男性に告白させる方法!片思いの相手に告白を誘導させる恋愛テクニック7選

Clover(クローバー) > 恋愛 > 男性に告白させる方法!片思いの相手に告白を誘導させる恋愛テクニック7選

好きな人といい雰囲気なのになかなか告白をしてくれる気配がないと、女性としては不安になってしまいますよね。

付き合う時くらいはできれば彼に男らしいところを見せてもらいたいもの。けれど草食系男子が増えた昨今、ただ待っているだけでは彼はいつまでも煮え切らないままかもしれません。

そこで今回は、いい感じになっている男性が告白してこない理由や告白に踏み切れるタイミングなどを踏まえ、男性から告白させる方法をご紹介いたします。彼からの告白待ちをじれったく感じている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【告白させる】男性がなかなか告白してくれない理由

自信が持てないから

告白をしてもいい返事がもらえる自信がないといった理由で、二の足を踏む男性は少なくありません。自分に自信がないため、2人の関係に白黒つけてしまうのが怖いのです。

また男性が年上の場合、年齢を重ねたことによって男としての自信がなくなり、思い切った行動を取れないという場合もあります。告白をすることによって好きな女性との関係性が変わってしまうことを、恐れてしまうのです。

恥ずかしいから

ただ単純に恥ずかしいからという理由で、はっきりと告白できない男性もいます。特に日本人の男性は恋愛に関してシャイな人が多いので、どちらかの告白から始まったわけではなく、気付いたらいつの間にか付き合っていたというカップルも世の中には多くいます。

そんないい加減な始まり方がいやだと思うのなら、告白できる雰囲気にこちらから持っていってあげる努力が必要です。

面倒くさいから

友達以上恋人未満の間柄でデートを楽しむ今の関係が心地良くて、あえて告白しないという男性も中にはいます。告白をすることによって彼氏彼女という関係になってしまうことを面倒くさがっているのです。

女性からするとたまったものではありませんが、責任を負わないまま女性と関係を持ちたいと考える男性は少なくないもの。「今のままがいい」という男性の発言には、注意が必要です。

告白させるには何回目のデートが最適?

早ければいいというわけではない

相手に好意があるからこそデートをするのであって、告白は早ければ早いほどいいと思う方もいるでしょう。けれど付き合う前のデートが相手のことを知るための時間だとしたら、あまり告白が早すぎるのも考えものです。

2人きりになると友達を交えて会っている時とは違う一面をお互い目にすることもあります。そういった部分で違和感や受け入れられないところがないかなどを判断できるので、1回目のデートでまずは様子を見て、2回目以降から距離を縮めていけるのが理想です。

3回目のデートが狙い目

1回目のデートが様子見だとしたら、2回目のデートは再確認です。前回のデートを踏まえて、もう少しお互いのことを深く知る機会となります。

ですから告白をさせるなら、3回目のデートがおすすめです。3回目ともなればお互いのことをそれなりに知ることができているので、付き合ってからやっぱり違ったと思ってしまう現象が起きにくくなります。

5回以上デートしても告白されない場合

中には5回以上もデートを重ねているのに、告白をしてくれないという場合もあるでしょう。そういう時は直接相手に気持ちを聞いてみてもいいかもしれません。

そこで話を濁すようなら、相手は真剣な交際を望んでいないという可能性もあります。曖昧な関係を続けたくないのなら、5回目のデートを境にお互いの気持ちをはっきりさせてみてはいかがでしょうか。

【告白させる】男性が告白を決意するタイミング

相手からの好意を確信した時

男性は意外と臆病なメンタルを持っているものです。恋愛に対して慎重なタイプであればなおさら、相手からの好意を確信できなければ告白には踏み切れません。

また過去に手ひどくふられた経験がある人は、同じ失敗を犯したくないという気持ちが強く、告白のタイミングに必要以上に慎重になります。

間違いなくOKをもらえる状態でなければ、告白できないのかもしれません。

2人きりでも自然体でいられるようになった時

いくらお互いに好きでいても、ガチガチに緊張した状態ではとても告白という雰囲気にはなりませんよね。

自分のことを相手に知ってもらい、相手のことをよく知ってからでないと告白できないという男性は少なくありません。デートを重ねてお互いが自然体でいられるようになったタイミングで告白しようと考えている可能性もあります。

恋人同士で楽しめるイベントの時

クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなど、主に恋人同士や男女で楽しめるイベントの時に告白をしようと意気込む男性も多くいます。今は逆チョコという言葉も一般的になり、バレンタインデーに男性からチョコレートやプレゼントを送ることも珍しくはなくなっています。

告白が成功して付き合うことになればその日が交際記念日になりますから、ロマンチックな考えを持つ男性は特にそういったタイミングを選んで告白をしたいと思うようです。

またイベントの時なら気持ちも大胆になるので、告白しやすい雰囲気に持っていきやすくもなります。

相手への気持ちが最高潮になった時

好きな人に対しての気持ちが高ぶって、その勢いで告白を決意する男性もいます。好きという気持ちがあふれてしまって抑えられなくなってしまうのです。

もしも彼が好意を隠さなくなってきたら、告白されるのももう間もなくかもしれません。

【告白させる】男性が思わず告白してしまう一言フレーズ3つ

あなただけだよ

男性は好きな女性にとってのオンリーワンになりたいと考えるもの。ですから「あなただけ」というフレーズを使えば彼の心を鷲掴みにできるかもしれません。

直接好意を伝えなくても、「こんな相談ができるのはあなただけだよ」「こんなに楽しませてくれるのはあなただけだよ」という風に、要所要所で使っていくことで、男性の自尊心をくすぐり思わず告白したい気持ちにさせることができます。

一緒にいると安心する

女性からすると、特別な感情を持っていない相手にも言ってしまいがちな「一緒にいると安心する」という言葉。男性はこのフレーズを特別な意味を持った言葉として受け取ります。

自分といて安心するということは、自分のことを好きだからだろうと考えてしまうのです。

また会いたい

デートが終盤に差し掛かった時に男性が考えていることといえば、次のデートの約束を取り付ける方法です。そのデートで告白までたどり着けなかったのですから、次のチャンスを作らなければなりません。

そこで女性から「また会いたい」という言葉があれば、次の約束をしやすくなりますし、何より自分に好意があるからこそ会いたいと言ってくれたのだと考えます。

男性に告白させる!告白を促せる恋愛テクニック7つ

ジッと見つめる

なかなか告白してくれない男性に告白させるためには、まずこちらが好意を持っているということをわかってもらう必要があります。

そのために効果的なのが、視線を送ること。ふとした瞬間に相手の目をジッと見つめることで、男性はドキドキしてしまいます。上目遣いを意識しすぎるとにらんでいるようになってしまうので、自然に視線を送りましょう。

服の裾を掴む

男性の方が背が高いと、どうしても歩幅が広いので歩いているうちに置いていかれてしまうこともありますよね。

そんな時には自分から手を繋げたらベストですが、そこまで積極的になれないのであれば、彼の服の裾を少し引っ張ってみましょう。いわゆる「裾クイ」です。

この行為に弱い男性は多数います。女性が遠慮がちに裾を引っ張る姿にキュンとしてしまうようです。

たくさん笑う

よほど特殊な趣向を持っていなければ、男性は女性の笑顔が好きです。特に好きな女性の笑顔となれば、もっと見たいと思うし笑わせてあげたいと考えるもの。また自分といる時にたくさん笑ってくれる女性は男性にとって癒しとなる存在です。

ですから彼と一緒にいる時は、多少オーバーになっても構わないので積極的に笑いましょう。楽しそうなあなたの笑顔を見て、告白したいという気持ちになってくれるかもしれません。

甘える

時には甘えてみるのも、男心をくすぐるために効果的です。ペットボトルの蓋が固い時は彼に開けてもらったり、お店で高い棚にあるものを取ってもらったり、付き合う前ならそういったささやかな甘え方でも十分です。

適度に甘えると男性は自尊心をくすぐられ、自分が守ってあげたいと思うようになります。

肩に寄り掛かる

デートで電車移動している時や、映画館デートでは彼と横並びに座るタイミングがあると思います。そんな時はさりげなく、彼の肩に寄り掛かってみましょう。

肩や腕が触れるぐらいの軽いスキンシップなら男性を緊張させすぎず、自然に距離を縮めることができます。

弱みを見せる

好きな人の前では完璧な自分を演じてしまうかもしれませんが、男性に告白してもらいたいなら少し隙を見せた方がいいです。それは一見そつがなく見える女性の隙や弱みに心を掴まれる男性が多いからです。

いつも強気ならたまには弱気なところを見せたり、しっかりしているなら少しドジなところを見せたりしてみましょう。彼はあなたのことを近くで見守ってあげたいと思い、告白してくる可能性が高くなります。

間接キス

中学生じゃあるまいし、今さら間接キスなんてどうってことないでしょと思うのは大間違い。男性はいつまでも少年のような心を持っています。むしろそういった歯がゆさのある接触にこそ、ドキドキしてしまうものなのです。

なのであなたから彼が口を付けた飲み物などを1口ちょうだいとお願いすることで、好意を示すことができます。まさか興味のない相手と間接キスなんてしたくないだろうと男性は考えますから、告白の勇気を引き出すことができますよ。

告白させる雰囲気づくりが大切!告白誘導におすすめの場所やタイミング

3回目のデートの帰り際がおすすめ

先程告白をさせるなら3回目のデートが告白をさせるのに適していると述べましたが、それでは3回目のデートのいつ頃が最適なタイミングと言えるのでしょうか。

それはずばり、デートの帰り際です。1日デートを楽しんだ後の帰り際は2人の気分も盛り上がっていて、名残惜しさを感じるタイミング。告白させる雰囲気にも持ち込みやすくなります。

また断られるリスクを恐れる男性にとっては、デートの真っ最中よりも帰り際の方が気まずさも少なく済むので、そこで告白しようと考える人も多いです。

そして昼間よりも夕方や夜の薄暗さの中の方がロマンチックな空気になりやすく人目も避けやすいので、彼が告白に踏み切りやすい時間帯とも言えます。

2人きりになれる場所で

男性はデート中でも意外と人目を気にするものです。告白をするのなら、断られるリスクを考えるとできれば公衆の面前は避けたいと考えます。大勢の人前でふられてしまったら、大恥をかいてしまいますからね。

ですから彼からの告白を促したいのであれば、人気の少ない公園のベンチや、遊園地の観覧車の中など、ゆっくり話せてかつ自分たちの会話が他人に聞かれにくい場所がおすすめです。

食事デートをするならできるだけ個室を選び、彼が話を切り出しやすい空間を作りましょう。

イベントを活用して

クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどのイベントはもちろん、夏なら花火大会や夏祭りなどのイベントも告白のタイミングに適しています。

シチュエーションにこだわる女性は多いですが、付き合う前の男性も意外に雰囲気を大切にしたがるもので、気持ちが盛り上がるにつれ映画のような告白シーンを思い描く男性も意外と多いものです。

周りがカップルだらけなら気分も乗りやすくなるので、カップル向けのイベントを狙ってデートに行ってみてもいいかもしれません。

まとめ

男性に告白させるテクニックや、告白に適したタイミングなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

なかなか告白をしてもらえないとじれったく感じてしまうかもしれませんが、誠実な男性ほど告白に関しては慎重になるものです。明らかに彼からの好意を感じるのに告白まで時間がかかるのは、それだけあなたのことを真剣に考えてくれていると受け取っておきましょう。

彼にプレッシャーを与えすぎないように気を付けて、告白させる雰囲気に持ち込んでみてくださいね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category