クッションファンデの塗り方のコツ!パフのお手入れ法や肌・毛穴のカバー力もご紹介!

Clover(クローバー) > 美容・ファッション > クッションファンデの塗り方のコツ!パフのお手入れ法や肌・毛穴のカバー力もご紹介!

最近、クッションファンデーションが注目を集めています。これは最近の、ツヤメイク流行も手伝って人気が出て来ているようです。

この新しいタイプのファンデーションを果たしてどのように使うのか。そしてどんな効果がだせるのか。今回はこれらの問題に焦点を当てて、ファンデーションを紹介していきます。

そもそもクッションファンデーションって?

実はあの美容大国発のメイクアイテム

クッションファンデーションはなんと、美容大国として知られているお隣の韓国発のアイテム。韓国では多くの女性の必須アイテムとして、絶大な支持を得ているのだそう。

そんなオルチャン(=韓国語で美女の意)たちの心を掴んで離さないクッションファンデーションは、リキッドとパウダーを組み合わせたもので、保湿成分を多く含みながらも、紫外線対策が万全ですから、オルチャンたちが放っておくはずもないわけです。

使い方&クッションファンデの魅力

それまでになかったタイプの中身というのも驚きですね。クッションのようなスポンジに液体のファンデーションがしみ込んでいます。このクッションをリフィルとして、別売りのケースにはめ込んで使います。

メーカーごとに違ってはくるのでしょうが、筆者があるお店でメイク体験した時に使用したものは、2か月ほど持つとのこと。

なぜそのような形状になったのかというのは定かではないのですが、一説によると、韓国の化粧品メーカーが「メイクした上からでもお直しができる、軽い感触のUVクリームを」との要望を韓国の女性から受け、印鑑の朱肉に着想を得て出来たものだからという話もあります。

これが短い時間で自然な艶めきを実現できるファンデーションというところが注目を集め、瞬く間にブームとなり、現在に至ります。

早速使ってみよう!

…とはいうけど、どう使えばいいの?

筆者がお店に足を運んで、クッションファンデーションのメイク体験を美容部員さんにして頂いた際、教えてくださった使い方というのは本当に簡単でシンプルでした。

クッションファンデーションを買うと、付属のパフが付いて来ます。これをスポンジにギュギュッと押さえつけて、お肌にトントンと乗せるようにファンデーションをつけていくだけ。

そうすると、お肌がだんだんツヤツヤして来るのがわかります。筆者は毛穴が大きな悩みなのですが、そんなのが一気に吹っ飛ぶくらいの艶めきです。

ただこれだけだとツヤツヤしているので、リキッドファンデーションが乗っているような感触です。これで終わってもいいのですが、それでも落ち具合やよれが気になる時は、お粉をその上から乗せていってもOKです。ちなみに筆者はお粉をリクエストしました。

どう選べばいいの?

もちろんカラーもですが、まずは肌の状態に合わせたメインのファンデーションを最初に選んでおくといいかもしれません。

先ほどの項で筆者の体験をご紹介しましたが、単にクッションファンデーションを塗っただけだと、ツヤ感としては抜群ではあるのですが、それだけでは落ちやよれが気にかかって仕方がないという印象を持ちました。

気分によってはメインで使う事も可能ですが、カバー力があると謳われてはいるけれども、落ちやよれが心配という方はお粉も忘れないようにしましょう。

ちなみに筆者の美容部員さんメイクの体験では、お粉はふんわりと優しくブラシで乗せていましたよ。筆者はリキッド派ですが、通常通りの乗せ方だとクッションではツヤ感をなくしてしまうので、その辺りもテクニックが必要だと感じました。

クッションファンデを使ったツヤ肌の作り方

ツヤ肌の作り方はとっても簡単!

それでは実際にクッションファンデを使ったツヤ肌作りをご紹介します。まずは化粧品や乳液でしっかりスキンケアをします。そしてその肌の上に直接クッションファンデを乗せていきます。

パフを軽くファンデーションにつけ、適量を取ります。それを両頬や額といった広い部分からポンポンとスタンプを押すように置きます。この時パウダーファンデのように肌に沿ってパフを滑らせていけません

少しずつ肌になじませるような感じで載せていき、全体にムラがないよう重ねていくのがポイントです。

瞼や小鼻といった細かい部分はパフを使って丁寧に載せていくようにしましょう。

下地や日焼け止めは必要?

