由があります。外見もそうですが、中身も含めて、好かれることが多いです。そして、それなりのキャラクターも持っています。

このところ注目されているのが「ドジっ子」というキャラクターを持つ女性。いつも失敗ばかりのイメージですが、実際のところ、一体どんな側面を持っているのでしょうか、今回はそのあたりをご紹介します。

ドジっ子って何?その特徴をタイプ別にご紹介!

純粋にドジというわけではない…?

言い換えれば「スキのある人」がドジっ子といえます。本記事をお読みの方の中には、隙があれば今頃苦労なんてしていないわ!という、筆者と同じ思いをしている方も少なくないと思います。かつて注目をされたぶりっ子や小悪魔であれば、計算や演技でどうとでもなりますが、ドジっ子となると、それらが全くの嘘のように、ごまかしが利かなくなってしまいます。

度がすぎると軽く思われたり、疎ましがられたり、そんな誤解をされたり、挙句の果てには嫌われてしまう危険もありますが、逆に「演技とそうでないところのボーダーライン」を地で行くような、絶妙かつ微妙なドジっ子の「ナチュラルスタイル」を次の項からご紹介します。

ドジっ子さん① どことなく不器用なタイプ

本人はいたって真剣なんだけども、仕事では重大なミスを犯して上司に一喝されたり、「それを言っちゃあおしまいでしょうよ」という台詞が出てきたりと、傍から見ていてハラハラの連続な女性、いますよね。

不器用さんには朗報になると思うのですが、以前テレビで宮大工の取材を見た事があります。棟梁曰く、器用な人は何においてもそれなりにできてしまうので、ふとしたきっかけで他の仕事に移って行くとのこと。

逆に不器用さんだと、何かをやるのには時間がかかりますから、いろんな事に手は出さず、一つの事に真剣に取り組む。そういったところから不器用さんを弟子として迎えるのだという話だったのです。

こうしたところからもわかるように、不器用さんには男性特有の守ってあげたいなという本能に結びつくような側面があるのかもしれません。

ドジっ子さん② 自信がないタイプ

そんな女性は対象から外されてしまうのが通例ですが、男性によっては、そういう女性にとっての「外の世界」を見せるたびに、女性が明るくなってゆく様が楽しみという方もいるようです。

言い換えれば素直すぎるといったところでしょうか、そういった意味での純粋さが心を射止めるようなところがあるようです。なんだか放って置けないという感じでしょうか。

失敗続きで自信のない女性は失敗を人一倍恐れるものですが、その失敗を怒る人が実のところ、パートナーや直属の上司だったりという理解者になっていたりします。

ドジっ子さん③ 天然ボケなタイプ

例えば水をグラスではなく、お茶碗に注ごうとしていた!という感じですね。この荷物持てそうだなと思って持ってみたらすごく重たかったというのもその類ではないでしょうか。

言い間違いというのもそうですね。「水平」と言いたかったはずが、いつの間にか「平行」と言ってしまっていた、なんていうのもこの天然ボケに入るように思います。

あまりにも一つの事に夢中になるあまり、エプロンをしたままで買い物に行ったり、靴下の柄が左右で違っていたりというのもこういう天然ボケですよね。

ドジっ子さん④ 絶妙なタイミングで飲み物をこぼす!そして転ぶタイプ

例えば社長のお客様が会社にお見えになったという時にお茶をお出ししようとしたら、コードに引っかかってお客様にお茶が…というような、漫画やコントでよくありそうなパターン。

なぜかそこに、いつもならないはずのコードやつまずく何かがあるというのは、ドジっ子の神様が降臨しているからなのでしょうか?しかしそういった時に限って、履いているヒールが折れたり、お洋服がお気に入りだったり、気合いを入れて髪の毛をセットしていたりするんですよね…。

ちなみに筆者は会社で、電話線のコードに脚が引っかかって派手に転んでしまい、電話も派手に壊してしまった上、その衝撃で靴の装飾が取れてしまった事があります。

筆者がドジっ子なのかどうかは判断の対象外として、極端に慌てまくっているのか、極端にぼーっとしているのか、その両極にあるのがドジっ子キャラの女性だと言えそうです。

ドジっ子さん⑤ あんまり無理してると大変!なタイプ

これはドラマでもよく描かれますよね。高いところにあるものを取ろうとして、取れなかったり、落ちてきたりというパターン。男性側としては一生懸命な感じがしてウケがいいようです。

ただし、ドラマでよくあるように、手いっぱいの資料を持っていって男性にぶつかるなんて事のないように。世の中はそこから恋愛が始まるような簡単な世界ではないと知るべきです。

それから、テクニックでやるとひんしゅくや総スカンをくらいますので、高いところのものは素直に脚立を持って行って取るように。

天然ボケ的にこれをやった事があるのであれば、あれもこれもと余裕のないほど思いを張り巡らせて一気にコトを済ませるのはあまり良くない、その典型なんですね。

ドジっ子さん⑥ 見ていて何だか危なっかしいタイプ

階段を踏み違えて転ぶ、掃除中に足を滑らせて転ぶ、そういったところに男性は萌えるんだそうです。時には何にもないところで転びそうになる事もありますが、恥ずかしいあまりに慌てて立ち上がろうとするところもまた、可愛さがあるのかもしれません。

仕事であればなぜか責任重大の仕事を任されるようなケースでハラハラしているような感じ。ただし、テクニックでやったとしてもいい反応が得られるどころか、冷たい視線のオンパレードになりますので、お気をつけあれ。

ドジっ子さん⑦ メカ音痴タイプ

取扱説明書を読むのが苦手な女性は多いです。このところの電化製品は直感的な操作が可能のものが増えてきており、特にスマートフォンに至っては、それすらないような状態ですよね。

そんな女性がメカと格闘している姿に萌える男性もいるらしく、手を差し伸べたくなるようです。

ただし、これはテクニックでやろうがやるまいが、あらゆる意味でとてつもない事になるのは明らかですから、これはまずいと感じた時点で操作は止め、助けを求めるべきです。格闘もほどほどにしましょう。

ドジっ子さん⑧ 方向音痴タイプ

あれ、どっちだっけとすぐ迷うその姿に可愛さを覚えるという男性は多いようです。大抵間違えそうにもないようなところで間違えたり、逆方向に進んだりと、その翔んでる感覚がウケているとか。

しかし、先ほどから暗にお伝えしていますが、テクニックでこういった事を実行するとすぐにバレます。本当に大丈夫な時は素直にそれを出しましょう。分からない時は聞きましょう。こちらも同性からひんしゅくを買うファクターです。

ドジっ子さん⑨ 料理で失敗するタイプ

ドジっ子さんは、料理で失敗してしまうタイプの人が多いです。料理での失敗とは、よくマンガなどにでも出てくる「塩と砂糖を間違った」なんていうシンプルな間違いです。味見をせずに人に料理を出してしまい、そこで初めて気が付く人も。

また、レシピを見てしっかり作っているのに、全然出来上がりの見た目や味が違ったり、まず具材を切ったりするところから失敗してしまうパターンも。何度作っていても上達しないという、ドジっ子さんもいます。

料理でのドジっ子さんは、男性から見るととても可愛く感じてしまうことも。ドジだけど一生懸命作っている姿に、きゅんとしてしまいます。

ドジっ子が人気を得る理由とは?

なぜドジっ子キャラは注目されるのか

ここまでドジっ子さんの様々な実態を知って頂いたのですが、同性には芳しく思われる事があまりなく、男性に人気だというファクターが揃っている事が伺えます。

しかしなぜ、男性にこのドジっ子キャラが好評なのでしょうか。後編ではそういったところを探っていきます。

ドジっ子人気の理由① 守ってあげたいっ!

転んだり、ドジを踏んだりと、そういう女性を男性が見ていると、「助けなきゃ」と感じさせるものがあるからのようです。

転んでるところに男性がやって来て、「昨日も言っただろ、何やってんだよもぅー」と言いながらも、その表情は笑っている、なんていう場面に遭遇した事はありませんか?

それは、男性特有の保護本能。同時に、自分がこの子を守らないと大変な事になったかもという、一種の優越も相まっていたりする事もあるようです。

ドジっ子人気の理由② 教えてあげたいっ!

男性心理の代表的なものの一つに挙げられるのが「女性よりも上でありたい」、つまり先ほどちらりと触れた優越の心理です。その心理から、例えば女性の知らない世界を見せたり、魅力を語ったりする場面に遭遇した時は、心を開いている証と言えるのではないでしょうか。

もう一つ代表的な男性心理を挙げると、それに対して「すごい!」「それ、初めて知った!」など、すごい、初めてという言葉に男性は敏感な反応を示すという点。

話題になっている事がすでにわかっている状態であれば、少しマニアックな点を出して見るのはどうでしょう?例えば映画であれば、この作品はこのバンドが音楽を手がけているなど。そうして話に奥行きをつけて行くと、もっと男性が話してくれるかもしれません。

ドジっ子人気の理由③ 教えてあげたいっ!

