【男性心理】一目惚れされた!どうすればいいの?

出会いや別れの多い春。新入社員や異動、歓迎会などで色々な人と知り合えるこの季節、初めて出会った男性から一目惚れされてる?と思った経験はないでしょうか。

今回はそんな一目惚れされた時の対応についてご紹介します。相手の男性の気持ちをしっかり見極めて、素敵な恋愛をスタートさせてくださいね♪

一目惚れする男性の心理

一目惚れは男性によくある?

一般的に一目惚れをするのは男性の方が多いといわれています。これは女性が男性の声やしぐさ、会話など総合的に判断するのに対して、男性は外見や雰囲気といった視覚情報をたよりに恋愛感情を抱く傾向があるためです。

また他の男性にとられたくないという独占欲から、ひとりの女性をすぐに好きになり、自分のものにしたいと思うこともあるようです。中には遺伝子レベルで合う女性を探しているという説もあるそう。

どんなときに一目惚れするの?笑顔やあいづちは大切!

それではどんなときに男性は一目惚れをするのでしょうか。まず一番多いのは「好みの外見」です。

自分の理想とする女性像がある男性に特に多く、その好みのタイプに当てはまると一気に好きになってしまうという男性は多いよう。また出会った時は特に感じていなかったけれど、ふとしたときに見せた笑顔がかわいかった、というときにも男性はキュンとしてしまうようです♪

他にも男性の話をよく聞いてくれたり、あいづちが上手く話しやすいなと感じたときなども、「この子話しやすくていいかも」という気持ちになるとか。何にせよ出会ったその場で男性は判断してしまうので、最初の出会いが重要です。

方言や呼び名で惚れてしまうことも

それとは逆に、男性が今まで知り合ったことのないタイプの女性に一目惚れしてしまったというパターンも。

例えば標準語だらけのメンバーのなかで、ひとり方言でしゃべっている女性がいたらちょっと気になりますよね。特に自分と同じ出身地の方言だったりすると、それだけで盛り上がることも多そう。

またあまり女性と接し慣れていない男性であれば、あだ名をつけたり親し気に呼んだりする、話をよく聞いてくれる、ボディタッチをしてくれるなども一目惚れのきっかけになるようです。

一目惚れされて付き合うことのメリットって?

とにかく大切にしてもらえる!

一目惚れされた時点で、相手に対するあなたの魅力は満点に近い状態です。そんなあなたを他の男性に渡したくはないと、男性側も懸命にアピールしてくれます。

付き合った後もこんな素敵な彼女を手放したくない!と大切にしてもらえることは大きなメリットといえるでしょう。女性は愛される方が幸せという言葉もよく聞きますが、一目惚れはまさしく愛されている状態からのスタートです。交際後も男性が努力して得た彼女として、そばに置きたがるようになるでしょう。

交際までの時間が早い

出会って、連絡先を交換して、何度か二人で出かけて、段々好きになって……といったよくある恋愛の始まりは、楽しいけれど時間もとてもかかります。

早く彼氏がほしい、結婚したい、と思っている女性にとってはこの時間も惜しいと思ってしまいがちです。そんなときに一目惚れした男性相手だと、好きになってもらうという一番大切なことがすでに達成されているので、交際をスタートさせるのに時間がかからないといえるでしょう。

特に結婚を希望している女性にとって、一年二年をかけて付き合い始める余裕はないのです。

結婚までいくことも多い!

実は一目惚れから始まった恋愛関係は、実に7割に近い数字で長期的な交際になった、もしくは結婚したというデータがあります。やはり男性自身が「ほしい!」と思った女性を手に入れることは、ある種勲章のような達成感があるのでしょうか。

更に驚くべきことに離婚率が低いというデータも。交際期間が短いと結婚しても大丈夫かな?と不安になりがちですが、一目惚れで結婚したカップルの方が長く幸せを続けていけるといえるでしょう。

一目惚れされた時にするべき事とは?

彼の思いがどれだけ本気かを確かめよう

「一目惚れしました!」といわれたら、相手にもよりますが大抵の女性は嬉しいと思うはず。でもすぐにお付き合いをはじめるのは×。まずは相手の男性がどれくらい本気かをきちんと確かめた方がいいでしょう。

一目惚れといっても、なかには体や一晩の相手が目的という男性もいるため、そういう男性はいちど体を許してしまうと、すぐにあなたに関心を失ってしまうことも。

そうならないためにも、すぐに関係を持つのではなく、まずお互いを知るところから始めるのが良いようです。

どんな男性か友だちに聞いてみる

告白されたし顔も嫌いじゃない……となれば付き合ってみようかな、と思ってしまいがちですが、一目惚れということは、お互い相手のことをよく知らない状態ともいえます。

出来れば告白をOKする前に相手の男性がどんな性格か、彼の友だちなどから聞いておくのがおすすめです。普段から一目惚れの多い男性であれば、長続きしないことがわかりますし、逆に普段真面目でそういったことがない男性からの一目惚れであれば、本気度も高いといえますよね。

また性格や評判など、周囲の人からの情報はかならず聞いておきたいものです。

自分の気持ちを問いかけてみる

自分に自信のない女性などは一目惚れをされたことに舞い上がってしまい、よくよく相手を見ないまま告白を受け入れてしまったりします。

また女性は恋愛の先に「結婚」というゴールを見定めていることが多いため、どうしても男性を「条件」でみてしまいがち。一目惚れされたけど、正直好みではない、でも条件はとても良い……という男性のとき、そこに目を瞑ってお付き合いを始めてしまうと、自分の気持ちが追い付かず苦労してしまいます。

女性の恋愛は相手を知りながら、徐々に高まるもの。収入がいいから、顔がいいから、好きと言ってくれたから、といった条件だけで判断せず、自分の本当の気持ちをきちんと整理してみてください。

いいな、と思ってもまずは保留

外見も性格も申し分なし、いますぐにでも付き合いたい!という男性から告白された場合、すぐにでもOKしたくなりますが、これもちょっと待った。

実は男性はすぐに手に入れたものよりも、苦労して苦労して他人から勝ち取ったものを特に大切にする傾向があります。もちろん女性にも同じです。すぐに交際を始めるよりも、すこしじらして相手の独占欲や達成感を待ってあげると、実際手に入った後も長く大切にしてくれるようになるそうです。

女性からの一目惚れが良くないというのもこれが理由。男性は簡単に手に入った女性を大切にしないひとが多いです。みんなが欲しがるものを自分が手に入れた!

という達成感を持たせるためにも、すぐに告白を受けるのはやめておいた方がいいでしょう。しばらく保留して、相手の本気や人となりが納得できた時点でお返事しましょうね。

とはいえ、待たせすぎは厳禁

先ほどしばらく保留した方がいいとは書きましたが、やりすぎは当然×です。一目惚れは外見やしぐさ、雰囲気といった一時的な感情で起こることが多いため、あまりに長く過ごし続けそれに慣れてしまうと、気持ちがさめてしまう男性もいます。

また「かわいかったけど話すとそこまで続かない」や「思っている性格と違った」など、勝手にギャップを見つけて離れていく男性もいるとか。女性からすればあまりに勝手な、と思ってしまいがちですが、そのあたりの見極めは必要となってくるでしょう。

どこが好きかを聞いてみるのも◎

一目惚れしたと言われたけれど、正直まだ自分の気持ちが追い付いていない……というか私のどこを好きになったのだろう?

と思う女性もいると思います。確かに男性が外見だけで言い寄っているのか、本心から惚れこんでいるのか判断は難しいですよね。こんな時はいちど「私のどこを好きになったか」を聞いてみるのもいいかも。その答え次第で、あなた自身納得できるものかそうでないかを判断するのも良いでしょう。

色々聞いてみたけど、まだよく分からないという場合には「とりあえずお友達から」といって連絡を取り合う関係になるのも◎。人との関係は不思議なもので、時間を置くとあなたの気持ちに遅れて火が付くこともあるかもしれません。今気持ちがないからといって、全てシャットダウンしてしまうのはもったいないです。

どうしてもだめな時は早めに

それでもどうしてもこの男性とは恋愛関係には発展しない……と思うこともあるでしょう。

そんな時はできるだけ早めにきちんとお断りをすることをおすすめします。一目惚れをした男性は非常に精力的にあなたを自分のものにしたいとアピールしてきます。

あなたの気持ちがそれで少しでも傾く可能性があるのであればかまいませんが、絶対に振り向くことがない相手に奉仕させるのはお互いに疲れてしまいます。

ごめんなさい、という男性から一目惚れされた場合は、きちんとその気持ちを伝えてあげることも大切です。

まとめ

一目惚れをする男性の心理、そう言われた時の女性の対応などをまとめてみました。婚活や恋活など「条件」や「理想」で相手を探すことが多くなってしまったこのご時世、一目惚れはある意味そういうものをすべて取り払った純愛のかたちともいえるのかもしれませんね。

一目惚れだから私の外見だけで言っているのでは?体目的なだけでは?と疑うことも大切ですが、自分の魅力を見出してくれたことに感謝し、少しずつ相手のことを好きになっていけることも。恋愛の理想のかたちとも言える一目惚れを大切に育ててくださいね♪

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -