付き合う前の連絡頻度って?告白を誘うLINEや電話の使い方3選もご紹介

Clover(クローバー) > 恋愛 > 付き合う前の連絡頻度って?告白を誘うLINEや電話の使い方3選もご紹介

あまり頻繁に送り過ぎるとうざいと思われないか、時間が空いてしまうと忘れられてしまうのではないか、特に付き合う前は連絡の頻度にも不安が付きまとうことでしょう。

付き合う前に効果的な連絡頻度はどれくらいがいいのか、男性が持つ連絡に対する意識や告白を誘う電話やLINEの使い方などもあわせてご紹介します!

LINEと電話どっちがいいの?男性の“連絡”に対する意識とは

女性に比べて連絡が苦手

女性はLINEや電話でも長い時間会話を続けられますが、後から思い返してみると伝えようと思っていたことを忘れていたり、何のために連絡したのかわからなくなったり、会話が脱線してしまいがちです。仲の良い友達とは会話自体を楽しんでいるため時間がどんどんと過ぎていきます。

一方、男性は女性と比べると内容がない会話が苦手で、連絡に対して会話を求めていません。男性は連絡しない人が多いといわれますが、連絡をしない男性の心理を理解していなければ、不安はどんどんと大きくなっていくでしょう。

男性にとって連絡は用件や意見を伝えることを目的としており、伝えたい用件などがないと何を連絡していいか迷ってしまうのです。

女性はどんな些細なことでも「連絡がほしい」と望んでいるのに対して、男性はそんな些細なことでわざわざ「連絡するのはめんどくさい」と、連絡に対する意識の差があります。

付き合う前にどのくらいの頻度で連絡をするかが重要なポイントなのは、男性は連絡に対しての目的が女性とは違うためです。連絡が苦手な男性でも好きな人に対しては、自ら行動をするものです。

では、連絡がないのは脈がないということ?と思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れない場合もあります。

好意を持っていても連絡の必要性を感じない場合もあるので、「連絡がない=脈なし」と決めつけてしまうのは尚早であり、好きな人が連絡に対してどんな考え方を持つタイプなのかを見極めることも大切です。

LINEはあくまでツール

LINEの登場は連絡に対して画期的な変化をもたらしました。自分が送ったものに対して相手が読んだかどうかがわかる「既読」が付くようになったことで、返事が来るか、来ないか、どのくらいの時間がかかるか、送った側が相手の行動を計れるようになりました。

とても便利な機能であるとともに問題も生む機能であり、恋する女子には悩みの種になるものです。共感意識が高い女性はLINEも会話と同じように手軽に使えるツールであるのに対して、男性にとってはあくまで連絡のためのツールであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

LINEに対しても男女では認識の違いがあり、返事が遅かったり、そっけないなどLINEでの男性の態度に女性が傷付くこともありますが、男性に悪気はなく、必要最低限の対応をしているだけだということを女性が理解する必要があります。

特に長文は読むのも打つのもおっくうに感じる男性に対しては、短めの文章を送る、簡素の返事も気にしないことが女性側に求められます。

電話に対する敷居は高い

メールやLINEの前には電話しか連絡手段がなかったわけですが、その頃からも電話は敷居が高いツールであり、特に携帯電話がまだ普及していない頃は、自宅の電話に掛けると誰が電話に出るかわからないという緊張感がありました。

直接本人につながるとわかっている携帯電話でも、電話の敷居の高さはあまり変化はありません。電話はメールやLINEと違ってある程度の行動に制限がかかり、時間を拘束するものだからです。

何かをしている時に電話が掛かってきて中断されることを嫌だと思う男性は多く、電話を掛ける際にはメールやLINEを使って、今電話ができる状況であるか確認することも大切です。

結局、LINEと電話のどちらがいいのか、というと、男性にとってどちらも連絡のためのツールであり、ダラダラと長く続けないことがポイントです。好きな相手とは長く繋がっていたいと思うのはわかりますが、相手に対する気遣いを意識して悪い印象を与えないように気を付けましょう。

多すぎても少なすぎてもダメ?男性に嫌がられないLINEの頻度とは!

