LINEで告白された!男性の気持ちは本気?相手にOKする返事と断る方法

Clover(クローバー) > 恋愛 > LINEで告白された!男性の気持ちは本気?相手にOKする返事と断る方法

男友達とLINEをしていたら、いきなり告白された!なんでLINEで?と思うかもしれませんが、近頃はそんな経験がある女性も少なくはないようです。

気軽にコミュニケーションを取れるツールだからこそ、面と向かって言いにくいことも言えてしまうので、話の流れでつい告白してしまったという男性も多く、告白は面と向かってというこだわりは今や時代遅れなのかもしれません。

しかしそれでも顔の見えない告白に対して不安になってしまうのが女心です。この記事ではLINEを通じて男性から告白された時の対処法などをご紹介いたします。

LINEでの告白、相手男性の気持ちは本気?

相手との親密度はどのぐらいか

LINEで告白をされてまず気になるのが、相手の本気度です。ふざけて送ってきた告白LINEにまともな返事なんて返したくありませんし、正直友達としても付き合っていけなくなりますよね。

告白LINEの真意を見抜くためには、まず自分とLINEを送ってきた男性との親密度について考えてみましょう。

まだ知り合ったばかりでお互いのことをよく知らないのに、「愛してる」や「君しかいない」など、歯の浮くような告白をしてくるなら注意が必要です。その文章は彼にとってテンプレートで、あなただけでなく色々な女性に送っている可能性があります。

その彼は落としたい女性に対して、いつもそういう手を使っているのでしょう。

もともと親しくしていてお互いの悩み相談にも乗れるような間柄であれば、わざわざあなたを傷付けるようなLINEを送ってくる可能性は低いので、本気度高めと判断してもよさそうです。

しかしいくら親しくても今までまったくそんな素振りがなかったのであれば、ノリで言っている場合もあるので電話をかけて確かめてみてもいいかもしれません。

トークの流れを見直してみる

話の流れでつい告白をしてしまったという男性は多いものです。好きな人や恋愛の話題になって、正直な気持ちを言わざるを得ない空気になってしまったという場合もあります。

ですから告白LINEを受け取った時は、まずその前後の話の流れを見直してみましょう。その結果違和感のない流れであれば、彼が本気で言っている可能性は高いです。真面目な会話をしている時ならなおさら、真剣な告白と受け取ってもいいでしょう。

酔っ払ったノリだったり、突拍子もないタイミングで告白されたりしたのなら、返事は1度保留にした方がいいかもしれません。

あなたと彼との関係性を考えつつ、話の流れが告白に適したものであったかどうかを見直してみてください。

相手の性格を考える

告白LINEを送ってきた相手のことをある程度知っているのなら、彼がふざけて告白まがいのことをできる性格なのかどうかを考えてみましょう。

人をからかうことに罪悪感を覚えない人なら、ドッキリのつもりで告白をしてきたという可能性も考えられます。その場合まともに取り合うと傷付くのはあなたです。

もし彼が普段は奥手で、そういった類の冗談を言わない人なのであれば、気持ちが抑えきれずに告白してしまったとも考えられるでしょう。

LINEで告白された時の返事の仕方:OKの場合

お礼と自分の気持ちを伝える

相手の告白が真剣なものだとわかったなら、たとえLINE上であってもきちんと返事を返してあげましょう。まずは告白に対してのお礼を伝え、それから自分の素直な気持ちを伝えましょう。

「ありがとう!これからよろしくお願いします。」

「私も好きだよ。」

などのシンプルな返事だと、気持ちが伝わりやすいです。照れ隠しでスタンプを使いたくなるかもしれませんが、真面目な場面では顔文字やスタンプはあまり多用しない方が真剣な気持ちが伝わります。

次に会った時に返事を言うと伝える

OKの返事をするにしても、告白のやり取りがLINE上で完結してしまうことに抵抗を感じる方もいると思います。大切なことだからこそ、できれば相手の目を見て伝えたいものですよね。

そういう場合は告白LINEを受け取った日からあまり日が開かないうちに会う約束を取り付け、その時に告白に対する返事をすると伝えましょう。

「私もあなたと同じ気持ちです。

でも顔を見てちゃんと伝えたいから、次に会う時に返事をさせて。」

このように好意を持っていることを示しつつ、決定打となる言葉は実際に会う時まで取っておきましょう。

告白に対する返事を保留にする時にLINE上での返信がシンプル過ぎると、相手はふられるのではないかと思って告白した事実をなかったことにしたがるかもしれません。無駄に不安な気持ちを煽らないように、好意を持っていることだけは伝えておくようにしてください。

返事はあまり焦らさない方がいい

LINEで告白された時に、照れ隠しで返事をはぐらかしたり、自分のどこが好きなのかと追及したりしたくなることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

そういった話はLINE上でなく、直接会った時に話した方が、妙な誤解や見解の違いが生まれずに済みます

文章のやり取りは気軽な分、お互いの推測の上で意思の疎通が成立するもの。へたに長々としたやり取りをするよりも、シンプルに返事をした方が相手も喜びます。

LINEで告白された時の返事の仕方:断る場合

友達でいたいと伝える

告白を受け入れることはできないけれど、今までの関係を継続させたい場合は素直に「友達でいたい」と返事をしましょう。

ただ相手はふられる側ですから、友達ではいられないと思うこともあります。その場合は友情の継続を無理強いしても相手を傷付けるだけです。

あくまでも自分の正直な気持ちを伝えることを意識して、返事をしてください。

また断る場合でもお礼の言葉は忘れずに入れましょう。

「好きだと言ってもらえて嬉しかった。ありがとう」

「これからも友達でいれたら嬉しいです」

このように告白を断りつつも、相手の好意を否定せずに思いやりを込めたLINEを送ってあげてください。

他の人が好きという理由で断る

相手からの告白をはっきりと断りたいのなら、理由も添えてしっかりと断りの返事を送るようにしてください。

曖昧な返事をすると相手も希望を持ってしまいます。いたずらに気を持たせてしまうと、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。

「好きな人(彼氏)がいるから、あなたとは付き合えない」

このぐらいきっぱりと断って、なるべく相手に未練を残させないようにしましょう。

期限を決めて返事を待ってもらう

LINEで告白されることを想像していなかった場合、返事に困ってしまうこともあるでしょう。相手への気持ちが固まっていないのであれば、考える時間をくださいと相手に伝えてみてください。

その場合は自分から期限を設けることも忘れないようにしてください。いつ返事がもらえるかわからない状態だと、相手はそれまで不安な気持ちを抱え続けることになってしまいます。

告白された日から2~3日以内の日付を指定して、

「考える時間をください。〇日には返事をします。」

といった内容の返事を送りましょう。そして約束した日付には必ず返事を送るようにしてください。

【告白LINE】未読無視・既読無視はしてもいい?

相手が本気かどうかわからない場合

もしも相手がノリや軽い気持ちで告白LINEを送ってきたのであれば、既読無視や未読無視をしても特に気にせず次の女性に狙いをつけるでしょう。

しかし相手の本気度が高い場合はきちんと返事をしておかないと、後々トラブルになることもあります。

相手の真意が読めないなら、何かしらの返事をしておいた方が無難です。断わっても相手が食い下がってくるようなら、嘘でもいいので「好きな人がいる」「付き合いたい人がいる」という理由をつけて、しっかりと断ってあげるようにしましょう。

見なかったことにしたい場合

告白LINEを送ってきた相手があなたの住所や電話番号などの個人情報を知らず、また実生活で会うことを避けられるような人物であれば、告白を見なかったことにして無視をするという方法も取れないわけではありません。

しかし現実問題として、それは難しい場合が多いでしょう。無用なトラブルに巻き込まれないためには、短文でもかまわないので返事を返しておくことをおすすめします。

返事が思い浮かばない場合

断わることは確定しているけれど、どう返事を返していいかすぐにはわからないという場合は、先程「期限を決めて返事を待ってもらう」の項でご紹介した方法で、1度保留にしてもらいましょう

返事を返さずにいることで諦めてくれる相手ならいいのですが、断られないことによって希望を持ち続けてしまう男性も中にはいます。

そういった場合無視をすることによってトラブルになることが多いので、きちんと断る言葉を考えて返事を送るようにしましょう。

【告白LINE】返事の保留期間はいつまで?

