W不倫してみたい?既婚者同士の関係を発展させるコツを紹介!バレない秘密も!

結婚して、仕事して、毎日同じ生活をしていると、落ち着いているけれど何か物足りないような気持ちになることがありますよね。まさにその“物足りない”を補ってくれるのが、W不倫なのです。

忘れていたドキドキ、バレないか気になるスリル、家族を裏切っている背徳感。良くも悪くもW不倫は刺激に満ち溢れています。でも、本当はいけないはずのそんなW不倫の関係は、どうやって発展していくものなんでしょうか?

今回は気になるW不倫しやすい既婚者の特徴と2人の関係を発展させる方法、また、バレないようにするために気を付けることをご紹介します。「W不倫もいいかな」なんて考えている人は、ここで一度「W不倫」についてしっかり勉強してみましょう。

気になる彼とは上手くいく?W不倫に発展しやすい既婚者の特徴

日常生活が落ち着いている

W不倫をするような人、と言えば、浮気性だったり女好きな男性をイメージする方も多いのではないでしょうか?でも、実際にW不倫をしている人を見てみると、イメージとは真逆で、家族を大事にしていて落ち着いている人が多いのです。

理由はいくつかありますが、まず、派手で目立つタイプよりも、仕事を堅実にこなしていくような男性の方が既婚女性からは好まれます。

それに落ち着いた男性とは、『これだけ落ち着いている人とは、まさか不倫関係にはならないだろう』という安心感を抱くので、仲良くなるためのハードルが下がりやすいのです。

実際、あなたが結婚をしている場合、“派手な既婚男性”と“落ち着いた既婚男性”、どちらが近づきやすいですか?今独身なら、派手な男性に引かれることもあるでしょう。

でも、既婚の身としては、落ち着いた雰囲気の男性の方が旦那さんに気兼ねなく話が出来るのではないかと思います。ですから、W不倫に限った場合は、日常生活が落ち着いている男性の方が関係が発展しやすいと言えるのです。

恋愛から遠ざかっている

男女とも、結婚する前と後で大きく変わるのが、パートナーへのドキドキ感です。恋人のときは愛し合ったり喧嘩したり、ちょっとしたことで感情が揺さぶられることがあっても、いざ結婚すると、よく言えば絆が出来るので“仲間”や“きょうだい”のような関係になってくることがあります。

それが結婚の良いところですが、やっぱりマンネリすることは否めません。そんなとき、ちょっと気になる人が出来たならどうでしょうか?特に相手が既婚者だったらどうでしょう?

「配偶者以外を好きになるなんて良くない」
「配偶者に悪い」
「相手も結婚しているから、言い寄られたら困るのではないか」
「こんな気持ち周りの人にバレたら大変」

忘れていたドキドキ感と、後ろめたさに、感情が大きく揺さぶられること間違いありません。“恋愛”から遠ざかっている人は、つい舞い上がってしまいがち。W不倫にのめりこんでいきやすいのは、このタイプです。

真面目な人

一生懸命に勉強をして、就職して、良き伴侶を見つけて結婚。間違ったことはせず、真面目に過ごしてきた人もW不倫をしやすいと言えます。

真面目な人がW不倫を始めるタイミングは、ふと、力が抜けたとき。一般的な“幸せ”を手に入れたときに、周りを見回す余裕が出てきます。これまでやってきた事がその“幸せ”につながっている、そう実感することは自分の自信につながります。

そこに余裕という名の隙が出来るのです。もし、その隙に入り込むことが出来たのなら、これまたW不倫の関係でも真面目に、誠実に付き合ってくれるでしょう。

子供がいる人

子煩悩で優しいパパ、という人が不倫していると聞いたことありませんか?妻の立場では許せない事ですが、子供がいるとW不倫になりやすいのは事実です。

まず、子供がいると奥さんとの関係が変わります。特に子供が小さいうちは、母として家事育児を優先することになるので、旦那さんとは男と女として向き合う時間が減ってしまいます。

それに子育て期間中は、奥さんも時間がなくて、メイクやファッションに気が回らず、女性らしさが減ってしまう時期です。男性としては、頭で我慢しなきゃと理解していても体がついていかないことが多く、つい外の女性に目がいってしまうことも……。

そんなとき、同じ既婚という重い足かせをつけたW不倫なら、独身者との不倫より後腐れがないと感じてしまうのです。

優しい人

W不倫に発展しやすい人の特徴の一つに“優しい”というのがあります。自分が既婚の身であっても、悩んでいる異性をほっとけなかったり、もし告白をされたとしても目の前の女性を傷つけたくないからと断らないから、W不倫に発展しやすいのです。

