• トップ
  • 失恋
  • もう離婚かもと思ったら…オススメの無料相談サービス5選

もう離婚かもと思ったら…オススメの無料相談サービス5選

    もしかすると離婚に発展するかもしれない……。そんなとき、いろいろ考えなくてはならないこと、財産の分与など、ややこしい問題も当然発生してきます。

    夫に話し合いを冷静にできるのならばそれでもいいのですが、お互いの気持ちがすれ違ってしまった以上、冷静に話をするというのはなかなか難しいと思います。

    そんなとき、無料相談できるサービスがあれば使いたい、不幸にも離婚することになったら、そのときしておかねばならないことなども含め、オススメの相談サービスのご紹介を今回5つあげてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    おすすめの離婚相談・カウンセリング先6つ

    その1.NPO法人「ふたば」に相談する

    特定非営利活動法人に「よつば」というところがあります。無料相談窓口は年中無休で10時から18時まで受け付けています

    離婚になりそうな予感がしたとき、もしも修復できたらと望みをもっているのであれば、修復に向けての相談でもいいでしょう。離婚になった時にこちらに有利にすすめられるように相談もできます。

    離婚の原因や状況は人それぞれ、それにあったカウンセリングも行ってくれますし、どうしても調停になりそうならば、専門家の紹介もしてくれるのでとても助かりますね。年中無休なので、思わぬ展開で困っている時もいつも連絡が取れるのもありがたいですね。

    その2.自治体の公的相談機関に相談する

    自治体ごとに男女共同参画推進センターというところが設けられており、離婚からDV、家庭生活にまつわる相談を無料で行っています。女性センターは女性専用なので、相談もしやすいかもしれません。離婚に関する相談はとてもデリケートなので、女性にとってはうれしい相談場所です。

    混みあっている場合も多いようで、様々な家庭の問題を抱えている人がいかに多いのかを知る機会になりそうです。離婚への決心がついていないときも、修復したいという思いが残っている時も、公的な相談機関なので遠慮なく相談することができますね。

    その3.NPO法人「日本家族問題相談連盟」に相談する

    テレビにも出演している岡野あつこさん主催のNPO法人です。夫婦の問題、離婚の問題、無料で相談にのってくれます。離婚によって引っ越しや、子供の預け場所などにも相談にのってくれるので、離婚した後も通いたくなりますね。

    日本全国に認定カウンセラーを設置しているので、どこからでも相談可能です。また、NPO認定ライフアップカウンセラー養成事業も行っていますので、興味のある人はのぞいてみてはいかがでしょう。

    その4.国際結婚の場合はここで

    国際結婚などでは国際結婚特有の問題も発生する可能性があります。国際結婚での離婚を考えているのなら国際結婚協会への相談をオススメします

    ここでは離婚の際の問題相談はもちろん、国際結婚希望の人にも相談をしています。国が違うと習慣も異なり、すんなり離婚というわけにいかない場合も出てくるでしょう。食い違って大きな問題になる前に、きちんと違いを理解してスムーズに離婚を進めたいものですね。

    その5.弁護士事務所でも相談は無料で

    一般の弁護士事務所でも、最初の相談は無料で行っているところもあります。弁護士ドットコムというサイトには無料法律相談や法律事務所の検索などもできて便利です。離婚に強い弁護士なども検索できるので、問題によって選べることも可能です。

    離婚に発展してしまったら、最終的には弁護士を使うことになる場合も多いので、無料相談を何か所か受けてみて、感触の良い弁護士事務所を知っておくこともいいかもしれませんね。

    また日本司法支援センター法テラスは独立法人として総合法律支援を行っています。電話での対応はもちろん、日本全国県庁所在地に置かれた地方事務所、支部、出張所など、各地をカバーしているので、便利です。

    その6.電話占いサービスを利用してみる

    今の状態では離婚する未来しか考えられないし誰に相談しても離婚しかないと言われそうだけれど、できれば離婚を回避したいという切実な思いを抱いている方は、電話占いサービスへの相談を検討してみることもおすすめします。

    電話占いサービスとはその名の通り、電話を通じて占いが利用できるサービスです。寄せられる相談は様々で、相手だけはなく自分の不倫、セックスレス、相手の親に関しての悩みなど、人に面と向かって話しづらい悩みを相談する方も大勢います

    料金はかかりますが時間制限は基本的にはないので、複雑な悩みも納得できるまでしっかり相談することができます。

    どうしても離婚の可能性を減らしたいというのであれば、電話占いでその旨を伝えて離婚を回避する方法について占ってもらいましょう。理屈では説明できない力によって、未来を変えられる可能性があります。

    離婚相談・カウンセリングの使い方と流れ

    離婚したい理由や聞きたいことをまとめる

    離婚相談・カウンセリングには当然時間制限があります。相談したいことがまとまっていないと無駄な時間ばかりがかかってしまいますから、事前に離婚したい理由やカウンセラーに聞きたいことをメモなどにまとめておくことをおすすめします。

