• トップ
  • 失恋
  • 離婚を夫に納得させる理由と方法7選!辛い現状を断ち切って幸せな再スタートへ!

離婚を夫に納得させる理由と方法7選!辛い現状を断ち切って幸せな再スタートへ!

    結婚は一人では出来ず成立しないのと同じように、離婚も一人では成立しません。どんなに自分一人が離婚したいと思っていても、夫の許可がおりないことにはいつまで経っても我慢を溜め込むばかり……。最悪の場合は調停、それとも裁判になるかもしれない?と、頭の中は不安だらけ。

    今回は、そんな夫と離婚をしたいと思っている女性のために、夫に離婚を納得してもらう方法をご紹介します。

    できるかぎり穏便に、そしてお互いが納得のいく形で離婚に臨めるよう、やれることがないかまず把握していきましょう。

    決め手に欠ける?夫が納得しにくい理由とは

    ろうそくを見つめる女性

    まだ関係を修復できると思っている

    1度は愛し合って一生を添い遂げようと思っていた女性からの離婚宣告。男性としては信じたくない気持ちと「なんだかんだ言ってもまだなんとか修復できる」気持ちがあります。

    女性の我慢が限界に来たということを理解せず、自分がまだ愛しているからとそれを伝えればどうにかなると思っているのです。

    離婚して違う相手とまた一緒になるのが許せない

    男性の嫉妬心と独占欲はある意味女性以上に闇が深いです。

    もしも離婚が成立したとして、あなたが自分の知らない男性とまた付き合って結婚するのかということを想像するとそれが許せず、離婚を認めないというケースもあります。男性の執着心と闘争心に1度火が点いてしまうと、なかなか穏便に話が進められません。

    子供がまだ幼い

    事実、子供の年齢がまだ幼いうちに離婚をすることで、子供の成長に悪影響がないとは言い切れません。

    問題を抱えた夫婦に育てられる方が良くないという意見もありますが、旦那からするとそのリスクを踏まえてもなお離婚をしたいと言うのなら、相応の意思表示を示せというのも無理はありません。

    子供と離れて暮らしたくない

    子供がいる場合、子供の親権者になることが多いのは母親です。このため、子煩悩でいわゆるイクメンと呼ばれる男性は、離婚をすることによって自分と子供が離れ離れになって生活することを受け入れることができず、離婚に合意をしないこともあります。

    一人で生きていく自信がない

    結婚生活に対して特に不満を抱いていない男性の場合、それまでの結婚生活を幸せに感じていることが多いです。また、身の回りのことを甲斐甲斐しく世話してくれる妻がいなくなってしまうことを、想像していない男性もいます。

    それなのに離婚の話が持ち上がってくると、いざ自分が一人になったときはどんな状況になってしまうのか不安に感じ、離婚することを受け入れられない心理になることがあります。

    会社の目・世間の目・親の目が気になる

    離婚をすることで、自分の社会的地位や立場について考え、周囲が自分のことをどのような目で見るのか不安に感じてしまう男性もいます。

    特に、会社で役職に就いている場合は、離婚することが原因で部下や会社に迷惑をかけてしまうなど、世間体を気にしてデメリットばかりしか浮かばず、離婚を受け入れられなくなってしまうのです。

    自分が「離婚される」立場になるのが嫌

    プライドが高い男性の場合は特に、自分が離婚される側になることを嫌うことがあります。自分が妻に捨てられるなんてもってのほか。見限られることに対して強い嫌悪感を感じ、意地になって離婚への同意を拒むこともあります。

    建設的な話がしたいと思っても、男性側がプライドを優先することが原因で話が前に進まなくなります。

    財産分与や慰謝料などお金の問題がある

    財産がある場合、離婚をするとそれまでの結婚生活ので貯めたお金などを二人で分けなくてはなりません。また、場合によっては夫が妻に慰謝料を請求されてしまうこともあります。

    離婚にお金の問題が関係してくるとスムーズに離婚ができなくなることもしばしば。妻に対して愛情が少なくなっていたとしても、お金の問題が絡んで離婚届へのサインを渋る男性もいます。

    離婚する理由がわからない

    妻が離婚を申し出たとき、一体なぜ離婚しなくてはならないのか、わからない場合もあります。自分では幸せな結婚生活を築けていると思っている男性は特に、妻の気持ちを理解することができずに離婚に応じません。

    女心を理解できない男性は、女性が考えているよりもたくさんいるものです。

    愛しているから別れたくない

    妻が夫に対して愛情を感じなくなっても、夫は結婚当初と変わらずに妻を愛している場合、夫婦として添い遂げることを望んで離婚を拒みます。

    妻が自分を愛していなかったとしても、自分の愛情が結婚当初のまま・もしくはさらに自分の愛情が大きくなっているときは、妻からの離婚の申し出を受け入れることができないものです。