もちろんバレれば、妻が傷つくのは分かっています。でもバレなければ、誰も傷つけない。そう考えるのです。本当に優しいのなら誘われたら断るのが筋ですが、そこまでの強さがない場合は、W不倫の世界に走ってしまいます。

優しい男性はモテます。女性としては、自分が結婚している身であっても、この人なら断られないだろうなと感じてしまうのです。優しい人とのW不倫へのハードルは低いといえるでしょう。

禁断のW不倫へ…既婚者同士の関係を発展させる方法7選!

1「一緒にいられて嬉しい」ことを伝える

W不倫は、お互いが既婚というハードルの高い恋愛です。そのため、いきなり恋愛関係に落ちることは少なく、最初の一歩目はほんの些細なことがきっかけになります。

とはいえ、自分が「W不倫したい!」と思っていても、どちらかが誘わなければ関係を発展させることは出来ません。そのためには彼が誘いやすいようにすることも必要ですね。

まずは「一緒にいられて嬉しい」事を伝えましょう。例えば、会社の飲み会の席で「今日は○○さんが来てくれて、安心しました」などと伝えるのです。女性側が既婚だと、誘いにくいのは男性にとってもも同じです。

いくらお互いに気があるのかも、と気付いていても、結婚していることは大きな壁になります。

そこで、やんわりと好意を伝えることで、こちらはウェルカムだという意思表示をすると、男性も安心して誘いやすくなります。W不倫をしたいのなら、まずはこちらのハードルを下げるために、言葉に出して伝えるようにしましょう。

2「会えなくなるのは寂しい」と伝える

こちらは1の発展系です。嬉しいという気持ちを伝えることは大切ですが、少し押しが弱いところがあります。仕事のプロジェクトで一緒にいる時間が減る、長期出張でしばらく顔を合わさなくなる、など、相手と少し距離が出来る時には“寂しい”気持ちを伝えてみてください。

“会えなくなるのが寂しい=ずっと会っていたい”というメッセージになります。

言うときは冗談っぽく言うのではなく、きちんと真正面から伝えてください。本気で言われた相手は、あなたが気があることに気付きながらも、既婚だということを思い返してしばらくは気になって眠れないかもしれません。

ダメなことはしたくなるのが、人間です。声を掛けちゃダメだと思えば思うほど、あなたを誘いたくなる気持ちを抑えられなくなるでしょう。

3 相談を持ち掛ける

おそらく、W不倫したいと思っているのならば、相手も少なからず好意がある事を感じていませんか?そんな相手には、相談を持ちかけましょう。結婚していて好きになる相手は、職場や趣味の集まりなど共通することのある場で出会った相手の場合が多いと思います。

きっと共通の話題が合って話をしたり、同じ時間をみんなで過ごすうちに、相手の気になってW不倫が頭をよぎるようになったのでしょう。

その共通の話題のことで相談を持ちかけた場合、元々仲の悪くない間柄ですから快く話を聞いてもらえるでしょうし、2人だけで過ごすためのきっかけ作りになります。お互いが2人きりになれるための言い訳が出来るのです。

2人で飲みに行こう、と誘うのはお互い勇気がいりますが、相談であれば気軽に2人きりになれますよね。それに相談はしている方もされた方も心を開くことになるので、自然と親密になり、2人の関係も発展するのではないでしょうか。

4 メール・LINEのやり取りは気持ちを抑える

既婚者同士の関係を発展させたいからと言って、メールやLINEで誘ったり気持ちを伝えるのはやめましょう。まだ発展する前の段階で、文字にしてしまうのは前のめり過ぎです。

最初は、2人の関係を親密にしてよいものかどうか、迷いながら進んでいくのがW不倫です。家族や周囲の人に、『既婚なのに恋をしているなんて、誰にも悟られてはならない』と自制しながら生活をしている段階です。

その段階で文字にしてしまうのは、周囲へのバレを心配したり証拠が残るので、相手に恐怖を与えてしまうことになりかねません。逆の立場で、気持ちのこもったメッセージが届いたらどうでしょうか。

自分ひとりの時なら良いのですが、家族の前だったりするとヒヤヒヤしませんか?メッセージを送るときには、十分に配慮して、相手に不安を与えないように、気持ちは抑えたものにしましょう。

5 相手の状況や気持ちを認める

もし、相手が愚痴を言ってきたら、そのまま受け止めてみてください。男性が女性に愚痴を話すときは、相手を信頼していて、かつ、受け止めて欲しいことが多いのです。

例えば『妻が料理を作らない』という愚痴が出たときは、「ひどい奥さんね」などと奥さんを非難するのではなく、「確かにそれは悲しいよね」と相手の気持ちを受け止めるようにしましょう。

仕事が忙しいという愚痴なら、相手の状況を受けとめるようにします。そうすると、心のより所として信頼されていき、相手の方から離したくないと思い、深い関係を望んでくるようになるでしょう。

6 二人で飲みに行く

W不倫に限らず、二人の関係を発展させるにはお酒の力は有効です。大人の男女が2人で飲みに行く、これは、通常の恋愛でも距離を縮める方法としてよく使われる手ですよね。お酒の勢いを借りて、本音で話せたり一歩進展したりするのは既婚同士でも同じことです。

特に既婚の男女が2人きりで飲みに行くというのは、家族に対してもやましい気持ちが出てしまいますし、もし誰か知っている人に見られたら疑わしい目で見られることも考えられます。実際は、飲んだあとに何もないかもしれません。

でも、「やましいことをしているな」と感じること自体が、W不倫を意識していることになります。それを自覚する効果があるだけでも、2人で飲むお酒は関係を発展させるための良い手段だと言えます。

7 一緒にいてもおかしくない理由を作る

W不倫が発展しない理由は何か、考えてみましょう。それは、しようというほどの強い意志もなければ、リスクも高いので尻込みしてしまうからW不倫が進まないのではないでしょうか。

既婚同士がお付き合いをするときの壁は、時間などの制約もありますが、2人で会うこと自体リスクが高いので、気持ちの面で踏み切れないというところがあります。なので、まず2人で会ってもいい理由を作ってしまいましょう。

相手が先輩や上司なら、先に紹介した相談するという方法も良いでしょう。下の人間が上に相談をすることは当然で、内容によっては他の人に言えないものもあるのですから、2人きりでも何も問題ありません。

また、趣味などで相手が詳しい物があれば、教えてもらう時間を作るのもよいのではないでしょうか?どうやったら関係を発展させられるか、と直接考えることも大事ですが、発展させるための時間をいかに作るか、という点でも考えていくと良いかもしれませんね。

W不倫におけるリスクって?

本気になったら泥沼化する

W不倫をするうえで、最も避けたいことが泥沼化です。一時の感情で、今後の自分の人生をめちゃくちゃにしてしまうかもしれないからです。最初は遊びのつもりだったのに、いつのまにか本気になってしまうなんてことは少なくありません。

今では、SNSで不倫がばれてしまうケースなどもあり、どこからW不倫がばれてしまうのかわかりません。それだけではありません。本気になってしまうと、相手が今家族と一緒にいる所を想像してしまったり、不安な気持ちに押しつぶされて、精神的にも辛い思いをしてしまうでしょう。

離婚される

W不倫では、離婚されるリスクが高まります。配偶者にW不倫がばれてしまうと、離婚はほぼ免れないでしょう。W不倫ということは、お互いに子供が居るというケースも少なくないので、離婚を踏みとどまる人も中にはいます。

まさか離婚されるとまで思っていなかったという人が多く、絶望的な気持ちになってしまいます。お互いに離婚が成立した後、気持ち的に辛くなり、お互いに連絡すら取らなくなってしまうでしょう。そこでやっと、W不倫のリスクについて思い知ることになります。

慰謝料を請求される

W不倫をした末の高すぎる代償と言えば、慰謝料です。離婚することになったり、慰謝料を請求されたりと、とにかくW不倫のリスクは高いと考えておきましょう。

慰謝料は、ケースによりますが、100万~500万と言われています。婚姻年数だったり、子供の有無などでも金額に差があります。

また、相手夫婦があなたのW不倫によって離婚しない場合は、慰謝料が安くなる傾向にありますが、とにかくW不倫がばれてしまうと、多額の慰謝料を支払うことになるということを、覚えておきましょう。

秘密教えちゃいます!W不倫がバレずに上手くいく7つのコツ

1 本気にならない

不倫バレの大きな原因は、どちらかがのめりこんで、独占欲が出てきたり、相手の配偶者に嫉妬心が出てきて、冷静でいられなくなることです。

冷静なままでいれば、“相手が家族といるときには連絡しない”、“会わなくても我慢する”ことが出来ても、本気になってしまうとそれが出来なくなってしまいます。

W不倫をバレずに上手くいかせるためには、本気ではなく遊び、という位の余裕が必要です。制約とスリルを受け入れるような心持ちで、楽しみましょう!