    紙のメモなどに書いておくと何かの拍子に夫に見つかる可能性もありますから、できればスマホのメモ帳アプリなど自分だけが見れる媒体に記入しておくと安心です。

    相談方法・相談先を選定する

    相談したい内容がまとまったら、次は相談方法や相談先を決めましょう。

    離婚相談・カウンセリングにはメールを使ってカウンセリングを行うもの、電話を使うもの、直接カウンセラーと対面して行うものなどがあります。なるべく緊張せず話せた方がいいので、自分が相談しやすい方法を選びましょう。

    問い合わせ・予約をして面談する

    相談方法や相談先が決まったら、相談予約をしましょう。今日電話してすぐに対応できますという所はあまりないので、空いている日程を確認して予約を入れる必要があります。

    多くの離婚相談・カウンセリングは公式のホームページからインターネット予約か電話予約が可能なので、1度問い合わせてみましょう。そこで予約を入れることができれば、実際にカウンセリングを受けられます。

    カウンセリングの流れはほとんどの場合、まずはカウンセリングシートに記入を行うかいくつかの質問に答える形から始まり、その後に個別の相談に移ります。無料相談なら料金はかかりませんが、有料なら面談が終わってから料金を払う流れになることが多いです。

    離婚相談・カウンセリングのメリット

    相談費用が抑えられる

    無料の離婚相談やカウンセリングを利用すれば、本来は数万円ほどかかるところを通話料金だけに抑えられます。

    もちろん本格的に離婚に乗り出したくてもっと込み入った話がしたいのであれば有料相談も視野に入れるべきですが、離婚について少し話を聞きたいだけであればまずは無料相談を試してからでも遅くはありません

    離婚するためには大きなエネルギーが必要です。それに伴って別居費用などお金が必要になってくることもあるので、限られた資金を大切に使うことを心掛けましょう。

    気持ちに余裕が持てるようになる

    離婚相談のカウンセラーは相談者に非があるかどうか、離婚できるかできないかをいきなり判断することはなく、まずは相談者の気持ちを知りその意思を汲むところからカウンセリングを始めていきます

    ですから他の誰の悩みでもない、あなた自身の悩みを考慮したアドバイスを受けることができるのです。

    離婚について悩んでいる時はどうしても心に余裕がなくなり気持ちが荒みがちになります。しかし離婚相談のカウンセリングを受けることによって、悩みを共有できる相手ができますからいくらか余裕が持てるようになるでしょう。

    今後の行動について冷静に考えることができる

    離婚相談のカウンセラーは、悩みを聞くことによって相談者の混乱している気持ちや考えを整理してくれます。環境や気持ちが乱れている状態だと正しい判断がしにくくなりますが、第三者に介入してもらって状況や気持ちを整理できれば、冷静な考え方を取り戻すことができます。

    離婚を考える時に失ってはいけないのは冷静さです。自暴自棄になって最悪の選択をしてしまわないように、常に冷静でいることを心掛けてください。

    離婚した方がいいかどうかの意見が聞ける

    一言で離婚と言っても、本人のためになる離婚とそうでない離婚があります。本人のためになる離婚とは、離婚することによって本人の負担やストレスが減り、前向きに生きていけるようになれる離婚です。

    反対にそうでない離婚とは、一時の感情の暴走で現実を見ないまま勢いでしてしまう離婚などがあります。

    離婚相談カウンセラーは、客観的な視点からその離婚がいいものになるかどうかを判断してくれます。もしその離婚があなたのためになるものなら、背中を押してくれるでしょう。

    離婚を回避する方法も考えられる

    その時は感情が高ぶっていてどうしても離婚したいと思っていたとしても、離婚した後に後悔したという人も珍しくはありません。

    たとえば夫に特に問題はないのに子どもを生んだら生理的に受け付けなくなってしまったという理由で離婚した場合、いざ離婚したら1人で子どもを育てていかなければならない現実に打ちのめされるというパターンもあります。

    たとえ夫に非がある場合でも、自分の今までの職歴や持っている資格などによっては再就職が難しく、離婚をしない方が損失が少ないというケースもあります。そのような場合離婚相談カウンセラーは、離婚を回避する方法について提案してくることが考えられます。

    離婚相談・カウンセリングでよくある相談

    どうすれば離婚できるのか

    「どうすれば離婚できるのか」「離婚に持ち込む方法を知りたい」という質問は離婚相談カウンセラーの元に最も多く持ち込まれる質問といっても過言ではありません。

    離婚は自分の感情だけではできないもの。相手の承諾があって初めて成立するのですから、この質問が出てくるのも当然のことといえるでしょう。

    離婚相談カウンセラーはこういった質問に対して、そもそも本当に離婚するべきかどうか、離婚する前に準備しなければならないこと、離婚のタイミング、離婚に向けた実際の段取りなど、様々な観点からアドバイスをしてくれます。

