カップルの3大記念日を最高に演出して彼と長続きするための心構え

大好きな彼との出来事は、どんな些細な事でも女の子にとってはまるで宝物。初めて出会った日も初めてのデートも、女の子にとっては忘れることのできないトキメキの瞬間です。彼とのトキメキを忘れたくない!そんな思いを胸にいっぱい秘めているのです。

彼とのトキメキの時間を記念日にしたい。女の子がそう思う一方、彼はどうでしょう?

男の子は記念日がたくさんあると、残念ながらちょっぴり鬱陶しく感じてしまうもの。彼の気分が乗るような記念日で、二人の仲を深めていけたらいいですよね。今回は彼が楽しめる記念日を3つご紹介します。参考にしてみてください。

その1 二人の気持ちが最高潮の時の1ヶ月記念日

付き合い始めて1週間、ドキドキの連続の日々。夢の中にいるような日々。彼氏がいるのといないのでは、こんなにも日常の見える世界が違うなんて。1週間の重みが全然違うわ。と感じている人はたくさんいるでしょう。

彼と映画を観るのも、ドライブするのも、ご飯を食べるのも、手をつなぐのも、全部初めて記念日にしたくなるぐらい。彼と過ごす初めての事にトキメイテしまいますね。大好きな彼との思い出をなんでも記念日にしたい!と思う女の子は少なくないはず。そこをグッと我慢して、1ヶ月記念日に思いを凝縮させましょう。

2週間がたち3週間がたち、だんだん二人の中にも「もうすぐ、付き合い初めて1ヶ月だね。」という話題も出てくる頃。1ヶ月一緒に過ごせて幸せいっぱいの二人。この時の彼氏は、女の子と同様に1ヶ月目のアニバーサーリーを楽しみにしています。

二人の気持ちが最高潮の1ヶ月記念日をどう過ごしたいか?二人で仲良く話し合って過ごすことで、今後のイベントのベースを作ることもできるでしょう。

1ヶ月記念日を素敵な日にできたら、何かを成しえたような感じになって、二人の仲はさらに深まっていくでしょう。1ヶ月記念日を、彼女がニコニコ嬉しそうに過ごしてくれたら、彼はとっても自信を持ちます。

彼にとっても最初の1ヶ月間は彼女に嫌われないか?とドキドキ緊張して過ごしたことでしょう。彼と一緒に過ごせて幸せだったことを、いっぱい彼に伝えましょう。きっと自信のついた彼は、それから先もあなたと一緒に過ごしたいと心に思うはずです。

1ヵ月記念日を素敵な日にするなら、ちょっぴり豪華なデートをするのもいいかもしれませんね!たかが1ヵ月記念日で……?と思うかもしれませんが、何事も最初が大事。二人の初めての記念日だからこそ、普段とは違った雰囲気のデートをして、忘れられない特別な日にするのです。

ここで注意なのが、このようなデートを毎回の記念日に求めないということ。「毎月こんな風に祝おうね♡」などと言ってしまうと、彼は「大変だなぁ……」と負担に感じてしまうかも。あくまでも最初の記念日だからということを忘れずに!

「1年に1回はこんな風にお祝い出来たらいいね♡」などとやんわりと伝えてあげると、彼もほっとするかもしれませんね。

豪華なデートをしなくても、この1ヶ月間の二人の写真などを見ながら思い返す時間も、きっと素敵な時間になるハズです。付き合った当初は、緊張や恥ずかしさが邪魔をして素直に言葉で伝えられなかったことも、この際にきちんと伝えましょう。

例えば初デートの写真を見返した際に、「この時すごく緊張してたけど、手を繋いでくれて嬉しかったんだよ♡」などと思い出すだけで、彼は嬉しくなること間違いなし!付き合いたては彼の方も不安になっていると思うので、言葉できちんと伝えてあげることが大切です。

その2 街中が演出してくれるクリスマス

1月ほど前から街中がいたるところでクリスマスの準備を始めます。イルミネーションに色取られた並木道。お店にはクリスマスのデコレーションが飾られ、素敵なクリスマスツリーもあちこちで見られます。

記念日を忘れてしまいがちな彼も、街中がクリスマス一色になると、誰でももうすぐクリスマスだな~と気が付けるものです。

クリスマスにちなんだイベントもたくさんあります。たまにはあまり聞くことのない、クラシックのクリスマスコンサートを聴きに行くデートで、ロマンチックなひと時を過ごしてもいいかもしれませんね。

照れ屋の彼も、街中がクリスマス一色ならちょっぴり恥ずかしさも抑えて、素敵なクリスマスを一緒に楽しんでくれることでしょう。

奥手な彼には、あなたからサプライズプレゼントを用意するのもいいと思います。世間的にはクリスマスの日は男性から女性へプレゼントが定番ではありますが、女性から男性へとプレゼントをするのも非常にロマンティックで素敵です♡

この時のプレゼント選びで注意しなければならないのが、あまり高価なもは避けるということです。気合を入れすぎて高価なものをプレゼントしてしまうと、彼は『嬉しい』という想いよりも、『申し訳ない』と遠慮してしまうかもしれません。

彼が仮にあなたへのプレゼントをサプライズで準備していたとしたら、そのプレゼントの相場よりもあなたが準備したものの方が高ければ、彼のプライドはズタズタです。

また、彼がプレゼントを準備していなかったら尚更です。どちらのケースに対しても、女性側が準備するプレゼントはあまり高価なものではないほうが良いでしょう。

プレゼントは物として残りますが、素敵な記憶を残すという意味ではホテルディナーをするというのも、クリスマスにはおススメです!いつもとは違う雰囲気は気分も高まるものです。そのドキドキこそが記憶として思い出に残るでしょう。

ホテルディナーとなればお互いにフォーマルな装いにもなるので、いつもとはちょっと違った相手の一面を見ることもでき、新たな魅力を発見できる良い機会にもなります。素敵な装いで素敵な思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

その3 彼が秘かに期待しているバレンタインデー

子供の時に好きな女の子からチョコレートをもらえるかな?と期待していた男の子は多いはず。学校でチョコレートをいくつもらったか自慢している男の子もいたと思います。バレンタインデーのチョコレートは、例え学校や職場でもらう義理チョコでも男の子は嬉しいようです。

自分の大好きな彼女からもらえる本命チョコレートは、やはり彼氏にはとっても嬉しいし心から味わって食べたいものです。バレンタインなんてってバカにしているように言っている彼も、

今年は、チョコレートもらえるかな?と、秘かに彼は期待しています。ぜひ、バレンタインデーにあなたのたくさんの愛を彼に伝えてあげましょう。

男性の中にはチョコレートが苦手という人も結構いるようです。そんな時は、ケーキなどちょっと違ったギフトを考えるのもいいと思います。その心遣いは男性にとって結構嬉しいものなのです。

ケーキであれば一緒に食べる楽しみも出来るので、楽しいバレンタインデートを送れるでしょう。

甘いもの全般が苦手という彼には、お花をプレゼントするのはいかがでしょうか?スイーツは苦手だし、プレゼントだと重く感じられそうだし……と悩むのであれば、お花はベストなギフトだと思います。

物のプレゼントよりは重く感じられず、あげる側ももらう側もほっこりするのではないでしょうか。お花は男性から女性へと贈られるイメージが強いですが、あえて女性からあげてみると、意外と喜ばれるかもしれませんよ!

まとめ

ここでは、1ヶ月記念日・クリスマス・バレンタインデーの3つを選んでみました。

本当はまだまだたくさんの記念日をお祝いしたいですよね。男の子は、記念日を忘れてしまいがちなものだし。記念日の数が多いと鬱陶しくなってしまうもの。せっかくの愛を深める記念日なのに、記念日を忘れてしまうことで喧嘩になったりしては、本末転倒です。

彼のプレッシャーにならない記念日を大事にしてあげることが、一番の長続きになることでしょう。一年に何回もの記念日よりも、彼と過ごした何周年記念日を目指していけるといいですね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category