付き合う前のLINEは毎日でもOK

毎日送ったらうざいと思われるのでは?と思われるかもしれませんが、週に1回まとめてこと細かく近況報告をされても長文になっていた時点で、男性は読む意欲を失ってしまいます。

人は接触頻度が高いほど親近感や親しみが湧くといわれ、簡単なメッセージのやり取りでも毎日送ることで、親近感が湧くというデータもあります。

連絡頻度は多い方が良いですが、相手の時間を取り過ぎてしまってはうざいと思われかねないので、毎日送るにしても1日の回数は2回~3回程度に留めておきましょう。

相手がどういう生活スタイルを送っているか、まだ十分に分からないならば、見極めた上で週3日程度の相手を疲れさせないようにすることも大切です。

好きなら連絡頻度は関係ない

連絡頻度を考えなくていいという意味ではなく、連絡頻度を気にするよりも会う頻度を多くすることを目指して、効果的な内容を送ることを心掛けることが大切だということです。

月に1回だけ1日中一緒にいるよりも、たとえ1~2時間でも週1回は会うようにする方が効果的であり、できるだけ顔を合わせた方が、恋愛に発展する可能性が高いというデータがあります。

会社が同じだったり、毎日顔を会わせる環境にいる場合は別ですが、自分の顔を相手に印象付けるためには、やはり実際に会うことが効果的であり、友達を交えてでも多く会う機会を作れるように、毎日送るLINEを効率的に使うように心掛けましょう。

結論!相手に合わせつつ、自分のペースも把握する

男性の連絡に対する意識の項でも述べたことですが、好きな人が連絡に対してどんな考え方を持つタイプなのかを見極めることが大切であり、相手からの返信やペースをつかみましょう。即応答するタイプなのか、返信に時間がかかるタイプなのかは、何度か連絡を取り合ううちにわかってくることです。

もし付き合うということになった場合、いきなり連絡を頻繁に取るようになってしまっては相手も驚いてしまうでしょう。付き合う前には相手に合わせて遠慮していた、ということにならないためにも、交際前から自分の連絡ペースを把握することも大切です。

付き合ってから変わったと思われないように、かといって相手のペースを乱さないように、お互いに見合った頻度を探っていきましょう

既読スルーで終わらせない!相手の負担にならない送信や返信のタイミングについて

あらかじめ相手の空いている時間を聞いておく

せっかく頑張って考えに考えた内容を、勇気を出して送ったのにもかかわらず既読スルーされてしまってはやっぱり悲しいですよね。

最初にこちらから送った後に少しでもやりとりが出来る可能性を高めるには、あらかじめ彼に聞いてみるのが無難です。

直接話せる相手であるのなら、「今日LINEしてもいい?」と聞いてから相手が比較的手の空いている時間をきいてみたり、「話したい・もしくは相談したいことがあるから連絡してもいい?」という話題から始めて、相手の都合の良い時間を聞いてみましょう。

会う機会がなくメールやLINEでのやりとりしか連絡手段がない場合は、常識的な範囲の時間帯で「ちょっと話したいことがあるんだけど時間あるかな?」など質問のメッセージを送ってみましょう。

その際、こちら側から時間を指定してしまっても良いでしょう。男性は具体的な質問であればより答えやすいので、「〇時頃に連絡しても大丈夫ですか?」と聞いてみると良いかもしれませんね。

すぐに質問の返信が来ないからといって、しつこく聞いたり返事を催促してしまうのは厳禁です。

女性のように些細なやり取りにも面倒と感じてしまう方もいれば、仕事以外のメッセージをすぐに確認し返信する癖がなく単に気付かないだけの人もいます。それに、たまたま相手の都合の悪いタイミングである可能性も十分にあるからです。

ここは相手の時間を聞きだすだけなので、ぐっとこらえて待ちましょう。
彼からきちんと時間を教えてもらえたなら、あまり時間がずれ過ぎないうちに送ってみましょう。

時間がなく忙しい人であると時間を過ぎたら他の予定が入ってしまった・やることが出来てしまったということもあるので、彼の時間を少しだけもらうという意識を忘れずに。

朝晩など決まった時間にだけ送る

朝の通勤電車の中や、寝る前のちょっとした時間に送るのも良いタイミングです。気軽な挨拶程度のものであれば特に返事がなくてもこちらも気にし過ぎることもありません。朝であれば本格的に忙しくなる前ですから目を通してもらえる可能性は十分にあります。

「今日も良い天気だね。お互い仕事がんばろう!」など、天気についての話題や仕事を応援するようなメッセージであれば、毎朝来ていても負担になることはありませんし、彼もそのメッセージを嬉しく思ってくれるかもしれませんよ。

夜はもう寝ている場合起こしてしまったりする危険性があるため、あまり遅くならないうちに送るのが良いでしょう。

「今日もお疲れ様!ゆっくり休んでね。」など、相手の体調を考えてあったり、ねぎらいの言葉などがあると穏やかな気持ちになり、「ありがとう、おやすみ。」など、あいさつの返事をくれる可能性も高まります。

また、決まった時間に送るようにしていると相手も心の準備ができますし、タイミングにも慣れてきます。
繰り返すことで相手とリズムが合うようになり、やりとりの数も増えていくことでしょう。

もしも送る側が何らかの事情でメッセージを送れなくなった場合、相手側は、「今日は送って来ないのかな?」と気にするようになり、そこから相手だんだんと意識しはじめる…なんてこともありますので、まずは決まった時間にだけ彼に送るというのもおすすめですよ。

電話は必ず連絡を先に入れて確認を!

電話をする場合、突然かけてしまうのは相手に対して少し気遣いが足りないと思われてしまうかもしれません。携帯ゲームをしていて電話で途切れさせてしまうことや、仕事の対応で電話をかけなければならないこともあるでしょう。

そんな時に突然電話がかかってきてしまうと、彼の機嫌を損ねてしまったり、次の連絡の返事をする気力を削いでしまうことが考えられます。

こちらにも色々と都合があるように、相手にも様々な都合や事情があることをしっかり意識して、まずは電話しても良いかどうかの確認だけはきちんとしておきましょう。

相手を驚かせるつもりでならば良いかもしれませんが、毎回そういうわけにはいきませんよね?ささやかな良識ある女性アピールにも繋げるために、必ず連絡をいれておくのがベターです。電話をしてもいいという連絡や、〇時ならなど返事がもらえた場合は、お礼の一言も返しましょう

電話をする際注意したいのが、彼がメッセージのやりとりが苦手な場合は電話の方が面倒でないので何か要件がある場合は効果的ですが、とりとめのない会話が続きそうなものになってしまいそうな場合です。

男性は女性のように特に重要でない話をいつまでもおしゃべりするのが苦手な方も多いので、内容は事前に考えておくと話がスムーズになりますよ。

電話はこちらからかけ、あいさつの後はきちんと時間を作ってくれた彼に感謝の言葉を伝えると、より印象もアップすることでしょう。

重要なのは文面!気になる男性とのLINEでOK・NGな内容は?

即レスはNG

自分から送った連絡に返信があるとうれしくて、即返事をしたくなるところですが、そこをあえて少し我慢しましょう。時間があって暇な女と見られるか、友達がいないと思われてしまう可能性があります。

即レス=かまってちゃんだと思われがちで、男性はそんな女性と付き合ったら束縛されそう、執着されそうと恐れをなしています。

実際、返事を待ち構えている状態では、そう思われても仕方がありません。恋に一生懸命なのは良いことですが、それだけでは魅力に欠けます。自分の時間をしっかりと持ち、彼氏にばかり依存しないように心掛けましょう。

絵文字に気を付ける

絵文字が入っていると女性らしくかわいいと思いますが、そう思っているのはあくまで女性だけで、あまりにも多用し過ぎると、内容が分かりにくくなり、逆に気持ちが伝わりにくくなってしまいます。なかにはわかりにくい絵文字もあるので、相手が勘違いしてしまう場合も。

絵文字を使うにしても頻繁に使うのではなく、特別な意味を込めるように使って絵文字の効果を最大限に引き出しましょう。

文章と話し言葉、同じ言葉を使っていても、文章にすると固く冷めたように伝わり、まったく使わないというのも冷たいイメージを与えてしまうので、使う時の状況やタイミングなど適度な使い分けを心掛けてみてください。

彼の得意分野や興味がある話題を選ぶ

自分のことを知ってほしい、興味を持ってほしいという気持ちから自分のことばかりをアピールしても、逆効果です。どう思うかは相手の自由であり、自分から言い出すことではありません。むしろ相手を知ることにポイントを絞りましょう。

男性は自分の得意分野や興味がある話題に大きく反応してくれるので、情報収集の意味も込めて話題を振ってみましょう。そして仕入れた情報は活用してこそ効果があります。

言った本人さえも忘れているような細かいことを覚えていると、相手も印象に残るでしょう。自分が興味を持っていることを知ってもらい、相手にも気持ちよくLINEを楽しんでもらうことが、一緒にいて楽しい相手となるための一歩でもあります。

さり気なく気持ちを伝える

付き合う前のLINEの中で大切なのが、ただの友達として見られないことです。ガツガツと責めすぎるのも良くないのですが、あまりに遠慮しすぎるのもNGです。

いつまでも進展のないLINEのやりとりをすることは相手にとっても飽きさせてしまう印象を与えるので、あなたが相手に気があるということはやんわりと匂わせることは必要です。

例えば、「話しているとすごく楽しいです!」などとあなたが相手に好印象をもっていると伝えるだけでも相手の印象はだいぶ違ってきます。

また、二人きりで会いたいという意思をさりげなく伝えるだけでも、相手はあなたの気持ちに薄々気が付いてくれ、相手もあなたとの次のステージを意識してくれるでしょう。

この時に注意してほしいのが、相手からの告白を急かすような文面をしないことです。

なんとなく良い雰囲気で、付き合うのも時間の問題という関係の場合、男性からの告白を待ってしまうのが女性の心理ではありますが、そこで男性に対して「何か言うことないの?」「私たちってずっとこのままの関係なの?」などとせがんでしまうのはNG!

少しずつ盛り上がってきた相手の男性の気持ちが、一気に冷めてしまう恐れがあります。男性から告白するのが当たり前!というような上からの考え方はなくしましょう。あなたのその思いやりはいつかきっと相手の男性に届くはずです。

元彼の話をしない

意中の男性としてはいけないLINEの内容の中で、最も注意してほしいのが元彼との思い出話です。誰だって過去の恋愛話など聞きたくはありません。それが良い思い出でも悪い思い出であってもです。相手が好意を持っている相手ならなおさらです。

中には、「同じ過ちをしたくない」「元彼に比べてあなたはこんなにも素敵!」などと元彼と意中の男性を比べるために、あえて話をする女性もいますがこれは返って逆効果になってしまう可能性が高いです。

相手の男性からしてみれば、比べられるなんて良い感じはしませんよね。また、「元彼と同じような失敗はしないでね」と威圧されているとも感じられ、めんどくさいという印象を持たれてしまうかもしれません。

元彼の話をされてしまうと、「まだ好きなのかな……?」と変な誤解を招いてしまうことにも繋がるので、元彼の話をすることは避けましょう。もし仮に相手から元彼の話を聞かれたら、必要最低限な内容を伝える程度で良いと思います。

あまり拒んだり、隠したりすると変に勘繰られてしまいます。昔を振り返るのではなく、これからの二人の明るい未来の話をした方がお互いにも楽しいと思います。相手を大切に想うのであれば、元彼の話は自分の心の中にしまうと決め、前向きなLINEのやり取りを心がけましょう!

