【男ウケ☆】彼とのデートファッションはこれでしょ!

初デートはもちろんのこと、彼とのデートはいつでも気を抜かずにコーディネートしたいですよね。デートファッションの手抜きは、カップルのマンネリ化の原因の一つにもなっていしまうそうですよ……!

というわけで今回はデートに着て行きたい男ウケのいいコーディネートをご紹介しちゃいます!普段の自分のファッションと照らし合わせて、参考にしてみてくださいね♪

男ウケが悪いのはこんな服

 フリルやレースが多過ぎる

特にファッションに疎い男性などだと、全体的にフリルやレースなどの乙女系ディティールが多過ぎるとそれだけで「え、ゴスロリちゃん?(笑)」なんて印象を持たれてしまうことも。ロリータ系は多くの男性にとってのNGファッション!男ウケを狙うのであれば勘違いされないように適度な引き算を。

露出が多過ぎる

男性はみんな露出が好き!だなんてファッションにおいては誤解。特に真面目な恋愛対象となる女性に対しては「あまり肌を出し過ぎないでほしい」のが本音。露出系ファッションは他の女性を見るだけで充分なようです。ザックリ出すなら一箇所だけ!トータルの露出量には気を付けて。

 シーズン感の無いコーデ

オシャレは我慢とは言いますが辛そうな姿を見ていると男性も疲れちゃいます!寒い季節なのに頑張って生足を出したコーデ、暑い季節なのに重ね着で上級者もどきコーデ…季節を楽しむ余裕が無いと本当のオシャレとは言えません。男性も気を使って男ウケどころではなくなってしまいますよ。

え、魔女ですか?真っ黒コーデ

確かに黒は超便利カラー!どんな色や柄もキレイに纏めて、体もほっそり見せてくれます。が!だからと言って全身の8割以上が黒に包まれたコーデは、よほどのオシャレさんでなければ難しいです。女性らしさも出づらく、デートには不向き。魔女ファッションの女性を連れて「ときめいて!」なんて方が無理!

色が散らばり過ぎている

逆にカラーが散らばり過ぎててどこに目を付けていいのか分からないようなサイケデリックなファッションも男ウケが悪いです。カラーを多様する場合は同系色か、しっかり補色が絞られているか、差し色として機能しているか、などトータルチェックを。視線がバラけるようなコーデはNGです。

勘違いしたワイドファッション

今やレディースファッションには欠かせない、ガウチョやサルエルやスカンツなどのワイドアイテム。ですがこれも多様は厳禁!使い方を間違えると「だらしなく見える」と男ウケは良くありません。コンセプトを決めるか、タイトアイテムとの組み合わせでしっかりとメリハリを付けるかで対処するように!

どういう風に見せたい?印象別コーデピックアップ

とにかく可愛く見せたい!

男性はユラユラと揺れるものに目が行ってしまうと同時に、無防備さを感じさせて「女の子っぽい」と感じます。ユラユラ揺れるデザインと言えばプリーツの細かなロングスカートやワンピース、大振りのフレアスカート。肩周りにもフリルをあしらうことで視線は無意識にデコルテラインへ。

そして同じくピンクも人間の無防備さを誘う色なので取り入れつつ、ピアスもチェーンが長めの揺れやすいデザインのものを。透け感がドキっとさせるシースルータイプのトップスやスカートもモテコーデにはマストアイテム。柄モノは一点に抑えてディティールで魅せる女子コーデを選びましょう!

 女の子らしさを自然にかもし出したい

あまりゴテゴテとディティールを入れすぎたくない、でも「女の子らしさ」は捨てずにいたい!そんな女性におすすめコーデは「コンサバ系清楚」。上半身と下半身どちらかにボリュームのあるデザインを取り入れてメリハリを付けていきましょう、そして模様や柄は極力カットすることでディティールそのものに視線を集中。

清楚な露出控えめノースリーブは男性も大好き!肩をしっかり出したらボトムはゆったり系のプリーツ系で。「零れフリル」デザインのボリュームスカートはオシャレ度アップさせつつ乙女心を忘れないガーリーアイテム!ニットだけでなくポリ素材ワンピにもデニール控えめストッキングを合わせてシルエットを大切に。

クールな姉御肌系で見せたい

男ウケを狙いつつも媚び過ぎずにクールな大人女子を目指したいという女性には、ワイドシルエットのパンツ系セットアップ。セットは上下共にワンカラーで攻めましょう!しゃがんだ時や歩く時にだけヒップラインが強調されるのがなんともイイ。クラッチバッグで都会的な印象を添えて!

