• トップ
  • カップル
  • 嫉妬してしまう時の対処法は?嫉妬深い人の心理と特徴から克服しよう

嫉妬してしまう時の対処法は?嫉妬深い人の心理と特徴から克服しよう

    彼が他の女の子と話していると気になって仕方がない、彼と話していても他の女の子の話題が出るとモヤッとしてしまう、嫉妬が原因で彼に当たり散らしてしまい仲が険悪になってしまった……そんな経験はありませんか?

    恋愛関係で嫉妬をしてしまう人は、誰もが嫉妬をしたくてしているわけではありません。例えば恋人の異性の友人などに嫉妬してしまう場合も、頭では友人だと理解しているのですが、嫉妬してしまう気持ちはなかなか治まらないもの。

    どうしてもそういった感情は自分で冷静になろうとしても難しく、そのまま暴走してしまい、そのままケンカになって別れ話にまでもつれてしまう事もありますよね。今回はそんな人のために、感情を抑える方法12パターンをご紹介します。是非参考にしてみてください。

    嫉妬してしまう心理とは?

    独占欲から……

    嫉妬してしまっても仕方がない、嫉妬なんてしたくない。そう思う人の方が断然多いと思いますが、どうして人は嫉妬をしてしまうのでしょうか?

    恋愛において嫉妬してしまう理由をまずは見ていきたいと思います。基本的に嫉妬心というのは人の醜い心理ではありますが、どうしても感じてしまうものですよね。

    嫉妬の一番の理由は独占欲からというのが一番多い理由だと思います。恋人を自分の物と思ってしまう人は特に嫉妬を感じてしまう人が多いです。

    もちろん、自分だけの物ではないと自分でもわかっているはずですが、どうしても恋愛に対してそういう感覚を持っている人はいくら反省しても同じ気持ちになってしまいます。

    自分だけを見ててほしい!

    こちらも独占欲と似ています。とにかく自分だけを愛してほしい、自分だけを見ていてほしいという人は嫉妬をしやすいです。自分以外の人は見てほしくないと思ってしまうので、他の異性と遊んだり話しているだけでも嫉妬を感じてしまいます。

    こういう人の場合、深層心理に自分に自信がないと感じている人が多いです。自分に自信がないから他の人を見てほしくない、他の人と交流をもったらとられてしまうかもしれない、そういった不安から嫉妬してしまうのだと思います。

    恋愛依存体質

    恋愛をしてしまうと周りが見えなくなって、他の事には何の気も使えなくなってしまう様な人恋愛依存体質の人は嫉妬をしやすい人が多いです。

    恋愛依存体質の人の場合は嫉妬は愛している証拠だと思っている場合も多いのでちょっと厄介かもしれません。また、逆に相手が嫉妬してくれないと愛されていないんじゃないかと感じてしまう場合もあります。

    束縛したい欲がある

    嫉妬してしまうのは、相手を独占し、束縛したいという欲があるからです。束縛したい欲があると、相手をとことん自分のものにしないと気が済まなくなり、ちょっとでも自分のことを見てくれなかったり、ほかの女性のことを話したりしただけなどでも、強く嫉妬してしまいます。

    束縛したい欲というのは、男性よりも女性の方に多く働くとされており、女性は嫉妬しやすいものといわれています。

    他の女性に奪われてしまう事が何よりも怖くて、それを考えているあまり、徐々にその嫉妬心は強くなっていくばかり。束縛してしまうのは、自分に自信がない人が多く、その結果、相手の自由を奪ってしまうほどの束縛をしてしまいます。

    これは本能的に動いてしまうもので、自分でも知らないうちに束縛してしまっていることもあります。

    浮気しているのではと、何かと疑い深い

    女性は、男性と比べて嫉妬心が強いというのは先ほどご紹介させて頂きましたが、それに付け加えて、疑い深い性格であるともいえます。疑い深い人とは、嫉妬心が強い人に多く、常に「浮気しているのではないか」「今ほかの女性と居るのでは」など、気になって仕方がないのです。