告白待ちの女性必見!カレからの告白を誘う電話やLINEの使い方3選!

相手が喜ぶ話題を選ぶ

気になる男性とのLINEの内容でも取り上げましたが、好意を持っていることが伝えるという点でも有効な使い方です。人は自分が興味を持っていることは話しやすくなるもので、逆に言うと興味がない話題をわざわざ持ち出すということは、話をしているだけでも十分楽しい状態です。

相手が喜ぶ話題を選ぶということ自体が好意を持っていることをあらわしています。男性の話に興味を持っていることを示すには、あれこれと質問をすることが大切。聞き役に回りながらもしっかりと興味を持っていることが相手にも伝わります。

話を聞きながら、自分の思いや好きな気持ちを漂わせられたら効果はさらにアップするでしょう。そして相手からのアクションで会話を終わらせられるようにすることで、次につながるきっかけになります。

自分からデートに誘う

ストレートな戦法ですが、自分からデートに誘うのが1番効果的であり、相手に好意を持っていることが伝わります。それができないから困っているのに、という声が聞こえそうですが、電話やLINEはあくまでも連絡ツール、長く続いたからといって関係を深める効果は薄いものです。

実際に会うことで親近感が湧くと「好きなら連絡頻度は関係ない」の項目でも述べたように、会うことが関係の進展には必要不可欠です。デートに誘う勇気がどうしても出ないならば、友達を交えた飲み会や食事会などを企画して、会うための連絡を自分からしてみましょう。

好意を持っていることがわかってもらえれば、後は待ちの姿勢でいてもいいのではないでしょうか?告白はやはり男性からしてもらうのが女性の理想でもあります。

他の人から告白されたと相談する

ライバルの存在を感じさせて焦らせる戦法ですが、男性に興味がなければ通じない手でもあり、その場合には「気になっている人がいる」と好きな相手がいることを匂わせてみましょう

相談されたならば真剣に考えてくれるのが男性で、しっかりとした答えを出そうと頑張ってくれるはずです。女性からすれば、その頑張りよりも張り合ってほしいというのが本音でしょうが、その後も様子を気にかけてくれたならば、ここでもしっかり好きな相手がいることをアピールしましょう。

勘がいい男性なら、そろそろ気が付くのではないでしょうか?というか気付いてください。相談した人の意見を取り入れるのは相手に対して信頼する気持ちを持っているからです。自分からは告白しない、できないことを伝えるにも、いい機会となるでしょう。

まとめ

付き合う前に効果的な連絡頻度や男性が持つ連絡に対する意識、告白を誘う電話やLINEの使い方などを紹介しましたが、いかがでしたか?

不安になりやすい片思いの時には連絡1つでもやきもきしてしまいますが、連絡に対する男性の考え方は女性とはかなり違いがありことがわかれば、不安も少しは解消するのではないでしょうか?彼の気持ちをもっと直接知りたい方にオススメな方法が占い師に相談してみること。占い師は彼の気持ちを『霊感』や『タロット』を用いて教えてくれます。対面占いや電話占い、チャット占いと数多くある中でも恋愛相談に一番向いているのが電話占いです。以下の記事では電話占いのメリットやオススメのサイトを紹介しています!是非チェックしてみてくださいね。

連絡ツールとはいえ、うまく使いこなせすことで恋愛の助けになることは確実です。連絡の頻度や内容など相手を気遣いながら有効に使って、片思いを成就させてください!ここまでご拝読いただき、ありがとうございました。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category