同棲あるある9連発☆ストレスや幸せを感じる瞬間に思わず共感!?

好きな人とずっと一緒にいられる同棲、ラブラブなカップルなら憧れている人も多いのではないでしょうか。しかしながら、同棲には理想と違った厳しい面もあり、そのギャップをストレスに感じてしまう場合もあります。

今回は、実際に同棲している時に感じてしまうことや、思わずやってしまうことを「同棲あるある」として紹介します。

同棲を始めようか悩んでいる人へ、この記事が同棲中の人の気持ちや悩みを知るきっかけになればと思います♪

スポンサーリンク

ラブラブとイライラのせめぎ合い?同棲あるある9こ☆

いつも一緒で幸せを感じる

同棲で一番多く感じることは、やっぱりずっと一緒に過ごすことができて幸せということですよね♡休日には、待ち合わせ時間を気にすることもなく、朝起きた瞬間から、相手の姿を見ることができます。

今まで「デートが終わった後に帰りたくない」「離れるのがつらい」という人も、さみしい思いをせずに毎日過ごすことができます♪一緒にいることで、会っていない間の相手の行動を心配する機会も減りますね!

おそろいの物でそろえたくなる

1人暮らしをしている人は、同棲前の家具や食器があるはずですが、同棲を始めるとバラバラの食器ではなく、おそろいのものが欲しくなります。ペアのマグカップや茶わんなど、おそろいのものを使う事で同棲しているという事が実感できますよね♪

外でペアルックは恥ずかしいけど、家の中ならパジャマやルームウエアをおそろいにしても、誰かに見られる心配がありません。2人だけの空間で、ラブラブな雰囲気が楽しめます♡

買い物が被ってしまった

一緒に暮らしているうちにだんだん考え方が似てくるのか、同じタイミングで同じものを買ってしまうことがありませんか??コンビニで見かけたジュースや、記念日だからと買ったケーキなど、家に帰ると相手も全く同じものを買っていたという事がありますよね。

食べ物や日用品など、ささやかなものなら良いのですが、家具など大きな物かがぶってしまうと大変ですので、大きな買い物をする時は、2人で出かけた方がいいかもしれませんね☆

部屋数で後悔

同棲前は、家賃の安さや、2人で過ごせる空間があればいいからと、ワンルームなどの部屋数の少ない物件に決めてしまう事があると思います。2人でくっついて過ごす時には、部屋数が気にならないかもしれませんが、体調を崩したり、相手の友達が遊びに来た時に不便を感じたことはありませんか??

長く一緒に過ごしているうちに、1人になりたいと思うこともありますよね。新しい場所に引っ越すとなれば、それこそ余計な出費になってしまうので、間取りについては同棲前によく話し合っておくのがオススメです☆

帰宅が遅いとイライラ

毎日決まった時間に帰宅しているのに、帰宅が遅い日があるとイライラすることもありますよね。2人で過ごすペースに慣れてしまっているため、食事の片付けやお風呂の時間のペースが乱れてしまうことも……。そういう時は残業などの理由でもイライラしてしまうものです。

また、なにも連絡がなかったり、帰宅時間を教えてもらえなかったりするとますますイライラの原因になりますよね。そんな時には、相手は相手、自分は自分と割り切って、さっさと寝てしまいましょう!「○時までなら待つ」と自分の中でルールを決めておくのもいいですよ☆

生活リズムがストレスに

相手と自分の、寝る時間や起きる時間などの差が大きい時には、生活リズムの違いもストレスになりますよね。付き合っている時のたまの外泊を相手に合わせていた人でも、それが毎日続くとつらく感じてしまいます。

同棲する時に話し合って、起きる時間や寝る時間はお互いに負担の少ないように決めておきましょう。どうしても生活リズムが合わないようなら、寝室を別にして、休みの前の日だけ一緒に寝るなど、いろいろと工夫してみてくださいね☆

2人でいてもやることがない

たまに会って、外でデートしていた時には行きたい場所ややりたいことがたくさんあったのに、同棲後は休日なのにだらだらと過ごし、せっかく2人きりなのにあまり楽しく感じられない……。そんな経験ありませんか??

そういう時は、毎回休みのたびに出かける必要はありませんが、月に1回はスケジュールをしっかり決めたデートをしたり、ランチを一緒に作るなど、2人でできることを考えてメリハリのある生活をしましょう。

金銭感覚の違いにイライラ

どちらかが学生だったり、2人の収入に差がある場合は金銭感覚の違いがストレスの原因になってしまいます。自分は1ヶ月に使えるお金を計算して買い物をしているのに、相手が値段を見ないで好きなものをどんどん買い物かごに入れたり、特に必要ないものを買っているのを見るとイライラしますよね。

また、デートの時にはお金を使うのを嫌がるくせに、自分の趣味にはお金をつぎ込むというタイプも、自分が愛されていないようで不満がたまります。

結婚に踏み切るタイミングがつかめない

同棲期間が長くなると、逆に結婚に踏み切るタイミングが難しくなってきます。同棲していなければ、そろそろ一緒に暮らしたいからと結婚を考え始めますが、同棲をだらだらと続けてしまうと結婚してもあまり違いがないように感じられるからです。

年齢的に子どもがほしくなった、職場で昇進して経済的に安定したなどのきっかけがあれば、結婚について言い出しやすいかもしれませんね!また、利便性が悪いから違う場所に引っ越したいなど、物件を移動するタイミングで将来の事を考えてみるのもいいかもしれません☆

スポンサーリンク

同棲生活中にストレスをためないコツ

1人の時間を作る

同棲中は、ほとんどの時間を相手と過ごすことになりますが、他人と一緒に生活するという事は、知らず知らずにストレスがたまるものです。とくに、今まで1人暮らしをしていた場合は今までの生活ペースが崩れることが一番のストレスになりますよね。
また、付き合って日が浅いころにいいところを見せようとはりきりすぎて空回りしてしまった……そんな経験もありませんか??