    こうして疑い深い性格から、ちょっと相手が携帯を触っていたり、ほかの女性と話していたりしただけでも強く嫉妬してしまい、少しの間話すらしたくなくなってしまいます。本当は嫉妬なんてしたくないと自分でわかっているはずなのに、この気持ちからなかなか抜け出せません。

    男性からすると、この心理を理解しがたいと感じてしまうので、喧嘩に繋がってしまうケースも少なくありません。

    嫉妬しやすくなる人の性格

    自分に自信がない

    自分に自信が持てない人は自分が愛されているという自信もないので、何かの拍子に恋人を他人に奪われてしまうのではないかと気が気ではありません。嫉妬しやすい人は恋愛中、いつでも裏切られる不安を抱えている状態なのです。

    その不安が多少でも和らぐのは恋人が自分の目の前にいて、自分のことを見つめている時だけ。見えない距離にいれば恋人が何をしているか気になって仕方がないし、近くにいても自分を見ていなければ嫉妬心が湧いてきてしまいます。

    自信のなさが原因となって恋愛依存にも陥りやすく、恋人に執着ともいえるような愛情を持ち、相手からも同じように愛されることを望みます。

    感情的になりやすい

    感情の振れ幅が大きく、1度嫉妬心に火が付くと瞬く間に燃え上がってしまうというのも、嫉妬しやすい人の性格の特徴です。自分でも抑えきれないほどに感情が爆発し、突拍子のない行動に出てしまうこともあります。

    楽しい時や嬉しい時は子どものように無邪気にはしゃぎ、悲しい時はとことん落ち込み、そして怒った時は後先のことを忘れてしまうほどに激昂します。

    もしそれが行動に現れなくても、心の中にはメラメラと燃える炎を抱えているのです。ですから嫉妬している時は目つきが変わる人が多いです。

    感情的な性格は本人もそれに疲れを感じていることが多く、嫉妬すること自体に疲れて恋人との別れを選択する人もいます。

    プライドが高く負けず嫌い

    自信のなさとプライドの高さを両立している所が嫉妬深い人の難しいところです。自分では自分のことを人から愛される人間だと信じることはできませんが、他人から軽んじて扱われると憎しみに近い感情を抱きます。

    根本的に負けず嫌いで、人間関係の中で優劣を気にしてしまいます。劣等感に敏感で人より劣りたくないと考えているため、恋愛でも自分を他の異性よりも下に扱われることに過敏に反応します。

    女性が嫉妬した時にとる行動・態度

    機嫌が悪くなる

    女性が嫉妬をすると、まず機嫌が悪くなることが多いです。それまで普通に受け答えをしていたのに、突然言葉がとげとげしくなったり、不機嫌の原因を聞いてもはっきりと答えず、そっぽを向いてしまったりします。

    この時女性は自分の不機嫌の原因を察してほしいと考えていることがほとんどです。嫉妬心を露わにして疎ましく思われることやケンカになることを怖れ、はっきりと気持ちを口にすることは滅多にありません。

    相手をジッと見つめる

    嫉妬心を抱いたことを口に出せない分、女性は視線で気持ちを訴えようとします。特に嫉妬深い女性は嫉妬をしている時は、目が座っているように見える人も少なくありません。

    男性が女性の目つきの変化を感じたなら、それは大抵気のせいではありません。受け答えの仕方に変化がなくても目つきが変わったように見えるなら、そうなった原因について考えて早めに解決した方が良さそうです。

    無口になる

    嫉妬心を抱いてもその感情を言葉にすることをためらい、かといって何も気にならないフリをして楽しく会話を続けることもできない時、女性は無口になります。

    恋人に本心や嫉妬させるような行動を取る理由を問いただしたい気持ちがありますが、それを聞く勇気がなく結果的に無口になってしまうのです。

    それまで楽しく話していたのにいきなり女性が黙り込んでしまったなら、それは男性側が何か嫉妬させるような発言や行動をしたからかもしれません。すれ違った女性を目で追っただけでも、嫉妬深い女性は無口になることがあるので気を付けましょう。