なるべく早く返事をした方がいい

告白LINEを送った相手は、本気度が高ければ高いほど、あなたからの返事が来るまで他の物に手がつかないぐらい不安になっている可能性もあります。

ですから告白LINEを確認した後はなるべく早めに返事を返してあげた方がいいでしょう。

もし返事を保留してもらうなら、その旨を伝えるのもできるだけ早く、既読をつけてから数時間以内には返事をしてあげてください。

2~3日以内にはできるだけ返事を

告白の返事の保留期間は2~3日以内がおすすめです。あまり長引かせると相手はその間待たされることになりますし、気持ちが段々落ち込んでいってしまいます。

男性にとっては告白した時が気持ちのピークです。もしあなたがOK寄りの考えを持っていても、1週間、1ヶ月と時間が経つと、相手の気持ちが盛り下がって告白をなかったことにされてしまう可能性もあります。

断わるにしても2~3日以内がマナーと考え、相手の気持ちを軽く見ずに断るようにしましょう。

次に会う時まで保留という手も

どうしてもLINEでの返事を考えることができないのであれば、次に会う時に返事を返すと伝えて保留にしてもらう方法もあります。

ただこの方法は告白を受け入れる場合なら何も問題ありませんが、断る場合だと面と向かって話すことでより気まずさを感じてしまう可能性も。

顔を見てふられることに耐えられないという男性もいるので、相手の性格を考えながら返事をしてあげるようにしてくださいね。

【告白LINE】返事に迷ったときの判断基準

相手の告白に不快感を感じなかったかどうか

告白LINEを受け取って混乱してしまったりどうするべきか判断に困ったりした場合は、とりあえず返事を一旦保留にしてから、まず相手からの告白にどのような印象を持ったかを冷静に考えてみましょう。

もし相手からの告白に不快感を感じなくて、他に断る理由も見当たらなければ、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

相手との関係を振り返る

突然のLINEでの告白に困惑してしまうこともあるかもしれませんが、相手とのこれまでのやり取りを思い返してみてください。相手から好意を寄せられていた事実を知った今なら、思い当たる節はありませんか?

今までの関係性ややり取りを踏まえた上で返事を考えれば、相手もあなたの考えを受け止めてくれるでしょう。告白の返事をする時は、誠意を持って接することが大切です。

とりあえず何か返事をしておく

たとえばろくに眠れていないほど仕事が忙しかったり、他の面倒事に巻き込まれていたりする時に告白LINEを送られても、何を返していいかわからないし正直面倒くさいと思ってしまうこともあるでしょう。

でもそのような理由で告白を無視されたら、もし自分が相手の立場だったとしたらつらいと思いませんか?

もし忙しくてまともな返事を返せないのなら、「今は考える余裕がないからすぐに返事はできない」と素直な意見を返しましょう。

あなたの言葉を理解して待っていてくれる男性なら、付き合うことを考えてみてもいいと思いますよ。

まとめ

LINEで告白をする男性心理や、LINE告白に対する返事の仕方などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

女性としてはできれば告白は面と向かってしてもらいたいものですが、顔を合わせると勇気が出ないという男性の気持ちもわからなくはありません。告白をしたら相手が離れていってしまうかもと考えればなおさらです。

LINEで告白された時に大切なのは、その告白のメッセージだけを取り上げて見るのではなく、今までの関係ややり取りを踏まえて相手の真意を読み取ることです。

どんな答えを返すにしろ、大人の女性としてスマートな対応を目指しましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category