【クールビズ】女性のスーツからカーディガンまで着こなし方14選!就活時の注意点も

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 【クールビズ】女性のスーツからカーディガンまで着こなし方14選!就活時の注意点も

冬の季節の間、女性もしっかりとスーツを着こなせますが、クールビズの季節になるとちょっと迷いますよね。女性にとってのスーツ生活というのは実はなかなか、難しいラインがあります。

気を抜いてしまうとだらしのない格好になってしまいます。スーツの代わりにカーディガンはOK?NG?どちらでしょうか?今回はそんなお悩みを解消するアイデアをまとめてみました。

女性のスーツ姿を凛々しく見せるコツ

似合うスーツを知っておく

女性の中には普段からスーツを着こなすことが苦手な人もいます。ほぼスカート派という人にとっては急にスーツを着こなすというのは至難の業なのです。

ですが、就活などでどうしてもスーツが入用な場面もあるのです。急にスーツを上手に着こなすということは難しいので、あらかじめ早い時期にスーツを購入しておくというのも一つの手段です。

まずはスーツの選び方から知っておいてください。単純に言えば自分のサイズにきちんと合っているものを選ぶことが重要です。

通販などでお気軽にお手頃なものを選んでしまうと、サイズが合わないということも……。

少し予算がかかってしまうのですがこれから社会人になるということで、一枚はジャストサイズのセミオーダースーツを揃えるのも大事なことです。

自分に似合うスーツの特徴を掴んでおくと、次からはほかの店舗でも購入しやすくなります。体形を把握してビジネスシーンで相手に不快な印象を与えることがないような、似合うスーツを探しておきましょう。

クールビズの時期には、パンツ単体やブラウス選びにも気を配る必要性が出てきます。そのあたりをきちんと押さえておきましょう。

質の良いものを品よく着こなす

面倒でも一度、きちんと自分のジャストサイズを採寸しておくことをお勧めします。量販店のスーツ売り場では女性販売員さんがスケールを持って丁寧に採寸してくれますので、この機会に自分のサイズを把握しておいてください。

最初から量販店で購入するよりも、自分のサイズにぴったりと合うものをきれいに着こなしてください。

スーツの命ともいえるのは、肩幅です。肩幅がきちんと自分のサイズに合わないスーツはいくら高価なものでも、残念なシルエットになってしまうものです。

そういう意味でも、やはり採寸をした後に、選んだスーツの方が身の丈に合う清楚なものに着こなせるものです。似合うスーツよりも体の線に合うものを選ぶことが大事なのです。

新しい職場や環境にとまどうことも多いと思います。ですがすぐそばに頼れる人がいないということも……そんな時は時間がない人でも自宅に居ながら占い鑑定を受けることができる電話占いがオススメです。
電話占いであればわざわざ占いの館のようなところに足を運ばなくても待ち時間なしで占いを受けることができるので誰かに悩みを聞かれてしまうという恥ずかしい思いをせずに占ってもらうことができます。

パンツかスカートか?

女性のスーツの場合には必ずスカートかパンツを選ぶことになります。自分の体形や活動内容によってスカートとパンツをチョイスしてくださいね。

これからスーツを着用してデスクワークという場合にはスカートを選ぶなどの判断が必要です。欲を言えば両方を持っていれば良いのですが、職種やそのTPOに見合うものを選んでおきましょう。

自分の好みで選ぶというよりも、職種やその場面に見合うものを選ぶようにしてください。クールビズの時期にもトップスとの組み合わせを意識して爽やかに見える着こなしを心がけてください。

パンツスーツはさらりと着こなす

立ち仕事や動きが激しい現場などで着用する場合には、断然、パンツスーツをお勧めします。パンツスタイルは、着こなせるようになるととても動きやすく、意外と便利なものなのです。

クールビズの場合・スーツ姿

クールビズになると、少しいつもよりラフなスタイルの男性社会人の姿が目立つようになります。これに準じて女性も……ということになると少し露出度も高くなってしまいがちです。