    言葉で責める

    気が強くプライドが高い女性が嫉妬をした場合、無口になるのとは逆に言葉で恋人を責めることもあります。

    女性の責め方の特徴は、嫉妬の原因とは関係のない不満も持ち出してくるところです。普段は我慢していた感情が嫉妬心をきっかけに一気に爆発してしまうことも珍しくありません。

    彼女が今まで何も言ってこなかったのに、突然生活態度や服装などを批判するような発言をしてきたなら、何か嫉妬するようなことがあって感情的になっている場合も考えられます。

    恋人の身辺をチェックする

    女性は恋人に対して嫉妬心や疑いの気持ちを抱いた時に、探偵並みの調査力と洞察力を発揮します

    普段は天然に見えるような女性でも、自分の恋人やパートナーに他の女性の影を感じた時は記憶力と直感を駆使し、恋人の怪しい行動の有無や恋人にちょっかいをかけてくる女性の存在、ここ最近不自然な動きがなかったかどうかを調査し始めます。

    中には直接スマホや携帯を覗き見る女性もいますが、それはむしろもう確信を抱いている段階で、証拠を手に入れるためにする行動です。

    男性が嫉妬した時にとる行動・態度

    無口になる

    男性も女性と同じく嫉妬をすると無口になることが多いです。しかしその理由は女性と少し違い、嫉妬心を露わにすることがカッコ悪いと考えていることが原因となります。

    女性は自分の嫉妬心を恋人に悟って欲しくて無口になりますが、男性は嫉妬心を悟られたくないために無口になります。小さなことに嫉妬して恋人を責めるのは自分でも余裕がない行動だと感じますし、そんな器の小さい男だと思われたくないという心理が働くのです。

    他の男性を悪く言う

    恋人が自分以外の男性を指して「あの人がかっこいい」なんて発言をすれば、もちろん面白くはありません。でもその面白くないという気持ちを悟られたくない男性は、自分が優位に立ちたいがために彼女が褒めた男性を下げるような発言をします

    「実はあの人女性関係が派手らしいよ」「俺はあんまり良いとは思えないけど」などの言葉は、男性の嫉妬心から生まれるもの。

    女性はただの世間話として話した自分の好みを否定されると不愉快に感じるかもしれませんが、あなたを思うがゆえの嫉妬心から出た言葉だと考えればまだ許せるのではないでしょうか。

    強がる

    嫉妬の気持ちをできるだけ隠そうとする男性は、強がる態度を見せます。女性が他の男性を褒めた時にその話を掘り下げずに、「そうなんだー」と軽く聞き流すような返事をするなら、それは嫉妬の気持ちを隠したいからです。

    また自分だけが嫉妬している悔しさから、特に思ってもいないのに張り合って他の女性を褒めたり、気があるような態度を取ったりする男性もいます。

    スキンシップが増える

    男性は寂しさを感じた時に、女性の体に触れることで安心感を得ようとします。そんな雰囲気ではなかったのにいきなり彼が抱き付いてきたり頭や腕などに触れてきたりする時は、あなたの発言に不安を感じたり嫉妬心を隠そうとしたりしているからかもしれません。

    誰にも取られたくない女性を自分のものだと確認するために、積極的にスキンシップを取ろうとしてくるのです。

    話題を変えようとする

    女性が他の男性を褒める発言をした時にすぐに話題を変えようとするなら、嫉妬の度合いはなかなかのもの。好きな女性の口から他の男性を褒めるような話を聞きたくないという理由から、不自然な形ででも話題を変えようとします。

    男性が会話中に「そんなことより~」と言葉を使うようなら、その話題はもう終わらせたいということ。これ以上その話をされるとつい感情的になってしまうかもしれないという危機感から、まったく関係のない話題を持ち出してきます。

    嫉妬してしまう瞬間とは?