たとえストレスがたまっているという自覚がなくても、週に1回はカフェで1時間くらいまったり過ごしてから帰るなど、意識して1人でゆっくり過ごせる時間を作りましょう。
実家が近い場合には、たまに実家に帰ってゴロゴロするのもいいですね♪

同棲中の家でも1人で過ごすようにするなら、できれば2部屋以上ある物件を借りるのがオススメです☆

嫌な事はハッキリと伝える

「好きな人に嫌われたくない」「わがままだと思われたくない」という気持ちから、自分の本音を隠したり、相手に合わせてしまっていませんか??もちろん、2人で一緒に暮らすためにある程度の譲り合いは必要ですが、どちらかだけが我慢を続けると、ストレスがたまっていつか爆発してしまいます……!!

これから長い間一緒に過ごしたいと思うのなら、相手の事を理解することと同じくらい、自分の事を理解してもらうことも大切です!嫌なことや、不満に思うことがあったら、我慢せずに相手にハッキリと伝えましょう。

しばらく経ってから「実は、○○されるの嫌なんだよね」と伝えると、相手も「なんで今さら言うの」と感じてしまいます。言いにくいこともあると思いますが、嫌なことを後回しにするのは、かえって関係を悪化させてしまいますよ!

何か思うことがあったら、後回しにせずにすぐ伝えるようにしましょう。

感謝の気持ちは言葉に出して

一緒に暮らしていると、自然と家族のような気持ちになっていきますよね。しかしながら、同棲相手は生まれた時から一緒に暮らしている家族とは違うものです。家族間で頻繁に相手を褒めたり、感謝の気持ちを伝えることはないかもしれませんが、同棲相手には言葉に出して伝えるようにしましょうね♪

家事の当番を変わってもらった時や、自分が忘れていたことをやってもらった時に「ありがとう」と伝えるだけで、相手もやりがいを感じてくれます。感謝されたことで、「何かあった時にはサポートしよう」という気持ちもわいてくるので、同棲生活も長続きしますよ♡

スポンサーリンク

同棲中の問題には早めに対処する!

同棲前にしっかりリサーチを

同棲を決めた時には、お互いにラブラブで、とにかく一緒にいたいということしか考えられなくなっていると思います。ですが!同棲しているうちに、一緒にいることに慣れ、いい面だけではなくストレスを感じる場面も出てくるものです。

「私たちラブラブだから関係ないもん!」と思うかもしれませんが、実際に同棲している友達の話をきいたり、インターネットでの体験談などを見ておくことをオススメします!

幸せな話ばかりを聞くだけでなく、実際にあった同棲トラブルを聞いたり読んだりすることで、いざ自分が同じ立場に立たされたときに、解決のヒントになることがありますよ♪

ストレスのない間取りを考えよう

同棲前に部屋を決める時には、使い勝手がいいのはもちろんですが、お互いに自分の時間が持てる間取りの部屋を選びましょう。「ラブラブな2人でいつも一緒にいるから」と、お互いの部屋を分けない間取りを選ぶ人もいますが、せめてリビングの他にもう1部屋ある間取りを選びましょう。

仲がよくても、体調が悪い時は1人になりたかったり、集中して自分の趣味に没頭したいということもあるかもしれません。そんな時にワンルームだけでは不便を感じてしまいますよね……。お互いに1人で過ごせる部屋があった方が、ちょうどいい距離感を保つことができて、ストレスをためない生活ができますよ☆

たまにはケンカをして気持ちをリセット

一緒に暮らしている時に、喧嘩をしてしまうと気まずいですよね。だからと言って、自分も不満がたまっているのに我慢していると、たまりにたまった不満が爆発して、余計に取り返しのつかない大ゲンカになったり、最悪の場合関係が修復できないところまでいってしまうかも……!!

そんなことにならないためにも、お互いを知るために本音でぶつかるケンカも時には必要です。不満が小さいうちなら、相手に気持ちをぶつけてもおさまりがつかなくなるほど感情的になる可能性も低いです。本音をぶつけることですっきりできますし、2人の問題をケンカの中でとらえることで、さらに関係が深まるかもしれませんよ☆

まとめ

同棲あるある、いかがでしたか?思わず「あるある~」と笑ってしまうものから、笑えないシリアスなものまでさまざまですね☆
これから同棲したいと思っている人には、「こんな現実もあるんだ」と知ってもらえればと思います。

同棲中でストレスを感じている人には、他のカップルも順風満帆ではなく、同じように悩みながら成長していることを知ってもらえれば、「これで悩んでるの自分たちだけじゃないんだ!」と、同棲生活に自信が持てるのではないでしょうか??

同棲していく上で、ストレスは避けて通れない道なのかもしれません。ストレスを抱え込んで爆発してしまう前に、リフレッシュする必要があります。いくらラブラブな2人でも、今まで別々に暮らしていた他人同士ということを自覚して、気持ちはきちんと伝えるようにすると、お互いをさらに深く理解できますよ♪

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -