思わず泣けちゃう!カップルの感動エピソード5選

付き合っている間に、様々な出来事がカップルには起きますよね。思わずクスッとしてしまうような笑える話、愛し合う恋人とはいえ腹を立てずにはいられない話、心躍るときめきに溢れた話、そして涙を誘う感動出来る話。

カップルが2組いればそれぞれに違う物語が生まれるように、カップルの数だけ無限の物語がそこには存在します。ここでは、実際にカップルに起こった感動のエピソードをご紹介していきます。あなたもきっとその感動エピソードに涙を流してしまうことでしょう。

胸の奥にグッとくる!カップルの感動エピソード【前編】

プロポーズの直後に彼氏に白血病が発覚

プロポーズというと人生でも重要なイベントの一つで、カップルにとっては、今後の生活を2人で生きていきたいという意思表示をする行為です。そんな幸せ絶頂のカップルを襲ったのは、まさかのプロポーズの数日後に彼氏が白血病宣告を受けてしまうという非常に残酷な展開でした。

自分が遠からず死んでしまうことを悟った彼氏は、プロポーズをした彼女に向けて別れを切り出します。本音では一緒にいてほしい、でも死んでしまう自分では愛する彼女を幸せに出来ないからと、心の中で様々な葛藤と向き合いだした苦渋の決断です。

ですが別れを告げられた彼女は別れることを拒否しました。理由はもちろん彼氏のことをこの上なく愛していたから。彼女は「今、病気になった彼と別れて健康な人と付き合ったとしても、その人も病気になってしまう可能性はある。」と考えました。

また、「治療の甲斐なく亡くなってしまったら、その時に今後のことを考えればいい。でもこの治療を乗り越えられたら絶対に幸せになれるはずだから」そう思ったからとのこと。

彼氏は絶対に別れてくれない彼女に、嬉しさと申し訳なさを感じて治療を続けた結果、2人の思いの強さが病気に勝ったのでしょうか。彼氏さんは白血病治療が功を奏して日常生活をおくれるくらいに回復したのです。2人の互いを思いやる気持ちが病気に勝った結果でしょう。

友達の彼氏だった人と

大学時代から友人づきあいをしていたカップルとA子さんは、卒業してからも連絡を取り合う仲でした。最後に3人であったときに、「そろそろ結婚しないの?」とA子さんが聞くと、彼氏さんはあいまいな返事をするのでおかしいな、と思っていたA子さんでした。

その後に彼女さんが病気にかかって入院しているということを知りました。脳腫瘍が出来ていた彼女さんは、若い事もあって進行が早く、治療のかいなく亡くなってしまいます。

そのお葬式の時、それまで淡々としていた彼氏は出棺の時に「これが最後のお別れです」との言葉に、それまで耐えていたのが耐え切れずにボロボロと号泣。まるで子供の様に泣き叫ぶ彼氏を見てA子さんももらい泣くことしかできなかったそうです。

数日後に、少し落ち着いた状態で彼氏と会うと、その時に昏睡に陥る前に彼女が書いたという手紙を見せられました。

その中には、嘘だとわかっていたけど、治ったら結婚しようという言葉が嬉しかったこと、色んなところに一緒にいきたかったこと、自分がずっと彼氏だけのものだということが書かれていました。

そして、自分の代わりとして彼氏を慰めてくれる人が側にいることを告げる手紙でした。その人とはもちろんA子さんのことです。そうです、彼女はA子さんが自分の彼氏のことをずっと好きだったことを知っていたのです。

そして自分が死んでしまった後はA子さんがきっと慰めてくれるであろうことを。大好きな彼氏を別の人に託していかなければならなかった彼女さんの悲しみはどれほどだったのでしょうか。

ですが、彼氏さんのために彼女さんは自らその言葉をつづったのです。哀しみにくれる彼氏さんをA子さんはずっと側にいて支えてきたそうです。そして数年後、彼氏さんとA子さんは結婚することになりました。

遅まきながらのプロポーズ

通常プロポーズは結婚式よりも前にするものですね。中にはどれがプロポーズだったのかわからない、というカップルもいるようですが、中々タイミングがなくて結婚はするけどプロポーズ出来ていない、そんなカップルのお話です。

2人にとって幸せの絶頂の最高の舞台である結婚式。挙式を終えて、披露宴も終わって、友人たちとの二次会では会話が弾みます。記念写真をしたり面白い余興があったりと楽しい時間を過ごしていました。そして、最後に新郎からの挨拶になりました。

新郎にマイクが渡されて、新郎から参列したみなさんへのあいさつと思ったら、それは新婦へのメッセージでした。

「遅くなってしまってごめんなさい。皆の前で言わせてもらいます。これから2人で歩み始めますが、言えてなかった言葉を今言います。僕と結婚してください!」

もう結婚式を挙げた後だとはいえ、プロポーズされていないことを少し残念に思っていた彼女さんは、このサプライズにびっくりして嬉しくて泣いてしまいました。

その幸せな涙に濡れる彼女の頬を流れる涙を拭ってあげたあとに、彼女の返事はもちろんイエス。幸せに包まれた1日は感動に包まれて終わりました。

胸の奥にグッとくる!カップルの感動エピソード【後編】

写真と誕生日にまつわるカップルの感動エピソード

付き合って1年ほど経って、誕生日を彼女に祝ってもらったという男性からのエピソード。

実は付き合って間もない頃、すでに一度目の彼の誕生日を迎えたそうですが、まだ知り合って浅かった2人はろくにお祝いをしなかったそうです。

2人で出かけたのは2、3度食事に行ったくらいで、思い出もないし、彼女の方はまだそんなに好きという気持ちがなかったため、当日会うこともなく「おめでとう」というメッセージをラインで送った程度で、ケーキも食べなかったそう。

けれども、1年経って「あの時はちゃんとお祝いできなかったから」と、彼女が旅行に誘ってくれたそう。さらに「1年前の誕生日だったら、絶対にできなかったプレゼントをするね」と、2人の思い出の写真を綴ったアルバムを贈ってくれたそうです。

約1年分に渡り、一緒に出掛けた場所や旅行に行った時に撮った写真、食べたものや一緒に見た景色など、アルバムには2人の思い出がたくさん。

彼女がその時に感じたことを手書きでデコレーションした可愛らしいデザインのアルバムで、彼はとても嬉しかったそう。

「これからもいっぱい思い出作っていこうね」と言う彼女の笑顔に、愛しさが溢れてきたそうです。

結婚指輪にまつわるカップルの感動エピソード

彼が売れない漫画家、彼女はOLというカップルのエピソードです。若い頃からWeb漫画家としてデビューはしていた彼ですが、なかなか芽が出ず収入はほとんどない状態。同棲中の彼女の方が収入が多く、ほぼ彼女が養っているような関係でした。

漫画については疎い彼女でしたが、長い間、彼女は彼を支えて一緒に生活してきました。しかし、年齢だけを重ねていく日々。

友人や同僚の結婚報告を耳にするたびに「自分はこのまま結婚できないかもしれない……」と不安を募らせていきます。将来のことなどまるで口にしない彼にも、徐々に不満を抱くようになりました。

そんな時、友人に強引に誘われて参加した飲み会で、彼女はある男性と出会ってしまいます。収入も安定していて優しく、結婚するには最適と言える男性でした。しかも、彼は彼女に「一目惚れした」と言ってくれました。久しぶりにときめいた彼女は、ほろ酔いで岐路に着きます。

その日少し遅くに帰った彼女は、彼に問い詰められ、飲み会に参加したことを話してしまいます。すると、彼は怒るどころか「お前の好きにしたらいいよ」と冷めた態度。彼女はショックを受け、彼と別れて家を出ることを決心します。

数日後、飲み会で出会った男性に会いたいと呼び出され、食事をしながら話をしていると、「今大人気の漫画のヒロインが大好きで、その子が君にそっくりで、一目惚れしてしまった」という話をされます。

その彼が好きだというWeb漫画を読ませてもらうと、なんと作者は彼女が同棲している彼氏でした。その漫画のヒロインは、確かに彼女に見た目がそっくりで、性格や表情などもよく似ていました。

わけもわからないまま彼女は自宅に戻り、彼に話を聞こうとしますが、「もう新しい男がいるんだろう」と言われてしまいます。「そんな人いない。ずっとあなただけが好きだった。これからも……」と、彼女が泣きながら言うと、突然指輪を手渡されました。

「本当は、この間渡そうと思っていたんだけど、飲み会から楽しそうに帰ってきたから言えなかった。俺なんかじゃなくて、もっとお前を幸せにしてやれる男がいるんじゃないかってずっと不安だった。

今描いてる作品も、書籍化されないとまとまった収入にはならないから、連載で少し人気が出てきたときも、不安でずっと言えなかった。連載を続けられて、本になるっていう話が出て、そこまで決まってからじゃないとプロポーズなんてできないって……。

ずっとそばにいてくれてありがとう。待たせてごめんな」と、彼も長い間抱えていた気持ちを話してくれました。

彼の漫画はますます大人気となり、様々なメディアに紹介され、彼はどんどん多忙になっていきました。彼のサポートを徹底するため彼女は仕事を辞め、アシスタントも雇うようになりました。

漫画の中でも、ヒロインは彼女と同じ指輪を受け取ったそうです。

彼氏を感動させたいときは?

サプライズを演出

普段の生活がマンネリ気味になってきたときこそ、サプライズを演出して彼を感動させてみてはいかがでしょうか?

2人にしかわからないことで「好き」を伝える、付き合って来た歴史を感じさせる演出をする、思い出の場所を訪れて「いつもありがとう」とプレゼントを渡すなど、彼が思ってもみなかったサプライズを用意すると、驚きとともに感動が倍増するそうですよ。

「お店を見ていた時、欲しいって言ってたから」など、彼のちょっとした言動を覚えていることも、男性が喜ぶサプライズのようです。

手紙を書く

男性は手書きの手紙にとても弱いと言います。特に今まで「女性から手紙をもらう」という経験をしてこなかった男性には、その効果はかなり高いでしょう。

最近ではメールやラインなど、文章でのやりとりで連絡を取ることは多いですが、敢えて手書きでメッセージを綴る事で、書き手の気持ちや温かさがより伝わりやすく、オススメの演出方法です。

手紙を書くときはだらだらと長文を書き連ねることは避け、彼に伝えたいことを丁寧な文字でわかりやすく表現しましょう。「大好きだよ」「いつもありがとう」の言葉だけで涙する男性もいるほど。手書きメッセージのパワーは絶大です!

旅行に行く

彼だけではなく、2人一緒に感動体験を味わうのなら、旅行に行くのはいかがでしょうか?日常を離れ、思いっきり羽を伸ばすのもたまには良いですよ。

普段見られないような美しい景色を2人で見たり、旅先でしか体験できないようなアクティビティーに一緒に挑戦するのも良いですね。

「あなたと一緒に来られて嬉しい」「ずっと2人で来たかったの」「いつも恥ずかしくて言えないけど……本当に大好きだよ」など、せっかく旅行に来たのですから、思い切って素直な気持ちを言葉にしてみましょう。

そんなふうに大好きな彼女に、旅先で改めて言われてしまったら「なんて可愛い彼女なんだ」「ずっと一緒にいたい」と、彼の嬉しさも何倍にもなり、あなたへの愛情も燃え上がるはずですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カップルに実際に起こった感動エピソードをご紹介しました。カップルの数だけ様々なお話があります。

病気、別れ、結婚、色々な場面でそれぞれに感動の出来事が起こりますよね。その中には涙なしには語れないものなどもあって私たちの胸を打ってくれるのです。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category