    彼の口から自分が知らない女性のことが語られた時

    女性が恋愛で嫉妬するかどうかのポイントは、彼の口から話題に出た女性が自分の知り合いであるかどうかということ。自分が信頼できる友人のことを彼が褒める時は、嫉妬よりも共感の感情を覚える方が多くなります。

    自分がまったく知らない、ようは信用できない女性のことを彼に話題に出されると、嫉妬深い女性はそれだけでやきもちを妬いてしまうこともあります。

    自分が知らない女性が彼に話しかけてきた時

    2人で外を歩いている時や外食をしている時に、偶然彼の知り合いの女性が彼に声をかけてきた時、その女性が自分も知っている女性ならまだしも、知らない女性だったりすると彼女としては不愉快に感じます。

    なぜなら女性は一般的に、男友達が自分とは面識のない彼女と歩いている時には気を使って話しかけないことがほとんど。彼女の存在に気付いていたり、その男性に対してちょっかいをかけたいという気持ちがなかったりするのであれば、あえてスルーすることが多いのです。

    それなのにわざわざ話しかけてくるということは、その女性が彼とよほど親しいか特別な感情を持っているのではと感じるため、嫉妬心を刺激されてしまいます。

    彼が他の女性と連絡を取っていることを知った時

    男性からするとただの女友達との他愛ないやり取りかもしれませんが、彼氏が他の女性と雑談的な連絡のやり取りをすることに不快感を覚える女性は少なくありません

    特に自分の知らない女性と連絡を取り合っていたり、自分の目に入らない所で隠れて連絡のやり取りをしていたりするのを発見してしまったら、途端にメラメラと嫉妬の炎が燃え上がります。

    男性は臆病なところがあり、彼女に怪しい動きがあっても確証がない限り目を逸らそうとしますが、女性は疑わしいことを見つけるととことん追求し真実を知ろうとします。

    彼が他の女性の容姿を褒めた時

    自分の容姿にコンプレックスを強く持っている女性は、彼氏が他の女性の容姿を褒めることに過敏に反応します。自分とその女性が比べられてさらにけなされているような気がして、不快な気持ちになってしまうのです。

    男性にとってはただの感想でも、女性はそうは受け取りません。彼は妥協して自分と付き合っているだけで、本当はこんな女性と付き合いたいのかもしれないとまで思い込んでしまい、不安と嫉妬心で頭がいっぱいになってしまうこともあります。

    彼と連絡が取れない時

    嫉妬深く心配性の女性は、付き合っている男性と連絡が取れないだけで色々な想像をしてしまい、嫉妬心に駆られてしまうことがあります。自分が送ったメッセージにいつまでも既読がつかないと、それだけで相手の行動を疑ってしまいます。

    中には彼と別行動をする時に少しでも安心したいがために、定期的に今いる場所の写真を撮って送らせるという女性もいます。束縛がいきすぎるとそれで愛想を尽かしてしまう男性もいますので、心当たりがある女性は嫉妬心を抑える訓練をした方がいいかもしれません。

    本当は嫉妬なんてしたくない!

    自分でも邪魔な気持ちだとわかってる

    嫉妬してしまう心理をいくつかまとめましたが、実際の所どんな人だって本当は嫉妬なんてしたくありません。嫉妬する事で何度も煙たがられてしまった経験を持っている方も多いと思います。

    なので、本人も嫉妬心は捨てたいと思っている人が多いはずなんです。それでも嫉妬してしまうものなんです。自分でもどうしていいのかわからないんですよね。

    恋愛において嫉妬という気持ちは邪魔な物でしかないと本当はわかっています。ある程度の可愛い嫉妬なら良いですが、相手を困らせてしまう程の嫉妬は幸せな時間を削ってしまう物。心の底ではしっかり理解しているんです。

    相手を困らせてしまうのもわかってる

    元々の異性の友人などに対して嫉妬してしまっても、ただただ相手を困らせてしまう。きっとそんな事も過去の経験でわかっているはずなんです。嫉妬というのはしすぎてしまうと相手を困らせてしまうだけの気持ち。それも十分理解しています。