2 お互いがリスク持ちだと確認する

普通の恋愛と違い、お互い既婚という足かせがついています。どちらか一方が相手の家庭を壊そうとすれば、それは自分にも降りかかるリスクがあります。W不倫は、それぞれがバレないようにするので上手くいくのです。

でも、やっぱり恋愛には違いないので、ときどき、気持ちが暴走しそうになることがあるでしょう。嫉妬心が沸くかもしれませんが、気持ちを暴走させないためにも、時々はお互いの家族の状況などを話し、リスクを背負っていることを確認してみてはいかがでしょうか。

3 非日常を楽しむ

10~20代の独身の頃の恋愛は、何となく結婚などの先を見据えた恋愛だったのではないでしょうか。でも、結婚などの先を考えないで済むのがW不倫の良いところ。

非日常のリゾートでくつろぐように、普段の生活から離れた“特別な時間”を楽しむためだけにW不倫という恋愛をしましょう。家族に対して優しくしたり、仕事への活力になるような付き合い方だと、周囲の人の満足度もあがるので好循環が出来上がります。

W不倫を続けるなら、純粋に自分が楽しむために利用してみてはいかがでしょうか?

4 服、メイクを変えない

女性の浮気がバレる原因の一つに、服やメイクが変わったというのがあります。無意識の内に、付き合っている男性に合わせた格好になるので、本来のパートナーが違和感を感じるようになります。

特に既婚だと、すっぴんの姿を見せることに抵抗がなくなっていたり、子育て中だとファッションが手抜きになったりしますよね。

そんなとき、急にメイクをしている時間が増えたり、ファッションに気をつかうようになると、旦那さんとしては疑問がわいて、疑われる原因になってしまいます。W不倫を続けたいのなら、変えないことを意識しましょう。

5 いつか切れる縁と知る

所詮W不倫。どうせW不倫。いつ切れてもおかしくないのがW不倫です。たった一枚の紙切れですらつながっていないのです。極端な話ですが、相手が死んでも連絡は来ない関係です。気持ちだけでつながるという意味では、純愛でしょう。

逆説的になりますがW不倫を長く続けるためには、いつか切れる縁だと思いながらも、だからこそ相手との縁を大事にしようという心がけが大切です。

もしかしたら、死ぬまで関係が続くかもしれません。でも、来週には切れてしまうかも知れません。そんな、はかない関係と知っていれば、無謀なことをしたり、お互いの家庭を壊そうなどという暴挙に出ることもないのではないでしょうか。

6 連絡をこまめに取ろうとしない

W不倫をバレないようにするためには、連絡をこまめに取ろうとしないことです。不倫とはいえ、相手に恋愛感情を抱いてしまっているケースが多く、不倫と割り切れずに連絡を取りたがる人がいます。しかしこれは、かなりバレやすくなってしまうので要注意です。

会っていない時は、とにかく必要最低限の連絡しか取らないようにし、夫婦で居る時間はとくに携帯を触らないようにするのがいいでしょう。

7 夫婦間のセックスも普段通りにやる

不倫相手とのセックスを覚えてしまうと、夫とはできなくなってしまったり、拒むようになっていきます。しかし、それはかなり不自然であり、不倫を疑われても仕方がないです。

自分からバレるように仕向けているとも取れてしまいますので、夫婦間のセックスも普段通りにするようにしましょう。

男性は鈍感といえど、いつもと違うセックスだったり、あなたの表情などを見ているので、疑われてしまうポイントもいくつかあります。できるだけ普段通りにするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?W不倫をしたいと思っている人にとって新たな気付きがあったでしょうか。一般的には貞操観念が薄いと思われるW不倫ですが、そうは見えないような“落ち着いた結婚生活を営んでいる男性”が不倫に走ることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

お互い既婚だということで発展しにくい部分がありますが、女性の方から一緒に過ごすためのハードルを下げてあげると、男性はぐっと近づきやすくなります。のめりこむと破綻するような、はかない関係性です。

少し気持ちに余裕をもってお付き合いが出来ると周囲にバレずに長く続けていくことが出来ます。もし、W不倫したいのなら、普通の恋愛とはちょっと違う点を意識していくのが良いのかもしれませんね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category