教育や医療の現場に男性が多いのもそれなのかもしれませんね。本記事をお読みの女性の中には、お相手が家庭教師や塾の講師などという関係の延長で成就された経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

よく、学校の教師が教え子と結婚するというケースを聞きますが、それも男性の教えてあげたい欲求をしっかりと満たしているからだと言えそうです。

ドジっ子人気の理由④ コミュニケーションを図りやすい

合コンなどの場で転んだり飲み物をこぼしたりすると、「あ!大丈夫ですか?」と手を差し伸べる男性、いますよね。女性も自然とそういう男性に好感を持ちます。ここからコミュニケーションが取れやすい状況に自然となっていきます。

カップルによってはその延長線上で「ボケとツッコミ」のような感覚になって行くという人もいるでしょう。しかもドジっ子さんは総じて、人当たりがいいのです。そして、計算づくなんかではないのです。場の空気が暖まっていない時のドジはむしろ、その突破口とも言えるのです。

ドジっ子人気の理由⑤ 安心感

男性にとって仕事はいわば戦場のようなところ。そこにドジっ子キャラの一つ抜けたような女性がいると癒しになったりするようです。そういったほっこり感、安心感が人気のファクターになっていると言えます。

また、そのドジが笑いになったりする点から、ドジっ子が周囲にもたらす笑いの影響力も一理あるとも言えます。

発言や行動におけるドジっ子あるある

家の鍵とパスケースを間違う

ドジっ子さんは、「そんな間違いする?」と周りに思われてしまうような間違いをおかしてしまうことがあります。例えば、家の鍵とパスケースを間違うなどです。家の鍵がなかなか開かないので困ってると、実はパスケースだったなんてことが。手に取ってすぐに気が付きそうなものですが、これに気が付かないのがドジっ子さん。

パスケースじゃなくても、鍵と何かを間違ってしまうという根本的なミスを連発してしまいます。形が似ているものなら仕方がないですが、鍵とパスケースでは見た目も形も違うのに、間違ってしまうんです。

物をよくなくす

物をよくなくしてしまうのも、ドジっ子さんあるあるです。さっきまでここにあったものがなくなったり、大事な書類もすぐになくしてしまう。いつも「あれがない」「これがない」と騒いでいるのが、ドジっ子さん。なくそうとしてなくしているわけではないけれど、どこに置いたのかがわからなくなってしまいます。

いつもなくしてばかりだと、周りからの信頼も失ってしまうかも。適当にいろんな場所に置くのではなく、しっかり直す場所を作っておかないと、周りから呆れられてしまうこともあるので、ものをなくしすぎないように気をつけるようにしましょう。

わざとやっていると思われる

あまりにも周りからしたら考えられないようなことを連発するので、「わざとやっているでしょう」と言われることがよくあります。とくに女性から言われることが多く、「可愛いと思われたいからやっている」なんて冷たい意見を言われてしまうこともあるでしょう。

しかし、本人はわざとではないのでそういわれると不愉快ですよね。でも、周りからすると本当にわざとではないのか、と感じられてしまうのも無理ないのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。同性からあまり芳しく見られないドジっ子ですが、真のドジっ子とは結局、女性からも愛されます。そして計算している感じが全くないのです。そこをしっかりと念頭に置いて頂きたいと思います。

タイトルには「美人に多い」とありますが、それはドジっ子さんがそういった年齢を感じさせず、いつも夢や目標を持ち、懸命に頑張っているからこそなのではないでしょうか。

「人間は夢や目標を失った時に初めて老いる」と言われています。ドジっ子さんは諦める事なく、そういったゴールを絶えず持っているのです。そうした人たちの愚痴をこぼしている方が、本記事をお読みの方の中にもしいらっしゃるのであれば、あなた自身はどうなのか、ぜひドジっ子の生き方にも着目してみて頂きたく思います。

同時に、ドジっ子を愚痴る事が、自分自身をより早く老いに導いているという意識を持って頂きたいです。

サイトによってはドジっ子テクニックと称して特徴を紹介しているものもありますが、同性から敵視される結果を生んでしまうと、途端に逆効果となります。本当に効果があるのは、自分らしさを大事にする事。小手先のテクニックはいずれバレます。自分らしさで勝負して初めて、真の手応えは掴み取れるのです。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category