クールな印象を残すのにはボディシルエットの出し方が大切。細めのデニムに合わせるのは、あくまでその細さを相対的に輝かせることが目的のゆったりトップス。胸元に大きなチャームのネックレスを飾れば胸の小ささもカバーできてより洗練された姉御肌な印象に。

セクシーで大人っぽく見せたい

セクシーはただ露出すればいいってものじゃない!ということで大人セクシーな印象を残すためには「チラ見せ」が大事なんです。定番トレンドはやっぱり最強オフショルダー!肩とデコルテはしっかり出しつつ胸元は隠すというメリハリの付いた露出は最強コーデ。膝上10cmがセクシーラインです!

そして同じく「出せばいいというわけではない」を参考に、ダメージジーンズ×網タイツの鉄板セクシーコーデもおすすめ。履いているのに履いていないよりセクシーに見えるのは網タイツマジック。前から見るとノー露出なのに背中がザックリと開いたカットソーなどギャップを大切にしてこそ本物のセクシーガール!

一緒にいて安心すると思われたい

ファッションコーデは「頑張り過ぎている感」が出てしまうと相手も緊張してしまいますので、相手に安心してもらうためには「そのへんのどこにでもいそうな女の子」らしさが大切、それを自分で作っていくのは技術!ハイネックのブラウスとハイウエストのミディアムスカートで保守的な印象を大切に。

二の腕周りをゆったりと包んだりと、ボディラインをできるだけ大きく緩やかな曲線で見せるワイドなデザインが大切。ただダボついているだけだと女性らしさが無くなるのでウエストや足首のくびれなどのポイントはしっかり見せていきましょう。パンプスもラウンドトゥの優しさを。

気取らずにそつなくオシャレに着こなしたい

そつなく着こなす!これが一番難しいですよね!ありきたりなコーデにプラスアルファでトレンディさを出すのがポイントです。安定して挑戦できるのはモノトーンプラスビビッドカラー。黒いデニム素材パンツにトップスだけ真っ赤なカットソー、カーディガンは中間色のモノトーンよりのダークグレー。

グリーンメインのギンガムにふわりと無防備な白いトップスなど。差し色とモノトーンの間に挟むのは、ベージュ、グレー、キャメルなどの中間色が常。もしくは白寄りにするのであれば差し色をパステルで揃えて補色は無し、などトータルバランスが良い色合わせが肝です。

 オシャレ上級者感を出したい

気になる彼がハイセンスなオシャレさんだとこっちも緊張!彼にも一目置いてもらえるコーデを意識したいですね。挑戦しやすいのはドレープを意識したシルエット演出。ワイドサイズのニットを前だけタックインさせて後姿へのニュアンスを変えていくなど、アイテム+テクニックの応用が効果的です。

また体のシルエット自体の使い方もポイント。トップスの着丈を短めにしてソックスを足首まで折りたたんで足長効果を見込んだり、外側に広がりづらい重めの素材とタイトスカートなどを組み合わせてIラインを尊重したり。インナーを寒色で統一することでカラーでもIラインを演出することができます。

こなれ感アップ!小物アイテムの取り入れ方

 コルセットベルト

汎用性の高いコルセットタイプのベルトは、ややハードめは編み上げタイプのものを揃えておきたい!ドレッシー系のロングワンピースなどに添えるだけで抜群のアクセント。スラッと着こなせて男ウケ良しの上品な印象のまま、こなれた雰囲気も演出できます。

カンカン帽子

被り方次第でレトロにもモダンにも!トップの平べったいカンカン帽子はオシャレさんなら一つは持っていますよね!デザイン自体に主張が強いので、Tシャツ+スカートやキャミソール+タイトパンツなどのシンプルな組み合わせでも最良のアクセントに。ヘアアレンジもしやすいです。

 縦長柄アイテム

ストライプやヒッコリーなどの縦長柄のアイテムは困った時に使える着痩せコーデに。特にインナーに細かな縦長ラインを合わせてからアウターで抑えることで、主張の強い柄のチラ見せ&着痩せ効果で上級者コーデの仲間入り。ワイドパンツにもヒッコリーは大活躍!

無限に使えるスカーフコーデ

何枚持っていても困らないのがスカーフ!マフラー代わりに巻く、ストールとして羽織る、バックルに通してベルトにする、ネックレスのように緩めに巻く、バッグの持ち手に結んで華やかに魅せる…など使い方は無限大。もちろんバンダナやターバン、可チュシャなどのようにヘアアレンジにも。有能すぎます。

まとめ

いかがでしたか?デートに着て行きたい男ウケのいいファッションコーディネートをご紹介しました。ファッションに正解は無い!とは言えどもやっぱり気になる男ウケ。メイクと一緒で「頑張っている感を出し過ぎない」ことが大切です。ファッションにも抜け感が最優先次項ですね!

男性は年齢を重ねるごとに、少女らしいガーリー&フェミニンなファッションから大人っぽいコンサバ&セレカジ系のファッションを好むようになる傾向も強いです。彼の年齢や好みに応じたベストコーデ、探していきましょうね!メリハリを大切にしたシルエットを意識しましょう!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -