【元彼とヨリを戻したい】復縁できる可能性はどのくらい?

色々あって別れてしまったけど、やっぱり元彼と復縁したい…。でも彼は私に対して今どう思っているんだろう?

まずはそこからの想像力を働かせないと、彼の心を動かすのは難しいですよね。

復縁したいと思っている女性のために、復縁の方法や注意点などをご紹介します!別れてしまった原因をしっかりと理解し、改善方法を考えてみましょう♪

ズバリ、復縁できる確率ってどのくらい?

 別れ方によって可能性や方法は大きく変わる!

あなたが彼と別れた理由やシチュエーションがどのようなものだったかによって、復縁の可能性は大きく変わっていきます。そしてベストな方法も違いますので、まずは二人が別れた原因を探ってみましょう。実際に別れを切り出したのがどちらかというのも大切です。

 復縁の可能性が低いパターン(1)

まずはどんなに努力してもかなり復縁の可能性が低くなってしまっている、というパターンを2つご紹介します。まず1つが、どちらかが「DV」「モラハラ」などを受けてしまっている場合です。

女性の被害者の方が多いようですが、彼女側が彼に対して加害者になってしまっていることももちろんあります。

DVやモラハラは被害者の心に大きく傷を付け、その傷が癒えるまでには年単位での時間が必要になります。また被害者の辛い思い出を蘇らせないために、別れたあとも加害者への接触は極力避けることが多いようです。

もしもあなたが元彼に対してそのような振る舞いをしてしまっていた自覚があるのなら、もしくは別れた原因もそこにあるのなら。一般的な方法では復縁はかなり難しいと思った方がいいでしょう。

復縁の可能性が低いパターン(2)

復縁が難しいとされるもう1つのパターンが、「相手の大切な存在を傷つけたこと」です。本人だけではなくその家族や友達や趣味などを見下したり、馬鹿にしたり。恋人という近しい間柄だったからこそそのような行いをしてしまいやすくもなります。

この場合は相手から「最低」というレッテルを貼られている可能性があるので、恋人として以前に人間性として難アリと思われてやはり復縁は難しくなるでしょう。相当な覚悟やアプローチで「自分は変わった」ということを伝えていかないことには可能性は低いです。

別れ方に注目!

あなたが彼と別れた時に、二人の関係はどのようなものでしたか?実は「言い争いなどをせずにすんなりと別れた」という二人の方が、復縁の可能性は低いのです。別れ際に大きな喧嘩をしたり、言いたいことを言い合ってヒートアップしたカップルの方が復縁もしやすくなります。

言い争いなども無かったということは、それだけ体裁的にでも納得をした上で別れてしまったということ。彼としてもあなたとの関係は一旦「完結」をしてしまっているので、それだけ復縁も難しいです。逆にヒートアップ状態からの別れであれば、まだ可能性は上がるとされています。

元彼とヨリを戻す5つの方法

 喧嘩別れなら早いうちに

鉄は熱いうちに打てと言いますが、復縁においてはタイミングが何より重要となりますのでその限りではありません。ですが二人が別れた原因が喧嘩であれば話は別。彼の心があなたの喪失感に慣れてしまわないうちに、早い段階で連絡を取ることが先決です。

その際、「話したいことがある」と言うと彼からすると疑問の種となってしまいやすいので「謝りたいことがある」「ちゃんと顔を見て伝えたい」と誠意を示すように。

 復縁話は彼の地元で

お互いがご近所さん同士で無い限りは、復縁話をする場所は彼の最寄りや地元に近い場所を指定するべきでしょう。もしかしたら彼もあなたを同じように復縁をしたいと思っているかもしれませんが、もしそうだったとしてもあくまであなたが「頼む側」であることを忘れないように。

復縁したいと思ってわざわざ彼に時間を作ってもらうのに、遠くまで足を伸ばさせるのはちょっとマナー違反ですよね。また、彼のホームグラウンドの方が心がリラックスしやすく、本音を話してくれやすくなります。

人目の多い場所?人目の少ない場所?

これも別れたシチュエーションや二人の性格それぞれでベストが分かれますね。もしもあなたが涙もろい性格であるならば、人前でもし涙を流してしまった時には二人とも居心地が悪くなってしまいますし、彼もウンザリしてしまうかもしれませんので人目の少ない場所がよいでしょう。

彼の家や人気の無い公園などがよいですよね。ですがもしも彼が声を荒げやすい性格であったりするならばファミレスや喫茶店などの大声を出しづらい場所がよいでしょうし、多少人気がある方が良い意味でカジュアルな気持ちで話をすることができます。

 いきなり電話はマナー違反

友達同士であったとしても、突然の電話はちょっと困るということがありますよね。相手にも都合や心構えがあるのです。別れた元カノからの電話であったら尚のこと、電話を取ること一つにおいてもエネルギーを必要とします。

大事な話だからこそ声で伝えたい気持ちは分かりますが、電話の前には「今平気?」などと必ず一報を入れるようにしましょう。これは復縁に限らずに人対人としてのマナーの一つですよね。焦りがちな時期だからこそ冷静に。

一回の失敗で諦めないで!

残念ながら、あなたの復縁は最初の一回では失敗してしまう可能性もあります。別れてすぐの復縁要請であれば尚のこと。ここで諦めないことが肝心です!あなたが諦めてしまっては誰も二人を繋ぎ止められません。終わり際には彼の負担にならない範囲で「また連絡するね」とフラグを立てておくように。

本当に大丈夫?復縁する時の注意点5つ

 新たな二人のルールを作る

復縁が成功したとは言っても、かつてはお互いの気持ちがすれ違って一度は別れを選択した二人です。

また新しい関係を築くにあたって、過去には無かった「ルールの選定」をすることが長続きの秘訣となります。失敗は失敗のままで終わらせずに、繰り返さないように活かすことが大切。

喧嘩をしたらお互いが謝り合う、お互いの「ここだけはイヤ」という所を直す努力をする、など具体的な解決方法を提示しましょう。またそのルールは記憶だけに残すと新しいトラブルの元となるので、紙に残すなどのような保存をしておくこと。

 二度目の復縁の可能性はもっと低くなることを覚えておいて!

無事復縁した彼との関係。ですが二人が乗り越えなくてはいけない壁はこの先きっとまだまだ現れるでしょう。そしていつか、また同じように別れの危機が二人に訪れるかもしれません。ですがその時にどうか覚えておいてほしいのです!

復縁の可能性は、回数を重ねるごとにどんどん低くなる傾向にあるということに。

今回は幸運なことに復縁は成功しました。ですが次も同じように成功するとは全く限りませんし、むしろ「一度復縁してダメだったのだから、やっぱりダメということなんだ」という諦めモードに入りがちになります。

「次は無いかも」と心に留めて置くことで、軽々しい別れを選択することを防止します。

 復縁をお願いした方がヒエラルキーが低くなりがち

理想を言えば、お互い対等な状態でまた新しい関係を築いていきたいものです。ですが現実はそうもいかないケースもあります。復縁をお願いした側の方が、相手に対して強く出れないという可能性が高いのです。

言わば相手からすると「復縁をお願いされたから聞き入れて『あげた』」と思われかねない、ということですね。

この場合、復縁後の恋人関係において明確な「カップル内ヒエラルキー」が最初から決定付けられていることになります。この状況を覆すためには、あなたが相手に思いやりを持って接すること。彼の言うことばかりを効くしかない傀儡人形になってしまわないようにしましょう。

友達からのアドバイスを引き合いに出さない

復縁において、周りの友達にも相談をしたかもしれませんね。そして的確なアドバイスももらえたかもしれません。ですが実際の復縁の場においては、彼にその事実を隠す方がベターであることが多いです。

「○○にも相談したんだけれど」「△△にこう言われて」と第三者の名前を出すと、彼からしたら「お前の気持ちはどうなんだ!」とヤキモキされてしまいかねません。必ず「自分が本心でこう思っている」ということを強調し、それが一番に伝わるような話し方を心がけるべきです。

復縁するために自分が何を努力したかを明確にする

復縁が成功するためには、自分が彼のことをどれほど好きか、どれほど想っているかを伝えるのは何より大切なことです。ですが、その「好きな気持ち」だけでは乗り越えられない壁があることもまた事実。それ故に二人は別れてしまったのですから。

復縁要請の際には、「別れてしまった原因は○○だと思ってる。だから私は△△を直そうと思う。そのためには□□をしなくてはいけないと思っている」などのように、建設的な解決方法を提示しましょう。多少理屈的かと思えるくらいの方が真剣味が伝わるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?元彼と復縁するための方法やそのポイント、そして復縁をする際の注意点などをご紹介しました。

同じ二人の付き合いであったとしても、復縁前と後では関係性も違ったものになっていると思った方がよいでしょう。前回と同じままの付き合い方ではまた同じ失敗を繰り返してしまいかねません。

ですが復縁は二人の絆をより深めていくためのものでもあります。「やっぱりこの人しかいない」とお互いが思えるような理想的な復縁カップルを目指していきましょう!慣れてきた頃に自分よがりな考えになってしまわないような冷静な思考が重要です。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category