    愛されているのもわかってる

    嫉妬してしまうという事は愛されていないと不安だからじゃないのか?と思う人もいますが、相手がしっかり自分の事を愛してくれているのだってもちろんわかっています。そばにいる時に愛されている事はしっかり感じているのですが、離れてしまうとつい嫉妬してしまうんです。

    信頼ももちろんしている

    たまに、嫉妬するなんて信じてないって事!と言う人もいますが、それも違うんです。嫉妬してしまう人だって、相手を信じていないから嫉妬するわけではないんです

    どんなに相手を信頼していたってどうしても嫉妬心がうずいてしまうんです。信じられていないと思われてしまう事だって辛いんです。

    嫉妬の感情を抑える12の方法!

    1.自分磨きをする

    嫉妬してしまう人はどんなに気持ちを抑えようとしても、どうしても嫉妬してしまうんです。ですが、この感情は自然に出てしまうものと諦めてしまってはいけません。ちゃんと感情を抑える方法というのがあるんですよ。

    嫉妬しないために大事なのは、自信を持つことです。嫉妬してしまう時間があったら、自分を磨く事・自分の視野を広げていく事で、大好きな彼と過ごす時間も有意義になっていくでしょう。

    頑張っているときは、魅力的になります。あなたの事を選んでくれた彼を信じて、自信を持っていきましょう。

    2.客観的になる

    嫉妬してしまったり、感情が荒ぶっていたりする時というのは自分を客観視できていません。なかなかいきなり自分を客観視すると言っても難しいとは思いますが、少し自分を落ち着かせながら自分の事を客観視してみて下さい。

    そうする事で、自分が今どれだけ小さな事で嫉妬してしまっているのか、本当にそんなに感情が揺れる事なのか?というのもわかってくるはずです。

    3.お風呂に入る

    お風呂に入った所でどうにかなるの?と思う方もいるかもしれませんが、感情が抑えられないというのは自律神経が乱れているという事なんです。

    お風呂に入ったりお茶を飲んだり、リラックスする事をすると自律神経が落ち着いてきて、頭が冷静になります。ゆっくりとあったかいお風呂に入ってまずはのんびりしてみましょう。

    4.寝てしまう

    どうしても嫉妬心が落ち着かないという方はとりあえず一回寝てしまうというのも良い方法です。人によってはストレスを感じていると寝れないという方もいるかもしれませんが、ストレスを感じると眠りにつきやすいという人もいます。

    そういう人はとにかく一度寝て頭をすっきりさせてみましょう。起きた時には、どうしてあんな事で嫉妬してしまったんだろう?と自分を客観的に冷静に見つめなおす事が出来るはずです。

    5.運動する

    こちらも自律神経を整えるのに最適な方法ですし、ストレス発散にもなるので、おすすめです。嫉妬したり感情が荒れたりして恋人にぶちまけてしまう前に、とりあえず一度外に出て運動してみてはいかがでしょうか?

    外を走る事で、色んな景色を見てリラックスも出来ますし、息が切れる程思いっきり走れば苦しさから考え事している余裕もない程になってきます。

    6.深呼吸をする

    たかが深呼吸……と思うかもしれませんが、深呼吸というのは人にとって物凄く大事なリラックス方法なんです。タバコのリラックス効果さえも、深く息を吸う事でリラックスするという考えもあるほどです。

    なので、まずは一度深呼吸をしてみましょう。落ち着かなければ二度三度、しっかりおなかまで息を吸って吐く。ただそれだけで気持ちが落ち着いてきます。

    7.紙などに感情を書いてみる

    どうしても思っている事を口に出したいという方は、まず一度紙に自分の思っている事を思いっきり書いてみましょう。相手に問いただしたい事、嫉妬してしまっている自分への苛立ち、相手への苛立ち、全てを紙に書いてみます。

    そうやって口に出す前に紙に書く事で、少しすっきりします。しかし、すっきりするだけでは仕方ないので、すっきりした頭でその紙をもう一度読むというのが大事なポイントです。

