会社に馴染めない人が実践すべきことまとめ!話しかけづらい雰囲気の特徴・原因解説も

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 会社に馴染めない人が実践すべきことまとめ!話しかけづらい雰囲気の特徴・原因解説も

毎朝家を出るとき、明るい気持ちで会社に向かえていますか?月曜日は特に憂鬱という方も多いですよね。仕事では多かれ少なかれストレスを感じるものです。特に会社での人間関係が上手くいっていないと毎日の仕事がよりつらいもになってしまいます。

しかし職場は学生時代と違って年齢や生活環境も違う人たちが集まる場所です。なかなかコミュニケーションがとれず、職場に馴染めないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

職場に馴染めない人は知らず知らずに嫌われていたり、逆に自分から無意識に拒絶してしまっていたりするかもしれません。ご参考にしてください。

会社に馴染めない原因と理由

仕事内容が合わない

新人研修やマニュアルが用意されている会社もありますが、多くの場合は上司や前任者から教わることになります。実践を積むことで仕事を覚えるという方法は、身につきますし勉強にもなります。

分からないときは上司に質問したり、自分なりに工夫したりするなど成長にも繋がるでしょう。ですが、仕事には向き・不向きがありますので、誰もが全員ついていけるかと言うと、そうではありませんよね。

中にはがんばっていても、仕事についていけないという人もいます。そのような場合には、仕事内容が合っていない可能性が高くなります。

職場環境が合わない

会社ごとに職場環境は異なります。

残業・休日出勤が多い職場であれば、プライベートの時間が持てなくなってしまいますし、飲み会が多い、いわゆる飲みニケーションを大事にする会社であれば、飲めない人にとっては苦痛と感じることもあるでしょう。

福利厚生がきちんとされていない会社であれば、不安を抱くことも多くなります。なんとなく居心地が悪く感じている場合、やはり会社に馴染もうとしても無理が出てしまいます。

人間関係が合わない

会社に属すかぎり、仕事をする上で職場での人間関係はとても重要なもの。コミュニケーションを密に取り、円滑に回るように複雑な人間関係の中でも協調性を持って挑む必要がありますよね。

仕事はワンマンでは成り立ちませんし、1つのことをチームプレーで取り組み、それが成功してはじめて利益を生み出します。入社した会社で上司や同僚と人間関係が上手くいかず、コミュニケーション不足に陥り孤立してしまうと、仕事も上手くいくはずがありません。

自分から壁を作っている

仕事や環境ではなく、自ら殻に閉じこもり、壁を作っているという可能性も考えられます。周りはあなたとコミュニケーションをしようと努力していても、あなた自身が積極的ではなく、「合わない」と最初から決めつけてしまうパターンです。

特に、新卒の新入社員やコミュニケーション下手な人に陥りやすく、この場合はどの会社にいっても馴染みにくくなってしまいます。

考え方・価値観が合わない

会社には社風というものが存在します。また、世代によっても価値観が異なります。社風についていけない、上司の考え方が古い、決まったルールがないなど、考え方や価値観、雰囲気が合わないために、馴染めないと感じる方も少なくありません。

会社で一丸となって仕事を進めていく上で、同じ価値観が持てないというのは孤立してしまう原因になりがちです。上司が右を向けと言えば右、左と言えば左、その慣習が理解できないと感じる若い世代も多いため、職場に馴染めない人が増えていると考えられます。

KYだと思われているかも!?会社で嫌われる人の特徴と対策

コミュニケーションが下手

職場だけでなく今までも人間関係で悩むことが多かった人はコミュニケーション能力が低いのかもしれません。

コミュニケーションが苦手な人の特徴として人と話すときにネガティブな単語を多く使ってしまう人がいます。「つまらない」「めんどくさい」などの単語を使う人は嫌われやすくなります。

他にも普段の会話でネガティブな言い方になっている場合があります。例えば「この服どう思う?」と聞かれたとき「似合わないと思う」と否定してしまうと相手はムッとします。

聞かれたから正直に答えたのにと思うかもしれませんが、出来るだけポジティブな言葉を選んだほうが相手に好印象を与えることできます。

ほかにも褒められたときに極端に否定してしまう人も要注意です。自分は謙遜のつもりでも相手からしてみたらせっかく褒めたのに否定されたと感じてしまう可能性があります。また自信がなくて暗い人と思われてしまうかもしれません。

しかし肯定ばかりしていたら自分の意見がない人になってしまいます。ネガティブな言葉を使うときはポジティブな言葉も一緒に入れるよにしましょう。例えば、相手が褒めてくれた場合にはまず「ありがとう。嬉しい」と伝えたうえで謙遜の言葉を述べるようにするといいですよ。

場の空気が読めない

社会経験が浅く会社でのふるまい方がわからない人は空気が読めていないと思われているかもしれません。例えば学生同士であれば基本的に対等な関係が多いですが、仕事上では上司と部下や顧客先など上下関係に基づくコミュニケーションが基本です。

職場の人と仲良くなるといってもそれは学生時代の友達のような関係を作ることではありません。

業務上でのコミュニケーション能力とは「ホウレンソウ」(報告・連絡・相談)を的確に行うことができる、チームで仕事をこなすための情報連携をとることができるなどが社会人に求められるコミュニケーションです。

これらを踏まえていないと上司に礼儀がなっていないと思われたり、同僚に踏みこんでほしくないことまで質問してしまって空気が読めない人ととらえられたりしてしまうかもしれません。

会社はあくまで仕事をする場所です。それを忘れて大きな声でプライベートな話をしたり、学生時代のような接し方をしたりすると会社で浮いてしまうので気をつけましょう。

業務上の能力が低い

コミュニケーションは円滑にとれていても業務上の能力不足が目立ち孤立してしまうことがあります。性格はいいけれどもあの人とは仕事をしたくないと思われてしまうと職場に馴染むのは難しくなります。

また仕事自体に問題がなくても融通が利かない人も同様です。例えばイレギュラーなことが起きたときに予定があるので残業はできませんと突っぱねたり、理不尽なことが受け入れられなかったりする人も職場においては好ましくない人間と思われます。

社会では理不尽なことばかりです。学生時代、嫌いな人間は関わらないようにできましたが会社では嫌な上司とも付き合わなくてはなりません。

理不尽なことで頭を下げなければいけない場面もあります。こういった理不尽なことが受け入れられないと会社の雰囲気を悪化させることになり、関わりたくない人と認識されてしまいます。

まずは与えられた仕事を着実にこなし、そのあとは相手が求めていることを理解しそれ以上の成果が出せるように仕事のスキルを上げていく必要があります。

また理不尽なことに腹を立てるのではなく仕事で納得ができないことが起こるのは当たり前だと受け入れるようにしましょう。ある程度の妥協点を見つけ受け入れるのも社会人としての大切なスキルです。

それができれば仕事上付き合うには問題ない人と認識され会社で孤立することは減るでしょう。

協調性がない

協調性がないことも会社で馴染むことができない原因になります。会社は仕事をする場所ですが、みんなとの同調や、一緒に何かをするというのが目立って欠如していると人間関係はうまくいかなくなります。

例えば仕事帰りの飲み会や参加自由な職場のイベントなどはっきりと断っていませんか?断られた相手はこの人は自分とは付き合いたくないんだと捉え、それ以上あなたに近づこうとは思いません。

何かの誘いを断るときには「それならば仕方ない」という理由を伝える必要があります。例えば用事があるでも構いませんし体調が悪いなどの嘘でも構いません。そして本当は行きたかったと残念がることで、相手と親交を深めたい意志を伝えることができます。

また自分の仕事にしか目をむけられない人も協調性がないと認識されます。チームで働くプロジェクトではなくても仕事は一人で成り立っているわけではありません。困っている後輩がいれば助けてあげたりすることも必要です。

自分から拒絶しているかも!話しかけづらい雰囲気がある人の特徴と対策

怖い顔になっている

仕事で無意識に怖い顔になっていませんか?仕事に余裕がなくなってくるとついつい険しい顔になってしまったり、疲れるとしかめっ面になっていたりするかもしれません。

自分では真顔だと思っていても相手からしてみると怖い顔になっており、話しかけてほしくないオーラが出ているかもしれません。

顔の表情が相手に与える印象は絶大です。顔が怖いと印象が悪く、ちゃんと話したこともいないのにきっと性格が悪いだろうなど勘違いされることにもなりかねません。そうなってはますます会社に馴染めなくなってしまいます。

まずは眉間にしわを寄せないことから始め、表情に意識を向け真顔にならにように気を付けましょう。次に微笑むようなイメージで口角を少し上げるように心掛けましょう。笑顔の人は好印象です。相手もぐっと話しかけやすくなりますよ。

不機嫌そうに見えている

顔が怖い以外にも不機嫌そうに見える要因があります。それは姿勢です。普段会社の椅子の座り方はどうですか?

背もたれに寄りかかって足を投げ出したり、机に突っ伏していたりはしませんか?このような姿勢はダルそうに見え、不機嫌そうに見えてしまします。不機嫌な人に話しかけたい人はいませんよね。

そんな人は椅子に浅く腰掛けることから始めましょう。最初はつらいかもしれませんが自然と背筋がのびて視線も前を向きます。顔が見えると相手も話しかけやすくなります。

人はうつむいていると自分の世界に入っているように見えます。つまり私に今話かけないでと相手に無意識に感じさせていることになります。これはスマホを見ているときも同じです。一人で居心地が悪くてもスマホばかり見ているとますます孤立してしまいます。

背筋を伸ばし、視線を常に前に向けるように努力したいですね。

話しかけても反応が悪い

相手が話しかけてくれても一言でそっけなく返したり、相手のほうを向かずに返事をしたりしていませんか?このように話しかけても反応が悪いと相手もあなたに話かけなくなります。

例えば同僚に資料の作成を頼まれたとします。相手の顔を見ず、簡単な返事で済ませてはいませんか?まずはどんなに忙しくてもパソコンから目を離し相手の顔を見ましょう。

そして出来れば「わかりました」だけでなく、復唱でもいいので一言添えると丁寧です。「わかりました。明日までにこの資料を作成すればいいんですね」とにこやかに対応すれば、次からも相手はあなたに話しかけやすくなります。

相手を見ずに返事をすると相手はぞんざいな扱いをされたと感じます。また業務上であれば本当に理解しているか不安になります円滑な仕事をするためにも話しかけられたらしっかり相手を見て笑顔で受け答えするようにするといいですね。

隙がない

職場で全く自分の話をせず何を考えているかわからない人は相手に隙がないと思われてしまいます。

そもそも何を話しかけていいかわかりませんし、人は何を考えているかわからない相手には無意識に警戒します。この人は心の中で自分たちをバカにしているのではないかと感じ、距離をおきたくなります。

逆に職場では気難しい上司も飲み会などで子供の話をしていたりすると一気に親近感がわきますよね。理不尽なことで怒られても普段はいいパパなんだなと知っているとなんだか憎めない気持ちになったりするのです。

まずは少しでも自分の話を相手にしてみて下さい。自分の話が苦手な人は昨日見たテレビの話でもいいんです。プライベートなことが少し見えるだけで相手は親近感を抱きます。

また早口でまくしたてるように話す人も隙がないと思われます。忙しそうにしていると人は話しかけづらくなります。なるべく柔らかい口調でゆっくり話すことで話しかけやすい雰囲気をつくることができますよ。

新卒者が会社に馴染めない理由

学生時代のノリのまま過ごしている

学生時代は自由で、上下関係は部活以外ではほとんどありませんよね。学生の本分は勉学であり、勉強さえしていれば良いという時代です。遅刻をしても自己責任ですし、試験の結果が悪くても他の人に迷惑をかけることはありませんでした。

そんな学生時代のノリのまま社会に出てしまうと、平気で遅刻をしたり、ミスをしても何とも思わなかったり、謝ることもしなかったりする人間になりがちです。社会経験が足りないことで信頼を得られず、周りから冷遇を受けて馴染めなくなってしまうのですね。

理想と現実のギャップ

社会に出たら、華々しい仕事をして誰からも認められる存在になる!と夢見ている学生も多いでしょう。そんな未来を描きながら、実際に就職してから任される仕事とのギャップに悩む新卒者もいます。

「これは自分の仕事じゃない」と受け入れられないために、周りとも打ち解けることができず、会社に馴染むどころか、「自分にはもっとふさわしい場所があるはず」と考えるようになります。

労働条件が希望通りではない

基本的に会社員の拘束時間は1日8時間ですが、会社によっては残業が当たり前だったり、休日に呼び出されたりすることもあります。有給はあってないようなもの、聞いていた内容と違うということもあるでしょう。

あまりの条件の違いに違和感を覚えながらも、新卒者ゆえに「自分が甘いのかな?」と働き続けているケースもあります。周りが当たり前のように働いているのを見て、言い出せないということもあるでしょう。

自分を過大評価している

新卒者ですから、最初から何かを期待されているというワケではありませんよね。社会経験のない新卒者が、すぐに先輩たちと一緒に仕事ができるとも思えません。

最初は基本的なことから始まり、徐々に能力をつけてから仕事を任されるようになるのが一般的です。様々な部署を経験し、業務を一通り覚えてから人事が決まることもあります。

ですが、新卒者の中には「こんなことをしたくて入ったんじゃない」「すぐに面白い仕事ができると思っていた」と不満を漏らす人もいます。自分を過大評価している人ほど陥りやすく、仕事の能力が追いついていないことに気づいていないことが原因です。

挨拶や返事ができない

挨拶、返事をすることは、社会人としてコミュニケーションの基本中の基本ですよね。学生であれば、適当に返事をしていてもなんとなく学生だからという理由で許される部分もありました。

ですが社会人となったとき、そのままの態度を引きずっていると、社会人としてのマナーを欠いている人という印象になってしまいます。挨拶は、職場に馴染むための大切なコミュニケーションツールだという認識が必要ですね。

転職者が会社に馴染めない理由

前の会社と社風がぜんぜん違う

どの会社にも社風がありますが、転職先の社風が以前の会社と180度違った場合には、やっぱり戸惑ってしまいますよね。まだ社会経験が浅い人なら柔軟に対応できるかもしれませんが、経験を積んだ人ならなおさら、馴染むのに時間がかかる傾向があります。

あまり極端に違う場合、いつまで経っても慣れない、そんな人も中にはいるかもしれません。どうしても受け入れられないという場合には、話を聞いてもらえそうな人が1人でもいるとその状況を改善できるかもしれませんね。

上司・同僚とのウマが合わない

新卒者であっても、転職者であっても、どの会社でも上司や同僚と性格が合わないという状況は起こりえます。ただし、転職者の場合、「急に現れたよそ者」という扱いを受けることがあり、馴染みにくい環境におかれることも。

すでにある程度キャリアがあり、考え方、仕事の仕方がわかっている転職者が、価値観の違う上司や同僚の中で仕事をするのは容易ではないですよね。まずは上司の性格や仕事の仕方を分析することから始めなければならないため、時間がかかってしまうのです。

高いポストについてしまった

転職者の場合、急に高いポストについてしまい、周りからの期待値が予想以上に高かったということがあります。

あるいは、最初の交渉時に強気に出て「この条件でないとお引き受けできません」など言ってしまったために、周りからの風当たりが強くなってしまう可能性もあります。

そのポストに見合う成果を出すことができなければ「口先だけか」と言われてしまいますので、即戦力として力を発揮しなければいけませんね。

張り切りすぎて空回り

転職者はどうしても、即戦力として活躍することを期待されている面がありますよね。本人も自負しているがために、「がんばって成果を出さなきゃ」と張り切りすぎる傾向があります。

張り切って空回りしてしまうと、ミスを誘発して本当の実力を出せなくなってしまいます。まずは求められている能力を発揮するためにも、落ち着いて環境に慣れることから始めてみましょう。

入社前のイメージと違う

新卒者同様、会社の内情は入社するまでわからない面もたくさんありますね。社長から聞いていた話と、実際の職場の雰囲気や仕事内容が異なり、戸惑ってしまうパターンも多いようです。

転職してすぐ仕事を任され、ほぼ放置プレイで自分ひとり手探りではじめなければいけないこともあります。仕事がシステム化されておらず、効率の悪い仕事を任されたり、結局なんでも屋にさせられてしまったりすることも。

聞いていた話とのギャップに、慣れるどころか後悔してしまうケースですね。

転職をする前に!会社に馴染めないときの対処法

張り切りすぎない

会社に入ってすぐのころは、右も左もわからないうちから張り切りすぎると空回りしがちです。肩に力が入り過ぎて周りが見えず、無理をしすぎて成果を出す前に自滅してしまうかもしれません。

ストレスが溜まって転職したことを後悔してしまう可能性がありますので、力み過ぎずに、マイペースを心がけましょう。

コミュニケーションが苦手と打ち明ける

コミュニケーションが苦手な場合は、勇気を出して「ちょっと人見知りで……」と最初に打ち明けてしまうと気が楽かもしれませんね。

もちろん、コミュニケーションをがんばる姿勢を見せることも大切です。ですが何も言わないで協調性がない人と思われるよりは、弱みを最初に知ってもらうと周りからの理解も得られやすくなります。

自分がどのようなイメージを持たれるかを分析する

転職者は、新規採用とは違い、前職によってイメージを持たれやすくなります。営業職であればパワフルでエネルギーに溢れるタイプ、IT職であればコンピューターを相手にしているから冷静で黙々と仕事をするタイプなど。

転職前にどのように見られるかを想定しておくことで、職場でどのような態度をとればコミュニケーションを取りやすくなるかが見えてきます。

もしもそのイメージと本当の自分にギャップがある場合には、最初にその誤解を解き、その後の職場関係が円滑になるよう本来の自分を見せるよう心がけるとよいでしょう。

食事の誘いは断らない

一緒に食事をしたりお酒を飲んだりすることで、コミュニケーションがしやすくなることもまた事実。特にあなたのために歓迎会をしてくれる場合には、喜んで参加するようにしましょう。

若い人の中には面倒くさい、意味がないと考える人もいますが、あなたという人間を知ってもらうのにいい機会だと考えてみてください。職場の人間関係は、お互いの歩み寄りが大切です。

自分から食事に誘ってみる

お誘いを待つだけではなく、積極的に誘ってみる方法もオススメです。

コミュニケーションを取りたいという姿勢を見せることにもなりますし、職場の人々もあなたのことをもっと知りたいと思っていてくれるはず。機会がなければ機会を作って早く馴染めるよう努力しましょう。

挨拶はきちんと行う

社会人としての基本ですが、挨拶ができない人は、いつまでたっても会社に馴染むことはできないでしょう。

ちゃんとしているつもりでも、「礼儀がなってない」「挨拶しても無視される」と誤解されているケースもあります。相手に伝わるように、自分からしっかりと挨拶をしましょう。

前の職場との違いを受け入れる

「前はこうだったのに」「なんでこんなやり方を」「前の方がやりやすかった」など、前の職場と比べてばかりいては、今の会社に馴染むなんて到底できませんよね。

もうあなたは転職したのですから、前と違って当たり前です。まずは前の職場との違いを受け入れ、それを踏まえた上でどうするべきかを考えていきましょう。

まとめ

職場で馴染めない人にはいくつか特徴があることを説明してきました。職場での円滑なコミュニケーションは職場での居心地だけでなく、仕事の効率にもつながります。

会社に馴染めないと感じている人はまずは自分のどの部分に問題があるのかを見極めて、それにあった対処をとることが必要です。

周りから嫌われてしまった場合も自分が無意識に話しかけづらいオーラを出している場合も「自分だけでなく周りに意識をむけること」が大切です。笑顔で相手と対応したり、社会人としての振る舞いを心掛けたりと小さな努力の積み重ねが会社で馴染むきっかけになるかもしれません。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category