カップルのラブラブエピソード7選。あなたもこんな体験した?

Clover(クローバー) > 恋愛 > カップルのラブラブエピソード7選。あなたもこんな体験した?

寒い季節には、恋人たちのきゅんとするエピソードを聞いてほっこりしたいですよね。人の幸せな体験談は、読んでいるだけで幸せな気持ちになるから不思議です。ハッピーな力は伝染していくのかもしれませんね。

今回は、そんなこちらも幸せになれるラブラブカップルエピソードを7選厳選してご紹介します。
学生の頃の淡い気持ちや大人の恋に思わずキュンキュンしてしまうこと間違いなし。
早速脳内をハッピーモードへ切り替えちゃいましょう!

ラブラブエピソードその1

ドラマのような再会がすごい

お互いに彼氏彼女はいたけれど、同じ職場でお互いに意識していました。でも僕は彼女に告白をすることはありませんでした。数年がたち、お互いが気になる存在のまま、僕の方が仕事の海外出張で1年間日本を離れることに……。

僕は思い切って彼女に、「帰国する日にもし、まだ自分の事を気にかけていてくれたら空港ロビーにきて欲しい!」と言い残し、海外出張へ。日本への帰国が近づくたびに「なぜあんなことを言ってしまったのだろう?」と後悔もしました。

帰国当日、空港のロビーで一人彼女を探しましたが……。そこに彼女の姿はありませんでした。「くるわけないか~!一年も時間が経っていてそんなわけないか~。」と思い振り向いた瞬間、そこには彼女が立っていたのです。

動揺して驚く僕に向かって彼女は、「もう来ないと思った?私ね、一年前のあのとき貴方が言ってくれた瞬間行くこと決めてたよ!」と笑顔で言ってくれました。

まるでドラマのようなロマンチックエピソードですね!読んでいる私の方が赤面してしまいそうです。

彼氏になった「元男友達」

普通に仲が良い男友達とのエピソード。

お互いに「恋人がいるけど上手くいってない」という状態が続いていました。私と男友達の関係は、あくまで親友のような異性の友達。

だけど、今付き合っているDV気質の彼よりも正直、その男友達の方に人間的な部分で惹かれていたんですね。そんなこと、口が裂けても言えなかったんですが。

そんなある日、いつものように「友達」としてLINEをしていました。お互い恋人の愚痴や相談などを普通にできる関係だったのですが、男友達は「彼女と別れた」と言います。

さらに「本当は別の女性が好きで、その気持ちに嘘が付けなくなって別れることにした」と続けます。複雑な思いこそしましたが、私は大切な男友達を応援することにしました。

「親しい女性なら、デートに誘ってみたらいいんじゃない?」とアドバイスすると、「じゃあ、さっそくそうする」というメッセージを最後に、彼から着信が。

電話に出ると、「ストレート過ぎるかもしれないけど、俺とデートしてください」と言うではありませんか!私は事態が飲み込めず、「ちょっと、私に電話してどうするのよ?かける相手間違ってない?」と答えると、彼はこう答えました。

「間違ってた?俺、〇〇(私)っていう子に電話したんだけど」。ちょっと混乱しつつも、彼が告白してくれたのはすごく嬉しかったですね。

私も、付き合っていた彼との関係をきちんと清算し、「元男友達」と付き合うことになりました。

ちょっといたずらっぽい男友達。可愛いですね!

フラれても手紙で再挑戦

なよなよしていても、男は男なんです!と言わんばかりのエピソード。

職業訓練校で出会った同じクラスのA君は、友達としては最高なんだけど、完全に恋愛対象外だったんです。仲の良いクラスだったので、飲み会やボウリング、バーベキューなどで、距離だけは縮まってたとは思うんですが。

で、告白してくれたものの、やっぱりタイプではなかったので1度フッたんです。ところが、気の弱い男性だと思いきや、なかなか諦めが悪かったんです(笑)。

丁寧な手紙で、私のことをどれだけ好きか伝えてくれたり、夜景の見えるバーレストランに「友達」として誘ってくれたり……。で、彼の人柄や誠実さにいつしか惹かれ、とうとう私の方が押しに負けちゃいました。

「そこまで思ってくれるなら、もう私たち付き合っちゃおうよ」ってね。

当たって砕けて、それでも諦めなかったら実る恋もあるんですね。

ラブラブエピソードその2

テレパシーびんびんカップル

以心伝心とはよく言ったもので、お互いの思いが一つになるときによく起こる現象です。このエピソードもお互いのテレパシーが通じたラブラブエピソード。スゴい!まるでテレパシーを発信したかのような素敵な話。

電話で彼と話をしていて思わず「会いたいな~」とつぶやくと、彼が「ベランダから外見てみな!」と言うので外に出ると……。なんと下で彼が手を振って笑っていました。

「俺も会いたいと思ったからおまえに会いに来た!」その言葉と目の前の状況に私は思わず号泣でした!

これすごいですね~。もし、自分がこんな演出されたら、ほんとにキュンキュンどころか、ベランダから飛び降りてしまうんじゃないかな、嬉しすぎて。会いに来てくれるって嬉しすぎる!

ドラえもんの世界で、どこでもドアがあるわけじゃないから、彼がわざわざ不意打ちに遭いたくなってサプライズで会いに来てくれるって感動しますね。わざわざ車を飛ばしてくるか、電車に乗ってきてくれるんですから!本当に彼女は愛されているのでしょうね。素敵な話です。

突然の地震で

彼とデートの帰りに住宅地を歩いていたら、突然の地震が!しかも、電信柱が揺れる程激しく、しかも長かったんです。私は怖くて、とっさに彼にしがみつきました。

彼も恐怖心はあったと思いますが、そんな私をかばうように守ってくれていました。それだけではありません。近くの古民家で、玄関の柱にしがみついているお爺さんに「大丈夫ですか!?」と、揺れが収まるまで声をかけていました。

ようやく揺れは収まりましたが、大きな災害にならなくてなにより。そして、彼の男らしさや強さ、そして守られているという安心感で、さらに彼のことが好きになりました。

女性ならみんな、男性に守られたいと願うもの。土壇場では、男性の度量や強さが試されるのかもしれません。

「何も言わなくていいから」

大好きなおばあちゃんが亡くなり、実家に帰省していた時。葬儀も無事に終わり、つらいけど私は仕事もあるので、電車で普段のアパートへ戻らなければなりませんでした。

正直、悲しみを感じる暇もなくバタバタしていたし、私は長女なので、家ではずっと泣くのをこらえてたんですね。着いた先の駅まで彼が迎えに来てくれたんですが、私はあまり喋る余裕もなかったですね。

私のアパートまでくると、彼は私の顔を自分の胸にうずめるように抱きしめてくれて、「大丈夫。何も言わなくていいから」と優しく言ってくれました。その瞬間、どっと涙が溢れましたね。

だけど、彼は私の性格を知っていました。負けず嫌いで、人に涙を見せるのが嫌な私。ちゃんと1人にしてくれたのは嬉しかったですね。部屋で思う存分泣けて、ゆっくりとおばあちゃんとの別れを受け入れられました。

彼の優しさには、いつも助けられています。

ラブラブエピソードその3

キスの時間ってなんて幸せなんだろう

デートで紅葉を見に行ってきました。その時の話です。山奥の中に座れるほどの木の切り株がありました。二人とも少し疲れてきたのでそこに座って休憩をとることに……。風が吹き木が揺れる音を二人で聞きながらひなたぼっこをしていると。

彼が突然「こんなところでキスしたら怒られるかな~?」っと呟いたので「え~?怒られちゃうんじゃないの?」と返事すると「まあそれでもキスしちゃうけどな!」ってキスされちゃいました

とても幸せな時間……。キスは本当に幸せになる魔法ですね。

帰りに駅のエスカレーター付近で誰もいないということと、このポジションなら周りから見えない死角だと分かったので、今度は私が彼に、袖を引っ張りながらキスのおねだり……。

すると彼は照れながらもちゃんと応えてキスをしてくれました。とても幸せなひとときだったなあ。

思い出すだけで赤面しちゃいますけど!読んでいる私も照れちゃいますけど……。聞いている私まで幸せな気分になれちゃうのでOKです。人の目を気にしながら隠れてこっそりするキスってスリル満点でなおかつ満足度も高いですよね!!

LINEの文面だけで

看護学校時代、私は寮生活をしていました。彼は社会人で遠距離恋愛をしていたのですが、私は学校生活にも友人関係も、寮生活まで上手くいかず、ストレスで体を壊しかけてたんですね。

でも、つらいのは私だけじゃないし、愚痴ばかり彼に聞かせても悪いと思って、彼とも電話やLINEでは、精一杯強がっていたんです。

でも、彼は鋭かったですね。「最近、お前のメッセージ見てても、元気なさそうなの分かるんだよ。何かつらいんだろ?」と言われ……。図星ですよね。

遠い県外から車で3時間もかけて会いに来てくれて、ずっと元気づけてくれました。結局、看護とは別の道に進みましたが、後悔していません。

彼の優しさには、本当に助けられましたね。

彼だけは味方

職場内恋愛中のカップルのエピソードです。

彼とは同じ職場なんですが、男女比率で言うと女性7割・男性3割ほど。案の定、女性特有のネチネチしたいじめや派閥などもあり、運悪くターゲットになってしまった時のことです。

私のことを気に入らないお局(50代)が、社内で私の変な噂を流したり、男性社員と事務的な会話をしようものなら、「色仕掛け」「〇〇課長と不倫してるんじゃないの?」と聞こえるように言われたり……。

彼は部署リーダーをしており、たまたま私がいじめられている現場を目撃しました。

すぐさま間に入り、「〇〇さん(お局)、あんまり彼女にきつく当たるのであれば、作業場を変えましょうか?

彼女はふざけているわけでもサボっているわけでもないし、お客様からの信頼も厚いです。あなたより優れているところなんていっぱいありますよ」と言ってくれました。

それ以来、お局はずいぶんと丸くなり、私に対して嫌がらせをしてくることもなくなりました。

彼氏といえど、職場では仕事仲間。私情を挟まず注意してくれる姿がカッコいいですね。

ラブラブエピソードその4

壁ドンのキュンキュンはやばい

お祭りに二人で行ったとき、ちょっとしたことで言い合いに……。せっかく楽しみにしていた夏祭りだったのに。むかつきながら帰っていると後ろから彼が追いついてきました。歩道橋の下で壁ドンされた瞬間、強引に彼の顔が近づいてきました。

突然のことで逃げられない私。それよりも迫ってくる彼の顔にドキドキが止まらず……。思わず目をそらそうとした瞬間「大好きなんだよ」とキス。

このタイミングで花火が「ドーン!」と上がり出しました。もうけんかがバカバカしくなって。益々彼を好きになってしまいました。

こんな壁ドンでキュンキュンさせられたら、怒れないですよね!女性にとっての壁ドンの魅力って、男性に覆われることで守られている包容力を感じるからでしょう!顔がすぐ目の前まで近寄ってくる距離感は、恥ずかしくもあり、どこか照れてしまう。

そんな目のやり場のない可愛い表情を女性が見せるから男性もキスしたくなっちゃうのかもしれませんね!!どちらにせよ、壁ドン話はやばいほどキュンキュンきますね。

妊娠し、つわりがひどい中

同棲していた彼との間に子どもを授かり、いわゆるでき婚をしたばかりの頃。つわりがひどくて、家事もできず。おまけにニキビのせいで顔はブツブツ。

当然、化粧もできずお風呂にも入れず、あの頃は布団の中で泣いてばかりでした。彼が遅くまで仕事をして帰宅しても、台所は真っ暗。食器は洗い桶につけっぱなし。洗濯物は干しっぱなし。

ただただ申し訳なくて「ごめんね。仕事も家事も、なんにもできなくて」と謝ると、「〇〇(私)ちゃんは妊娠してるんだから。今、すごく大きな仕事をしてるんだよ」と言って、手付かずだった家事を片付けてくれていました。

食べ物の匂いに吐き気がするため、彼のお弁当も食事も作れなくなり、冷凍食品やお惣菜だらけになっても、彼は文句1つ言わず。

「冷凍食品だって、ちゃんとチンしてくれたんでしょ?お惣菜も、ちゃんとスーパーで選んでくれたものなんだから、特別なの」と優しい言葉をたくさんかけてくれました。

こんな素敵な人……、一体どこを探したらいるだろう?この日以来、自然と「ありがとう」が増えました。

素敵な旦那様に拍手!この時お腹にいた赤ちゃんは、来年小学生になるそうです!

ドライブでのキュンキュンエピソード

彼とドライブ中、私は助手席にいたのですが、疲れからか強烈な眠気が。

彼は運転してるからもっと疲れているだろうと思い、なんとか寝るのを我慢しようとしてたら、「疲れたよね。眠ってていいよ。俺も起こさないように気を付けて運転するから」と言ってくれました。

彼の優しさに甘えて眠らせてもらったのですが、目が覚めると毛布を掛けてくれていたんです。本当に大切にされている感じがして、幸せでした。

末永くお幸せに!

ラブラブエピソードその5

寝ているときにギュッと抱きしめられる

彼の部屋にお泊まりしたときの話。彼の隣で眠れることが嬉しくて嬉しくて、先に眠った彼の顔をずーっと見つめていました。彼のことが大好きなので思わず彼を抱きしめてしまいました。すると眠っている彼もギュッと抱きしめ返してくれたのです。