そこで、少し工夫をしましょう。素地が薄いものをブラウスだけで着てしまうと、下着が透けてとても下品な印象になってしまいます。ここはとにかく注意が必要なのです。

ジャケットを着用せずにブラウス一枚になってしまうといことを考えると、ブラウスの素材には気配りが必要になります。あまり不用意に透ける素材のものはとくに、就活の場面では避けてください。

お値段ばかりを気にして素材を重視しないと女性の場合、クールビズ時期に大失敗をしてしまいがちです。

下着が透けないことは大前提

スーツのジャケットを脱いだ状態でクールビズの時期を過ごすわけですから、選ぶブラウスの素材にも十分に気を配りましょう。つまり胸元や下着にもいつも以上に気を遣いましょう。

クールビズ時期には下着はすべてベージュ色のものを揃えておくと間違いがないでしょう。透けにくい素材のものが今では広く販売されていますので大いに利用してください。

クールビズの時期には、露出が多くならないように配慮することも大事です。質の良いものをさらりときこなせるように習慣づけましょう。時期的には短い期間だからこそ、だらしない服装と思われないように工夫をします。

女性の定番スーツ姿

着こなしその1:紺色か黒のスーツが無難

プレーンなスタイルこそ、定番のスーツ姿と言えます。あまり装飾のない自然な雰囲気のスーツを品よく着こなしてみてください。

就活の場面でも就職後社会人としても、通用するスーツスタイルをご提案します。ポケットや襟などをなくした、シンプルすぎるほどのスーツの方が、意外と誰にでも似合うことも多いのです。

グレイ系のスーツというのは意外と最初は選びにくいものです。そこで、まずは濃紺か黒色のスーツを着こなしてみてください。

デザインもとにかくシンプルなものがよいです。最初の1着として今後は長く重宝します。無難なものを選ぶ勇気を持ってください。自然とスーツが板についてくるものです。ぜひとも心がけておいてください。

仕立ての良いものを選びましょう。思わず明るめの色を選んでしまいそうになりますが、ここはスタンダードなカラーを押さえておきましょう。普段のスカートやワンピースとは違って、スーツは仕立てが命です。その部分を怠らずにきちんと選ぶ必要があるのです。

着こなしその2:インナーのシャツやブラウスは?

そして女性のクールビズに欠かせないのは、インナーのシャツやブラウス。ベストなデザインはどのようなものでしょうか?

おすすめなデザインは、清涼感が演出できるシフォンブラウスやデザインレースのブラウスです。ビジネスシーンでも不自然にならないTPOを守った自然な透け具合で、女性らしさもアピールできます。

ジャケットの襟元からヒラリと見えるレース感は夏の季節ならではの涼しげな印象ですよね。ピッタリしたものよりも風通しがいいフレアタイプをおすすめします、

またジャケットはコンスタントに洗濯できるわけではないので、汗をかきやすい季節だからこそトップスは袖のあるタイプがおすすめ。脇の汗ジミ防止のためにも、ビジネス用にパットが入っているものをセレクトしましょう。

カラーは会社の社風により自由度が分かれるところですが、やはり白やアイボリーなどの明るめモノトーン形が鉄板。黒やグレーなどは暑くなりがちですが、透けたデザインであれば問題ないでしょう、

着こなしその3:シャツやブラウスの素材について

インナー兼トップスとなるシャツとブラウスは、デザインと同じ位に機能性が大切です。まずは速乾性が高いこと。そして汗をかくことを加味して消臭素材や抗菌防臭素材などを使ったものにするべきです。

薄手の生地で涼しげであることがクールビズのルール。肌触りが良く吸水性に優れているコットン素材は夏の女性の大きな味方です。肌触りが良いことも魅力ですね。

ですがコットンは大量の汗には不向き。より機能性を求めるのであれば、吸水・発散能力に優れたリネン素材。もしくは、さらに放湿性を兼ね備えたシルクを選ぶのが正解です。

着こなしその4:トレンドをおさえたデザインやカラーは?

スーツといったらこういう物……といつも同じような形のものを選んではいませんか?確かに最初はベーシックな形のスーツを持っておくことが重要ですが、仕事にも慣れて余裕が生まれた時には、少し流行のスーツに挑戦してみるのもいいかも。

ジャケットで言えば普段のテーラードジャケットではなく、襟のないノーカラーやVカラージャケット、パンツも足首を出したテーパードパンツなどが足のシルエットを綺麗に見せてくれる効果があり、仕事のできる大人の女性感を出してくれます。。

シャツも秋冬にはハイネックシャツが可愛らしくておすすめ。また最近の流行であるギンガムチェックのシャツも大人らしさの中に可愛さを見せるのに適しています。

着こなしその5:シルエットが印象的?ワイドパンツもあり

最近はやりのワイドパンツ。実はスーツに取り入れても素敵なんです。足の長さやシルエットを隠してくれるのでスタイル良く見え、体形カバーにも繋がります。

ジャケットの色と合わせておけば、大人スタイルのスーツとしてばっちり映えるはず。

また中もシャツだけではなくニットなどを着込んでもカワイイですよ。寒い季節のスーツコーデは迷うことが多いですが、意外と華やかな色を指し色に入れてみるのもいいかも。

クールビズ時期のスタイル

着こなしその6:パンツスタイルにおすすめのスーツコーデ

クールビズ時期にはブラウスの素材にもとにかく気を付けましょう。例えば普段はスーツのインナーに着るような素材ではなく、夏の時期ですので麻生地やシフォンなどを選んでください。

半袖でも、いつものブラウスよりも厚手の生地を選ぶことで下着に響かずにクールビズ時期にもブラウススタイルで過ごすことができるのです。

クールビズ用のブラウスというものがスーツ専門店では販売されるようになりますので、お店を覗いてどのような素材のものがよいのかを掴んでおくと良いでしょう。

もちろん下着はベージュにして、ブラウス生地にも気を遣っておけば、クールビズ時期に失敗をすることは回避できます。早め早めの準備が功を奏します。

七分丈のパンツスタイルで足首を露出しつつ、トップスはふんわりとしたシフォンブラウスで。袖元はしっかりとボタンで留められるタイトさを出すことでメリハリをつけます。衿は大きめのものを選べばマニッシュな雰囲気でモードな「デキる女」風。

着こなしその7:スカートにおすすめのスーツコーデ

ミドルスカートにオススメしたいトップスは、首の第一ボタンまでしっかり留まるパッキリした半袖シャツ。一見ビジネス感が強すぎるように見えますが、衿と裾の折り返し部分のカラーや柄が違うものを選ぶことで垢抜けた印象に。

着こなしその8:カーディガンはOK?

例えばクールビズ時期に薄手のカーディガンをジャケットの代わりにするという方法があります。いつもは厚手のジャケットですが、夏の時期には通気性の良いカーディガンに着替えるというイメージです。

カーディガンの中にもジャケット風のものが多く販売されています。紺やグレー、黒というカラーのカーディガンを数着持っているだけで、クールビズ時期にもかなり重宝します。

カーディガンというのは日常着という雰囲気がするのですが、ここはオフィススタイルを強く意識して、ノーカラーの薄手ジャケット、というイメージで着こなしてみてください。

襟なしのカーディガンは空調が効きすぎている場所では冷え防止にも一役買います。ジャケットを脱ぎ捨てる時期だからこそ、上申路線のカーディガンが大活躍するのです。

着こなしその9:カーディガンの素材

通気性に優れたリネン、レーヨン、インド綿がやはりクールビズのカーディガンには最適です。カシミヤなども人気ですが保温性が高すぎるのでクールビズには不向きかも。触ってみて少しヒンヤリする素材を選ぶのがポイント。

着こなしその10:カーディガンのカラーは?