    冷静になった頭で感情的になった言葉を読み返すと、自分がどれ程醜い感情に支配されていたのか、改めて知る事が出来ます。そんな風に自分自身と向き合う事で感情を抑えられる様になっていきます。

    8.思いっきり好きな事をする

    嫉妬や自分の感情が抑えられないと思った時には自分の好きな事を思いっきりしてみるのも良いと思います。

    これはあくまで嫉妬心や感情を抑えるやり方ではなく、ごまかし方になってしまうかもしれませんが、何をしてもどうしようも出来ないという時は自分に対して飴をあげるのも大事なやり方です。

    無理に我慢してストレスをためる位なら好きな事をして楽しい気持ちでごまかす方がまだ良いですよ。

    9.大丈夫と自分に言ってあげる

    ゆっくり深呼吸しながら、自分に対して大丈夫大丈夫と自分の肩や頭をポンポン叩きながら優しく言ってあげましょう。これが実は意外と効果があるやり方なんです。

    誰だって感情が荒れた時には優しい言葉をかけてほしくなってしまうものです。自分で自分に言うなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、一度試してみてください。自分を一番知る自分に言ってあげるからこそ落ち着く事が出来るんですよ。

    10.とにかく外に出る

    嫉妬に狂ってしまったり、感情が荒れていたりする時に一人きりの空間にいる事はかなり危険な事です。一人きりの空間で一人きりで考えているとどんどん悪い方向にしか考えが向かなくなってしまいます。

    嫉妬してしまっているのを抑えたいと思っても、逆に嫉妬心が大きくなってしまう事もあります。なので、とにかく外、人が多くいる所や人目に付く場所に出ます。

    人目につく場所にいると自然に冷静な振る舞いをしてしまうと思います。そうなった時に頭も少しずつ冷静さを取り戻してくるので、冷静になってきたら散歩しながらなどゆっくりとしましょう。

    11.理想の人物像を頭に浮かべる

    嫉妬してしまう人にとって、小さな事で嫉妬しない様な人が理想の人物像になると思います。その理想の人物像はドラマに出てくる主人公でも良いですし、漫画やアニメのキャラクター、身近にいる人、なんでも良いです。

    とにかくその人物像を頭に浮かべ、その人だったらこういう時どんな風に思うのか?自分にどんな言葉をかけるのか?どんな行動をするのか?など考えてみてください。

    後はその憧れている人物のマネをすればいいだけです。意外とそれだけでも冷静になれたりする事も多いです。また、憧れの人物に近づけたという達成感を感じる事も出来ますよ。

    12.自分も友達や男友達と自由に遊ぶ

    彼が誰かと遊びに行ったりしていると、すぐに嫉妬して一人でイライラしたり、いてもたってもいられなくなったりしてしまう人もいます。

    そんな時は、自分も自由に友達や男友達と遊びましょう。家で「今頃何しているんだろう」という考えをしてしまうから、気になって仕方なくなります。その時間をなくして、自分も同じように楽しむ時間に変えていけばいいのです。

    彼が誰とどこで遊んでいようが、何も考えずに、自分も同じように楽しむ。これこそが嫉妬の感情を抑える秘訣なのです。家でひとりでいるときに彼が遊びに行っていると「私はひとりなのに、なんで楽しんでいるのか」という感情から、嫉妬心へ変わって行ってしまう事もしばしば。

    同じように外へ出て、存分に楽しむことで、自然と嫉妬心が抑えられます。その生活に慣れてくると、むしろどこかへ遊びに行ってほしいなんて風に思える日が来るかもしれません。

    まとめ

    恋愛をすると嫉妬をしてしまうという人って意外と多いですよね?あなたは嫉妬してしまうタイプでしょうか?それとも嫉妬されてしまうタイプでしょうか?

    もし嫉妬してしまうタイプなら、一度感情を抑える方法を試してみてください。特別な事ではなく、簡単に出来る事ばかりなので、少し気持ちが荒れたらいくつか試してみると良いと思いますよ。

    もしそれでもどうしても嫉妬してしまう場合は一度恋人と話し合ってみるのも良いかもしれませんね。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。