サイクリングでするお洒落な服装まとめ!シューズ、パンツ、キャップを詳しく紹介!

気持ちの良い季節になるとサイクリングをしたくなりませんか? 冬だと寒すぎるし、夏だと体力に不安が残るけれど、暖かい季節涼しい季節なら一日楽しみたいですね。

のんびりとサイクリングロードを走るのも良いですし、本格的な装備をしてサイクリングをする人もいると思います。いずれにせよ、自転車はかなりスピードの出る乗り物ですので、サイクリングをする際にはそれなりの装備が必要です。

最近はスポーツ用品店でも、オシャレなサイクリング用のウェアやシューズ、パンツ、キャップ、ヘルメットなど販売されています。せっかくサイクリングをするなら、お気に入りのウェアを見つけて、とことん楽しんでみませんか?

サイクリングを始める前に

まずはどんな自転車があるのか調べてみましょう!

サイクリングを始める前に、まずは自分がどんな自転車に乗りたいのか、どんな自転車を選んだらよいのかを把握しましょう!車種は様々あるのですが、基本的な4種類の自転車をご紹介します!!

① シティサイクル、ママチャリ
いわゆる普通の自転車で、前かごがついていたりして実用的な使い方をする自転車です。
お洒落なタイプや、電動付きのもの、車輪が小さなものまでさまざまなタイプがあります。

② マウンテンバイク
名前の通り、山を登ったりでこぼこ道でも走行できるようにタイヤが太めの自転車です。自転車自体も頑丈で重量もありますので、どちらかというと男性向けの自転車のような感じです。

③ ロードバイク
競技用に使用されることもあるため、いかに早く走れるかを追求しているため、車輪が細く自転車自体も非常に軽量です。値段も何十万~百万程度することもあり、こちらの自転車はサイクリング上級者向けと言えると思います。

④ クロスバイク
マウンテンバイクとロードバイクをかけあわせた自転車です。サイクリング初心者は
この自転車を選ぶことが多いようです。

他にもいろいろな種類の自転車がありますので、自分のニーズに合わせて、自転車ショップの店員さんに相談してみてくださいね!!

サイクリングの時のおすすめファッションウェアは?

サイクリングウェア選びも楽しみましょう!

大きなスポーツ用品店にいくと、サイクリングウェアが揃っています!せっかくサイクリングを始めるのであれば、お気に入りのウェアを見つけて楽しみたいですよね!!

まずはサイクリングを始めるのであれば、最初にそろえたいウェアをご紹介したいと思います!

① サイクルジャージ
自転車に乗っていると結構汗をかきますので、吸湿速乾性の素材が使われた機能性の高いサイクルジャージがおすすめです!

② サイクルパンツ
お尻にパッドが入っているので、長時間の運転にも安心ですよ。

男性だと膝までの短いタイプのパンツをはいている人も多いですが、女性は怪我などにも注意したいので、初心者のうちはくるぶし迄の長いタイプのサイクルパンツを選んだほうが良いと思います。

色々なメーカーからカワイイウェアが出ていますので、実際に試着してみて決めてくださいね!体にぴったりとフィットするタイプがおススメですよ。

もちろん、そんなに本格的なサイクリングをするのでなければお持ちの動きやすい服でも大丈夫です!ただ、その際も長袖長ズボンを着用するようにしてくださいね!

ウェアがそろったらシューズや小物も!

本格的なサイクリングでなければ、お持ちのスニーカーでも大丈夫なのですが、サイクリング用のシューズも発売されていますので、こちらも要チェックです!

ウェアと同じく足にぴったりするシューズが多いので機能性が高いです。ウェアを見に行ったら試しに試着してみてくださいね!

その他サイクリンググッズとしては、グローブ、キャップ、ヘルメット、サングラスなどがあります。特にスピードの出る自転車でサイクリングに出る場合は、これらの装備はしておいたほうが良いですよ!

転んだ衝撃でエアバッグが飛び出すヘルメットなんていうグッズも発売されていますので、ご参考になさってみてください!

HOVDING公式サイト

自分にどのような装備が必要なのか、自転車ショップの店員さんにご相談してみても良いでしょう!!

女性は日焼け対策もしっかりと!

サイクリングは、天気が良く気候の良い日に出かけたいものですよね!そうなると必然的に日焼け止め対策が必要になります!!

日焼け止めクリームを塗るのは勿論ですが、装備でも日焼けを防ぐようにしましょう!!つば付きのヘルメットや、ヘルメットとキャップが一体化したものも発売されているので、このような装備も機能的ですね!!

また、ちょっと使用するのに恥ずかしいかもしれませんが、フェイスマスクも日焼けを防ぐのには有効ですよ!海辺などの日差しがすごい時や、ホコリ除けなどにも役立ちますので、1枚準備しておいてもよいのでは?

サイクリングを楽しんでいるうちに、うっかり日焼けをしないように気を付けてくださいね!!

全国のおすすめサイクリングロードは??

景色を楽しむ

せっかくサイクリングをするのであれば、思いっきり気持ちの良い景色を楽しみたいですよね!!これまで私が実際に行ったことのあるおすすめのサイクリングロードをご紹介したいと思います!

車に自転車を詰んで動ける方はそれでも良いですし、大サイクリングロードには自転車の貸し出しもしているところが多いので、行く前には調べてみてくださいね!

サイクリングロードおすすめ3選!!

① 猪苗代湖サイクルロード【福島県】初心者向け
全長 3402m
福島県会津若松市の猪苗代湖沿いにあるサイクルロードです。飛ばして走るサイクルロードではなく、景色を楽しみながらゆっくりサイクリングをしましょう。磐梯山がそびえたち、綺麗な猪苗代湖には白鳥が生息してていたりと、自然を満喫できますよ!

サイクルセンター@イナワシロ http://www.inawashiro.or.jp/institution/cycle/

② 支笏湖公園自動車道【北海道】中~上級者向け
全長 27・5㎞

千歳市街地から支笏湖まで抜けられるサイクリングロードです。こちらは中級~上級者向けの道だと思います。装備もしっかりしてから望みましょう。

体力に自信のない方は、千歳市街地からではなく途中のパーキング辺りから始めてみても良いかもしれませんね!!支笏湖に抜けた時の爽快感はとても気持ちが良いですよ。

支笏湖自動車道 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/ddr/cycling/sikotuko-cycling.htm

③ しまなみ海道サイクリングロード【愛媛~広島】初心者~上級者向け
全長70㎞

こちらは有名なサイクリングロードなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
愛媛県今治市~広島県尾道市までを結ぶサイクリングロードで、距離はとても長いですがきちんと舗装されているので走りやすいと思います。

気候の良い日は海に浮かぶ島が大変綺麗ですし、途中で降りて島で1泊するなんていう楽しみ方もありますよ!食事も美味しいしおススメです!

しまなみ海道サイクリングロードhttp://www.oideya.gr.jp/shimanami_cycling/

自転車のルールはご存知ですか?

意外と知らない交通ルール

自動車やオートバイなどは教習所で教習を受けますが、自転車のルールについては、しっかり把握していない人も多いと思います。

先ほどご紹介しました、サイクリングロードを走る場合には、運転に気をつけて楽しみめば良いですが、一般道ではそうはいきませんよね。一般道を走る際の基本となるルールをご紹介させていただきます!

① 自転車は【車道が原則】歩道は例外です。
(※13歳以下や70歳以上は例外など歩道走行可能なこともあります)
これが一番守られていないルールかもしれませんね。特にスピードの出る自転車が歩道を走るのは大変危険なのでご注意ください。

② 道路・車道は左側を通行する
こちらはおそらく多くの人がそうしていると思いますが、反対車線を走ると自分だけでなく相手にも危険を及ぼしますのでご注意ください。

③ 飲酒運転禁止
自転車なら大丈夫!と思っている方もいるかもしれませんが、こちらも違反です!!

④ イヤホンや携帯を使用しながら運転をしてはいけません。

⑤ 進入禁止、一方通行、車両通行止めなど基本的な標識や表示には自転車同様従いましょう。

⑥ 夜間はライトを点灯しましょう!

⑦ 13歳未満の子供はヘルメット着用が義務です!上記にも述べましたが、スピードの出る自転車の場合は大人でもヘルメット着用をおすすめします!

こちら以外にもまだまだルールはありますので、自転車を運転する際には一度ルールをおさらいするようにしてくださいね。意外と忘れているルールもありますよ!

自転車保険も検討してみましょう

サイクリングを始める前には、万が一のために自転車の保険に入りましょう!!自分がけがをした時も大変ですが、相手にケガを負わせてしまったときにきちんと保証できるようにしておいてください!

自転車に乗っているご家族がきちんと加入しているかもチェックしておいてくださいね!!

まとめ

今回は、サイクリングを始める際の基本的な準備をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

こちらにご紹介したような本格的な装備をして遠出をするのではなく、もっと気軽に身近な場所へ自転車で行ってみるのも良いでしょう!近くの川沿いや海沿い、緑の多い公園など行ったことのない場所に自転車で出かけてみると、とても気分が良いものですよ!!
友人や家族を誘って遠出をしてもいいですし、ひとりで気ままにぶらぶらするのも良いですね!!

サイクリングに行く際には、交通ルールを守って、きちんとした装備をして楽しむようにしてくださいね!!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category