やはりオーソドックスなのは黒・白・グレーのモノトーンカラー。インナーのシャツの色が多少派手でもカーディガンが地味ならばトータルで格好が付きます。カラーならばパステルだと少し明るすぎるので、より白に近いペールカラーを選びましょう。

着こなしその11:スカート丈やパンツ丈は?

夏の間だからといって、クールビズ時期にスカート丈を意識的に短めにする必要はありません。逆にブラウスとスカートだけになるわけですから品の良い素材のスカートをきれいに着こなすべきなのです。

スーツのときよりも、スカートのラインは人目にさらされるものです。ヒップラインが妙に強調されるようなジャストサイズすぎるスカートも避けておきましょう。

パンツの場合には、ほんの少しアンクル丈のものを準備して美しいシルエットのパンプスと合わせると爽やかな雰囲気になります。もちろん、足元までも涼やかで、美しいカットが施されているパンプスなどを準備してクールビズ時期を過ごしてみてください。

ちょっとした工夫と配慮でクールビズ時期のスーツ姿も素敵になります。

またスーツ初心者であれば上下が同じ生地で出来ているセットアップスーツもおすすめ。

異素材使いのコーデは難しいことも多く、とりあえず同じ素材のセットアップを身に付けていれば統一感が出るため、中のシャツやブラウスを変えるだけでおしゃれに見えます。

入学式や就活時で良い印象を与えるスーツマナー

着こなしその12:就活時に間違ってはいけないポイント

就活の時期には着こなしのマナーがいくつかあります。ブラウスをスーツの外側に出すタイプの開き襟を選ぶ場合もレギュラーの襟の場合にも、きちんとした雰囲気を出すためには常に背筋を伸ばしておきます。

そして元気で清楚な雰囲気を前に出すことが大事です。リクルートスーツを着こなすためにはまずは、そのスーツでの身のこなしに慣れることが大前提です。第一印象が断然大事になってくるということを忘れないでください。

就活時のスーツは個性を競うものでもなく、実際には社会的な常識を問われる一つのボーダーであることを覚えておきましょう。つまり普段はおしゃれに気を遣う人でも、スーツに限っては型にはまるべきなのです。

デザイン性の高いものではなく、地味かな?と思えるようなスーツをそつなく着こなす方が有利です。スーツには無地のものを選んでおくようにしましょう。ストライプ柄なども活動的なのですが職種によってはNGの場合もあります。

着こなしその13:就活時に迷ったときには黒色スーツを

マナーを重んじてリクルートカラーを色濃く演出するのが、黒色が一番無難です。ただ、汚れが目立ちやすいという点だけを気を付けておくと後は大丈夫でしょう。

そしてクールビズ以外のシーズンの場合には、必ずジャケットのボタンをすべてしめておくことが原則です。きちんとスーツを着るという姿勢自体が社会人としての資質を高めるのです。それほど大事な「スーツ」ということなのです。

着こなしその14:入学式や卒業式の場合

スーツ自体の色は黒、紺、灰色といったベーシックなカラーが好印象。ですがあまり暗くなってしまうのも良くないので、中に着るブラウスは華やかなパステルカラーやフリルのあるものを選びましょう。

逆にスーツをパステルカラーにしてしまうと、保護者のような感じが出てしまうので×。またワンピースにジャケットというスタイルも少し年上感が出てしまうかも。

色に悩んだ時は黒が無難です。入学式以外にも冠婚葬祭、就活、卒業式などに着回すことが出来ます。

人間誰もが新しい環境には慣れないものです。しかし、自分の悩みなどを口に出さないとパンクしてしまいますよ。誰かに相談したいけど親しい人がいないという人は是非占い師に相談してみてください。