    離婚を考えざるを得なくなる!夫に離婚を納得させる理由7選

    本と指輪

    セックスの相性が悪いこと

    セックスレスや体の相性の不振などは、性的不調和と呼ばれ立派な離婚理由の1つになります。旦那からするとプライドを傷付けられる内容かもしれませんが、この苦しさは女性にしか分からないものなので裏づけが必要ありません。

    性的不調和は最悪離婚調停以上になってしまったとしても強い意思主張として通されます。「じゃあセックスしなければいいのか」と言われたら、今度はセックスレスを理由にできるのです。本来の離婚したい理由と合わせることでより強固な主義です。

    また性的不調和が理由であるならば、下手に離婚を長引かせて周りに噂でも立てられたら男性としてもとても居心地が悪いでしょう。そんな男性の見栄すらも刺激することで、よりスムーズな交渉をも狙います。

    旦那の異性交遊

    もしも旦那が過去に1度でも浮気をしたのが発覚しているのであれば話は早いです。それが何年か前のものであったとしても「やっぱりあの件が許せなくて、ずっと我慢して夫婦をやってきたけれども、もう限界」と伝えましょう。証拠があるならなおさら効果的です。

    また異性との交遊に関して控えてほしいと言っていた事例があるのであれば、それも主張として使うことができます。「それならば今からもうしない」と言われても後の祭りであることを伝え、我慢の限界なので離婚をする、と確固たる意思を示すことです。

    この主義を通すためであれば自分も異性交遊での問題がなかったことが条件にはなりますが、一方的に旦那の方が交友範囲が広かったとなれば交渉は優位に働くでしょう。また親族に相談しても味方になってもらいやすい一例です。

    旦那が精神的な病気で直る見込みがない

    医師の診断書などが必要となってきますが、旦那が重度の精神病(鬱病・躁うつ病など)で治療中であった場合、それを理由にして離婚を申し立てることは有効となります。

    罪悪感に苛まれることもあるかもしれませんが、夫婦であるまえにあなたは1人の人間として幸せを掴まなくてはなりません。

    定期的に病院に通っている証拠か、もしも通っていないのであれば離婚話になってしまう前に1度病院に行かせて診断書を一緒に貰うことで裏が取れます。また精神的に不安定な状態で夫婦生活を行わなくてはならなくなっているという証拠が別であればなお有利に。

    具体的には、ナーバスな発言や不安定な行動などの録音や録画があれば良いです。それを旦那に提示することにより、言い訳をさせません。また親族にも提示することを示唆することで、体裁を大切にする人であればより離婚快諾の可能性は強まることでしょう。

    DVやモラハラの証拠が取れている

    もしもあなたが旦那に1度でも暴力を振るわれたことがあるとしたら、その証拠を絶対に取っておきましょう。日常的なDVであれば尚更です。証拠が揃えば揃うほどに相手はどんどん言い訳ができなくなり、大きな揉め事になるのを恐れて体裁を整えようとするでしょう。

    ちょっとした擦り傷やアザ1つであったとしても、しっかりと病院で診断書を貰うことでその証拠となります。またあえて怪我の話題を振り、旦那が自分を正当化するような発言を録音します。

    夫婦で話し合いをしている場合はあなたも録音されている可能性があるので、口を滑らせないようにするのだけは要注意。

    そしてモラハラに関しても、辛いことですができるだけ毎回ボイスレコーダーなどで録音をしてデータを何箇所かに保存しておくことです。

    旦那が感情的になり1つのハードだけ壊したとしても対処できるようにします。モラハラはDVと同じで、立派な離婚事項であることを自覚させるのです。

    親戚付き合いが限界

    もしも旦那がなかなか説得に応じてくれないのであれば、旦那自身への問題のみではなく親戚付き合いなどの旦那以外の理由もあるということをダメ押ししましょう。

    姑問題や同居に関しての問題など、婚姻関係に支障をきたすほどのストレスの元になっているということをアピールするのです。

    口だけだとなかなか伝わらないのであれば、事前に何回か精神科などに通い診断書やカウンセリングを受けた証拠などを提示することで、本気で無理!ということを伝えることができます。またそれは最終的に調停以上までになってしまった際の明確な証拠ともなります。

    離婚後の生活プランを示して本気度アピール

    闇雲に離婚したいと言っても相手はなかなか承諾はしないでしょう。納得させるためには離婚したい証拠や理由だけではなく、自分が離婚した後にどのような生活のプランを考えているかまで提示することにより、これだけ本気なんだということを伝えることができます。

    例えば住む場所はもう目星は付けてあることや、親権をもらうのが前提であれば子供の託児所、旦那の収入に見合った養育費の提示や、自分の年収から換算する子供の育て方や生活費のリストなど、事細かくプレゼンを行います。