    離婚した方がいいのか

    夫に対して愛情がなくなってしまったものの、収入や子どものことを考えて離婚に踏み切れない人は、離婚相談カウンセラーに対して「離婚した方がいいのだろうか」という内容の質問をすることが多いです。

    そういった場合に離婚相談カウンセラーは、相談者の状況や家庭の環境を鑑みながら、離婚するメリットとデメリットについて説明してくれるでしょう

    本当は離婚したくないけどするしかない

    夫婦の関係や離婚について悩みに悩み、不安な気持ちに圧し潰されそうになっている人は「本当は離婚したくないけれど、もうするしかない」という悩みを離婚相談カウンセラーに打ち明けることが多いです。

    精神的に追い詰められていて、もう自分では決められなくなっている状態と推測されます。

    離婚相談カウンセラーは決して離婚を積極的にすすめてくることはありません。離婚した方がよほど幸せになれるという状況でなければ、極力離婚をしないで済む方法から考えていきます。

    離婚を手助けするわけではなく、あくまでも相談者夫婦にとって最善の道は何かを模索してくれる立場なのです

    価値観の相違だけで離婚していいのか

    たとえば夫が不倫していたり、DVや経済DVをしていたりするなどの理由があれば、それは離婚に値する明らかな理由となります。しかし夫にそのような問題はなく、ただ価値観が合わないという理由で離婚したいと考える女性は少なくありません。

    価値観の相違は他人からは些細なことに見えますが、少しずつ不満が蓄積されていくので相談者にとっては大きなストレスとなってしまっていることも決して稀ではありません。

    離婚相談カウンセラーはそのような悩みに対しても、離婚するメリットとデメリットの両方を提示しながらアドバイスをしてくれます。

    相手に離婚を思いとどまらせたい

    自分から離婚したいという相談と反対に、「相手から離婚を迫られたけれどどうにかしてそれを回避したい」という悩みも離婚相談カウンセラーの元に多く寄せられます。

    その場合も離婚相談カウンセラーは相談者を責めることはなく、言い分を聞きながら夫婦双方が納得できる答えを探していきます

    こういった悩みの相談は特に男性から寄せられることが多く、本人は気付いていないけれど奥さんは我慢の限界だったというパターンがよくあります。

    離婚相談カウンセラーは改善の余地があると判断すれば、相手に離婚を思い留まらせるためにどのような行動を取ればいいのかについてアドバイスしてくれるでしょう。

    離婚相談・カウンセリングでの注意点

    相談先選びは慎重に

    離婚相談・カウンセリングは精神科医や心理学を学んだ人が行うカウンセリングとは違います。カウンセリングを行うために免許は必要ありませんし、極論自ら名乗ってしまえば離婚相談カウンセラーになれるのです

    しかし免許ではありませんが離婚カウンセラーの資格は存在します。離婚相談をする場合はその資格を持った人に相談することをおすすめします。

    そして離婚相談カウンセリングを行うためには資格以上に経験値も大切です。実績のあるカウンセリングを選べば、ためになるアドバイスをもらうことができるでしょう。

    また守秘義務についての配慮の有無、相談料の記載の有無、弁護士などの専門家との繫がりなども、離婚相談をするカウンセラーを選ぶ時に注目してみましょう。

    無料か有料かをきちんと確認する

    無料だと思って相談したら実は有料で、数万円も相談料を取られるなどしたら笑えない話です。そういったトラブルを回避するために、予約の時点で料金についてきちんと確認しておくことをおすすめします。

    信頼できる離婚相談・カウンセリングなら、ホームページのどこかに相談費用などについて明記されているはずです。料金の記載がないカウンセリングは詐欺の可能性もあるので注意が必要です。

    ただの愚痴吐きで終わらせない

    離婚相談カウンセラーはカウンセリングを行う人であって、決してただの愚痴聞き役ではありません。カウンセリングは夫に対する不満を並べ立てる機会ではなく、離婚について知りたい情報を得る機会だと心得ましょう。

    時間制限があるのにほとんどの時間を愚痴で終わらせるのは、とてももったいないことです。そのためにもまずは事前に相談内容をまとめておくことが大切です。

    まとめ

    離婚するかもしれない、弁護士にいきなり相談するのは費用も掛かるし、無料で相談して見たいという場合もあることでしょう。そんなとき、公的な機関やNPO法人、法律事務所の無料相談受付などで費用をかけずにまず相談してみましょう。

    中には修復に向けてのアドバイスをもらえる場合もあるかもしれません。専門家に相談をしておけば、いざという場合でも慌てずに済みそうです。離婚は思わぬ問題も発生しますから専門的な知識のある人に相談しておくと安心ですね。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。