会社であまり合わない上司がいるや、気になる同級生がいるなどの相談に占い師はめっぽう強いです。詳細は以下のボタンリンクから確認してみてください。

女性のクールビズファッションの注意点

女性のクールビズでの注意点:下着の透け

クールビズでよく見かけるスタイルとしては、ジャケットを羽織らないスタイルですよね。

男性であればワイシャツにノーネクタイだけで決まる人も多いのですが、女性の場合ブラウス一枚ということに不安を覚える人も多いはず。

特にキャミソールや下着の透けなど、家では気づかなかったのに外だと思ったより見えていた、なんてことがありがちです。

そうした失敗を避けるためにも、クールビズ時期のシャツは素材を十分に吟味しておきましょう。麻やリネン、シルクといった少し厚手のしつかりとした素材がオススメです。

女性のクールビズでの注意点:汗染み

次に気を付けたいのが汗染みです。

クールビズが実施されるのは夏の一番暑い時期。室内でずっと働く場合には大丈夫かもしれませんが、ちょっとした先方廻りや営業、銀行まわりなどで汗をかく機会も多いはず。

すぐにケア出来ればいいのですが、仕事が忙しいとそうした時間もなかなか取れないもの。ですがそのままにしておくと、脇や背中にじっとりとした汗染みが出来てしまいます。

放置した汗は匂いの原因にもなりますので、汗脇パットや制汗剤などであらかじめ予防しておきたいですね。

女性のクールビズでの注意点:胸が大きい人は専門のブラウスも

また胸の大きな女性にとって、クールビズはなかなかつらい季節です。ジャケットを着ているとさほど目立たないのに、ブラウス一枚になるとどうしても強調されてしまうことが多く、周囲からの視線を気にして仕事をしなければなりません。

市販されているブラウスでは、ボタンとボタンの間が浮いて隙間が出来てしまうものなどもあります。またかがんだ時に谷間が見えてしまうこともあるため、胸元用のカバーをつけるのもいいでしょう。

胸の大きい女性用に、ボタンを裏にも着けているなど工夫している商品もありますので、気になる人はそちらのブラウスを選ぶのがオススメです。

女性のクールビズでの注意点:生足はNG

いくら暑いからといって、ストッキングをはかないのはNGです。ちゃんと処理をしているとは言え、生足で動くのは社会人としてのマナーに反しています。

また素足でパンプスを履くと、蒸れて普段より匂いが酷くなってしまうことも。

普段より薄い生地や冷感素材のものに変えるなどの工夫をすると良いですね。

女性のクールビズでの注意点:サンダルはNG

同じくいくら暑いからといっても、サンダルで出社するのはやめておきましょう。

この場合注意したいのが、あからさまなサンダルというだけではなく、つま先が出るタイプのパンプスでもNGとなる可能性があること。

会社の社風にもよりますが、安全対策としてもつま先まで覆われている靴を希望するところは多いのです。

ペディキュアなどを見せるためにもつま先を出したいところですが、それはお休みの日まで取っておきましょうね。

スーツのおすすめブランド3つ

アンタイトル

どの角度から見てもシルエットが綺麗に整っていることから、カジュアルすぎない女性向けスーツの代表格としても知られているアンタイトル。20代の女性に高い人気を誇っていて、種類やサイズも豊富なことから自分に合った1着を選ぶことができるのも魅力です。

セオリー

ビジネス向けのスーツも充実しているセオリーは、大人の女性らしいスッキリとしたディティールの中にも清涼感のあるデザインが取り入れられていることが特徴。上品に着こなすことができます。カジュアルスーツとしても定番ブランドの1つですね。

エマジェイムス

エマジェイムスのスーツの魅力は、値段のわりに生地質が良いコスパの高さです。カジュアルブランドと比べると少し値段は高くなりますが、この価格でこのクオリティのスーツが着られるなら出せる!と言えます。30代以降も着られる造りの良いスーツならここで。

まとめ

女性のクールビズは、男性よりも気を遣わなければいけない部分が多く、何かと大変ですよね。

紳士服の専門店に行けば、クールビズ対策に特化した商品も多くあり、女性向けのものも近年増えてきています。

初めてだからよく分からない!という人は、まずはお店で店員さんに相談するのもいいかもしれませんね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category