    旦那も最初は面食らうかもしれませんが、こちらが一時の感情だけで離婚を要求しているわけではないことが伝われば、話し合いに応じてくれるきっかけになる可能性が高まります。まずは離婚に対して前向きに検討してもらうということ自体が重要なのです。

    まずは別居を提案する

    もしも離婚話が相手にとって寝耳に水であるという状況ならば、まずは別居を提案しましょう。物事には順序がありますので、離れて住むことによりこちらの意思の強さを提示しつつも自分がいない環境に慣れさせることにより、離婚の話を現実的に認識させます。

    そして別居という実績を作ったあとに「離れてみて分かった、改めて離婚したい」と。いきなりあなたがいなくなるという話になると旦那も驚いてしまいますが、離婚後をシュミレーションさせることで今までの認識を改めさせるきっかけとなるのです。

    鬼に金棒!理由と併せて使いたい離婚を納得させる方法

    長い髪の女性と夕日

    弁護士に同席してもらう

    協議離婚の段階から既に弁護士を準備し、法的な視点からアドバイスを貰いつつ話を進めることができます。

    調停以前の段階からプロを呼ぶことで自分の本気度のアピールにも繋がりますし、録音も兼ねれば相手も無闇な言動ができません。また財産分与などの揉め事も将来的に起こりづらいです。

    子供との定期的な面会を約束させる

    旦那が離婚を拒む理由の中には子供と離れ離れになってしまうことに対する危惧もあることでしょう。コンスタントな面会はさせるつもりであることを示唆することで、旦那の気持ちも尊重していることを伝えられます。

    一方的な離婚条件の言い渡しはトラブルと長丁場の元になりますので、冷静に話し合いましょう。

    裁判になった時の金額的負担を提示

    もしもこのまま協議が長引いてしまうと、最悪裁判になってしまった時にお互いに大きな金銭的負担がかかることを伝えます。今の内に平和的に話し合って離婚すればそのようなリスクを背負うことはない、ということを理解してもらうことで、早期の締結が望めます。

    夫に非がある場合は証拠を残す

    夫の浮気や不倫・暴力や暴言・子供への虐待・夫の借金・酒やギャンブルへの依存など、夫に非があって離婚を考えるときは、しっかりとその証拠を残しておくことが大切です。

    証拠を突きつけられれば、いつまでも離婚を拒むことができなくなり、受け入れる覚悟ができる場合もあります。夫側に原因があるのに離婚を受け入れてもらえないときは、しっかりと証拠を残しておきましょう。

    離婚調停を申し立てる

    あなたが何をしても離婚届へのサインをもらえないときは、離婚調停を申し立てる方法もあります。

    話し合いではどうにもならない時は、第三者である調停委員に間に入ってもらうことで、先に進まなかった話し合いを前に進められることができることもあります。

    離婚調停でもらちが明かなかった場合は、「裁判」という選択肢が出てくることに。そうすると、夫の意見や同意に関係なく、客観的な事実で離婚について判断されることになります。

    中途半端な気持ちではダメ。辛い現状を断ち切るために必要な覚悟

    ビーチを歩く親子

    シングルマザーとして生きていく覚悟

    もしも子供がいるのであれば、離婚=シングルマザーとしての人生のスタートということになります。

    経済的な問題はもちろんのこと、子供のお世話だけではなく心身のケアまで自分が主体となって努めなければならないのです。それは過酷な道であり、それ相応の覚悟が必要となってきます。

    最悪裁判まで持っていくという覚悟

    もしも旦那が裁判も辞さないという態度を示すのであれば、こちらも戦わなくてはいけない覚悟を持つ必要があります。金銭的負担と心身的負担が重く圧し掛かる裁判離婚。費用の後ろ盾も必要となってきますし、用意が出来たとしても中途半端な覚悟では戦えません。

    バツイチという体裁は消えない

    そして無事に離婚を勝ち取ったとしても、自分の経歴にバツが付いたという事実は一生消えることはありません。体裁的な問題も出てくるかもしれませんし、次の結婚話の時にも足かせになる可能性があります。

    それでも良いと思えるほどの覚悟と自信が離婚には必要となることを忘れてはいけません。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。夫婦の離婚は多くの場合は話し合いでの協議離婚として成立していますが、何もかもがトントン拍子に行くなんてことはほぼありえないでしょう。必ずどちらかがどこかの場面で我慢や譲歩をしなくてはならないケースが出てきます。

    ですが、必ず離婚をすると決めたのでしたら後は突き進むのみです。相手の意見を尊重しつつもお互いが納得できるような離婚を目指して頑張りましょう!旦那の快諾が取れたのならば、新しい明るい生活まであと少しです!

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。