化粧水や乳液だけで、下地は必要ないの?と思う方もいるのでは。実はクッションファンデはこれまでのファンデーションよりも高い保湿性や水分力があるため、基本的に下地は必要ありません

そのためスキンケアしたお肌にすぐにお化粧できるため、忙しい朝の時短メイクにもピッタリなんです!

また夏などは紫外線も気になる季節ですが、多くのクッションファンデには紫外線カット効果があるため、日焼け止めも必要ないことが多いです。

ただしこれだけだとカバー力が今一つ…と思うようであれば、ベースに赤みを足したりコンシーラーなどであらかじめくすみを消しておくなどの工夫が必要です。さらにどうしてもテカリが気になるという場合は、普段使っている下地をしてからクッションファンデをつかっても大丈夫

自分のお肌に合わせた使い方をしていきましょう!

仕上げのパウダーも基本必要なし!

従来のパウダーファンデーションで、今はやりのツヤ肌を作ろうとすると、いくつものアイテムが必要でした。ですがこのクッションファンデを使うことで、そういった沢山のアイテムも使わずに、誰でも簡単にツヤ肌を作れるようにしたものがクッションファンデです。

その持ち味を生かすため、パウダーなどでそのツヤを消してしまうことは基本的にあまりしない方が多いです。

ただし鼻のテカリが気になるという場合や、少しだけさらりとした肌感を出したい!という場合には、軽くフェイスパウダーをのせてもいいでしょう。

クッションが難しいと感じている方へ

ちょっとした一手間で改善できるかも!

そうはいってもなかなか難しいと感じている方もいらっしゃるかと思います。

ツヤツヤを目指すために心当たりのあるものを改善していきましょう。

一手間① パフを清潔に保つ

お粉やパウダーファンデーションと原理は同じです。やはり一度使えば使い手の保つ雑菌がつくので、流用はもちろんできませんし、パフが使い込まれていると、その雑菌でニキビや吹き出物が出て来るわけです。

これがクッションともなると、しみ込んでいるものがリキッドですのでよほどですよね。

それから、パフが汚れていると、ファンデーションが均等に付いてゆかなくなるんです。清潔を保つためには、できれば毎日パフを洗うか、百均でも売っている使い捨てのパフを持っておくといいですね。この後お手入れの方法をご紹介します。

一手間② ファンデーションの量を加減してみよう

むやみにぐぐぐっと押さえつけて多くファンデーションをとったところで、あのツヤ感は実現しないと知りましょう。多くとってしまったら他のつけていない部分にもトントンつけながら加減していき、並行で均一になるようにつけていきましょう。

基本的にファンデーションやアイシャドウなどは、一番最初につけたところが濃く乗るものです。それを押さえておけば、加減を知る事ができるはずです。クッションファンデーションは薄く伸ばしていくものですから、少しずつ含ませて伸ばしていきましょう。

一手間③ やはり下地は必要です!

BBクリームやCCクリームのように下地不要と思っていらっしゃる方はいませんか?クッションファンデと同じように紫外線の対策が施されてるから大丈夫だろうと思いきや、これがそうではないのです。

他のファンデーションと同じように、下地を使って初めて、クッションファンデーションは本領発揮するんです。肌作りは下地→クッションファンデ→コンシーラー/ハイライトの通常通りの順で使いましょう。

一手間④ パフの使い方を見直す

パウダーファンデーションの時の癖がツヤ感を失わせている可能性もあります。クッションファンデーションの場合は、パフをトントンと叩いて乗せていって、ツヤ感を出していくものですから、パフの使い方を一度見直すとうまくいくかもしれません。

一手間⑤ スキンケアを見直す

ツヤツヤ感をクッションファンデーションに依存して、スキンケアを怠るようでは本末転倒です。すっぴんの時の肌の状態をまず把握して、それに見合ったスキンケアを怠らない事で、理想の肌は完成します。

スキンケアはすべてのお化粧の土台です。土台がしっかりしていない状態で家やビルが建つはずなどありません。お肌も然りだと心得ましょう。

パフのお手入れにチャレンジしよう!

お道具のお手入れはすべての美に通じる!

綺麗になる事ばかりに目がいって、お道具をお手入れした事がないという方、あまり意識をした事がないという方はいらっしゃいますか?

すべての美はお手入れから始まるといっても過言ではありません。ものづくりの現場でも、定期的なマシンや工具の整備を怠らない事で、安全な良品が作られるように、お化粧の道具も、お手入れをしてゆく事で、吹き出物やニキビが出るのを防ぐ事ができます。

意識をした事のない方も、やった事がないという方も、ここはしっかりと押さえておきましょう。

クッションファンデの要 パフの洗い方

それでは、クッションファンデーションの要となるパフの洗い方です。お風呂に入りながらでもできますので、是非お試しくださいね。

①ジッパー付きの袋を用意し、これにパフと洗顔フォーム(もしくはクレンジングオイル)を入れる

フォームなら2センチほど、オイルならひと押しほどの量で

②ぬるま湯をパフが浸るほど入れ、ジッパーを閉じて手で押し洗いする

これを3回ほど繰り返す

③流水ですすいで、タオルで水気を取る

④風通しの良い場所に吊り下げてしっかり乾かす

サイトによってはお手入れのタームがまちまちです。先ほど「できれば毎日」とご紹介しましたが、2週に一度というところもあります。

毎日洗うのに越した事はないのですが、そこまで行かないという方は1週タームでも2週タームでも良いでしょう。もしくは不定期ながらも汚れたなあと感じた時でも構いません。

わからない時はファンデーションの乗り具合を見ながら、芳しくなくなったと感じた時に洗うというタームもありです。

カバー力ってどのくらい?

基本的には抜群だけども…

クッションファンデの火付け役となったメーカーのホームページでは抜群で下地もいらないと謳ってはいますが、まずは試してみて、気になるようであれば、コンシーラーやハイライトも使う必要があるのではないかと筆者は考えます。

人の肌は千差万別です。製品自体はそのように作られているかもしれませんが、あくまでそれは平均的なものに過ぎません。最後はご自身の肌の状態にかかってきます。メーカーの主張が全てではないと知るべきです。

お肌が脂性肌であれば、ファンデーションもヨレや剥がれ、落ちを起こします。その際にはお直しが絶対必要になります。夏に向かってその傾向は増えていくでしょうし、そうしたご自身の今現在のお肌の状態をしっかり把握していく必要があります。

それによって量を加減したりする事も大切になってきます。どうしてもチャレンジしたいという方は、プチプライスでもクッションファンデーションがリリースされていますので、ここからスタートしてみると良いかもしれません。

また、同じクッションタイプでもチークをリリースしているメーカーもあります。ファンデーションに抵抗がある方はクッションチークからスタートして使い心地をまず試し、それからファンデーションに移行するという手もあります。せっかく手にしたからには、最大限に使いこなしたいですね。

各メーカーはいろんな差別化をしている

クッションファンデをリリースしているメーカーは多種多様なウリを打ち出しています。

千円と破格のものや純国産を歌っているもの、PM2.5対応のもの、BB成分が含まれたものなど、そうした差別化ポイントは最初のクッションファンデーションを手に入れるための重要な鍵となっています。

中にはプチプライスのお粉でかつて絶大な支持を得たメーカーの物もあります。そうしたウリを比較して、お気に入りとなるであろう最初のクッションファンデーションを手に入れたいものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はクッションファンデーションの使い方やパフのお手入れ、そして各メーカーが打ち出している購買ポイントに至るまで触れました。

旧来のファンデーションにはないタイプのものですので、使い方に戸惑っている方、一度使って見て失敗してから仕舞い込んでいる方にはぜひ、本記事がその一助となれば幸いです。

また初めて手にしようと考えている方においても、この記事をもとにしようと少しでもお考えであれば非常に嬉しいです。

涼しく艶めいた肌を目指して、クッションファンデーションをぜひ使いこなし、瑞々しさを保ちましょう!

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category