まさかの瞬間に私のハートはキュンキュンし、興奮して彼のこと抱きしめて離しませんでした

次の日の朝、彼にそのことを話すと、全く覚えていないらしく。無意識に彼が抱きしめ返してくれたことや大切に思ってくれていることが分かってすごく嬉しいお泊まりでした。

隣で寝顔を見れるって本当に幸せな瞬間ですよね。そんな時にギュッとされたら……。想像するだけでも照れちゃいますね。

バレンタインデーでキュンキュン

一度告白して振られてしまった私。彼の人気はすごく、バレンタインデーも多くの人だかりが……。キラキラ輝いている彼のハートを射止めるのは誰なんだろう?「私、告白するの早まったな~。」なんて実は後悔していました。

バレンタインが終わり、彼とのメールで「いったい何個のチョコレートもらったの?」と聞くと彼は「そんなにもらってないよ!」「おまえからまだもらってないし!」一瞬「え?それって私のチョコレート待ってたの?」彼は「うん」だって。

「お前からの本命チョコが欲しい」と彼に言われたので、慌てて次の日手作りチョコを作って渡しました。彼実は、私からのチョコ待っていたみたい。

それから、二人の進展は言うまでもなく……。彼は私の彼氏になりました。今思い出してもキュンキュン来るバレンタインデーです。

どのタイミングで好きになっちゃうか分からないから恋愛って面白いですよね~。

ラブラブエピソードその6

「学生編」しりとり中のファーストキス

彼と公園でデートしているとき、急に「しりとりでもしようか?」と彼に言われて何気なく始めました。私「くわがた~」彼氏「たんす~」「す・す・好き~」と可愛く言って彼氏を驚かそうと思って彼の反応を見た瞬間!!

唇と唇が重なりました。チュッと言うラブラブな音の後に彼氏「……キス。」だって。素敵なファーストキスでした。

まだ学生だったので当時は公園デートをよくしていました。今でもしりとりが始まるとあの時彼がくれたキスを思い出してキュンキュンしちゃいます。

しりとりからの~キスなんてとってもキュート!皆さんも懐かしい初恋の思い出がフラッシュバックしてしまいませんか?

「学生編」卒業式告白

仲が良い男子が居て、卒業式の時に勇気を振り絞って告白することにしました。彼を教室に呼んで……。力を一杯ふりしぼり「好きです」と告白。すると彼は「ごめん」って目を伏せました。

何度も何度も「ごめん」て謝る彼に「もう大丈夫だよ!!」と伝える私。目には涙が溢れていました。

帰ろうとすると後ろから抱きしめて「女の子に告白させてしまってごめん」と優しい言葉が……。実は、私に告白をさせてしまったことを謝っていたそうです。

本当は彼も私のことが大好きだったみたいで、そのまま教室でファーストキスをしてしまいました。

応援してくれていた友達にたぶん見られちゃいましたけど……。とっても幸せな気分でした。

ラブラブエピソードその7

このサプライズすごい

彼と結婚する前仕事に行き詰まって悩んでいたときの話。職場の人間関係や仕事に追われてまいっていたとき、彼から「仕事をやめたくなったときこれ開けてみて」と封筒を渡されていたことに気づきました。

およそ3ヶ月が経ち、涙ながらに彼氏に電話をかけました。封筒の中身はなんと婚約指輪が!彼の粋なサプライズに私は号泣でした!

なんて美しい話でしょう。キュンキュンもさることながら、感動させられるストーリーですね。

当然二人はその後幸せに結婚されました。こんなサプライズされたら世界一素敵なヒロインになれますね。

いつも愚痴を聞いていた彼が…

私にはいつも彼氏の愚痴を聞いてくれる優男くんがいました。女友達より気楽に話せて、とにかく気心しれた男性なので彼を男と見たことは一度もありませんでした。いつものように居酒屋で彼氏の愚痴を言うと笑顔で聞いてくれる優男くん!

この前は1時間も約束の時間に遅れてきたのに、全く怒ってなくてしかも、いつもの笑顔で話を聞いてくれました。何となく気の毒になっちゃったので。彼に「2つだけわがままを聞くから言ってみて!」と言うと彼が……

「彼氏と……」「別れて……」と言ったのです。一瞬の出来事に、私の鼓動は高鳴り、えっ?となりました。そうなんです。彼はずっと私のことを好きでいてくれたのです。

そんなことも知らず何でも話していた私。彼の真剣なまなざしとわがままにトキメキが止まりませんでした。

当然、その後は彼氏と別れて優男の彼と付き合っています。

まとめ

カップルのラブラブエピソード7選。あなたもこんな体験した?は、いかがでしたか?自分もこんな恋をしてみたいと思いますよね!!恋をするには、自分に自信を持てるように色々前向きに体験していましょう。キラキラ輝く貴方をきっと男性は見逃さないはずですから……。

人の幸せを素直に喜んで感動できるそんな貴方は、幸せになれるはずです。ひょっとしたら気づいていないだけで、貴方のそばにも王子様がいるかもしれませんね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category